沖田浩之 家族。 沖田浩之の自殺の真相!嫁や子供・自殺の家系との噂~葬儀で兄が明かした内容も総まとめ

俳優の沖田浩之が死去した事件の真相!子供(息子)に関しても紹介

沖田浩之 家族

沖田浩之の自殺事件の衝撃!死を選んだ理由とは? 沖田浩之が36歳で謎の自殺!原因究明の憶測が広まる 俳優の沖田浩之は、1980年代に社会現象を巻き起こした、原宿歩行者天国を闊歩した「竹の子族」から芸能界入りを果たしてから約20年後、わずか36歳で自殺してしまいました。 この事件の前日、沖田浩之の所属事務所の代表でもあった俳優・津川雅彦は彼と酒を飲んでおり、役者としての悩みを打ち明けられましたが、厳しい言葉を返してしまったといいます。 そのため、俳優業への絶望といった自殺原因を想像して報じるメディアが多く見られました。 その一方で、多額の借金を苦にした自殺説もありました。 実家の父親は、神奈川県川崎市で不動産業を営んでおり、幼い頃の沖田浩之は、大変裕福に育ったそうです。 しかし、堅実だった父親から、沖田浩之の兄に代替わりした後、バブル崩壊という時代の波に揉まれ、会社は業績不振の一途を辿ることに。 父親は、沖田浩之が亡くなる3年前の1996年に、「俺の保険金で借金を返済してほしい」と言い残して自殺しています。 沖田浩之の借金自殺説を兄が完全否定!実は億単位の借金保証人になっていた!? 沖田浩之の借金自殺説については、マスコミに対して兄が完全否定しています。 しかし、沖田浩之が父親から相続した実家や会社の建物には、総額で数億円の抵当権が設定されていました。 その事実の確認を兄に求めたマスコミ関係者もいたようですが、「会社の負債と弟は一切関係ない」と揺らぐことはなかったそうです。 兄もまた、沖田浩之の死から3年後の2002年に自殺してしまったため、真相は闇へと葬られてしまいました。 ところが、後に沖田浩之の親族が、「兄が、沖田浩之の葬儀の夜に、彼の自殺原因を涙ながらに語っていた」と証言。 兄は、父から受け継いだ事業の拡大に乗り出し、失敗して抱えた借金の連帯保証人に沖田浩之を立てていたといいます。 親族の話が真実だとすると、表向きには、「弟の名誉のため、借金苦による自殺ではないと断言する」としていましたが、弟に借金を背負わせた後ろめたさのほうが大きかったのかもしれません。 沖田浩之には結婚した嫁と子供が!山本陽子との関係は? 沖田浩之の自殺の第一発見者は結婚4年目の嫁!幼い子供もいた! 沖田浩之は、「竹の子族」から1981年にアイドル歌手デビューを果たし、1985年頃からは俳優業に専念して堅実な道を歩いていました。 31歳になった1995年には、英語通訳をしていた一般女性・千代子と結婚。 2人の子供ももうけており、人並みの幸せを手に入れたかのようでもありました。 しかし、悲劇は、1999年3月27日の午前中、家族が暮らす神奈川県川崎市の自宅で起きてしまいました。 沖田浩之は、嫁と子供が幼児教室へ出かけている2時間ほどの間に、2階の寝室で寝巻のまま首を吊ったとされています。 帰宅後に第一発見者となってしまった嫁にとっても、青天の霹靂だったはずです。 妻子に一生消えない心の傷を負わせてしまうことに、沖田浩之が考え及ばなかったとは思えません。 命を絶つこと以外が考えられないほどに、抱えていた悩みは深刻の度を越していたのでしょう。 沖田浩之と山本陽子に熱愛の噂!21歳差乗り越え結婚も考えていた!? 沖田浩之は、ドラマ「3年B組金八先生」でブレイクし、アイドル歌手として上り調子だった1883年に、女優・山本陽子との熱愛が報じられました。 当時の山本陽子が41歳だったのに対し、沖田浩之は20歳になったばかり。 熱愛が本当ならば、芸能史上稀に見る大スキャンダルです。 出会いは、沖田浩之が山本陽子の教え子役を演じた1982年のドラマ「愛を裁けますか」でした。 週刊誌の記事は、これをきっかけに交際が始まり、沖田浩之が山本陽子のマンションに通うようになったと伝えています。 不倫関係を演じた1985年のドラマ「二度目のさよなら」での共演時には、一連の報道をネタにするほどのライトなノリも見せていました。 