座薬 使い方。 赤ちゃんへの坐薬(ざやく)の使い方

坐薬の正しい知識、使い方と注意すべきポイントまとめ

座薬 使い方

小児の発熱・座薬の使用について 症状を観察しましょう• いつから、どのくらいの熱が、一日何回くらい出ていますか。 熱が下がった時の機嫌、元気はどうですか。 熱の他に何か症状がありますか。 (嘔吐、下痢、発疹、呼吸困難など) 家庭での手当• 熱の上がり始めは、血液の循環が悪くなり、手足が青白く冷たく、又全身にふるえ(悪寒)がくることがありますが、熱が上がりきると、おさまります。 この様な時には掛毛布、湯たんぽなどで保温してあげましょう。 ふるえ(悪寒)がおさまり、手足があたたかくなったら保温をやめ後頭部などを冷やしてあげ ましょう。 高い熱の時には、解熱剤を使用しましょう。 (市販の解熱剤でも良い)• 脱水症状にならぬように、水分を充分に与えましょう。 発汗の時には、その都度乾いたタオルで拭き、着替えさせましょう。 伝染病の疑いがある時には、他児へ の伝染を予防しましょう。 お風呂へは、全身状態が良く、高い熱が24時間位出なければ入れても良いでしょう。 学校や、幼稚園などへは少なくとも熱が 「24時間以上」 出ない状態になってから行かせましょう。 健康な時から、解熱剤・水枕・体温計は常備しておきましょう。 解熱剤の使用について 何度ぐらいで使うの?• 一度使用しても熱が下がらない場合や、一度下がった熱が再度上がった場合は最低3〜4時間の間隔をあけてから、もう一度使用しましょう。 普通は多くても1日4回くらいの使用ですみます。 熱性けいれんの心配のある児は早めに使用しましょう。 太い血管(くびの横、わきの下など)を冷やしましょう。 挿入した座薬が出てしまったら• 坐薬が溶けずに出てきたら、もう一度挿入しましょう。 溶けたものが出てきたら、いくらか吸収されているので2時間程経過をみて、熱が下がる傾向がなければ再度使用しましょう。 解熱剤の効果 解熱剤の使用後1〜2時間経過して判断しましょう。 この時、平熱まで下がらなくても38. 又、病気によっては通常の解熱剤で38. 座薬の挿入方法• ベビーオイルなど滑るものをつけて、先のとがった方から肛門に挿入して、しばらく(5秒ほど)肛門を押さえていましょう。 座薬の保存• 冷蔵庫内で6ヶ月間は保存できます。 解熱剤も他の薬同様に、年齢や体の大きさで、種類や量が違いますので他児へ使用する場合は必ず医師に相談しましょう。 当院小児科のご案内 前日から発熱の症状がある方は、なるべく午前中早めの外来を受診しましょう。

次の

座薬の入れ方(大人)時間間隔、効果の持続時間についても!

座薬 使い方

座薬の効能効果 座薬は解熱や鎮痛剤として使用します。 血管を広げ体の熱の放出を多くして熱を一時的に下げます。 また、 痛みを感じる数値を上昇させ、痛みを緩和させる効果があります。 副作用としては、低体温、下痢、発疹、チアノーゼが出る事があります 座薬は直接腸から血液中へ吸収されるため、肝臓などで分解されにくく、薬の早い効果が期待できます。 座薬の使い方 座薬は、肛門から直接腸に投入して使います。 できるなら 使う前に排便をすませておくと良いでしょう。 投入する時は、肛門に手が届きやすい自分が一番投入しやすい体勢をとります。 しゃがむという方法もありますが、不安定な部分もあるので、できれば 四つん這いや寝転がる方法が安定しておススメです。 投入する時は、座薬の太い方を肛門に当て、ゆっくりと挿入していきます。 座薬は体温で自然と溶けますので、緊張しないでゆっくり入れていけばスムーズに入ります。 指の第一関節が入るくらいまで挿入する事が出来たら大丈夫です。 ゆっくり安静にしておきましょう。 人に入れてもらう場合は、四つん這いや横向きの体勢になり、恥ずかしいと思いますが、緊張せずに息を吐きながら挿入してもらうと良いでしょう。 使用量はどのくらい? 座薬は小児用に処方される事が多いので、家に子供の分が残っていたりして、それを使う時は 体重10kgで100mgの量を目安とすると良いでしょう。 ですが、 体重80kgの人は800mg使う訳ではなく、50kg以上の人は1回500mg程度で十分です。 解熱剤には色々な成分が入っていますので、使用する時には医師に確認をするようにしましょう。 有効期限は? 有効期限は、製造されてから4年~5年と言われていますが、実際 使用するのは病院からもらった時点から1年くらいが目安です。 それ以上は有効期限が切れている可能性もあるので処分しましょう。 また、座薬は熱いと溶けてしまうので、冷蔵庫で保管する様にしましょう。 座薬が出てしまったら 挿入してすぐ出てしまった場合、また同じものを入れてもいいのか、入れない方がいいのか、分からないですよね。 一般的には、 出てきた座薬が固形のままだったらそのままもう一度挿入し、液状化している場合はほぼ吸収しているとみなし、そのまま様子を見る、とされています。 1時間ほどしても変化がなさそうな時はもう一度入れなおしても良いみたいです。 どのくらいで効くの? 座薬の効果はだいたい30分くらいしてから効き始めます。 薬の効果はだいたい4時間ほど持続します。 ただ、 座薬は熱を完全に下げる薬ではなく、一時的に体を楽にするための物ですので、熱が下がる温度は1度くらいです。 ですが、体感ではだいぶん楽に感じると思います。 次に座薬を入れるときは6時間は間隔をあけるようにします。 排便はどうしたらいいのか 薬を腸から入れるということで、気になるのが排便ですが、どのように対応する事が望ましいのでしょうか。 座薬を入れる事で便意を感じる場合がありますが、 薬の効き目を出すためにはすぐに排出しない方が良いので、我慢できるなら我慢しましょう。 解熱剤は15分から20分で溶けますので、 だいたい30分ほどすれば排泄しても大丈夫です。 ただ、我慢しすぎるのも危ないのでどうしても無理というときは我慢しないでください。 大人になってからの高熱はとてもきつく、体力を奪われるので、無理をしないでつらい時には座薬を使い、ゆっくり休んでくださいね。 こちらの方でより詳しく紹介されています。

