耐熱 ボウル。 耐熱ボウルのおすすめ10選!オーブンで使えるガラス製も

レンチンOK!軽くて使いやすいおすすめ耐熱ボウル11選

耐熱 ボウル

ボウルの最適な選び方 ボウルを選ぶポイントとしては3つあります。 順番にご紹介していきますね。 こちらを参考に好みのボウルを選べるようになりましょう。 料理やお菓子作りで食材を混ぜるときなど 平らな方が安定して混ぜられるのですぐに混ざりますし、滑ってこぼすこともなくなります。 サイズは あまり深くないものを選ぶようにしてください。 深いとたくさん入りますが、使いにくくなってしまいます。 そんな方は もともとセットで売っていて重ねることができるものを選んでおくと、キッチンの収納を確保してなおかつたくさん持っておくことができるのでおすすめです。 これらは 耐熱ボウルと言われています。 電子レンジで使えるボウルを持っていると混ぜながら温め直したりもできるので容器を移す手間が省けるので便利ですよ。 電子レンジの加熱ができる耐熱ボウルは以下のようなものです。 ガラス• プラスチックボウル(素材による)• ポリカーボネイト 電子レンジの 加熱ができないのはステンレスです。 なので、2種類以上持っておくと加熱用と非加熱用で使い分けることができるのでおすすめです。 耐熱ボウルおすすめランキング ここからは当メディアオススメの耐熱ボウルをランキング形式でご紹介します。 amazon. また、透明なので中身の確認がしやすいのが特徴。 中の様子が見えず、加熱しすぎてしまったなんてこともありません。 耐熱ボウルが無いときは代用できる! 耐熱ボウルがないからと言って慌てる必要はありません。 きちんと代用することはできます。 耐熱ボウルの代わりとしては2つです。 どんぶりなどの小ぶりの容器で温める• グラタン皿のような耐熱容器で温める 調味料など少量のものを温めるときは、耐熱性の容器で十分でしょう。 野菜など大きいものを加熱する際はどんぶりでは足りないことが多いです。 そのようなときは、グラタン皿のような大きめの器で対応するようにしましょう。 まとめ:よく使うものだからこそこだわりを 今回は当メディアおすすめのボウルについてご紹介しました。 ボウルは普段良く使うものです。 きちんとデザインやサイズ、電子レンジが可能かなどこだわって選ぶと普段の料理も楽しくすることが出来ますよ。 また、耐熱ボウルがなくても別のもので代用することが可能なので、慌てないようにしてくださいね。 今回の記事を参考にして自分のキッチンに合ったボウルを選べるようになりましょう。