この翌年頃、沖田浩之の母親に「息子をどうするつもりなのか?」と言われた山本陽子は、結婚の意思を周囲に漏らすようになっていたという噂。 ところが、何らかの理由で、2人は間もなく破局を迎えたと伝えられています。 沖田浩之が旧友・川上麻衣子に見せたSOSと優しさ!なぜ悲劇を防ぐことができなかったのか 沖田浩之は、「竹の子族」出身ということで、「3年B組金八先生」の生徒役でデビューした際には、尖った雰囲気で多くの女性ファンを獲得しました。 その後、「E気持ち(イーきもち)」で歌手デビューを果たすと、熱狂的ファンによる親衛隊があちこちで結成されるほどのスターに。 そのため、「3年B組金八先生」で、沖田浩之の彼女役を演じた女優・川上麻衣子には、壮絶な嫌がらせがあったそうです。 沖田浩之はそんな時、兄妹のように気にかけてくれる優しい人だったといいます。 その川上麻衣子が、2017年3月7日放送の「芸能人が実体験を告白!最悪の一日」に出演し、沖田浩之が亡くなる数週間前に交わした会話を明かしました。 川上麻衣子は、あるパーティで再会したかつての親友・沖田浩之に「聞いてほしいことがある」と言われたそうです。 しかし、プライベートや心身の悩みで精いっぱいだった川上麻衣子は、「また今度」とあしらってしまいました。 そんな川上麻衣子を心配して、「何かあったら話せよ」と電話をくれたのが、沖田浩之の最後の言葉です。 自分が強烈な悩みを抱えている中でも、他人を気遣わずにはいられない繊細さが、彼の身を滅ぼしたのかもしれません。 沖田浩之の家系は、父親や兄だけではなく、弁護士だった祖父までが自ら命を絶った自殺家系だと因縁めいた話もあります。 沖田浩之は、アイドル扱いに疑問を覚え、俳優業に専念する中で、死の1週間前に終了したドラマ「サラリーマン金太郎」で、悪役の境地を拓いたばかりでした。 津川雅彦も、期待していたからこそ厳しい声をかけたと言っていただけに、その流れを断ち切ることができなかったことが残念でなりません。

次の

沖田浩之(おきたひろゆき)の死因についての気になる情報のまとめ!

沖田浩之 家族

沖田浩之の自殺事件の衝撃!死を選んだ理由とは? 沖田浩之が36歳で謎の自殺!原因究明の憶測が広まる 俳優の沖田浩之は、1980年代に社会現象を巻き起こした、原宿歩行者天国を闊歩した「竹の子族」から芸能界入りを果たしてから約20年後、わずか36歳で自殺してしまいました。 この事件の前日、沖田浩之の所属事務所の代表でもあった俳優・津川雅彦は彼と酒を飲んでおり、役者としての悩みを打ち明けられましたが、厳しい言葉を返してしまったといいます。 そのため、俳優業への絶望といった自殺原因を想像して報じるメディアが多く見られました。 その一方で、多額の借金を苦にした自殺説もありました。 実家の父親は、神奈川県川崎市で不動産業を営んでおり、幼い頃の沖田浩之は、大変裕福に育ったそうです。 しかし、堅実だった父親から、沖田浩之の兄に代替わりした後、バブル崩壊という時代の波に揉まれ、会社は業績不振の一途を辿ることに。 父親は、沖田浩之が亡くなる3年前の1996年に、「俺の保険金で借金を返済してほしい」と言い残して自殺しています。 沖田浩之の借金自殺説を兄が完全否定!実は億単位の借金保証人になっていた!? 沖田浩之の借金自殺説については、マスコミに対して兄が完全否定しています。 しかし、沖田浩之が父親から相続した実家や会社の建物には、総額で数億円の抵当権が設定されていました。 その事実の確認を兄に求めたマスコミ関係者もいたようですが、「会社の負債と弟は一切関係ない」と揺らぐことはなかったそうです。 兄もまた、沖田浩之の死から3年後の2002年に自殺してしまったため、真相は闇へと葬られてしまいました。 ところが、後に沖田浩之の親族が、「兄が、沖田浩之の葬儀の夜に、彼の自殺原因を涙ながらに語っていた」と証言。 兄は、父から受け継いだ事業の拡大に乗り出し、失敗して抱えた借金の連帯保証人に沖田浩之を立てていたといいます。 親族の話が真実だとすると、表向きには、「弟の名誉のため、借金苦による自殺ではないと断言する」としていましたが、弟に借金を背負わせた後ろめたさのほうが大きかったのかもしれません。 