いとも た やすく 行 われる。 D4Cとは (ディーフォーシーとは) [単語記事]

CSV 編集機能

いとも た やすく 行 われる

以前から,「CSV エディター」が欲しいと思ってきました。 一言で言えばそれは,Excel や LibreOffice Calc のような表計算ソフトから, 1 データ型, 2 計算式, 3 フォント・背景色・罫線などの書式, 4 印刷レイアウト, 5 グラフ化, 6 データベース連携などの機能を取り去ったようなものです。 これらは単に不要なだけでなく,場合によっては CSV 編集を面倒にします。 実際,表計算ソフトを CSV エディターとして使うことがよくあるのですが,「俺が欲しいのは表計算じゃない,CSV エディターなんだ!」と叫びたくなります。 逆にCSV 編集に表計算ソフトを使いたくなる理由としては, 1 改行を含んだセル値が満足に扱えてほしい, 2 カーソルキーで上下左右に移動したい, 3 検索で見つけたセルを含む行の左から四番目のセルの値が見たい, 4 行・列の操作, 5 セル単位のコピペなどがあります。 欲しい機能・仕様を挙げます。 一部重複しますが。 表計算ソフトから落とした CSV だと,固定したい行が二行だったりするのですが,とりあえず第一行だけでもいいです。 セル選択モードでは,セル単位でカット,コピー,ペースト,移動(上下左右へ)ができる,と。 置換もしかり。 これによって,セル値の先頭・末尾の余計なスペースを削除,といったことがいとも簡単にできます。 劇的に作業効率が上がります。 また,検索・置換が特定の列・行(複数可)だけでできると嬉しいですね。 列数の多い CSV を編集するには,列幅を見やすく縮めることが必要ですが,列幅の値を CSV に保存することはできないので,開き直したときにまた設定する必要があります。 解決策としては, 1 何らかの基準でおすすめの列幅を自動的に提示してくれる機能と, 2 列幅情報を CSV ファイルとは別に保存しておいて,同じパス名の CSV を開き直したときに前回の設定が生きる,という機能ですかねえ。 もう一つの悩ましい点は,引用符をどうするかですね。 RFC 4180 では,セル値が改行も二重引用符も含まない場合,二重引用符で囲っても囲まなくても構いませんよね。 つまり,CSV の表現は一意には決まらないわけです。 「CSV 編集機能」と銘打つなら,保存時に二重引用符をどうするかの問題は避けて通れないでしょう。 まず,保存のオプションとして 1 すべてのセルを二重引用符で囲む, 2 二重引用符が必要なセルのみ二重引用符で囲む,の二つは最低限必要でしょう。 でもそれで十分でしょうか? おそらく, 3 可能な限り元の二重引用符囲みの有無を生かす,が必要だと思います。 つまり,もともと二重引用符で囲まれていたセルは保存時もそうする。 もともと囲まれていなかったセルは,セル値に改行や二重引用符が含まれる場合のみ二重引用符で囲む,ということです。 RFC 4180 的にはおかしいと思いますが,空文字列と nil を区別したいという需要はあるわけですね。 もう一つの理由は編集前後の CSV ファイルをテキスト比較ツールで比較した場合に,セル値を変更していない行は同じ行と見なしてほしいということです。 redakt55 様 いつも EmEditor Professional をお使いいただき、誠にありがとうございます。 ご意見ありがとうございます。 詳細については、後ほど、検討させていただきますが、すぐに回答できる以下の点だけ回答したいと思います。 指定する列を箱型選択してから、置換ダイアログで、「選択範囲のみ」をチェックして置換します。 選択範囲のみの検索はできないのですが、それは検討させてください。 ファイルにあるものが、そのままエディタに表示されます。 そうすると、TSV から CSV への変換時に、セル内にカンマか二重引用符が含まれている場合には、そのセル全体を二重引用符で囲むという実装が必要になります。 逆に、変換時に、二重引用符を必要以上に削除するべきかどうかの議論の余地はあると思います。 あと参考までに、もう1つの例外的な実装として、並べ替え各種コマンドの場合があります。 現在、並べ替えの各種コマンドの場合には、指定する列に対してソートすることができますが、その場合は、二重引用符を無視してソートが働くようになっています。 EmEditor は、巨大ファイルをスムーズに開いて編集することが第一の目的のため、速度が犠牲になるような実装は行うべきではないと思っています。 その意味からも、二重引用符の処理といった、時間がかかるようなコードはできるだけ実装したくないと思っています。 ご意見ありがとうございました。 他にも何かご意見がありましたら、ご連絡ください。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 0 のベータ版を触ってみましたが,やはり「CSV のセル単位の置換」機能はぜひとも実現してほしいですね。 置換ダイアログに「セル単位」といったチェックボックスでも付けて。 CSV データを整えたいという需要は非常に高いと思うんです。 繰り返しになりますが,セル値の先頭・末尾の余計なスペースを削除するとかですね。 Ruby や Python,Perl のようなプログラミングができる人なら,言語に付属の CSV ライブラリーを使っていとも簡単に CSV データの加工ができます。 でもそれができないのでテキストエディターでなんとかしたい,という人は大勢います。 セル値が改行やカンマを含まないなら,正規表現でどうにかなりますが,それらを含むなら極めて難しくなります。 この穴を EmEditor に埋めてほしいんです。 もう一つ例を挙げます。 たとえば,セル値が abc,def だったとします(カンマは全角)。 このカンマを半角カンマ+半角スペースに置換したいとします。 RFC 4180 的に正しい CSV を CSV モードで開いているにもかかわらず,置換して保存すると,部分的に列のずれた CSV だったり,RFC 4180 で解釈できないデキソコナイになってしまうのです。 これでは危なっかしくて CSV 編集に使えません。

