キムジョンヒ。 キムジョンヒョン(韓国俳優)のプロフィールや出演ドラマは?インスタも!

【逮捕】道端アンジェリカ旦那(夫)のキム・ジョンヒとは?恐喝の疑い

キムジョンヒ

事件の概要まとめ ・モデルの道端アンジェリカ(33)の夫で、韓国籍の飲食店経営者キム・ジョンヒ容疑者(37)が、道端の知人男性から現金35万円を脅しとったとして、脅迫の疑いで逮捕された。 ・恐喝されたと訴える知人男性は、40代の会社役員で2012年頃に道端アンジェリカさんと知り合った。 ・事件は2019年8月7日、道端アンジェリカの知人男性の会社(東京・渋谷区)に押しかけ、 「お前の家族をめちゃくちゃにしてやる、うそをついたら、鉛筆で目を刺す」「人生やり直しだな」 と脅し、LINEで「とりあえず今夜までにお金を口座に振り込んで」と伝えたという。 ・現場には、道端も同席していた。 恐喝の疑いで韓国籍の飲食店経営、キム・ジョンヒ容疑者(37)を逮捕 道端アンジェリカさんの夫を逮捕、知人から35万円脅し取る TBS NEWS — fabdata fabdata 道端アンジェリカさんと旦那のキムジョンヒさん(韓国籍)は、2017年12月25日に結婚し、2018年7月には第一子となる男の子を授かっています(2019年10月で1歳2ヶ月)。 道端アンジェリカさんが2016年に転倒して足を骨折し、また持病の乾癬が悪化するなど辛い時期を一緒に過ごしたそうで、弱っていた道端さんを支えてくれた優しい男性のようです。 一時期は、 『年収5000万円以上』の男性としか結婚しないと発言して、世間を騒がせたこともありましたが、 結婚当時は旦那はPR会社に勤務するサラリーマンだったようです。 その後、旦那さんのキムジョンヒさんは、飲食店の経営者をされていると報道されていますが、『会員制のバー』ようですね。 2019年9月20日(子供と遊ぶ写真) 道端アンジェリカって3姉妹の何番目だっけ?といった声もありましたが、道端アンジェリカさんは、『道端三姉妹』の1番下の末っ子にあたります。 道端三姉妹は、アルゼンチン人の父親と日本人の母親のハーフで、3人とも美人モデルだったことから有名になりました。 道端アンジェリカのプロフィール 生年月日:1985年12月5日 年齢:33歳 出身:福井県 道端アンジェリカの旦那キムジョンヒが恐喝に及んだ理由とは? 道端アンジェリカさんの旦那であるキムジョンヒ容疑者はなぜ恐喝に及んだのでしょうか? 今回、恐喝された男性は会社役員の方で、 2012年から道端さんと知り合いだったようです。 2019年8月に、会社役員の男性が道端アンジェリカさんの誘いを受けて、キムジョンヒ容疑者の経営する目黒区内のバーに訪れた際に、 『道端アンジェリカさんと個室でお酒を飲んだ』ことがキッカケで被害者の男性とキム容疑者はトラブルになったと言います。 キムジョンヒさんは、道端アンジエリカさんが知人の男性と身体を密着させ飲酒していたことを疑い、そのことで恐喝するに至ったようです。 キムジョンヒ容疑者は、恐喝したとされる容疑について 『飲食代として35万円請求した』と話しているそうで、どんだけ高いバーやねん!という話です。 さらに、恐喝のその現場には道端アンジェリカさんも同席していたということで、もし男性に対して金銭を支払うことを助言していた場合は、罪に問われる可能性もあったのですが。 道端アンジエリカさんは、当時の状況について次のように語っています。 私は夫に対する後ろめたさや夫の怒りに対する恐怖などの想いから、発言の現場に居合わせた際、何もできませんでした。 言い訳になってしまうのですが、私はその場に居合わせていた際、前述の感情などにより、当時私は大変混乱しており、夫がお相手の方にお金を請求したことについては全く認識しておらず、後日、夫から当日及びそれ以前の飲食代の請求をしたと知らされました。 引用:道端アンジエリカのコメント 今回は 『夫婦で共謀して恐喝した』と言うよりも、旦那さんがキレて恐喝に及んでしまった?ようですね。 恐喝罪 きょうかつざい とは、暴力や脅迫を用いて金銭や財産などを脅し取ることで成立する犯罪です。 法定刑は10年以下の懲役と、懲役刑しか設けられていない罪の重い犯罪です。 引用: 今回は突発的、発作的に旦那が行動したとする見方が強いですが、世間では「1歳になったばかりのお子さんのストレスがないか心配」などの声も上がっていました。 また、そのキッカケを作った道端アンジエリカさんの行動は、既婚者としては軽率としか言えません。 また、事件後にInstagramの投稿をし続けていた問題については、次のように語っています。 この2ヶ月間、私は誰とも会うこともなく、連絡を取ることもありませんでしたが、その事で皆様に余計な心配を掛けたくない、という一心で、事実と異なるインスタグラムを上げてしまっておりました。 モデルやタレントとして、メディアに露出する仕事である道端アンジェリカさんにとって、今回の事件は当人が直接的に関与していないにしても、イメージダウンは避けられないでしょう。

