うつ 辛い とき の 過ごし 方。 うつのために辛い朝をどう過ごしたらよいでしょうか。

抑うつ状態(うつ状態)の時に気持ちが楽になる過ごし方は?

うつ 辛い とき の 過ごし 方

私の【うつの始まり】のサインはこんな感じです。 午前中、特に気分が悪い/起きても顔が洗えない/お風呂に入るのがおっくうになる/泣く/悪夢が続く/すぐに疲れる/イライラする/理由がないのに不安になる、怖くなる/着る服が決められない/食欲がなくなる/人に会えなくなる/片づけられない/怖い連想や考えにとりつかれる うつの時期は、 とにかく無理をしないことです。 「この辛い時期を無理をしないでやり過ごし、元気な時に人生を楽しむ」と割り切ります。 頑張らずにやり過ごすようにしましょう。 省エネモードで淡々と。 うつ状態のとき、身体はエネルギー不足になっています。 しっかり寝て身体を休め、エネルギーがたまってくるのを気長に待ちましょう。 ただし、寝すぎは厳禁です。 うつの時期も躁の時期も、同じ時間に横になり、同じ時間に起きます。 何もやる気になれなくても大丈夫。 今はうつだからやる気が出ないのです。 頑張れないときもあることを認め、自分そのままで、自分にふさわしいペースでやっていきましょう。 ダラダラすることを覚え、いかに少ないエネルギーで済むかを考えます。 のびのびと、自分らしく過ごすのがいちばんラク! 自己嫌悪は敵!今はうつのために悲観的になっているだけです。 うつとは、ものの考え方をコントロールできなくなること。 ポジティブに考えなくていいので、自分を否定していることに気が付いたら、何か違うことをして気持ちをそらせましょう。 毎日太陽の光を浴びましょう(特に朝日)。 日光に当たることでセロトニンが分泌されます。 セロトニンはうつの改善に役立ちますし、夜も寝付きやすくしてくれます。 外に出るのがベストですが、辛くて外出できないときは、日の当たる窓辺でゴロゴロしているだけでも効果があります。 太陽の光を浴びることについてはこちらで詳しく解説します。 生活のリズムを守りましょう。 特に、同じ時間に寝て、同じ時間に起きるようにします。 信じられなくても「何とかなる」と自分に言い聞かせること。 この辛い時期が永遠に続くわけではありません。 必ず良い時がやってくる、今はゆっくり休むのが仕事と割り切って、頭の上を嵐が過ぎ去っていくのを待ちましょう。 きっと何とかなります。 少しの刺激を自分に与えましょう。 ゆっくり休むことが大前提ですが、刺激のなさすぎは更なるうつを誘発してしまいます。 少し体の楽な時間に散歩に出る、近所の本屋さんに行ってみる、洗いものをする、など、無理のない程度に少しだけ活動を取るようにしましょう。 きちんとした服装をしましょう。 日中、活動を取るためにも、必ず着替えるようにします。 パジャマや部屋着で一日を過ごさないこと。 感動するもの、おいしいものを経験する。 こんな時こそ、自分にいつでもご褒美をあげましょう。 そうやって自分を大切にしていると、心が満たされます。 うつ症状に振り回されているとき、私はこのような具体策を取っています。 顔を洗うまでは座らない。 次の日に着る服を前日にセットしておく。 同じく、無理して人に会う必要もなし。 社会参加は必要最低限で大丈夫。 耐えられないほどひどい時は寝る。 自分を責めたり焦らないこと。 また、双極性障害の症状には、躁状態、うつ状態のほかにも「 混合状態(混合性エピソード)」があります。 具体的には、数時間または数日間の間に躁の症状とうつの症状が交互に現れます。 ソワソワして活動量が増える一方で、ネガティブな気持ちやイライラが生じるというもので、極めて不快な状態です。 私の場合は春と秋に症状が現れますが、耐えがたいイライラで日常生活に大きな支障が出ます。 この場合の対処法は、薬が中心となります。 主治医に相談し、薬の調節をしてもらい、この時期が過ぎ去るのをおとなしく待つのが賢明です。