次の

孝女白菊の歌: 二木紘三のうた物語

いとも た やすく 行 われる

以前から,「CSV エディター」が欲しいと思ってきました。 一言で言えばそれは,Excel や LibreOffice Calc のような表計算ソフトから, 1 データ型, 2 計算式, 3 フォント・背景色・罫線などの書式, 4 印刷レイアウト, 5 グラフ化, 6 データベース連携などの機能を取り去ったようなものです。 これらは単に不要なだけでなく,場合によっては CSV 編集を面倒にします。 実際,表計算ソフトを CSV エディターとして使うことがよくあるのですが,「俺が欲しいのは表計算じゃない,CSV エディターなんだ!」と叫びたくなります。 逆にCSV 編集に表計算ソフトを使いたくなる理由としては, 1 改行を含んだセル値が満足に扱えてほしい, 2 カーソルキーで上下左右に移動したい, 3 検索で見つけたセルを含む行の左から四番目のセルの値が見たい, 4 行・列の操作, 5 セル単位のコピペなどがあります。 欲しい機能・仕様を挙げます。 一部重複しますが。 表計算ソフトから落とした CSV だと,固定したい行が二行だったりするのですが,とりあえず第一行だけでもいいです。 セル選択モードでは,セル単位でカット,コピー,ペースト,移動(上下左右へ)ができる,と。 置換もしかり。 これによって,セル値の先頭・末尾の余計なスペースを削除,といったことがいとも簡単にできます。 劇的に作業効率が上がります。 また,検索・置換が特定の列・行(複数可)だけでできると嬉しいですね。 列数の多い CSV を編集するには,列幅を見やすく縮めることが必要ですが,列幅の値を CSV に保存することはできないので,開き直したときにまた設定する必要があります。 解決策としては, 1 何らかの基準でおすすめの列幅を自動的に提示してくれる機能と, 2 列幅情報を CSV ファイルとは別に保存しておいて,同じパス名の CSV を開き直したときに前回の設定が生きる,という機能ですかねえ。 もう一つの悩ましい点は,引用符をどうするかですね。 RFC 4180 では,セル値が改行も二重引用符も含まない場合,二重引用符で囲っても囲まなくても構いませんよね。 つまり,CSV の表現は一意には決まらないわけです。 「CSV 編集機能」と銘打つなら,保存時に二重引用符をどうするかの問題は避けて通れないでしょう。 まず,保存のオプションとして 1 すべてのセルを二重引用符で囲む, 2 二重引用符が必要なセルのみ二重引用符で囲む,の二つは最低限必要でしょう。 でもそれで十分でしょうか? おそらく, 3 可能な限り元の二重引用符囲みの有無を生かす,が必要だと思います。 つまり,もともと二重引用符で囲まれていたセルは保存時もそうする。 もともと囲まれていなかったセルは,セル値に改行や二重引用符が含まれる場合のみ二重引用符で囲む,ということです。 RFC 4180 的にはおかしいと思いますが,空文字列と nil を区別したいという需要はあるわけですね。 もう一つの理由は編集前後の CSV ファイルをテキスト比較ツールで比較した場合に,セル値を変更していない行は同じ行と見なしてほしいということです。 redakt55 様 いつも EmEditor Professional をお使いいただき、誠にありがとうございます。 ご意見ありがとうございます。 詳細については、後ほど、検討させていただきますが、すぐに回答できる以下の点だけ回答したいと思います。 指定する列を箱型選択してから、置換ダイアログで、「選択範囲のみ」をチェックして置換します。 選択範囲のみの検索はできないのですが、それは検討させてください。 ファイルにあるものが、そのままエディタに表示されます。 そうすると、TSV から CSV への変換時に、セル内にカンマか二重引用符が含まれている場合には、そのセル全体を二重引用符で囲むという実装が必要になります。 逆に、変換時に、二重引用符を必要以上に削除するべきかどうかの議論の余地はあると思います。 あと参考までに、もう1つの例外的な実装として、並べ替え各種コマンドの場合があります。 現在、並べ替えの各種コマンドの場合には、指定する列に対してソートすることができますが、その場合は、二重引用符を無視してソートが働くようになっています。 EmEditor は、巨大ファイルをスムーズに開いて編集することが第一の目的のため、速度が犠牲になるような実装は行うべきではないと思っています。 その意味からも、二重引用符の処理といった、時間がかかるようなコードはできるだけ実装したくないと思っています。 ご意見ありがとうございました。 他にも何かご意見がありましたら、ご連絡ください。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 0 のベータ版を触ってみましたが,やはり「CSV のセル単位の置換」機能はぜひとも実現してほしいですね。 置換ダイアログに「セル単位」といったチェックボックスでも付けて。 CSV データを整えたいという需要は非常に高いと思うんです。 繰り返しになりますが,セル値の先頭・末尾の余計なスペースを削除するとかですね。 Ruby や Python,Perl のようなプログラミングができる人なら,言語に付属の CSV ライブラリーを使っていとも簡単に CSV データの加工ができます。 でもそれができないのでテキストエディターでなんとかしたい,という人は大勢います。 セル値が改行やカンマを含まないなら,正規表現でどうにかなりますが,それらを含むなら極めて難しくなります。 この穴を EmEditor に埋めてほしいんです。 もう一つ例を挙げます。 たとえば,セル値が abc,def だったとします(カンマは全角)。 このカンマを半角カンマ+半角スペースに置換したいとします。 RFC 4180 的に正しい CSV を CSV モードで開いているにもかかわらず,置換して保存すると,部分的に列のずれた CSV だったり,RFC 4180 で解釈できないデキソコナイになってしまうのです。 これでは危なっかしくて CSV 編集に使えません。

