ラサール・グローバルreitファンド。 ラサール・グローバルREITファンドの評価や評判は?今後の分配金の見通しはいかに?

みずほ銀行

ラサール・グローバルreitファンド

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。 我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。 会話を豊かにしようとする。 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。 日本語での コメントのみ許されています。 スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing. comの裁量により今後の登録が禁じます。 保存したアイテムを参照してください。 保存したアイテムを参照してください。 またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。 その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。 Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。 Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。 金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。 22,775. 50 -170. 44 -0. 0 -140. 0 -0. 34 -13. 54 -0. 40 -41. 50 -0. 50 -1. 30 -0. 89 -0. 31 -0. 753 -0. 008 -0. 84 -0. 82 -2. 60 -0. 35 -0. 1406 -0. 0004 -0. 78 -0. 14 -0. 30 -0. 20 -0. 0 -119. 0 -2. 0 -38. 0 -0. 5 -61. 5 -0. 0 0. 0 0. 0 -55. 0 -1.

次の

ラサール・グローバルREITファンドの評価や評判は?今後の分配金の見通しはいかに?

ラサール・グローバルreitファンド

16億円 -0.45 29. 33 評価 ラサール・グローバルREITファンドは、今最も人気のある毎月分配型投資信託の一つです。 このファンドは、世界のREITに投資をしており、その分配金利回りは、2014年10月現在18%を超えています。 この水準は投資信託のトップ水準に位置していることから、積み上がった投資信託の純資産額合計は、1兆円を越えています。 1兆円を越える投資信託はそう多くはありませんから、日本有数の人気を誇る投資信託と言えます。 REITと聞くと少し特殊なもののようなイメージを持たれるかもしれませんが、簡単に言うと不動産の共同オーナーのような仕組みです。 集まった資金を元手に不動産を持ち、そこにテナントを入れたり、人を入れたりして賃料収入を得ながら不動産価格の上昇まで視野に入れた運用を行っていき、信託財産の増加を図っていくのがRIETです。 ラサール・グローバルREITファンドは、世界各国のREIT市場にアンテナを張り、より良いものを求めて運用していくので、分散が図れているということから安心感があるとの評価もされて人気になっている側面を持ちます。 利回りが良く、世界分散されていて、実績のあるファンドとの評価から人気になるのは、納得のいくところでしょう。 しかし、実は多くの問題点も隠されていることを多くの投資家は理解していないことを危惧しています。 まず、世界各国のRIETに分散されているとの謳い文句ですが、内情は大きく違っています。 実はREITの世界市場のシェアはアメリカが飛び抜けていることから、このファンドの内訳も大きくアメリカに傾いてしまっているのです。 その組み入れ率はファンド全体の何と約55%です。 次いでオーストラリアが続きますが、その割合は大きく離されて約10%にまで落ち込みます。 そしてフランス、日本、イギリス、オーストラリアと、段々占める割合を落としながら国別の構成は成り立っています。 これは、RIETを一つの市場として世界全体で捉えた場合に、アメリカが圧倒的なシェアを持っているので、このファンドでも同じような割合になるのですが、非常に怖い側面を持ちます。 アメリカの経済情勢の影響を大きく受け過ぎてしまって、たとえ世界全体の住宅市場が大きく動いていなかったとしても、アメリカの動向次第ではこのファンドの基準価格は大きく変動してしまうことが想定されます。 それを証明する事実が次に挙げる問題に色濃く出ています。 それは、基準価格の変動率が高過ぎることです。 アメリカのシェアが大きいとお話しましたが、アメリカの住宅債権ローン問題から発展していったリーマンショック時に、これが問題となってこのファンドは、基準価格が何と1/6にまで減少しています。 毎月分配型投資信託として安定的に運用できるものとイメージで考えていた投資家は、非常に慌てていましたが昨今の回復基調を鑑み、再度分配金利回りに注目が集まっていることを考えると、またリスクを理解していない初心者投資家の資金を集めている気がしてなりません。 過度な利回りにはやはり裏があると考えるのが賢い考え方ですし、実際無理をして高利回りを実現させていることはプロがみれば一目瞭然です。 このファンドの買い付けを考える時は、元本の大幅な変動があることを覚悟して決めるべきでしょう。 またそれに耐えうる資金で投資を行わなければ、大幅な急落があった際に、大きな元本の欠損が生じている状態で、売却を迫られることが出てきてしまうので、注意が必要です。