沖田浩之には結婚した嫁と子供が!山本陽子との関係は? 沖田浩之の自殺の第一発見者は結婚4年目の嫁!幼い子供もいた! 沖田浩之は、「竹の子族」から1981年にアイドル歌手デビューを果たし、1985年頃からは俳優業に専念して堅実な道を歩いていました。 31歳になった1995年には、英語通訳をしていた一般女性・千代子と結婚。 2人の子供ももうけており、人並みの幸せを手に入れたかのようでもありました。 しかし、悲劇は、1999年3月27日の午前中、家族が暮らす神奈川県川崎市の自宅で起きてしまいました。 沖田浩之は、嫁と子供が幼児教室へ出かけている2時間ほどの間に、2階の寝室で寝巻のまま首を吊ったとされています。 帰宅後に第一発見者となってしまった嫁にとっても、青天の霹靂だったはずです。 妻子に一生消えない心の傷を負わせてしまうことに、沖田浩之が考え及ばなかったとは思えません。 命を絶つこと以外が考えられないほどに、抱えていた悩みは深刻の度を越していたのでしょう。 沖田浩之と山本陽子に熱愛の噂!21歳差乗り越え結婚も考えていた!? 沖田浩之は、ドラマ「3年B組金八先生」でブレイクし、アイドル歌手として上り調子だった1883年に、女優・山本陽子との熱愛が報じられました。 当時の山本陽子が41歳だったのに対し、沖田浩之は20歳になったばかり。 熱愛が本当ならば、芸能史上稀に見る大スキャンダルです。 出会いは、沖田浩之が山本陽子の教え子役を演じた1982年のドラマ「愛を裁けますか」でした。 週刊誌の記事は、これをきっかけに交際が始まり、沖田浩之が山本陽子のマンションに通うようになったと伝えています。 不倫関係を演じた1985年のドラマ「二度目のさよなら」での共演時には、一連の報道をネタにするほどのライトなノリも見せていました。 この翌年頃、沖田浩之の母親に「息子をどうするつもりなのか?」と言われた山本陽子は、結婚の意思を周囲に漏らすようになっていたという噂。 ところが、何らかの理由で、2人は間もなく破局を迎えたと伝えられています。 沖田浩之が旧友・川上麻衣子に見せたSOSと優しさ!なぜ悲劇を防ぐことができなかったのか 沖田浩之は、「竹の子族」出身ということで、「3年B組金八先生」の生徒役でデビューした際には、尖った雰囲気で多くの女性ファンを獲得しました。 その後、「E気持ち(イーきもち)」で歌手デビューを果たすと、熱狂的ファンによる親衛隊があちこちで結成されるほどのスターに。 そのため、「3年B組金八先生」で、沖田浩之の彼女役を演じた女優・川上麻衣子には、壮絶な嫌がらせがあったそうです。 沖田浩之はそんな時、兄妹のように気にかけてくれる優しい人だったといいます。 その川上麻衣子が、2017年3月7日放送の「芸能人が実体験を告白!最悪の一日」に出演し、沖田浩之が亡くなる数週間前に交わした会話を明かしました。 川上麻衣子は、あるパーティで再会したかつての親友・沖田浩之に「聞いてほしいことがある」と言われたそうです。 しかし、プライベートや心身の悩みで精いっぱいだった川上麻衣子は、「また今度」とあしらってしまいました。 そんな川上麻衣子を心配して、「何かあったら話せよ」と電話をくれたのが、沖田浩之の最後の言葉です。 自分が強烈な悩みを抱えている中でも、他人を気遣わずにはいられない繊細さが、彼の身を滅ぼしたのかもしれません。 沖田浩之の家系は、父親や兄だけではなく、弁護士だった祖父までが自ら命を絶った自殺家系だと因縁めいた話もあります。 沖田浩之は、アイドル扱いに疑問を覚え、俳優業に専念する中で、死の1週間前に終了したドラマ「サラリーマン金太郎」で、悪役の境地を拓いたばかりでした。 津川雅彦も、期待していたからこそ厳しい声をかけたと言っていただけに、その流れを断ち切ることができなかったことが残念でなりません。

次の

沖田浩之の写真、名言、年表、子孫を徹底紹介

沖田浩之 家族

