トムフォートナイト。 トムフォードのスーツはセレブ着用率No1!ブランドの特徴を総まとめ!

【フォートナイト】トムの実況チャンネルの設定・キー配置&キーボード・マウス・ヘッドホンを大公開!

トムフォートナイト

ジェットパックの強み ジャンプ入力押しっぱなしで、自由飛行できる消耗品です。 飛行中に攻撃できるし、クラフトも展開できる優れものです。 ジェットパックの推進力はプレイヤーの走行速度を上回るので、近距離戦闘において大きなアドバンテージが生まれます。 敵の壁に対して飛ぶだけで、無理矢理射線を通すことができますし、高所の取り合いではまず負けなくなります。 足場を崩されて落下する危険がなくなるし、失敗したときのリカバリーもしやすい。 戦闘前にクラフトを使うことなく高所に登れるため、位置取りの自由度も大幅に向上します。 連続使用するとオーバーヒートするものの、それまでに60メートルくらいは飛べます。 クラフトでいうのなら、縦方向に17枚相当です。 それでいて燃料もかなり多いので、気軽に使っても燃料切れの心配が殆どありません。 温存していればマッチ終了まで余裕がある位なので、序盤で手に入れた場合には大事にした方が良いです。 ちなみに背中の燃料インジケーターが無くなるとオーバーヒートするので、ギリギリで残すよう調節しましょう。 不用意に飛ばない ジェットパックの機動力はプレイヤーの移動速度を上回るので、適当に噴かすだけでも高所の取り合いで勝てます。 ただし、瞬発能力は高くないので、遮蔽物がない場所では不用意に飛ばない方が良いです。 飛行中にはターゲットモードで狙えないため、アサルトライフルなどの撃ちに合いになると、精度が出せない分だけ不利になります。 接続する場所がないとクラフトの防御ができないので、敵の目前でフワフワしていると、七面鳥撃ちにされる危険があります。 確実性を求めるならば、従来までのクラフトに組み込んで、最小限度の運用に留めるのが良いでしょう。 それでも機動力が大幅に増加しますし、変則的なクラフト展開ができるので、敵の不意を突きやすくなります。 相性の良い武器 コンバットショットガン コンバットSG 項目 コンバットSG モチーフ ベネリM4 TTI レアリティ レジェンド 発射形式 セミオート 最大ダメージ 8. 0 x10 ~12. 5m 中ダメージ 4. 5 x10 22. 5m 小ダメージ 2. 2 x10 35m~ 対物ダメージ 47. 0 対物減衰 あり クリティカル 1. 5x 発射レート 111RPM 装弾数 10発 リロード時間 4. 7s ターゲット速度 0. 2s 腰だめ精度 2. 3 - 2. 6 ターゲット精度 2 - 2. 5s TTK100HP 0. 541s 対人DPS 148 対物DPS 87 飛行中は腰だめ撃ちになってしまうので、腰だめで精度が出せて連打できる武器が非常に有用です。 当初、ジェットパックが追加されたときには、ヘビーSGという相性の良いショットガンがありましたが、コンバットSGの相性はそれ以上に良好です。 特に相手がコンバットSGを持っていない場合、ほぼ一方的に攻撃出来るので強力です。 ロケットランチャー ロケットランチャー 項目 ロケットランチャー モチーフ SMAW レアリティ レジェンド 発射形式 セミオート ダメージ 130 対物ダメージ 330 横射程 5. 12m 縦射程 5. 12m 発射レート 24RPM 装弾数 1発 リロード時間 2. 5s ターゲット速度 0. 2s 持ち替え速度 0. 7s 対人DPS 52 対物DPS 132 ジェットパックがあれば、飛翔しながら武器を持ち替え、容易に頭上からのロケット攻撃が実現できます。 敵のクラフトをピンポイントで崩してたたき落とす、隙間を狙ってダメージを通すなどの使い方が捗ります。 密着状態からでも、ジェットパックを多めにふかすことで、自爆する心配も減ります。 対策装備 接近戦になると不利なので、中距離以遠である程度削る方が良いです。 不用意にフワフワしている相手、漁夫攻撃のために、精度の良い武器を持っておきたいところ。 インファントリーライフル 近接センサーグレネード いわゆる対空信管攻撃。 小ネタ ジェットパックで実用性を帯びた戦法、戦術など。 木の中に潜む あんまりやっている人を見かけませんが、天空城よりは遙かに実用的だと思います。 特に木々が密集しているところなら、ほぼ確実に先手が取れます。 敵の油断を誘ってスナイパーで即死させるのが低リスク、高リターン。 天空待機 今までは落とされて終わりでしたが、ジェットパックで着地はできるので、少しは可能性が出てきたの……か? ある程度の位置的有利を取ったら攻撃する方が良いので、相変わらずのネタプレイだとは思います。

