降圧 剤 グレープフルーツ。 降圧剤とグレープフルーツ併用は危険

アジルバの特徴や効果と副作用や半減期!グレープフルーツは?

降圧 剤 グレープフルーツ

グレープフルーツジュースが併用出来ない薬の種類はどんな薬? 併用出来ない薬は、ノルバスク アムロジピン アテレック シルニジピン アダラート ニフェジピン コニール ベニジピン ヘルベッサー ジルチアゼム 等です。 全て降圧薬です。 詳しく言うと、カルシウム拮抗性の降圧薬です。 成分名の語尾が〜ピンのものが多いので、覚えておくといいでしょう。 共通しているのは、CYP3A4という代謝酵素でお薬が代謝され、効果がだんだん無くなり、体外に排泄されるという点です。 代謝酵素と聞くと難しく感じるかもしれませんが、簡単な例を挙げると、食べ物を食べた時に胃の中で胃酸や酵素によって食べ物が分解され、胃から腸へと移動し、腸で吸収され 、吸収されなかった不要なものはさらに酵素によって分解されて体の外に出されます。 お薬も同じで、Aという薬はaという酵素で分解され、吸収され、要らないものは体外に出ると考えてください。 降圧薬の多くはCYP3A4という酵素で分解され、吸収、排泄されるのです。 何故グレープフルーツジュースが併用出来ないのか? グレープフルーツの皮、特に内側の白い薄皮にはフラノクマランという物質が含まれています。 この物質は、CYP3A4を阻害してしまう作用があります。 つまり、飲んだ降圧薬が分解されなくなり、降圧作用が強く出すぎてしまい、過度の低血圧、失神、酷いと命に関わることもあり得ることになってしまうのです。 なぜジュースがダメなのかと言うと、ジュースを作る工程で薄皮も一緒にジューサーにかけられ、ジュースに混在しているからです。 つまり、グレープフルーツジュースにはフラノクマランがたくさん含まれている事になります。 そのため、グレープフルーツジュースはこのお薬を服用中は飲まないでください。 という説明があるのです。 ただし、グレープフルーツの果肉にはこのフラノクマランがほとんど含まれていないので、薄皮をむき、果肉のみを食べる分にはそこまで影響はないと考えられます。 では、逆にフラノクマランが含まれない柑橘類はと言えば『バレンシアオレンジ、 レモン、カボス、温州ミカン、 スイートオレンジ、ネーブルオレンジ、ポンカン、伊予かん、デコポン等』です。 どうしても柑橘類が食べたいとおっしゃるお客様には、是非フラノクマランを含まない柑橘類を教えてあげて下さい。 まとめ よく薬剤情報提供文書を持って、『帰ってから読んだらこんなこと書いてあったけど、どいうこと?グレープフルーツジュースがダメなの?どうして?』と訪れるお客様はいると思います。 その時に安心感を与える返答をするには、もちろん知識がある事と、ダメと知っているだけではなく、理由もなんとなく分かっている事が大切です。 登録販売者ドタバタ劇場 食物繊維不足や筋力低下が原因?弛緩性便秘 3タイプの中で最も頻度が高いのがこの弛緩性便秘。 女性や高齢者に多く、 […] 記事の検索 検索: カテゴリー• 最近の投稿• アーカイブ• 3 フォローはこちら•

次の

【注意】グレープフルーツと降圧剤の食べ合わせは危険です!納豆も!?