生涯 [ ] 中学生時代から暴走族の集会に顔を出し、高校生になってからは新宿のディスコに通う不良少年だった。 中学の仲間の知り合いがブティック「竹の子」でアルバイトしていたことから、沖田のグループは竹の子の服を着るようになるが、目立つ上、他の客に嫌がられるため、ディスコではの出入りが禁止される。 そこで土曜の夜は普通の服でディスコで遊び、日曜正午は竹の子の服で、原宿の歩行者天国で踊るようになった。 乱奈阿珠 (ランナーズ)というチームに所属していた。 竹の子族は若者の支持を集めも注目。 が沖田の特集記事を掲載したのがきっかけで、沖田のファンが急増する。 ファンに囲まれ踊ることもままならなくなり、、高校3年生の5月で竹の子族をやめ、大学進学のため受験勉強を始める。 一方、多くの芸能プロダクションからを受け、に所属。 系列の『』第2シリーズのオーディションに合格し、ツッパリの松浦悟役で出演。 、「E気持(イーきもち)」で歌手デビュー、最高位8位、実売40万枚のヒットとなる。 数ある親衛隊統制による、ステージ用の応援コールとして、「HIROはとってもいい男、今日は絶対チャンピオン、スーパーアイドル沖田浩之G. SガッツHIRO、H. Iいつでもヒーローチャンピオンゴー」というコールも作られた。 4月に青山学院大学経済学部第二部経済学科に入学するが、仕事が忙しいため、授業を一回受けただけで休学する。 に移籍し、歌手、俳優として活躍していたが、、にて歌手活動最後のコンサートを開催。 ステージ終盤、これまでの歌手活動の集大成として、彼の気持ちを込めた曲「I believe in music」(原曲)を披露。 その年の秋、横浜岡田屋モアーズのイベントを最後に歌手活動を終了。 独立し、念願の俳優一筋の道を歩むため、個人事務所を設立する。 、仕事始めにそれまでのファン主体のバースデーパーティーをのホテルで開催し、CMに出演した森永製菓の商品を詰め合わせにした袋にサインを入れ販売した。 同日、前組織のファンクラブや親衛隊などがすべて解散する。 独立後、仕事を干されていたが、その間にアメリカに渡り、の免許を取得。 帰国後、沖田に声をかけてくれたの社員に挨拶にいったところ、スポーツ新聞に「吉本入り」と誤報され、それをきっかけに再び仕事が入り始める。 その後、舞台「澪つくし」で共演したが代表を務めるに移籍、舞台を中心に俳優として活動。 7月7日結婚。 2児をもうける。 系列の『』では、企業乗っ取りを図る悪役・富岡修平役を演じた。 に自宅でを図り死去、36歳没。 その理由は不明である。 『サラリーマン金太郎』第1部終了から僅か6日後の突然の悲報に、沖田自身が師と仰いでいた津川も絶句し「顔を洗って出直して来い! そう言ってやりたい」と涙ながらに語った。 沖田と『3年B組金八先生』第2シリーズで共演したは、沖田の告別式のインタビューで「いままで格好いい生き方してきた彼には辛かったのかもしれない」と語っており、自殺の原因は当時、仕事が減っていたことに悩んでいたとも、多額の借金を抱えていたとも報道された。 なお沖田だけでなく、弁護士の祖父、企業経営者であった父(1996年9月)、父の生前から経営を引き継いでいた兄(2002年4月)など、置鮎家は3代で4人の自殺者を出している。 人物 [ ] 趣味人としての一面も知られ、日本初の「アイドル」としてその名を残している。 アマチュア無線専門誌『』1983年3月号の表紙を飾っている。 当時のはJI1TQE。 映画『』では通信するシーンも披露。 芸能界屈指の好きとしても有名で、その実力は趣味の域を超えており、テレビ番組の企画でプロライセンスに挑戦したほどであった。 また『』には631回・800回(いずれもの司会時)と2度出場し、それぞれ5問正解・8問正解の成績だった。