次の

ガラスのボウルを入手すると料理が10倍上手になります

耐熱 ボウル

料理家に聞いた「耐熱ガラスボウル」の使いこなし術 あなたにとってボウルとは? と言われたら、答えられる人いないでしょう。 ボウルなんてどれも同じ。 お金をかけるイメージがないキッチンツールです。 私、半澤もボウルについて真面目に考えてこなかった人間の一人。 ですが、このボウルというヤツもちゃんと選ぶと、いつもの料理が変わるらしいんです。 今回は、料理家・ 風間章子さんにボウルの魅力と使い方についてうかがいました。 まずこれが私が使っていた100円のボウルです。 使うシーンもそれほど多くなく、とくに不便とも思っていませんでした。 で、これが風間さんも普段お使いになっているという「耐熱ガラスボウル」。 いくつかのメーカーから発売されているそうで、形も大きさもさまざま。 100均と同じサイズだと、1つ 500円〜700円というところで、ちょっと割高かも。 このボウル、いったい何がいいんですかね? 耐熱なので調理にも使いやすいですね。 また、なにより透明なのがいい! 透明なことがそんなに料理に影響するの? とにかくいろいろ試してみましょう。 【検証1】サラダ ボウルといったらやっぱりサラダ。 ということでドレッシングをかけた野菜を混ぜ合わせてみました。 こちらは100均ボウル。 まあまあ普通に使えます。 まあ、ボウルですからね。 続いて耐熱ガラスボウル。 ぶっちゃけ、100均と同じ使い心地。 まあプラスチックより重たいからガクガクしないというメリットはありますが、感動とまではいきません。 しかし風間さんはこういいます。 確かに100均のものでも十分使えますよね。 それでもここからが、ガラスボウルの本領発揮です。 純粋に出来上がりを比べてみます。 まずは100均。 恥ずかしながらこういう使い方することあるなあ。 でもこれお客さんには出せない見た目ですね。 ほかの器に盛り付けると洗い物も増えちゃいます。 こちらが耐熱ガラスボウル。 パーティーで使ってもOKなレベル。 むしろガラスだからキレイにサラダを見せられます。 ・ ・ ・ でも、まあ「見た目がいい」というだけじゃ、ボウルを買い替えたりしないかなぁ。 まあ、見ててください。 洗ったときにガラスのスゴさがわかりますから。 そう風間さんにいわれ、まずはサラダを完食(本当にこの大量のサラダを2人で一気食いしました)。 食べないと洗えないですからね。 で、洗ってみました。 洗剤をつけて洗った後も100均はベタつきが気になります。 確かに、いつもプラスチックの洗い物には悩まされますよね。 お弁当箱とかもそう。 100均と同じように洗ったのに、ガラスボウルは洗い上がりが別格。 一瞬でキュッキュと気持ちよい音を響かせてくれました。 なるほど、ガラスボウルのメンテナンスしやすさはスゴい。 さびないし、取り扱いがラク! それでもまだ買うには至らないかな……。 と思っていたら風間さんから次なる検証のご提案。 ボウルといったらやはり「こねる」「混ぜる」を試したいですね。 ホットケーキを作ってみませんか。 【検証2】ホットケーキ ということでホットケーキですが、風間さんはなんと最初に小さい耐熱ガラスボウルに冷凍ストロベリーと砂糖を入れ始めました。 え? ホットケーキですよ? ホットケーキに練り込むイチゴソースを作ってみましょう! なるほど、これは「耐熱」だからなせるワザ。 またミニサイズのボウルゆえの使い道もわかりました。 ラップをして様子を見ながら4分レンジでチン! こういう風に調理にも使えるとボウルの存在意義を改めて考えさせられますね。 耐熱っていうだけで、魅力的なキッチンツールに思えてきます。 では、 「ガラスボウルでこねる」を検証してみましょう。 こちら100均ボウル。 もちろん普通にこねられるけれど、粉がどこまで残っているかわからないですね。 こちらがガラスボウル。 ガラスだから 底までしっかり確認できるのが最大のメリット。 これなら混ぜ残しがなくなり、料理の質も上がりそうです。 料理が得意、という人なら「こねる」「混ぜる」もうまくできるでしょうが、苦手な人ほどちゃんと確認して欲しいですね。 