次の

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)|日興アセットマネジメント

ラサール・グローバルreitファンド

申込日• 約定日• 解約受渡日• 次回決算日• 将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。 各日付は参考情報であり、突然発生するファンド休日などをファンドカレンダー上の各日付に反映できない場合があります。 ご注文の際は店舗、電話(新生パワーコール)、インターネット(新生パワーダイレクト)にて必ず正しい日付をご確認ください。 必ず下部の「分配金について」をご確認ください。 当ファンドの特徴 ・ 世界各国のREIT(不動産に投資する投資信託)に投資します。 ・ 毎月決算となりますが、分配金は増減したり、支払われない場合があります。 ・ 為替の影響による値動きを抑える取引(為替ヘッジといいます)は行われないため、為替の影響による値動きの影響(為替リスクといいます)を受けます。 当ファンドの主なリスク等 この投資信託は、主に不動産を実質的な投資対象としています。 この投資信託の基準価額は、組み入れた不動産等の値動き、為替相場の変動等の影響により上下しますので、これにより損失を生じることがあります。 詳しくは当ページに掲載の目論見書・目論見書補完書面をご確認ください。 詳しくは、目論見書・目論見書補完書面をご確認ください。 また、キャンペーンなどにより一時的に異なる取り扱いや、お取扱窓口により異なる取り扱いとなることがあります。 約定金額(外国籍投資信託の場合は申込金額)に申込手数料(税込)を加えた金額でご購入ください。 また、コールセンターでの投資信託にかかわるお問い合わせは、平日 8時~20時/土日・祝日 10時~18時(土日・祝日は各種照会サービスのみ。 お取引は承っておりません)となります。 国内籍投資信託の受付不可日は本ページのファンドカレンダーをご覧ください。 新生パワーダイレクト(インターネット)からお申し込みされる場合、ご希望の引落日の前営業日がファンド毎に定められた受付不可日にあたると、受付不可日の前営業日の18時までにお申し込みが必要となります。 設定日・信託期限 「分配金について」• 分配額はあくまでも過去の実績であり、今後の継続的な分配金の支払いや運用成果を約束するものではありません。 将来、分配額が変更されたり、決算が行われても分配が行われない場合もあります。 基準価額が大きく値下がりした場合は、投資元金の損失が1年間の分配金受け取り合計額を上回る場合があります(分配金込み騰落率はマイナスとなります)。 分配金は受益者毎の個別元本により、課税扱いとなる普通分配金と非課税扱いとなる元本払戻金(特別分配金)に区分されます。 元本払戻金(特別分配金)は投資元本の一部払い戻しに相当し、収益ではないことにご注意ください。 こちらも必ずご確認ください。 NISA口座について• NISAには、成人を対象とした「一般NISA」、成人を対象としつつ積立投資に特化した「つみたてNISA」、未成年者を対象とした「ジュニアNISA」があります(総称して「NISA」といいます)。 また、それぞれの口座を、「一般NISA口座」、「つみたてNISA口座」、「ジュニアNISA口座」と呼びます(総称して「NISA口座」といいます)。 NISAをご利用されるには、NISA口座の開設が必要となり、同一年においてお一人さまにつき1口座(1金融機関等)のみ開設いただけます(当年中に一般NISAまたはつみたてNISAを利用する金融機関等を変更した場合を除きます)。 NISA口座開設のお申込の際は、当行所定のお申込用紙に必要事項をご記入のうえご提出ください。 また、非課税制度の適用を受けるには、個人番号および法令で規定する確認書類のご提出が必要となります。 NISA口座では、毎年新たに非課税枠が設定されます。 いったん使用した非課税枠の再利用はできないため、NISA口座で購入した投資信託を売却した場合であっても当該投資信託を購入する際に使用した非課税枠を利用した再投資はできません。 非課税の対象は、売却益および分配金となります。 NISA口座での損失は税務上ないものとみなされるため、損益通算・繰越控除はできません(ジュニアNISAの課税ジュニアNISA口座における損失については損益通算が可能です)。 ジュニアNISAの利用を申し込むと、「ジュニアNISA口座」と「課税ジュニアNISA口座」の両方が同時に開設されます。 売却代金および分配金等は「課税ジュニアNISA口座」で管理されます。 投資信託について支払われる分配金のうち元本払戻金(特別分配金)については元々非課税のため、NISA制度上のメリットは享受できません。 一般NISAまたはつみたてNISAを利用する金融機関等を変更される場合、NISA口座内の投資信託等を移管することはできません。 一般NISAとつみたてNISAはどちらか1つを選択して投資を行うことになっており、選択の変更をご希望の場合、基本的に暦年単位でご変更いただきます。 「非課税口座異動届出書(勘定の変更用)」をご提出いただくことにより、当年分あるいは翌年分について、一般NISAからつみたてNISA、あるいはつみたてNISAから一般NISAへの変更が可能です。 ただし、当年分の一般NISAからつみたてNISA、あるいはつみたてNISAから一般NISAへ変更を希望される場合は、その年における非課税枠の利用がない場合に限り勘定変更が可能です。 受理日までに当年の非課税枠を利用されている場合には、翌年分の勘定変更とさせていただきます。 [2019年8月27日現在] 一般NISAについて• 非課税枠は年間120万円となります。 一般NISA口座の開設は日本にお住まいの20歳以上(口座開設年の1月1日現在)の方が対象です。 