上級国民 無罪。 上級国民とは?逮捕されない&無罪説を池袋飯塚や千野志麻の件で検証

上級国民様は無罪!?千野志麻と飯塚幸三が逮捕されない国民の怒り!

上級国民 無罪

池袋で暴走事故を起こした87歳の人が、逮捕ではなく任意の事情聴取、さらに、一部テレビ局では実名報道されなかったということで、それは上級国民に対する忖度では?と炎上しています。 実名報道でも「さん」付けだったそうです。 池袋の事故の方は、東大卒で元官僚で、天下りして大企業の役員です。 上級国民とか上級国民様という言葉があるなんて知りませんでした。 同じ87歳でも、普通の人が死亡事故を起こして逮捕されて事例があったり、元首相の孫と結婚した著名な女子アナウンサーが死亡事故を起こした場合は逮捕されなかったといったことがあり、上級国民といわれる人々は通常の国民と取扱が違うのではないかと物議を醸しています。 上級国民だと無罪だし逮捕されない、通常国民、一般国民だと有罪なのではないかと客観的に思える事例があるということが問題となっています。 スポンサーリンク 上級国民の定義、条件とは? 調べてみたところ、上級国民の年収1000万円以上、中級国民の年収500万円以下、下級国民の年収150万円以下という基準がありましたが、これはおそらく今回のケースの判断基準とはならないでしょう。 公務員とか一流企業正社員、中級国民は中小企業の社員という条件もあります。 上級国民が多いと言われている職種は以下です。 -政治家 -高級官僚 -大企業経営者 -世襲経営者 さらに、上記の血縁関係者が今回のように死亡事故を起こしても、無罪となる可能性がある上級国民だと言えそうです。 といっても、今回の事故を起こした方は、現在入院中だそうです。 だから、まだ逮捕されていないだけで、逮捕されていないから容疑者ではないから「さん」 つけだったのかなと思います。 (擁護しているわけではありません。 ) 仮に、上級国民扱いというのが存在するとしても、東大卒で元官僚で、天下りして大企業の役員だったくらいでは、そこまで優遇する意味ないので、上級国民扱いではないでしょう。 このツイートの内容がわかりやすいです。 上級国民でお怒りのみなさん 逮捕されない理由は天下りだからではないですよ。 恐らく有罪ですが。 事故を起こした爺さんの年齢や怪我の状態、事故後早急に現場検証が進んだなら、身柄をわざわざ拘束して調書を書く必要はありません。 今回の事故のパターンだと、接触事故を起こした時点で一旦自動的にエンジンが切れる仕組みになっていれば、防げた用に思えますが、技術的に難しいのでしょうか? 自動ブレーキでも対応可能ですね。 第2世代のプリウスだったようなので、自動ブレーキはありません。 自動ブレーキは後付できないので、自動ブレーキがついている車に買い替えする必要があります。 アクセルが戻らなくなったとのことですが、右足が悪かったということなので、右足がうまく動かなかったのかもしれません。 昔、ミッションの車で、足を組んで座っているときに、間違えてギアが入ったままエンジンをかけてしまいノッキングで前方の車にぶつかりそうになったことがありますが、そのときはサイドブレーキが手で引くタイプだったので、大丈夫でした。 今は全部あしですからね。 足に問題があると、事故の原因になります。 手で運転できる福祉車両に改造しておけば…。 いろいろ考えても、もう起こってしまった事故なので、どうにもならないのですが、考えてしまいます。 早く全自動運転で、表面が柔らかい車ばかり走る世の中になってほしいです。 カテゴリー• 256• 125•