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• () - 松浦悟 役• 第2シリーズ(1980年 - 1981年)• スペシャル2「イレ墨をした教え子」(1983年)• (1981年 - 1982年、TBS) - 鈴木正雄 役• 愛を裁けますか(1982年、TBS)• (1982年、) - 稔 役• 第14話-第16話(1983年、) - 徳川綱重 役• パパ スカートはいてよ(1983年、) - 佐藤洋平 役• 千利休とその妻たち(1993年、関西テレビ)• (1984年、関西テレビ) - 千之助 役• (日本テレビ)• 「二度目のさよなら」(1985年1月15日、PDS) - 寺田祐介 役• 「12・もう一つの血痕」(1992年11月3日、東映) - 島田正三 役• 「6・小壜に詰めた死」(1998年8月4日、テレパック) - 君津孝雄 役• 第1505回「東京の秋(前編) 家族ふたつ」(1985年 TBS) - 千場誠次 役• 第1506回「東京の秋(後編) 愛、けれど-」(1985年 TBS) - 千場誠次 役• 第1534回「予約番号は? 」(1986年 TBS)• 第1538回「妻の二泊三日」 1986年 TBS)• 第1618回「家族アレルギー症候群」(1988年 TBS) - 中里浩一 役• 第1699回「交差点」(1989年 TBS) - 達男 役• 第1853回「なぜか、独身」(1992年 TBS)• 第11話「罠 それはキッスで始まった! 」(1985年、TBS)• 「」(1985年 - 1986年、)• 第8話「出張捜査はゴージャスに」(1985年、日本テレビ)• セーラー服恋愛教室 愛のレッスンA! (1986年) - 松山 役• (1986年) - 血祭武士 役• 水曜ドラマスペシャル 紙の灰皿(1986年、TBS)• (1987年、朝日放送) - 役• 女と女 華やかな春(1987年、フジテレビ)• 第1話「ホテトル嬢のみた夢は…」(1987年、テレビ朝日)• スペシャル(1987年、フジテレビ)• やさしく歌って、殺人(1987年、TBS)• ~雪の章 花の章~(1987年、TBS) - 左右田源八郎 役• 第26話「清の沖縄ほうろう記」(1988年、関西テレビ)• (1988年、TBS) - 役• 第1シリーズ 第12話「若手同心の恋」(1988年7月21日) - 清吉 役• 第4シリーズ 第20話「妻を売った武士」(1992年5月7日) - 桐生一郎太 役• 第5シリーズ 第19話「大奥に消えた殺人者」(1993年9月2日) - 佐吉 役• 第7シリーズ 第14話「振袖の罠! 女形が賭けた夢舞台」(1996年1月25日) - 竹之丞 役• 第6話「ニセ小判! 蟻が暴く殺人手口」(1997年3月8日) - 新納精一郎 役• 第4話「狆(ちん)が見た密通殺人」(1998年5月2日) - 滝沢伝八郎 役• (テレビ朝日)• 第74話「お葉せんせいの恋治療! 」(1989年) - 辻弥一郎 役• 第4話「裏切り者に涙あり! 」(1991年) - 中畑弥四郎 役• ボクの乙女ちっく殺人事件(1988年8月13日、TBS)• (1988年、TBS)• 追憶のクリスマス・イブ(1988年、TBS)• (1989年、テレビ朝日)• リトルボーイ・リトルガール(1989年8月2日、日本テレビ) - 山田広次郎 役• 秋のドラマスペシャル 父子の対話(1989年、関西テレビ)• (フジテレビ)• 遠い家族(1989年) - 宮田次郎 役• 検察捜査(1995年)• 7・双子の棺(1997年) -(弁護士)黒木 役• 第5話「謎の剣士! 烏天狗・中村」(1989年10月23日) - 樋口新之介 役• 第2話「水晶守った怒りの十手・甲府」(1990年10月29日) - 京太郎 役• 第19話「悪が群がるカステイラ・長崎」(1993年9月20日) - 紀之助 役• 第7話「偽りの武士道・上田」(1994年9月12日) - 相良荘太郎 役• 第3話「恋しい人は凶状持ち・駿府」(1995年10月2日) - 駒越の清太郎 役• 第16話「黄門様を探した娘・久保田」(1999年7月5日) - 保坂一平 役• (1990年、日本テレビ) - 成瀬久馬 役• (1990年1月9日、) - 風間耕治 役• (1990年-1998年、TBS) - 水野淳 役• (5)第4話ゲスト出演(1998年)• 第13. 14話(前・後)「我楽多たちの最後の賭け!」