積立契約の締結は任意となります(一般NISAは積立契約を締結しなくても、投資信託を購入することができます)。 投資可能期間は、2023年12月末までとなり、非課税期間は最長5年間となります。 5年間の非課税期間満了時にNISAでの継続保有をご希望の場合は、保有資産を時価で全額、翌年分の新たな非課税枠へ移管し、さらに最長5年間NISAの非課税枠をご利用いただくこと(ロールオーバー)ができます。 ロールオーバーを希望される場合、非課税期間満了の年の翌年分の非課税枠について、一般NISAを選択していただく必要があります。 ロールオーバーをする場合、年末最終営業日の評価額で移管され、翌年の非課税枠をその分使用します。 非課税枠(年間120万円)を超えている場合も全額ロールオーバー可能ですが翌年の非課税枠はなくなります。 なお、5年間の非課税期間満了時に保有資産をつみたてNISAへ移管することはできません。 非課税期間終了時にロールオーバーを行う場合は、当行が定める日までに移管依頼書を提出していただくことが必要になります。 また、ロールオーバーを行なわない場合において、非課税期間満了時に特定口座が開設済みであるにもかかわらず一般口座への移管を希望する場合には別途移管依頼書の提出が必要になります。 その他の場合は、特段の手続なしに特定口座(未開設の場合は一般口座)に移管されます。 途中売却は可能です。 対象商品は、新生銀行で取り扱う国内籍公募株式投資信託となります(ただし、つみたてNISA専用の公募株式投資信託を除きます)。 お客さまが一般NISA口座でご購入した投資信託は、運用状況や純資産総額などの状況から運用継続が困難な場合、委託会社の判断で信託期間の短縮や早期償還の手続きが取られる場合があります。 この場合、お客さまが一般NISA口座でご購入、あるいはロールオーバーされた当該投資信託は、売却したことと同様の扱いとなり、一般NISA口座での保有はその償還時までとなります。 これにより、お客さまが一般NISA口座で当該投資信託をご購入、あるいはロールオーバーされた金額分、該当する年のNISA口座の非課税枠が使用できなくなりますのでご注意ください。 [2018年12月14日現在] つみたてNISAについて• 非課税枠は年間40万円となります。 つみたてNISA口座の開設は日本にお住まいの20歳以上(口座開設年の1月1日現在)の方が対象です。 積立契約を締結していただくことが必須となります(つみたてNISAは、積立契約を締結せずに投資信託を購入することができません)。 積立契約に基づき、定期かつ継続的な方法による買付が行われます。 投資可能期間は、2018年1月から2037年12月末までとなり、非課税期間は最長20年間となります。 一般NISAやジュニアNISAと異なり、非課税期間終了時に新たな非課税枠へ移管いただくこと(ロールオーバー)ができません。 途中売却は可能です。 対象商品は、新生銀行で取り扱うつみたてNISA専用の公募株式投資信託となります。 つみたてNISAは、つみたてNISAの利用開始日から10 年を経過した日(10 年後以降は、5年を経過した日毎の日)におけるお客さまの氏名、所在地の確認が必要となります。 1年内に当該確認ができない場合、非課税枠への投資信託の受け入れができなくなります。 積立日によっては、受渡日が年をまたぐことがあり、年間の非課税枠の上限40万円を超過する場合(超過分は特定口座または一般口座でのお預りとなります)や、上限40万円に到達しない場合があります。 つみたてNISAで買い付けた投資信託について、原則として年1回、年初に信託報酬等の概算値を通知いたします。 [2019年8月27日現在] <NISAプラスプログラムについて> 「」とは、新生銀行の一般NISA口座(またはジュニアNISA口座)において国内籍公募株式投資信託をご購入の際、 「NISA口座」での購入としてご希望の金額を一度にお申し込みいただくと、一度に申し込まれた金額に対する申込手数料が無料になるプログラムです(運用期間中や換金時には商品ごとに所定の手数料・費用等がかかります)。 なお、ジュニアNISA口座においては店頭でのみ「NISAプラス」をお申し込みいただけます。 申し込まれた金額のうち、非課税枠内の金額は一般NISA口座(またはジュニアNISA口座)での購入、非課税枠を超える金額については課税口座(一般口座または特定口座)での購入となります。 「NISAプラス」をご利用になるには非課税枠が1円以上残っている必要があります。 (一般NISAで投信積立を利用する場合における「NISAプラス」プログラムについて) 「NISA口座優先預り」を選択して投信積立契約をご契約いただいており、かつ、毎月の積立取引日(引落日)(銀行休業日もしくはファンド休日の場合はその翌営業日)の当行所定の時点において、当該積立取引にかかる投資信託の受渡日が属する年のNISA非課税枠が1円以上残っていると判定された場合には、「NISAプラス」プログラムが適用され、当該投資信託の申込手数料が無料になります。 なお、非課税枠内の購入金額は一般NISA口座での約定、非課税枠を超える購入金額については課税口座(一般口座または特定口座)での約定となります。 (つみたてNISAにおける「NISAプラス」プログラムについて) 新生銀行で取扱うつみたてNISA専用ファンドはすべてノーロード(申込手数料無料)であるため、「NISAプラス」プログラムにかかわらずそもそも申込手数料はかかりません。 つみたてNISAをご利用のお客さまが別途特定口座または一般口座で投資信託購入の約定を行った場合、たとえかかる投資信託の約定日がつみたてNISAで設定した投資信託の各約定日と同一の日であったとしても、特定口座または一般口座で購入した投資信託について「NISAプラス」プログラムは適用されませんのでご留意ください。

次の