次の

上級国民の無罪特権は法律か忖度か?未だ逮捕されない呆れたシステム

上級国民 無罪

その交通事故をめぐって、あの人は逮捕されたのに、この人は逮捕されないのはなぜか、それは上級国民だからではないか、などという議論が、ネットで巻き起こっています。 この 上級国民というのは、ネット上のスラングの一種です。 高級公務員や大企業の重役、あるいは、政権の関係者、それらの経験者など、とにかく偉い人で、特別扱いを受けるべき人、という程度の意味だそうです。 さて、上級国民といわれるような方々は、本当に逮捕されない、あるいは、普通だったら逮捕されるのに、上級国民だと逮捕を避けられるとか、そういったことがあるのでしょうか。 これについてですが、誤解を恐れずに、でも、はっきりと申し上げると、 「上級国民は逮捕されにくい」という事は間違いなくいえると思います。 それは、どういう理由からでしょうか。 逮捕やそれに続く勾留(両者は別物ですが、解説すると長くなるので、一括して説明します。 )という手続き・身体拘束は、 懲役刑など、刑罰としての拘束とは異なります。 逮捕や勾留は、有罪判決の確定前に行われているのであり、決して刑罰ではありません。 逮捕や勾留は、捜査の適正の確保のため、あるいは裁判の維持のため、あるいは判決後の刑の執行の確保のために行われるものです。 これは、どういうことかというと、例えば、被疑者(犯罪の嫌疑を受けている人をいい、逮捕の有無は問いません。 )が逃亡してしまった場合には、裁判にかけるという事はできません。 また、判決が出ても、刑を執行するということができません。 さらに、そもそも裁判を開くこともできなくなってしまいます。 さらに被疑者が、関係者と口裏合わせをしたり、証拠品を廃棄したりなどすると、これまた、捜査は適正に行えませんし、真実も発見できず、適正な裁判を行うことも難しくなります。 逮捕や勾留は、このような弊害を避けるために、被疑者に、犯罪の疑いがあることを前提として、 証拠隠滅したり、逃亡するような危険がある場合に限り認められます。 正確には、これらの疑いには、そう疑うに足りる相当な理由、というレベルの根拠が必要であるとされています。 そして、証拠隠滅や逃亡の可能性というのは、理論上は犯罪の疑いとは別の概念です。 犯罪をしたというのは間違いなく認定できたとしても、逃亡や、証拠隠滅の可能性がなさそうであれば、逮捕勾留されないこともあります。 また、犯罪をしたという事について、確信がもてない場合であっても、逃亡や証拠隠滅をする可能性が高い、というケースでは、逮捕勾留が認められやすくなります。 以上を前提に、上級国民について、考えています。 上級国民は、通常、職業や、住居がしっかりしている、また、財産もあるでしょう。 ですから、それらを全部なげうって逃亡するという事はなかなか考えにくいです。 そうすると、逃亡する可能性はほとんどないという判断に結びつくでしょう。 また、上級国民といえども、証拠隠滅をすれば身柄を拘束されることになります。 そうなると、そんなリスクを冒して証拠隠滅をする可能性もない、ということになるでしょう。 上級国民は、身体拘束で失うものが大きいので、そんなリスクを無視して、証拠隠滅には及ばない、ということです。 さらに、上級国民は、前科や前歴もなく、証拠隠滅をそそのかすような組織、団体との関わりもないでしょう。 加えて、上級国民は、殺人や放火など、法律上、重たい法定刑が定められている犯罪を犯す、疑いをかけられることは稀であり、通常は、過失犯など法定刑がそこまで重くない犯罪が中心になります。 そうなると、20年、30年の服役の可能性があるのであれば別格、執行猶予の可能性が高い、実刑になっても、2、3年というのであれば、情状が悪くなる、身体拘束される、あるいは終わりのない不自由な逃亡生活を覚悟して逃亡し、証拠隠滅をする可能性は、ますます下がります。 そういうわけで、上級国民という身分(そんなものがあるわけではないですが)そのものに着目をしているというわけではありませんが、結果的に、 上級国民の持つような属性が、逮捕勾留を否定するような事情になっている、ということがいえると思います。 以上乱暴にまとめてしまうと、 上級国民だと逮捕されにくいとい うのは、一応は真実であるといえると思います。 もっとも、私としては、このような取り扱いが、妥当であると思いません。 上級国民は逃亡したら失うものが大きいから逃亡するという事はなかなか考えにくい、とはいえるかもしれませんが、それは、上級国民に限りません。 上級国民の持つ高い地位、生活など「だけを」特別扱いして、そうでない人の立場を軽視するような判断は、あまり賛成できるものではありません。 これは、上級国民「も」逮捕しろ、ということではありません。 上級国民でなくても、しっかりと逃亡や証拠隠滅の現実的な可能性、相当な理由を確実な資料から認定し、そうでないなら、「一般国民」も逮捕勾留するべきではない、ということです。 上級国民でない人々にも、かけがえのない生活があることには変わりありません。 今回、 このような疑問が湧き上がったのは、市民の認識としては、悪いことをしたから逮捕勾留されるという認識が強い一方で、法律上は、それだけでは足りず、証拠隠滅や逃亡の可能性が審理されるということ、そして、いわゆる上級国民といわれる方々については、犯罪の内容や身分・地位から、逃亡や証拠隠滅のリスクが比較的低いと判断されやすい、こういう、認識のギャップというか、食い違いが、誤解を生んだのではないか、と思います。