ガラスならすべての作業を「見える化」してくれます。 地味だけどこれ、おいしい料理にはとっても大切。 料理が苦手な人ほどガラスボウルはメリットがありそうですね。 ボウルの選び方次第で料理の腕も上げられるとは、正直驚きです。 ということでホットケーキが完成。 イチゴ味で、しっとりした仕上がり。 たまに食うとうまいなあ。 とはいえ段々お腹いっぱいになってきました。 耐熱ガラスボウルの素晴らしさがわかったところで、そろそろ終わりにしましょうか……。 いやいや、ガラスボウルの魅力はほかにもありますよ。 もう1つ、メインディッシュを作ってみましょう。 半澤さんまだ食べられるでしょ! は、はい。 と小さくうなずくしかない半澤。 ここのところ食べ物取材が相次ぎ、なんか明確に太ってきてるんすよ。 ホットケーキ、ちょっと精神的にも内臓的にもダメージでかかったんだよね。 と、ブツクサ言いながらも次の検証へ。 【検証3】ハンバーグ 今回は100均のボウルは使いません、と風間さん。 そういいながらおもむろに炒めた玉ねぎと合いびき肉をこねだしました。 「こねる」編はさっきやりましたから、もう大丈夫っすよ。 お腹いっぱいだしカロリーが心配、うぬー。 あ、はいはい。 それもさっき見ました。 底までちゃんと見られるってね。 確かにハンバーグでも底が見えると均一にこねられますね。 とはいえ、ハンバーグ作るだけならもう撮れ高十分なんで、大丈夫ですって……と思っていたらここからが衝撃的でした。 よくこねたら、小さいボウルに移します。 なんか半澤さん勘違いしてますけど、 これハンバーグじゃなくパルマンティエですから! パル? え、なにティエって? 初耳すぎてもうキョトーンとしてしまいました。 え、ハンバーグじゃないんすか。 ぼうぜんとする半澤をよそに、風間さんは小さな耐熱ボウルにこねたひき肉を盛りはじめました。 このとき表面を平たくするのがポイントですね、と風間さん。 あれ、もうレシピ解説みたいになってる。 じゃ、こちらもそのモードに切り替えます! チーズを少量のせ、 バターで炒めておいた千切りのジャガイモを盛りつけます。 「耐熱」だからボウルでもこんな素敵な料理ができるんですね。 これは感動もの! もちろんグラタン皿でもできるけど、ガラスボウルでこういった料理を楽しむというのも面白いですね。 見ためもキレイで、おもてなし料理にピッタリです! そして、このパルマンティエ風とやらがおいしいことおいしいこと。 こんがり焼けたチーズとジャガイモが、ひき肉とバツグンの相性! さっきまでカロリーが、とか抜かしていた半澤も大喜びで完食。 また少しお腹が大きくなるのでした。 ここでレシピも紹介しておきます。 パルマンティエ風ひき肉のチーズ焼き レシピ 材料• 合い挽き肉 200g• ピザ用チーズ 適量• ジャガイモ 1個 これに加えてつなぎとなるパン粉、牛乳を適量、味付けようの塩コショウ適量、野菜を炒めるためのバターも用意。 ジャガイモを千切りにしてバターで炒める• 合いびき肉を耐熱ガラスボウルに入れ粗熱を取ったバターで炒めた玉ねぎ、パン粉、牛乳を加えてよくこねる• )を小さな耐熱ガラスボウルに移し平たく盛りつける• つなぎにするチーズを少量のせる• )を全量のせる• チーズを満遍なく盛り付ける• そしてお肉のうま味を存分に引き出していました。 フランス料理だそうですが、ガラスボウルでできるのならば挑戦してみたいですね。 耐熱ガラスボウルのメリットをざっくり振り返ります 今回はちょっと地味なキッチンツール、ボウルについて考えてみました。 ざっくりと耐熱ガラスボウルのメリットをおさらいしてみますね。 サラダはもちろん、冷製パスタなどほかの料理の器として十分使えます。 パーティーでも目を引くはず。 これならズボラな人でもうまく付き合っていけますね。 グラタン皿で作っていた料理もボウルで作ると新しい見せ方に気づけるかも。 耐熱ガラスボウル、やりますね~。 ボウルを変えるだけで料理に幅が出て、料理の腕も上げられるとはびっくり。 新生活突入の春は、こういった地味めなキッチンツールを見直すにも最適の時期。 ぜひご検討されてはいかがでしょうか。