(1990年、テレビ東京) - 伊之助 役• (1990年、)• 横溝正史スペシャル (12)魔女の旋律(1991年2月27日、TBS)• 第2シリーズ 第13話「密告」(1991年) - 伏屋の紋蔵(横山小平太)役• 第4シリーズ 第11話「掻掘のおけい」(1993年) - 鶴吉 役• 遅すぎた男(1991年、関西テレビ)• 第2話「大名潰し・三千両の罠」(1991年、テレビ東京) - 喜連川忠正 役• 第10話「摩訶不思議、恋の行方と肉付面」(1991年、系) - 榊小太郎 役• 「」(1991年8月26日、TBS) - 山口武重 役• (第5回)あいつがヒーロー(1992年、フジテレビ)• 大型時代劇スペシャル 新撰組 池田屋の血闘(1992年、TBS)• 第3シリーズ 第8話「川止め、足止め、地獄越え! 」(1992年、テレビ東京) - 竜之助 役• 黒真珠殺人事件 (1992年、テレビ東京) - 坂上卓次 役• 新春5時間時代劇スペシャル 独眼竜の野望 伊達政宗(1993年、テレビ朝日)• 春日八郎物語(1993年、テレビ東京) - 役• 第五部「伊達、薩摩の陰謀?島原の乱!その三」(1993年、テレビ東京) - (琉球王子)朝益 役• 第14話「金毘羅代参、馬鹿は死ななきゃ治らない」(1994年5月5日、テレビ朝日) - 岩松 役• 第1シリーズ 第8話「清さん、女難の相あり」(1994年、日本テレビ) - 市助 役• 第5回新鋭シナリオ大賞受賞ドラマ 夜鷹百両(1994年、TBS)• (1995年、テレビ朝日) - 神谷京之助 役• (1995年、フジテレビ)• 清水次郎長物語(1995年) - 関東綱五郎 役• (テレビ朝日)• 「雪の絶唱 飛騨高山 殺意の不倫清算旅行」(1996年) - 相原和浩 役• 「15」(1996年) - 大田垣信夫 役• 月曜ドラマスペシャル 五つの顔の変装刑事!右京警部補事件ファイルE(1996年、TBS)• L) - 鈴木宗哲 役• (テレビドラマ 1996年-1997年)(NHK) - 片岡直次郎 役• (1997年、テレビ東京) - 八五郎 役• 新春時代劇スペシャル 弁慶(1997年、テレビ朝日)• (1997年、テレビ東京) - 浅野長矩 役• 第49話「ウルトラの星」(1997年8月9日、) - 役• 第8話「鴨とネギを背負う女」(1997年、TBS) - 茂男 役• 第3シリーズ 第1話「男二人」(1997年10月22日、フジテレビ) - 土屋数馬 役• 特別編(1997年、テレビ朝日)• 12時間超ワイドドラマ 家康が最も恐れた男 真田幸村(1998年、テレビ東京)• (1999年、TBS) - 富岡修平 役• (2000年、テレビ朝日)• HiRO THE HERO(1981年)• (1983年) - 若者 役• (1983年) - 神田源太郎 役• (1985年) - 服部佐一郎 役• (1985年) - ジョージ友岡 役• (1987年) - 小杉正明 役• (1987年) - 権堂毅 役• 妖女の時代(1988年) - 田村淳一 役• (1990年) - 高坂弾正 役• (1992年) - 新蔵 役• (1993年) - 柳生兵庫 役• 劇場版partV「甘い罠」(1994年) - 志垣 役• AIDSを生きる(1994年)- 三田村裕二 役• (1995年)- 三條 役• (1995年) - 高木重臣 役• (1996年) - 笹井 役• (1996年) - 鳥羽軍曹 役 オリジナルビデオ [ ]• 女ランボー(1991年)• 七夕の村は激戦区(1993年)- 雉之助 役• 麻雀狂騒曲 1993年• (1993年)- 金子尚蔵 役• がんばれ!