次の

トムの実況チャンネルの最新動画|YouTubeランキング

トムフォートナイト

それらのアイテムはバトルパスやアイテムショップなどで課金によって手に入れることができます。 ただ、 もちろん課金をしたからと言ってバトルで有利にはなりません。 と、ここまではだれもが知っている事実だと思います。 しかし、 実は使うだけでマッチで有利に戦えるアイテムが存在するのです! それは相手からの見えにくさだったり、弾の当てづらさであったり...。 特に暗いところでは 「黒」や 「灰色」などの暗い色は敵からとても見えづらく、有利に戦うことができます。 やはりシルエットが細いほうが、敵から狙われづらく、画面が見やすいというメリットがあります。 このスキンはデフォルトだと 非常に地味な配色で、目立ちづらいことが特徴的です。 ブッシュレンジャー ブッシュレンジャーはアイテムショップより、購入することができます。 マップ上にある「木」をモチーフに作られたスキンなだけあって、止まっていると 意外に気づかれないことも多いです。 ツルハシは壁張替え、素材収集などマッチ中に頻繁に使います。 そのため、ツルハシには 次のポイントが重要になります! 1.サイズ感 2.振った時の音 スキンの時も同じでしたが、できるだけスタイリッシュでコンパクトなサイズのものを使ったほうが有利に戦えます。 画面の見える範囲が広くなるので、より シンプルなツルハシを使いましょう。 そして、もうひとつ重要なのが 「音」です。 フォートナイトでは「足音」、「銃声」のほかに、「ツルハシの音」でも場所がばれてしまいます。 見た目はシンプル、ツルハシの 音も静かで、まさに理想的なツルハシとなっています。 このツルハシの強さはプロの界隈でも認められていて、かなりたくさんのプロゲーマーにも使われています。 バスからの降下やジャンプパッドでの移動で、頻繁に使うことがあるグライダーには 次のポイントが求められます。 1.目立たなさ 2.撃たれにくさ 空中では銃を撃つことができないため、あまり敵に見つかりたくありませんよね。 ですから、地味で静かなものを使うのがベストです。 また、最近は 「対空」と言って空中にいるプレイヤーを積極的に狙うことも多いです。 そこで撃たれにくさ、狙われにくさも必要となってきています。 通常のグライダーと違い、 開く面積が小さいため周りが見やすく、目立ちにくいことが特徴となっています。 新しく実装された 「上に乗る型」のグライダーであるため、飛んでいるときに下から狙われにくいというメリットがあります。 また、グライダーの 開くモーションも特徴的なので、敵からしたら最も撃ち落としづらいグライダーだともいえますね。