次の

道端アンジェリカの夫、キム・ジョンヒは全く悪くなかった!恐喝の動機は元カレに原因が

キムジョンヒ

「半グレ集団」とも。 「半グレ」とは彼らが 堅気と ヤクザとの中間的な存在であること、また「グレ」はぐれている、愚連隊のグレであり、黒でも白でもない中間的な灰色のグレーでもあり、グレーゾーンのグレーでもある。 引用元:溝口敦(2011年・『ヤクザ崩壊 侵食される六代目山口組』 「半グレ」はヤクザと堅気(かたぎ)の中間的な存在。 そして暴力団ではないが、犯罪を繰り返す集団のことのようです。 主な資金源としては、 振り込め詐欺や 闇金融、 貧困ビジネス、 解体工事や 産廃の運搬業、 クラブや 芸能プロダクションの経営、ならびに 出会い系サイトの運営など。 もしもキム・ジョンヒ容疑者がこの「半グレ」だったら、道端さんは「半グレ」の妻ということになってしまいますね・・・。 ただ、これはあくまでも「半グレ顔」「半グレっぽい」から来た噂の域を越えていないので、確定ではありません。 キム・ジョンヒ容疑者の恐喝の仕方が「半グレ」っぽい?! 「うそをついたら鉛筆で目を刺す。 おまえの家族をめちゃめちゃにしてやる」 と、35万円を振り込ませて脅し取ったとされるキム・ジョンヒ容疑者。 その恐喝の仕方にやはり「半グレ」なのでは?という声が。 〉〉モデルの道端アンジェリカ(33)の夫で、韓国籍の飲食店経営者キム・ジョンヒ容疑者(37)が、 多分半グレだろうけど、よく実名報道したな…… — Billy-Takahashi TakahashiBilly 『鉛筆で目を刺す』とか、脅し慣れしてんな。 ヤッパリ、半グレかな。 韓国系窃盗団か、北朝鮮の覚醒剤ってところですかね。 本人の余罪が、ボロボロで、済ます気はないってことですね。 — 土岐等賢介 tokitoukennsak1 仰せの通りかと 組対2課が叩いたらホコリで刑事さんが窒息してしまうような、日本海を股にかけたヤクザ者なのでしょう — プー太郎さん shiba92341152 普通の恐喝事件なら、警察署の「刑事組織犯罪対策課」が対処するところを、 いきなり本庁の「組織犯罪対策2課」が動いているのは、ただの恐喝事件ではないという見解です。 もはや関東連合よりも更に大きな組織絡みの可能性があることに、驚いてしまいます。

次の

【画像】キム・ジョンヒ容疑者は「半グレ顔」?!関東連合と関係あるのかも調査!