次の

逮捕されないのは「上級国民だから」なのか? 池袋と神戸の暴走事故、違いがネットで物議。その背景は

上級国民 無罪

この記事の目次• 上級国民の意味や語源とは~2015年9月に急速に広まったネットスラング 上級国民の定義・語源について 上級国民という言葉は、一般国民に対してそれ以外の特別な国民がいるかのような発言を受けて、それを皮肉るために生まれたネットスラングです。 昔は専門家側の上から目線の言葉を皮肉るために用いられていましがが、現在は政治家や役人・資産家などを批判的な意味合いにて指し示すようにも用いられています。 上級国民が広まったのは東京オリンピックエンブレム騒動 上級国民は2015年9月1日以後にネット上で急速に広まりました。 広まった経緯は2020年東京オリンピックエンブレムに関する騒動です。 関連記事 ・ 2015年7月、2020年東京オリンピックエンブレムのデザインに多数の応募作品がありましたが、その中からデザイナー佐野研二郎さんによるエンブレム案が採用されることが発表されました。 しかしながら、その後、佐野研二郎さんのエンブレム案について、海外の劇場ロゴで先行する類似したデザインが使用されていたことが判明し、盗用ではないのかという疑惑が持ち上がりました。 さらに佐野研二郎さんの過去のデザインが調べられ、他にも他者の写真や作品からの無断流用・トレースがあったことが判明、本人も盗用を認めました。 その後、2015年9月1日に五輪組織委員会は佐野研二郎さんのエンブレム案の採用を中止することを決定し、その件について記者会見を開き、五輪組織委員会の武藤敏郎事務総長がこの判断に至るまでの経緯の説明を行いました。 その際に、「一般の国民の方々」「一般国民」という言葉が使用されていたのです。 『残念ながら、自分のこのような説明、それから佐野さんの説明は、専門家の間では十分・・・分かり合えるんだけれども、 一般国民にはわかりにくい、残念ながらわかりにくいですね』(上の動画 10:13~あたりから) この会見の後、掲示板「2ちゃんねる」のスレッドやインターネット上のまとめサイトの中には、この「一般国民」と言う表現を「上から目線」という論調で批判的に伝えました。 このようにして、 「一般国民」の対比として「上級国民」という言葉が使われるようになったのです。 しかし、現在は意味が少し変わって来ていて、 「上級国民」は政治家や役人・資産家などを批判的な意味合いにて指し示すようにも用いられています 上級国民は逮捕されない?飯塚幸三による2019年池袋母子死亡事故で話題に 関連記事 ・ 事故直後、飯塚幸三さんは入院、警察に逮捕などで身柄を拘束されることはありませんでした。 飯塚幸三さんの経歴見ると、東京大学工学部応用物理学科卒業、旧通産省の元工業技術院長を務め、クボタの副社長に就任したエリートとなっています。 ネット上では、飯塚幸三さんが元官僚の上級国民だから逮捕されないのではないか?との噂が広まりました。 なぜ逮捕されないんだろうと思ってたけど、こういうことだったんですね、わかります。 それゆえ飯塚幸三さんが上級国民っぷりを発揮したとネットで言われています。 