次の

【フォートナイト】プロゲーマー一覧表|感度や使用デバイスとキー設定まとめ【毎日更新】

トムフォートナイト

その現地レポートをお届けする。 「Fortnite World Cup」とは? まずは「Fortnite World Cup」とはなんぞや? というところから説明したい。 「Fortnite World Cup」は「Fortnite」の開発・運営元であるEpic Games主催のeスポーツ大会だ。 4月13日から6月16日までの10週間にわたって開催されたオンライントーナメントを勝ち抜いたプレイヤーたちが,決勝への出場権を得た。 日本が所属するアジアサーバー地域からはソロ7名,デュオ3チーム(6名)の枠が与えられ,日本人プレイヤーでは Maufin選手と TAKAMURAMM選手がソロ決勝に, bell選手と Scarlet選手がデュオ決勝への進出を決めた。 注目はやはりその賞金額。 ソロ,デュオともに1位の賞金は300万ドル(約3億2600万円)だ。 また,決勝に出場するだけでも1人あたり5万ドル(約540万円)が最低賞金額として確定している。 賞金総額は3000万ドル(約32億6000万円)というまさに夢のような大会なのだ。 開催地は世界最大のテニス専用競技場「アーサー・アッシュ・スタジアム」 そんな「Fortnite World Cup」は,ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区にある「アーサー・アッシュ・スタジアム」で開催された。 同スタジアムはテニスの全米オープンが毎年行われており,あの錦織 圭選手が2014年のグランドスラム決勝を戦ったことでも有名だ(残念ながら決勝戦はマリン・チリッチ選手に敗退)。 テニス競技場のスタジアムではあるが,ドーム内には「Fortnite World Cup」専用ステージが設置されており,知らない人が見ればここにテニスコートがあるとはわからないだろう。 とはいえ,やはりテニス専用競技場らしくドーム内の通路にテニス選手の写真が貼ってあったり,ドームまわりには歴代優勝者の紹介パネルが飾ってあったりと,テニス専用競技場らしい雰囲気も楽しめた。 ドーム外ではユーザー参加型のイベントが開催 「Fortnite World Cup」の目玉はもちろん決勝大会そのものだが,ドーム外となる会場周りでもフォートナイトファンに向けたさまざまな催しが行われていた。 とくに会場内のアトラクションをクリアすることでもらえるスタンプを集め,見事4つのスタンプを集めれば限定ピンバッヂをプレゼントというリアルバトルパスシステムには,多くの来場者が挑戦していた。 スタンプカード。 1日に4つ集めるとバッヂがもらえる。 3日間チャレンジ可能 ピンバッヂ。 手前は左から順に1日目,2日目,3日目にもらえるピンバッヂ。 いずれか片方のみ。 3つ揃えると奥のVバッヂがもらえる 個人的に面白そうだと感じたのはゲーム内のエモートダンスを真似すると,それを採点してくれるアトラクションと,ゲーム内のゴルフ場レイジーリンクスを再現したパットゴルフだ。 エモートダンスチャレンジ。 かなり難しそうだった パットゴルフのアトラクションはレイジーリンクスだけに限らずゲーム内の複数のランドマークが再現されており,ファンはクリアのために真剣になりつつも楽しみながらプレイしているようだった。 そのほかグライダーを再現したジップライン,有名YouTuberと一緒に写真撮影ができるブース(YouTube Gamingが主催)もあり,決勝戦以外にもさまざまなお楽しみが用意されていた。 こうした「ファンへのおもてなし」はアトラクションだけにとどまらず,会場内の売店のデザインもゲームと統一。 ピザ屋は「Pizza Pit」に,チキンナゲット屋は「Nugget Hut」に,グッズ販売は「Retail Row」,アイス屋は「SoFDeeZ」と,会場はまさに「Fortnite」の世界に染まっていた。 会場内には多数のアクターがいて,ブースでは一緒に写真も撮影できた。 写真の女性は2時間以上ぶっ続けでエモートダンスを踊っていた強者 クリエイティブ決勝,日本チームは2位に 「Fortnite World Cup」は3日間にわたって行われる大会で,2日目は デュオ決勝,3日目は ソロ決勝が行われる。 では1日目の26日は何をするのかというと,2018年12月6日に実装された クリエイティブモードの決勝だ。 クリエイティブモードの決勝では,Epic Gamesが招待した有名プレイヤー(多くはYouTuberなどのゲーム実況者)と,彼らが出した課題をクリアした一般プレイヤーがチームを組んで試合に挑む。 試合はタワーを占拠した時間で獲得できるスコアを目標値まで溜める「SKYSTATION SHOWDOWN(3マッチ)」,オブジェクトに変身して焼却炉を目指すチームとそれを防ぐチームに分かれて戦う「JUNKYARD JUKE(3マッチ)」,ポイントを集めつつ障害物コースの最速ゴールを目指す「WORLD RUN(3マッチ)」,そしてそれらの難度を高めた「GOLDEN GAMES(3マッチ)」の4セット計12マッチが行われ,セットを一番多く獲得したチームが優勝となる。 