次の

ボルタレンサポ(坐薬)の使い方・効果・副作用を解説!

座薬 使い方

冷蔵庫保存の座薬を使う場合、 冷たさが刺激になってしまうことがあるので、室温でしばらく置いておくか、 少し手で温めるとよい。 ただし温めすぎると溶けてしまう。 座薬を使うときは 手を清潔に洗ってから。 なるべく排便を済ませた後のほうがよい。 保管は子供の手の届かないところへ。 座薬の切り方 子供の体重によっては座薬を切って使用するようにと医師から指示が来る場合があります。 はさみやカッターで切りますが、中には体温などですぐ溶けてしまう座薬もあるため袋から取り出さず、 袋に入った状態でバチンッと切るといいでしょう。 冷蔵庫から取り出した直後だと、硬いのではさみなどで切りにくい場合は 少しだけ手で温めて柔らかくしてから切るとやりやすいです。 切った残りは衛生上の問題で捨てましょう。 座薬が出てしまったら? 座薬を入れて、挿入直後に出た分は、そのまま入れ直ししたらいいが、 しばらくしてからうんちなどで座薬が一部溶けて出てしまった場合、もう一度いれるか悩むところ。 出てきた座薬の残り方で判断 例えば座薬1個分をまるまる入れたとします。 そのあと座薬が出てしまった場合、座薬の半分以上なくなっていた場合は座薬を入れず、しばらく様子を見ます。 症状で判断 例えば熱さましだったら、使用した後にしばらくして出てきてしまった場合、1時間ほど様子を見ます。 熱が下がらない場合は薬が吸収されなかったと考えてもう一度挿入する。 吐き気止めの座薬なども同様です。 座薬の種類 効能 商品名 水溶性基材 吐き気止め ナウゼリン(ドンペリドン)坐剤 抗けいれん薬 ダイアップ(ジアゼパム)坐剤 脂溶性基材 解熱鎮痛薬 アルピニー(アセトアミノフェン)坐剤他 抗菌薬 エポセリン(セフチゾキシムNa)坐剤 抗けいれん薬 ワコビタール(フェノバルビタール)坐剤 便秘薬 テレミンゾフト(ビサコジル)坐剤 小児に使われる座薬をピックアップ。 直腸内の水分を吸収して溶解することで粘膜に広がり吸収される。 融点が体温より 高いため 室温での保存が可能。 ゆえに外出先でも持っていける。 ほとんど融点が体温より 低いため 冷蔵庫で保存。 一部、室温でも保存できるものもあるが冷蔵庫が無難。 2種類の座薬を使う場合は? 座薬には水溶性基材と脂溶性基材とあり、先に油脂性基材を入れてしまうと後に挿入する水溶性基材が吸収されない場合があります。 なので 先に使用するのは水溶性基材のほうを挿入し、 30分経ったのちに油脂性基材を挿入する。 一般的には「 38. 5度以上の時に1回1個使ってください」という風に指示がありますね。 しかし、熱という症状は子供が 菌やウイルスなどに対する防御反応で 無理に下げる必要はないです。 子供は大人と違って高熱が出ていても、けろっとしてる場合が多いです。 先生も無理に使わなくてもいいよと伝えている場合もあります。 なら使うタイミングなくない?ってことなんですが、さすがに子供が 高熱でぐったりとしてるときは使ってください。 他には• 母乳やミルクを飲まない• 泣き方に元気がない• 目がうつろ こういった時も使ってあげるといいでしょう。 一時的に楽になります。 最後に とまぁ基礎知識を並べてはいますが、実際、赤ちゃんに挿入した経験はないんですよね。 のちのち自分の子供で体験したら、そのやり方だったり共有することができるので服薬指導の会話の幅も増えそうですよね~ 小児の服薬指導についてマスターしたいのならこちらがオススメです。 後半に患者向けの指導箋も画像やイラスト付きで載ってたりとするので、とても役立ちます!.

次の