次の

うつのために辛い朝をどう過ごしたらよいでしょうか。

うつ 辛い とき の 過ごし 方

あー…今日は全然ダメ! と思ったりしたら、そのままベッドに居続けます。 無理に体は動かしません。 朝〜夕方 気力を使わずに起き上がれるようになったら行動開始します。 そこまでうつがひどくない時は、洗濯や掃除をする普通の主婦です。 激うつの時は、気持ちが浮上してきたなと思ったときにはもう夕方、ということも少なくありません。 激うつで夕飯作るのも無理!という時は、夫に無理やりご飯に連れ出してもらうか、お弁当を買ってきてもらいます。 とにかく自分の体に正直に、一日を過ごします。 (最近は激うつの時でもブログだけは書けるので、何時になっても更新しよーとゆるく考えてやっています。 笑) 夜 朝起きるのが遅くなってしまっても、夜ベッドに入るのはいつも同じ時間(0時頃)にしています。 夜に動けるようになったからといって夜更かしをするのは生活リズムが狂ってしまい、体にもよくありません。 睡眠導入剤を飲んでも寝れない時は、温かいココアを飲んで気持ちをリラックスさせるようにしています。 「よいしょ!」と思うということは、それをやることに気力が必要ということです。 気力を使ってしまうということは、せっかく休養をすることによって貯まりかけていたエネルギーをかなり消費してしまうことになります。 できる限り「 省エネ」を心がけて、 「よいしょ!」と思わずにできることだけをする。 それが結果的にエネルギーを貯めることができて「うつ状態」から脱することができるのではないでしょうか。 例えば「死にたい」などと検索することで得られる情報には、自殺を思い留ませるようなものもありますが、うつなどの症状で苦しんでいる人たちの叫び声もあります。 うつがひどい時に限って、その叫び声に引きづられてしまうような気がするんです。 実際にわたしは「死にたい」と検索した後に「自殺 方法」などと検索して「死にたい、消えたい思い」がいつの間にか「どうやったら死ねるんだろう」と計画段階にまで進んでしまった経験があります。 ネットの情報には有益な情報もたくさんありますが、自分自身が負のループにはまってしまうような検索をしないこと、そういうサイトを見ないことは、うつから抜け出すために重要なことです。 完全に学校や仕事のことを忘れられるなら、忘れてしまってください。 しかし、完全に忘れることのできる人はそう多くないと思います。 「休んでしまっていて申し訳ない」「他の人に迷惑をかけている」そう思うのは当然のことですが、うつ状態から脱するためには、できる限りそういうことを考えない時間を作ること、一瞬でもストレスと思うことを忘れられるようにすることが必要です。 休むことが今与えられている最重要の仕事だ!と考えて、他の仕事(学業)は一旦忘れましょう。 うつ状態からの脱出には、ストレスから解放されることが必須です。 焦って早く元気になろうと意気込むのは逆効果。 覚えていてくださいね。 前述した通り、自分が「よいしょ!」と思わないといけないことは無理にしないほうがいいのでは…?と考えているからです。 わたしも発症した当初はいろいろとネットで調べて、うつを治すために1日1回は外に出て日の光を浴びなきゃ!と思っていたのですが、 主治医からそんな気力を使うことはしないほうがいいと言われ、やめました。 笑 ただ、激うつから少し脱出して外に出られる状態なのであれば、外の空気を吸ってみることは気晴らしにもなりますし、良いことです。 人目が気になったり、休んでいることへの罪悪感があったりするかもしれませんが、好きなところに行くのもいいと思います。 自分が外に出て行きたいと思うところに行けたというのは、激うつからの脱出第一歩です。 おわりに:本当の意味で「休む」ということ いかがでしたでしょうか? 焦って早く元気にならなきゃ!と思うと本当の意味で休んだことになりませんし、気力を使うことを体にいいからと無理にやることでエネルギーを消費してしまうのも休んだことにはなりません。 焦らず、ドンと構えて省エネでできることをやっていくこと。 わたしはそれが、うつで辛い時の1日の過ごし方で重要なポイントではないか、と思っています。 皆さんが少しでも辛いうつの状態から抜け出せることを願っております。

次の

うつ病の回復期の過ごし方|うつ病、うつ状態|MSD

うつ 辛い とき の 過ごし 方

電話するのも疲れちゃうしね。 私は精神科に通っていましたが、どんなに情けないことを言っても私のことを否定せず認め、受け止めてくれる先生には大変お世話になりました。 なかなか人と会うことも難しい状態だったので、精神科を 心の拠り所としてフル活用していましたね。 先生に 「元気になってきたね」と言われることが本当に嬉しくて、心の支えになっていました。 精神科が初めてで抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、行ってみると普通の病院と大きく変わりません。 1人自分の強力な味方が増えるのでまずは相談に行ってみましょう。 心のエネルギーを補充することと好きなことに触れることは相関関係があると思います。 私の場合やりたいことをすることによってできることが少しずつ増えていったり、元気になっていったりしていきました。 私は太陽の光が入る窓際でひなたぼっこしていたりしました。 そしてできれば、 散歩もするといいですね。 うつ病で引きこもっていると、筋肉量がどんどん落ちてきますし、暗い部屋にいると気持ちも沈みがちになります。 人がたくさんいるところは疲れやすいと思うので、公園など自然があるところがいいですね。 今だったら ポケモンGOをしながら散歩がおすすめですね。 捕まえていないポケモンを見つけるために 自然といつもよりたくさん歩いていることもあります。 ときどき過去の投稿を見返すことで 自分が少しずつ元気になっていることを客観的に感じることができました。 お気に入りの発信者を見つけたらそのブログをブックマークしておくといいでしょう。 検索から改めて探すとなると見つけられないこともありますし、探している途中で見たくないような発信が目に入っては辛いだけです。 とはいえ個人の発信者の体験記というのは あくまで参考程度にとどめておきましょう。 症状や発症理由はそれぞれ異なると思いますので、 治療については 担当医の方と相談すべきです。 うつ病時は大きな決断をすることを避けましょう、というのはよく言われますがその通りだと思います。 焦る気持ちは十二分に分かりますが、焦って解決するものではなくうつ病は時間をかけてゆっくりと治療していくものです。 変に焦って仕事復帰して『また再発してしまう』なんてことが起きるとあなたが辛いと思います。 また休職となれば職場にも迷惑をかけてしまうことになるので、やめておきましょう。 復職について考えるのはゆっくりすぎるくらい後ででいいです。 あえて 『仕事以外の楽しいことや好きなこと』に思いを巡らせるくらいがちょうどいいです。 真面目に考えるのであれば、 『自分がうつ病になった原因』や『今後どういう風に生きていきたいか』を考えていきましょう。 自分の嫌だと感じること(仕事でこれはしたくないとかこんな人とは一緒にいたくないとか)を整理しておくことはすごく大事なことですよ。 ただ一人で考えているとネガティブになってしまうこともあるので、 相談できる方や担当医の方と一緒に考えるのがおすすめです。 仕事復帰は焦らず、まずは治すことを考えてゆっくりと過ごしましょう。 まとめ:休職中の過ごし方は自由でいい。 焦らず休もう。 今回はうつ病で休職中の方におすすめの過ごし方を5つ紹介いたしました。

次の