次の

D4Cとは (ディーフォーシーとは) [単語記事]

いとも た やすく 行 われる

D4C ーしー とは、「」の第7部「」の登場人物である、の持つである。 名のは、の、の楽曲「Dirty Deeds Done Dirt Cheap 悪事と 」からと思われる。 そっくりそのままの少しだけ違うを行き来できるを持ち、移動の際には何かの間(片や滴のような液状物でも可)に挟まることが必要である。 また、対を何かの間に挟むことで、それを別へ送ることもできる。 一つのに「同じもの」は本人を除いて存在することはできず、同じ者同士が出会ってしまった場合、それらはお互いに細切れののように崩れ、消滅を始める。 (つまり、別からを持ってきても消滅してしまい、持ちにはなれない。 ) 複数のからを複数人連れてくることもできる。 さらに、同じ間上に隣のの出来事を同時に起こす事も出来る。 隣のは基本的に基準のと同じ運命を辿ることになり(時差は有るが)、本人がその運命に干渉できる。 の上、たたきつけたり、挟み込んで押しつぶすような攻撃が通用せず(の場合は「手で突き刺す」方法で攻撃、実際効果はあった)、を絶命させることができずに別へ逃亡を許した場合、別の『傷』のが襲いかかってくることとなる。 なお自身は意識を共有しており、作中ではすでにとによって3人は倒されている。 しかしそのたびに『別の』を連れてくるため、実質も同然である。 倒すには新たに『別の』をつれてくる前に、を殺するしかない。 ただし移動を持つのは基本ののみであり、他ののD4Cは単純な近と思われる。 なお、入れ替わる際には基本のD4Cが別のへ移動し、同時にそのが記憶を引き継ぎ、本体にとなるような描写がされている。 この描写から、「まるでの方が本体」かのような印を受けるもいる。 では数少ない「的に直接攻撃できる」でもあり、手などを用いて生身の相手に致命傷を負わせる程度の事はできる。 その過程でできたを中心として放射状にできる間のすき間をD4Cは移動することができる。 すき間にいるおよびD4Cへの攻撃(悪なるもの)はそのすき間の延長線上にいるかに何らかのという形でふりかかり(ヘタをつかまされる)、に敵対する人物が何らかの形で負った傷(これも悪なるもの)もはじかれてそのや頸動脈などに到達する。 これを利用してはすき間からに攻撃を加えることが可になり、その攻撃によって負った傷はかすり傷でも致命傷となる。 また攻撃を加えたものはすき間からヘタをつかまされたかのをの当たりにすることになる。 この名前の由来は、の・「The O' 」の楽曲「 T ・ 」より。 いともたやすく行われるえげつない行為 の悪さもさることながら、やはり恐ろしいのはこれを活かしたの残虐な行為の数々だろう。 具体的には• 用済みになった部下の始末• 身動き一つで手足が吹っ飛ぶ状態にさせる• 身動きができない状況での同一人物と出会わせて消滅させようとする• 新すぎるの治療 などである。 には『ある的』とそれに対するゆるぎない信念があるのだが、それゆのような 『えげつない行為』を『一切のためらいもなく(『ぶっ殺した』)』そして 『いともたやすく行って』いるのである。 他人を自分だけの都合で利用し、踏みつける者たちを『』とするならば、 そのような行いは『いともたやすく行われるえげつない行為』といえるだろう。 いともたやすく追加されるえげつないタグ に次のような内容を含むにしばのがつけられることがある。 何か(特に開き)に挟まって別に移動する。 別から同一人物が連れてこられる。 画面内に同一人物が複数いる。 『いともたやすく行われるえげつない行為』が含まれる。 いともたやすく投稿されるえげつない関連動画 いともたやすく描画されるえげつない関連静画 いともたやすく購入されるえげつない関連商品 いともたやすく設立されるえげつない関連コミュニティ いともたやすくクリックされるえげつない関連項目•

次の