キムジョンヒ

俳優キムジョンヒョンのプロフィール 김정현 キム・ジョンヒョン 1990年4月5日生まれ プサン市出身 183㎝ A型 兄弟:兄と妹 韓国芸術総合大学演劇演技科 キムジョンヒョンさんは小学生の時は生徒会長を務めたり、明るく活発な少年だったそうです。 中学生の時に、学芸会で映像の吹き替えをしたところとても好評で、以来演技に関心を持つようになりました。 高校1年生の時から演技学院に通い、校内に演劇部も作って自ら脚本を書いたことも。 高校3年生のころ、演技の先生の公演をみて、俳優が舞台上で観客に感情を伝えその瞬間を共有する、ということに深く感動したそうです。 大学は上京して韓国芸術総合大学演劇演技科に進学。 釜山の方言は演技をするにあたり武器ともなりますが、それが普通になってしまっては意味がないと思い、必死で標準語に直したのだそうです。 大学1年生のころ入隊し、2012年(22歳)短編映画「私のようにいてあげる」で俳優デビューしました。 在学中は舞台と短編映画で経験を積み、2015年独立映画「超人」は第20回プサン国際映画祭で脚光を浴びました。 この映画出演がきっかけで、さまざまなところで声がかかるようになり、ドラマ界にも進出。 ドラマデビュー作となった2016年「嫉妬の化身」では主演コンヒョジンさんの弟役で視聴者に印象付けました。 「逆賊-民の英雄ホン・ギルドン」「恋するレモネード」など、様々なジャンルと配役を行き来し、2018年「ウラチャチャワイキキ」で主演を務めるまでに。 リアルな演技と卓越したキャラクター表現力が認められ、ライジングスターと呼ばれるようになりました。 2018年ドラマ「時間」でも主演に抜擢され、20代男性俳優のスター隊列に並んだと評価されていましたが、健康上の理由で途中降板。 (後述) 約1年3か月ぶりに俳優復帰した2019年ドラマ「愛の不時着」が世界的大ヒット! 心の痛みを乗り越え、復帰に成功したキムジョンヒョンさんの新たな歩みが期待されます。 スポンサーリンク ドラマ降板から愛の不時着キャスティングまで ドラマ「時間」公式ページより 2018年ドラマ「時間」でキムジョンヒョンさんが務めたチョン・スホ役は余命宣告され、死と向き合わなければならない役でした。 監督はキャスティングの理由について 「普段からキムジョンヒョンという俳優に目を付けていた。 インタビューも関心を持ってみていたが、俳優の悲しさや痛み、悩みなどが伺えてチョン・スホ役との接点を感じた」 と話しています。 ご本人はこれまでの作品とは全く異なるタイプの役で、新たな挑戦ができると考えて選んだとのことでした。 しかしキャラクターに没頭するあまり、不眠症や摂食障害、嘔吐などの症状に悩まされたそうです。 2018年7月20日の制作発表会の場でも、あまりにも無表情な態度に「役柄上そうなのか、機嫌が悪いのか」と記者から質問され 「撮影するときもそうでないときもすべての時間を配役であるチョンスホのようにしようと努力しています。 でも実生活でキムジョンヒョンという人物がたびたび出て来るので抑えています」 とその理由を答えたものの、主演俳優の固い表情に制作発表の場そのものの空気まで凍り付いたようになってしまいました。 このことが態度が不誠実だと論争を巻き起こすことに。 それに関して、所属事務所が 「一日一日死が近づいてくるという役にのめりこみすぎて、感情をコントロールできず無礼がありました。 今日のことについて本人も困惑しており、ほかの共演者の方々やすべての方に申し訳なく思っています」 という謝罪文を公開しました。 この6日後、突然のドラマ降板発表。 治療と撮影を並行していましたが、健康上これ以上務めることはできない、とドクターストップがかかったのでした。 ドラマ制作発表の時すでに相当心は病んだ状態だったと推測できます。 すでに半分以上放送が終了した段階だったため、代役は立てずにドラマはそのまま進行。 キムジョンヒョンさんの役は32部作のラスト6話を残して予定より早めに死を迎える展開に書き換えられました。 ヒロイン役ソヒョンさんとのメロがドラマの中心軸を形成していただけに、二人の感情に沿ってきた視聴者たちには物足りなさが残る結果に。 この時「無責任だ」と非難の声も上がりましたが、相手役を務めたソヒョンさんは 「俳優である前に人。 俳優の立場として充分理解できる」 とコメントしています。 そして1年5か月ほど俳優業を休み、心の回復に努めました。 この期間中、治療を受けながら自分を向き合い、メンタルを鍛える重要性を感じたそうです。 友達と遊んだり、故郷に帰ってゆったり時間を過ごし、徐々に健康を取り戻したとか。 復帰作となった愛の不時着ポスター 翌年「愛の不時着」への出演が決定してから放送直前まで、ネットにはキムジョンヒョンさんをキャスティングしたことへの多くの批判があったそうです。 しかしドラマ放送以降は、キムジョンヒョンさんの豊かな演技力に悪評は一転、視聴者を魅了しました。 ドラマ制作発表の場では 「多くの方々の配慮のおかげで、健康状態は良くなりました」 「ご心配をかけて申し訳ありません。 いい姿をお見せできるように努力します」 と笑顔で答えています。 「愛の不時着」について「人生の教科書としたい」とするほど格別な気持ちがあるようで、あるインタビューでは 「幸せで楽しい思い出ばかり。 自分にとって大切な作品で、誇りをもって生きていけそうだ」 と話していました。 最後に キムジョンヒョンさんは俳優の仕事をする理由について 「私の人生は個人のものだけど、同時に誰かと深く繋がっている。 私の演技を見た人はその人物を解釈し、自分自身を照らしてみることができる。 私の演技がその人に届いて、私にフィードバックできたらどれくらい価値があるだろう。 私の人生が相手にどんな影響を与えるか、その関係の中で、自分は何を与えられるかを考える」 と答えていました。 インタビューのどの回答も一つ一つが哲学的で、とても繊細な方だという印象を受けます。 好きな本はアルベール・カミュの本でその中でも「異邦人」が好きなんだとか。 インタビューアーも「文学少年みたいですね」とコメントしてました。

次の