次の

耐熱ガラスボウルの便利な使い方!後片付けが楽になる1台3役手間なしレシピ

耐熱 ボウル

耐久性が強くオーブンでも使える耐熱ボウルが欲しい。 そんな方におすすめしたいのが、iwakiやHARIOなど人気メーカーの商品も多いガラス製です。 ガラス製は中身がしっかり見えるので、ハンバーグやお菓子作りなど混ざり具合をしっかり確認したい料理に適しています。 煮沸消毒が可能な ので、衛生面でも安心ですが、急に熱湯をかけると割れてしまうガラスもあるので注意が必要です。 ただし、食洗器には対応しているもの、していないものがあるので注意が必要です。 他の材質に比べると重いという点はマイナスですが、その分 安定感があるので、生クリーム作りなどしっかり力が必要な作業にも適しています。 冷凍庫で使用できない(膨張しない食材であれば可能)、万が一落としてしまうと割れてしまうなど、取り扱いには注意が必要ですが、傷がつきにくく匂い移りや色移りも少ないので、長く愛用できる商品をお探しなら最適な材質といえるでしょう。 とにかく手軽で使いやすい耐熱ボウルが欲しい。 それならデザインもポップなものが多いプラスチック 製がおすすめです。 プラスチック製は軽量なのはもちろん、食器洗い機OKな商品がほとんどなのでお手入れも楽ちん。 万が一、 落としてしまっても割れるリスクが少なく、小さなお子さんがいるご家庭でも安心して使うことができます。 オーブンの使用はできませんが、レンジでおかずを 1品作る・下ごしらえをする・湯煎するという程度であれば十分ですよ。 またプラスチック製は、冷凍可能なものも多いので、余った食材の保存にも便利です。 食材の色移り・ 匂い移りといった弱点はありますが、その分コストパフォーマンスが高い商品も多いので、定期的に買い替えるという方にもおすすめです。 耐熱ボウルをさまざまな料理に活用したいなら、直径が20~25cm程度の大きめサイズがおすすめです。 サラダを混ぜ合わせたり、卵を混ぜたり、切り分けた食材をちょっと入れるのにも便利。 直径が大きいことでしっかり固定した状態で作業できるので、生クリーム・パンケーキの生地作りなど、ある程度力が必要な作業も安心して行うことができます。 また耐熱ボウルには、浅めの形状のものもあるので、生地を作ってそのままオーブンで調理といった使い方も可能です。 ただし、どうしても収納場所の確保が必要なため、収納場所が少ない、さほど料理をしないという方は 20cmほどのもの。 家族が多かったり、お菓子作りなどに使用する方であれば、大きめの25cmほどの大きさが便利でしょう。 特に生クリーム作りなどでハンドミキサーを使用する場合は、 25cmほどの大きめサイズを持っておくと、飛び散りを防ぐことができるのでおすすめです。 一人暮らしの方や、細い作業が多い料理好きの方におすすめなのが、直径10cm前後の小さめサイズの耐熱ボウルです。 小さめサイズなら、 ドレッシングを作ってそのまま食卓に出したり、電子レンジでバターを溶かす、みそ汁の味見をするなどちょっとした作業にも最適。 この小回りの良さが小さめサイズの魅力ですね。 また、冷凍保存に対応しているものを選べば、ご飯一膳や残り物のおかずなどの小分けにも便利。 冷凍保存して好きなときにレンジでチンすれば、お弁当作りや一人暮らしのごはんの強い味方になってくれます。 同じブランドの商品であれば、重ねて保管できるものも多いので、大きめサイズのものとセット買いするのもおすすめの選び方ですよ。 商品に耐熱温度と表記されている場合、純粋にその商品が耐えられる温度を意味します。 例えば、 耐熱温度が-20度~120度と表記されていれば、お湯を注いだり、冷凍庫で冷やしたりという使用方法も問題ありません。 冷凍庫や電子レンジでの使用を検討している場合は、ここをきちんと確認して選びましょう。 一方、勘違いされやすいのが耐熱温度差です。 耐熱温度差とは、加熱された状態から急速に冷やしても耐えられる温度差を意味します。 例えば、耐熱温度差が120度の場合、これは120度までしか使えないという意味ではなく、急激な温度差が生じた場合でも、120度までは耐えられるという意味です。 耐熱温度が別に表記してある場合もありますが、もし表記がなくても、オーブン用などと書いてある場合はおおよそ300度くらいまでは耐えられるはずです。 オーブンなどで使用したい場合には、ここの表記を間違えないように選んでくださいね。 また、オーブンで熱した容器を冷水に投入したり、冷たいふきんで持つなどの作業は、破損につながりかねませんので、注意して使用しましょう。 アイトー 商品名 ボウル 耐熱ガラス 耐熱ガラス製ボウル2個セット atomico 耐熱レンジボウル リベラリスタ ボール・コランダーセット リップボウル 3点セット ボウル レンジボウル 3pcs 片口ボール 4個セット クックボウル セット SIMAX(サイマックス) 耐熱ボウル 特徴 お手入れも簡単。 シンプルな耐熱ボウル 混ぜやすい形状で使いやすい耐熱ボウル そのまま食卓に出せるポップな耐熱ボウル 4つの作業ができるおしゃれなボウル まぜる・注ぐにぴったりなリップボウル テーブルウェアとしても使える清潔感のある耐熱ボウル 軽くて使いやすい国産ボウル 注ぎ口・目盛り付きで便利な耐熱ボウル 軽量で割れにくいポリカーボネイト製の耐熱ボウル 機能的できれいな耐熱ボウル 最安値 材質 耐熱ガラス 耐熱ガラス ポリプロピレン ポリプロピレン 耐熱ガラス 強化ガラス ポリメチルペンテン 耐熱ガラス ポリカーボネイト 耐熱ガラス 直径 25cm M:18. 7cm・L:21cm 23cm 22. 3cm 7. 5cm・9. 3cm・12. 1cm 23. 5cm 17cm・19cm・21cm SS:8. 2cm・S:10. 5cm・M:13. 1cm・L:16cm 17cm・19cm・21cm・24cm 11. 5cm 容量 2. 5L M;1. 5L・L:2. 2L 約3L 約2. 6L 50ml・100ml・250ml 2. 5L 0. 9L・1. 3L・1. 9L SS:100ml・S:200ml・M:400ml・L:800ml 0. 9L・1. 3L・1. 9L・2. 8L 300ml 重量 990g - 約195g 478g 35g・50g・90g 1000g - - 109g・127g・154g・159g - 耐熱温度差 120度 - 電子レンジ・食器洗浄機・冷凍庫 - - 120度 - 120度 - 120度 対応機器 電子レンジ・オーブン・食器洗い乾燥機 電子レンジ・オーブン・食洗機 電子レンジ・食洗器 電子レンジ・オーブン 電子レンジ・オーブン・食器洗い乾燥機・冷凍庫 電子レンジ 電子レンジ・食洗機 電子レンジ・自動食器洗浄機 電子レンジ・食洗機 商品リンク•

次の