池袋事故の加害者飯塚幸三 87 が上級国民ぶりを発揮してる… 自宅電話番号・・変更 フェイスブック・・アカウント削除 ツイッター・・アカウント削除 ストリートビュー・・自宅にモザイク ウィキペディア・・編集ページをロック 経済産業省の勲章贈呈ページ・・削除 Google検索ワード・・削除— うみちゃん umiuminemui Wikipediaから「」が削除される — 幸せになりたかっ太 realherusu Wikipediaの上級国民のページが 氏によって削除されてしまった。 さかおり氏も中野区に住んでいたというで、同区出身の飯塚幸三氏と関係があるのかな? — キョロ崎 kyorozaki 上級国民は逮捕されない&無罪説…警視庁が飯塚幸三を逮捕しない理由を説明 出典: 警視庁が池袋事故の飯塚幸三を逮捕しない理由を説明 前述のように、飯塚幸三さんは上級国民だから逮捕されなかったのでは?という噂が広まりましたが、警視庁は飯塚幸三さんを逮捕しない理由を以下のように説明しています。 警視庁が逮捕していない理由を「飯塚元院長の入院」と説明する。 飯塚元院長は事故の衝撃で胸部を強く打ち骨折、救急搬送された。 刑事訴訟手続きについて定めた刑事訴訟規則は、容疑者逮捕の必要性を「逃亡や証拠隠滅の恐れがある場合」としている。 入院で元院長の所在が確認されていることに加え、警視庁は現場で目撃証言を集め、事故車両を押収している。 これらの状況から、飯塚元院長が現時点で証拠隠滅を図る恐れがないと判断したとみられる。 引用: 飯塚幸三さんは事故で入院しており、「現時点で証拠隠滅を図る恐れがない」ため身柄を拘束する必要性がなかったということです。 池袋事故と他の事故を比較…似たようなケースでは一般国民は逮捕されている? 池袋事故の2日後、神戸で似たような事故が起きましたが、神戸の件では運転手が逮捕され「容疑者」と呼称付きで報道されました。 東京・池袋では4月19日、87歳の男性の運転する乗用車が暴走し、30代の女性と3歳の娘がはねられ死亡。 21日には神戸で市営バスが暴走し、巻き込まれた20代の男女2人が死亡した。 ともに歩行者が青信号の横断歩道で起きた事故だったが、前者の男性は逮捕されず、発生当日の報道では「さん」という敬称や肩書付きで報じられた。 一方、後者のバス運転手(64)は、自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で現行犯逮捕され、「容疑者」という呼称付きで報道された。 引用: 池袋事故と神戸事故の報道の違いに違和感を感じる人も少なくありません。 池袋の暴走事故と 今日の神戸路線バス暴走事故 池袋のは、 母子2人死亡8人重軽傷 飯塚幸三 87 ブレーキを踏んでいない 救護活動無し、息子に隠蔽支持 神戸のは、 横断歩道で 20代男女2人死亡 6人重軽傷 大野二巳雄 64 ブレーキを踏んでいた 救護活動有り なんで記事に差があるの?— シバっち shibablaed 神戸三ノ宮のバス事故では7人を死傷させて運転手は即刻逮捕。 これに対し池袋の事故は普段から車の操作に支障があることを自覚しながら運転し、10人も死傷させながら逮捕されずに任意で捜査。 この違いは何だ。 通産省工業技術院元院長だからか。 — M. TATEHANA bfjCTvMjjzKFEp3 上級国民は逮捕されない説…過去の千野志麻の事故も話題に 2019年4月の池袋事故で飯塚幸三さんが逮捕されなかった件で、2013年に死亡事故を起こした千野志麻アナのケースも再び話題に上がっています。 