青春先生 1994年)- 田村竜馬 役• 女教師日記 禁じられた性(1995年)• (1993年 - 1996年) - 主演• 空転(1997年) - 増田 役 舞台 [ ]• ミュージカル「ボーイフレンド」(1984年、3月-4月 )- トニー 役• ライト・ミュージカル「たかが結婚されど結婚」(1986年、1月 )• 「澪つくし」 1986年、4月 )- 惣吉 役• 「当節 結婚の条件」(1986年、10月 )- 麻田勉 役• 「あたしは・・・モンスター」(1987年、1月 三越劇場)- キャッツィ 役• ライト・ミュージカル第2弾「キャバレー物語」(1987年、5月 近鉄劇場)- 徳丸武彦 役• ミュージカル「火の鳥」(1989年、2月 )- マサト 役• 新春特別公演「おしのぼさつ-慕殺哀話-」(1989年、3月 )- 佐吉 役• ハウス食品ファミリーミュージカル「私のあしながおじさん」(1990年、3月-4月)- ジャービス 役• 3月24日• 3月26日• 3月27日• 3月28日• 3月29日 、30日 近鉄劇場• 4月1日、2日• 4月3日• 4月4日 千葉県民文化会館• 4月5日• 4月6日• 4月8日• 朝丘雪路 特別公演「お蔦主税」 1990年、6月 御園座)- 掏模(すり)の万吉 役• 「デストラップ 死の罠」(1990年、11月 博品館劇場)- クリスフォード・アンダーソン 役• 12月3日• 12月4日• 12月6日• 12月10日、11日• 12月12日• 12月17日 大阪サンケイホール• 12月19日 利根沼田文化会館• 12月20日• 三越劇場新春公演 朝丘雪路芸能生活40周年記念「お蔦主税」(1991年、1月 三越劇場)- 主税 役• アガサ・クリスティー劇場「ねずみとり」(1993年、1月-2月 )- クリストファ・レン 役• 「おお、ナポリ!」 1993年、4月 )- アメデオ 役• オロナミンCファミリーミュージカル「シンデレラ」(1997年、8月 )- 王子 役• 「オズの魔法使い」(1998年、8月 新宿コマ劇場)- カカシ(ファンク)役• 「真夜中のパーティ」(1998年、10月-11月 博品館劇場)- ベルナード 役 OVA [ ]• (1987年) - ジロー・タカギ 役 バラエティ [ ]• (1981年 - 1982年、テレビ東京) - 鈴木浩之 役• (テレビ朝日、1984年1月8日(第235回) - 1984年10月7日(第269回))4枠レギュラー解答者• (テレビ朝日)• (テレビ東京)1996年「千葉県銚子市」 1998年「埼玉県川越市」• がんばります(1998年、フジテレビ) CM [ ]• ロッテチョコレート ウエストサイド40・イーストサイド50 (1980年) CMソングを歌う(よしみ)と同時出演 作品 [ ] シングルレコード [ ]• E気持(1981年3月21日)• 半熟期(1981年6月1日)• はみだしチャンピオン(1981年8月26日)• 俺をよろしく(1981年12月2日)• 隠れアムール(1982年3月5日)• 熱風王子(1982年6月1日)• 気絶するほど悩ましい(1982年9月1日)ギタリストのカバー曲• とりあえずボディ・トーク(1982年12月21日)• 困ったラブ・ソング(1983年4月21日)• お前にマラリア(1983年8月25日)• 奇跡の純情(1984年4月21日)• HIRO (1981年4月21日)• ヒロ・イン(1981年9月21日)• Rolling 19(1982年6月21日)• The Best '83(1982年11月1日)• BODY TALK(1983年2月25日)• HIRO BEST SELECTION(1983年11月21日) CDアルバム [ ]• (2008年1月23日)• 『』1996年12月12日号「加藤優VS松浦悟・あの対決をもう一度」()によれば、当初沖田は加藤優役の予定であったが、が演ずることになった。 この時、17歳にもかかわらず控え室で喫煙していたという。 デイリースポーツonline 1999年3月29日. 2019年3月2日閲覧。 デイリー新潮. 2019年3月2日閲覧。 ZAKZAK 2002年8月19日. 2002年12月5日時点のよりアーカイブ。 2019年3月2日閲覧。 『死の真相』、ミリオン出版、2006年• レギュラー前は1983年7月24日放送分にゲスト出演。 関連項目 [ ]• - 同じ年にデビューした歌手• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語).

次の