「SKYSTATION SHOWDOWN」。 指定位置内に剣を持っているキャラがいるとスコアが加算される 防衛側は焼却炉に入られる前に倒す 「WORLD RUN」。 日本からは招待プレイヤーとして Tomoya(トム)選手(ゲーム実況者,スペイン在住)が選ばれ,トム選手が作成した予選ステージのクリア成績の上位3名とチーム 「Funky Fighters」を組んで出場していた。 「Funky Fighters」のメンバー 勝利者インタビューを受ける「Funky Fighters」 「Funky Fighters」は「SKYSTATION SHOWDOWN」の1セットを獲得するも,最終セットの「GOLDEN GAMES」でFaZe ClanのCIZZORZ選手が率いる「Fish Fam」に破れ,2位という結果に終わった。 獲得賞金は32万5000ドル(約3500万円)だ。 チャリティイベント「PRO-AM」に三代目 J SOUL BROTHERSのEllyさんが参戦! クリエイティブモードの決勝後,続いてプロとセレブがデュオで戦う 「PRO-AM(プロアマ)」が始まった。 日本からは 三代目 J SOUL BROTHERSの Ellyさん(セレブ枠)とYouTuberの NECKOKUNさん(プロ枠),モデルの アレクサンダーさん(セレブ枠)とYouTuberの ボドカさん(プロ枠)の2チームが参戦した。 「PRO-AM」は4マッチが行われた。 試合結果としては,スイスの Airwaks選手(プロ枠)とアメリカのDJ, RL GRIMEさん(セレブ枠)が優勝を飾った。 Airwaks選手は「E3 2019」で開催された「PRO-AM」でも優勝しており,セレブに勝利をもたらすスゴ腕プレイヤーと言える。 ここで改めて日本から出場するbell選手(プロゲーマーチームCrazy Raccoon所属)とScarlet選手(同)の紹介をしておきたい。 bell選手(左)とScarlet選手(右) bell選手はシーズン2から「Fortnite」に参戦した15才,高校1年生だ。 Scarlet選手はシーズン1からで,こちらは15才だが中学3年生と,どちらもかなり若いことに驚かれるだろう。 しかし,彼らは厳しいオンライントーナメントを突破してきており,そのほかの海外選手も15才前後が多かった。 銃撃以外に建築も重要な「Fortnite」のプロシーンは,このあたりの年齢層が活躍しやすいのかもしれない。 2名の選手が使用しているデバイスや設定は次のとおり。 Scarlet選手• キーボード:ロジクールG Proゲーミング キーボード• ヘッドフォン:ASTRO Gaming A40• マウス:Logicool G PRO Lightspeed WIRELESS• マウス感度:400dpi• ゲームX軸:0. 120• ゲームY軸:0. 120• ADS感度:0. 400 なお,決勝で注目している選手についてbell選手は 「決められない。 みんな強い」と答え,Scarlet選手は 「プロゲーミングチームCOOLER所属のAqua(アクア)選手」を挙げていた。 同選手はエイム力が高く,攻撃をすべて当ててくるのだそうだ。 日本チームは初戦で2位になるも結果は20位に デュオ決勝は6マッチが行われ,マッチごとに獲得したポイントの合計が競われた。 ポイントの計算や最終順位による賞金は次のとおり。 日本チームは初戦で2位,7撃破の14ポイントを獲得するも,その後のマッチで伸び悩み,最終順位は20位という結果に終わった。 日本チームは初戦2位とかなりの活躍だった デュオ決勝ではストームの中心が移動を始めてからも20チーム以上が残っている状態が普通であり,ここから撃破ポイントを稼ぎつつ,さらに生き残るのは不可能に感じた。 だが,それをできるのがプロゲーマーなのだろう。 この狭さで21チーム生存 そんなデュオ決勝戦で優勝を決めたのは,プロゲーミングチームCOOLERに所属するAqua選手とNyhrox選手のチームだ。 ソロ決勝戦に挑むMaufin選手とTAKAMURAMM選手 翌28日はソロの決勝戦が行われた。 日本からはMaufin選手(アマチュアチームRiddle所属)とTAKAMURAMM選手(プロゲーミングチームCrazy Raccoon所属)の2名が出場した。 TAKAMURAMM選手• キーボード:ロジクールG Proゲーミング キーボード• ヘッドフォン:ASTRO Gaming A40• マウス:Logicool G502 HERO• マウス感度:800dpi• ゲームX軸:0. 071• ゲームY軸:0. 071• ADS感度:1. 