2013年に事故を起こした千野志麻 2013年1月2日、静岡県沼津市のホテルの駐車場で自動車を運転中に場内を歩いていた 38歳の男性看護師をはね、死亡させる事故を起こしました。 2013年12月27日、静岡区検察庁から略式手続に付され、沼津簡易裁判所で100万円の罰金刑に処され即日納付しました。 千野志麻アナは逮捕されることなく、罰金刑で済んでいます。 逮捕はされなかったものの罰金刑の有罪なので無罪ではありませんでした。 千野志麻アナの父親は政治家で2003年から沼津市議会議員の千野慎一郎さん、また旦那・横手信一さんは福田康夫元首相の孫です。 このケースも身内に上級国民がいたから逮捕されなかったのでは?と話題になっています。 「当時、千野が逮捕されなかったことが大きな話題となりましたが、彼女の場合は警察にすぐ届け、公式HPでも事故を報告。 逃亡の恐れがないと判断されたようです。 もっとも一部では、父親が沼津市議会議員であること、夫が福田康夫の甥であったことが関係しているとの声も上がっていましたが……」(芸能記者) 引用: 二人殺しても「さん」付けか。 道路で寝ていた酔っ払いを 轢いても逮捕されるのにだ。 そもそも悪質性や逃亡の怖れなど 主観に過ぎずどうとでもなる。 名士や有力者は免れるなら 法の元の平等では無い。 — V. ・2019年4月19日に起きた池袋の母子死亡事故において、運転手の飯塚幸三さんが逮捕されないのは「上級国民」だからとネットで噂になった。 警視庁は飯塚幸三さんを逮捕しない理由として、「怪我で入院をしており証拠隠滅を図る恐れがない」としている。 ・過去には死亡事故を起こした千野志麻が逮捕されなかったケースもあった。 父親は政治家、旦那は福田康夫元首相の孫など、身内に上級国民がいたからと噂になっている。 上級国民について総まとめしてきました。 今回紹介した飯塚幸三さんや千野志麻さんのケースでは、一般国民だったら即逮捕案件とネットでは批判の声が上がっています。 真相は闇の中ですが、上級国民については逮捕の可能性が減るということもあり得る気がしてしまいますね。 すごい、今だに車の責任にして、自分は悪くない!プリウスに異常ありか! トヨタ自動車のトヨタ社長も謝罪が必要か!プリウスの異常なら、全プリウスのリコールとトヨタの責任問題?アメリカなら、相当な賠償問題!トヨタは、倒産!どこかのエアバック会社みたいに!トヨタ社員も声を上げないと社員の家族が路頭に迷う!恐るべし上級国民!トヨタのプリウスに異常がありそうだから警察機関は疑って逮捕しないのか!トヨタはタカタと同じ運命!倒産か!トヨタ社員、家族、それで良いのか! ちなみに、私もプリウスに乗っています。 心配です。 トヨタ社員、家族、こんな上級国民を許すのか!それとも、本当にプリウスの異常ならリコールを早くしてほしい! トヨタ広報は何かコメントをするべきでは? このままだと、この上級国民に日本の大事な企業を潰されるよ?エアバックのタカタと同じ運命になる? たった1人の日本の技術者元トップの悪『テロ行為』に、これだけ日本の根底〔政治家、報道機関、警察機関〕が翻弄されるとは驚きである。 結局、この日本は官僚などの上級国民の物なのか!日本国民として、今回の上級国民のテロ行為には考えさせられる!.

次の