降圧 剤 グレープフルーツ

高血圧の降圧剤を服用している時にグレープフルーツを食べるのは危険だと言われています。 その理由や内容について詳しく紹介しますので、あらかじめ把握しておきましょう。 高血圧の治療の際に降圧剤が用いられることがありますが、降圧剤の種類によってはグレープフルーツとの相性が悪いものもあるのです。 それがカルシウム拮抗薬なのですが、カルシウム拮抗薬は血圧の上昇を抑える効果が得られるという特徴があります。 その上でグレープフルーツを摂取すると、薬剤の代謝に必要な酵素の働きを阻害してしまい、血圧が下がり過ぎてしまう可能性があるのです。 つまり、薬を多く摂取し過ぎた状態になってしまうため、必要以上に血圧が下がり過ぎてしまうというわけです。 また、グレープフルーツを食べるだけでなく、グレープフルーツジュースも避ける必要があります。 グレープフルーツ自体を摂取することが良くありませんので、ジュースにも注意が必要です。 その他のかんきつ類の場合は影響が無いと言われていますので、その点は安心して下さい。 では、血圧が下がり過ぎるとどのような症状が現れるのかと言うと、まるで低血圧の状態になるため、貧血・立ちくらみ・胃腸からの出血・腎機能障害など、様々な症状が現れる可能性があります。 さらに重い副作用が生じる場合もありますので、油断してはいけません。 たとえ少量でも反応が出やすいですから、降圧剤を服用する際には、残念ですがグレープフルーツの摂取は控えましょう。 カルシウム拮抗薬を処方される際に、この点については医師から説明を受けるでしょう。 しかし、降圧剤は長期間に渡って服用することが多いため、つい忘れて食べてしまう可能性もあるはずです。 それを避けるために、しっかりと危険性を理解し、自分自身で注意することが大切です。 グレープフルーツ以外に、ライムでも同じような症状が現れるという話もありますので、念のため控えた方が安心です。 もし不安なことがあれば、医師に必ず確認し、納得した上で服用して下さい。

次の

グレープフルーツは血圧の薬(降圧剤)を飲んでいても食べて平気!?

降圧 剤 グレープフルーツ

グレープフルーツジュースが併用出来ない薬の種類はどんな薬? 併用出来ない薬は、ノルバスク アムロジピン アテレック シルニジピン アダラート ニフェジピン コニール ベニジピン ヘルベッサー ジルチアゼム 等です。 全て降圧薬です。 詳しく言うと、カルシウム拮抗性の降圧薬です。 成分名の語尾が〜ピンのものが多いので、覚えておくといいでしょう。 共通しているのは、CYP3A4という代謝酵素でお薬が代謝され、効果がだんだん無くなり、体外に排泄されるという点です。 代謝酵素と聞くと難しく感じるかもしれませんが、簡単な例を挙げると、食べ物を食べた時に胃の中で胃酸や酵素によって食べ物が分解され、胃から腸へと移動し、腸で吸収され 、吸収されなかった不要なものはさらに酵素によって分解されて体の外に出されます。 お薬も同じで、Aという薬はaという酵素で分解され、吸収され、要らないものは体外に出ると考えてください。 降圧薬の多くはCYP3A4という酵素で分解され、吸収、排泄されるのです。 何故グレープフルーツジュースが併用出来ないのか? グレープフルーツの皮、特に内側の白い薄皮にはフラノクマランという物質が含まれています。 この物質は、CYP3A4を阻害してしまう作用があります。 つまり、飲んだ降圧薬が分解されなくなり、降圧作用が強く出すぎてしまい、過度の低血圧、失神、酷いと命に関わることもあり得ることになってしまうのです。 なぜジュースがダメなのかと言うと、ジュースを作る工程で薄皮も一緒にジューサーにかけられ、ジュースに混在しているからです。 つまり、グレープフルーツジュースにはフラノクマランがたくさん含まれている事になります。 そのため、グレープフルーツジュースはこのお薬を服用中は飲まないでください。 という説明があるのです。 ただし、グレープフルーツの果肉にはこのフラノクマランがほとんど含まれていないので、薄皮をむき、果肉のみを食べる分にはそこまで影響はないと考えられます。 では、逆にフラノクマランが含まれない柑橘類はと言えば『バレンシアオレンジ、 レモン、カボス、温州ミカン、 スイートオレンジ、ネーブルオレンジ、ポンカン、伊予かん、デコポン等』です。 どうしても柑橘類が食べたいとおっしゃるお客様には、是非フラノクマランを含まない柑橘類を教えてあげて下さい。 まとめ よく薬剤情報提供文書を持って、『帰ってから読んだらこんなこと書いてあったけど、どいうこと?グレープフルーツジュースがダメなの?どうして?』と訪れるお客様はいると思います。 その時に安心感を与える返答をするには、もちろん知識がある事と、ダメと知っているだけではなく、理由もなんとなく分かっている事が大切です。 登録販売者ドタバタ劇場 食物繊維不足や筋力低下が原因?弛緩性便秘 3タイプの中で最も頻度が高いのがこの弛緩性便秘。 女性や高齢者に多く、 […] 記事の検索 検索: カテゴリー• 最近の投稿• アーカイブ• 3 フォローはこちら•

次の