000 決勝で注目している選手について,2名の選手はともにイギリスの Mongraal選手(モングラール,14才)を挙げていた。 「まんべんなくうまい」「全部うまい。 弱点が見当たらない」との感想だ。 Mongraal選手は高速でタワーを建てていくモングラール建築で知られている選手であり,ソロでどういった結果を出すのかに注目したい。 安定して上位に入り続けたBugha選手がぶっちぎりで優勝 ソロ決勝も6マッチが行われ,マッチごとに獲得したポイントの合計が競われた。 ポイントの計算はデュオと同一,最終順位による賞金は次のとおり。 試合は1マッチ目で9撃破ビクロイを達成し,19ポイントを獲得した Bugha(ブーガ)選手がリードを守り切るどころか,その後も差を広げて世界初の「Fortnite」チャンピオンとなった。 優勝したBugha選手 息子が3億円獲得してお母さんめちゃくちゃ嬉しそうでした 日本選手はTAKAMURAMM選手が33位,Maufin選手が91位という結果に終わった。 ソロ決勝もデュオ決勝と同じく,ストームの中心が移動を始めてからも50人以上が残っている状態が普通だった。 そのなかでBugha選手は高所を守り,ほかの選手たちが争って数が減っていくのを待っていた。 とくに1マッチ目で大きなリードを作れたため余裕が生まれたのか,その後のマッチでは早めに安全地帯の中心に移動してタワーを建て,倒せるチャンスが来たときに顔を出して攻撃。 ストームが狭まり始めてからは高所を守り続けるという流れを繰り返していた。 やや待ちのプレイスタイルではあるものの,ストームが半分ほどの大きさになってからはアグレッシブな動きも見られ,会場を大いに湧かせていた。 今回の決勝では順位ポイントが大きいと捉えられたのか,ボーラーを確保して残り数人になるまで逃げ続ける選手も多くいた。 また,シャドーボムを活用してあまり目立たないように動く選手も見られた。 「いかにして下界の戦いに巻き込まれないようにするか」という戦法は順位ポイントを考えると重要ではあるものの,観戦する側が盛り上がるわけではないため今後の課題だと言えるだろう。 そんななかBugha選手は6マッチで23撃破,1試合平均約4撃破の目覚ましい活躍を見せていた。 とくにビクトリーロイヤルを飾った1マッチ目では,シャドーボムを逃げだけではなく攻めにも活用するシーンに大歓声が起きていた。 マッチ1でアグレッシブな動きを見せたBugha選手 「Fortnite」の世界チャンピオンとなったBugha選手に拍手を送りつつ,来年の世界大会では(もしあれば)より多くの日本人選手に出場権を得て欲しいと思った。 Maufin選手,TAKAMURAMM選手がともに2018年3月前後のシーズン3から始めて決勝進出を決めたのだ。 これを読んでいるキミが今からプレイを始めれば,来年は2代目「Fortnite」世界チャンピオンかもしれない。 (C)2011, Epic Games, Inc. Epic, Epic Games, the Epic Games logo, Fortnite, the Fortnite logo, Unreal, Unreal Engine 3 and UE3 are trademarks or registered trademarks of Epic Games, Inc. in the United States of America and elsewhere. All rights reserved. Fortnite (C)2018, Epic Games, Inc. Epic Games, Fortnite, Unreal, Unreal Engine 4, UE4, and their respective logos are trademarks or registered trademarks of Epic Games, Inc. in the United States of America and elsewhere. All rights reserved. The rating icon is a registered trademark of the Entertainment Software Association. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners. (C)2018, Epic Games, Inc. Epic, Epic Games, the Epic Games logo, Fortnite, the Fortnite logo, Unreal, Unreal Engine 4 and UE4 are trademarks or registered trademarks of Epic Games, Inc. in the United States of America and elsewhere. All rights reserved.

次の