エクアドル 5g。 ◆連載⑰:5Gとテクノロジー犯罪。エクアドルの実験都市で電磁場による爆死。wifi無線環境は、子供の柔らかい脳を破壊している。

5Gになったらラジオをかけておけ

エクアドル 5g

<目次>• サーフェスウェブで見つかったエクアドルの国民情報 「vpnメンター」というグループが、マイアミのサーバに大量の個人情報が含まれたファイルを発見し、EcuCERT(エクアドルのナショナルCERT)に通報したことでエクアドルの個人情報流出は発覚した。 含まれていた個人情報は、名前と生年月日、出生地、住所、メールアドレス、身分証明書番号、銀行口座の残高情報などとされる。 確認されたデータ件数は2,000万件以上で、これはエクアドルの人口よりも多い。 オーバーしている分は、故人の情報と思われる。 データが見つかったのは、Elasticsearch(オープンソースの全文検索エンジン)のサーバという報道がある。 未確認情報ながら、ここに当該データが特別な保護なしにアップロードされていたという。 つまり、ダークウェブではなく、サーフェスウェブ(一般的に公開されている領域)上に無防備に置かれていたことになる。 Elasticsearchを使っていたのはエクアドルの中小コンサル会社、ノバエストラットという会社だ。 同社の幹部が前大統領時代に政府系の仕事に従事したことがあり、国が管理する情報にアクセスできていた期間が存在していた。

次の

柑橘系の果実感!『イオン』でTOPVALUの高カカオ板チョコ「チョコレートタブレット【エクアドル】」を購入。食べてみた感想を書きました

エクアドル 5g

COBRAの2020年2月28日の記事「Endtime Madness Continues」で紹介された記事「Did the 5G rollout in Wuhan damage the innate cellular defense cells of the population, putting the people at risk of complications and death from coronavirus? 」を翻訳しました。 "5G網が免疫系をひどく損なうとの証拠が更にでてきています。 武漢での致死率が4%にも達しているのも主にそれが原因です。 電磁波や電磁波の有害な影響に関する警告に留意している国々もある。 中国に関しては、あらゆる警告を完全に無視し、他のどの国よりも早く5Gを導入した。 こうして2019年10月ですでに武漢省で5Gを導入したが、そのわずか二か月後、CoVid-19という新型コロナウイルスが蔓延することになった。 以前は無害と言われていたこのウイルスが、なぜこんなに短期間でこれほどの脅威になったのだろうか?5Gとウイルス発生地の死亡率が高いことに、関連性があるのだろうか? 武漢に住む人たちに大量免疫不全を引き起こしたのは、5Gの仕業!? なぜその都市の人口だけが突然、非常に虚弱体質になったというのだろうか?5Gによって、武漢の人々の自然免疫系の中の、監視役蛋白質を酸化させられたのだろうか? これは、あらゆる呼吸器感染症の合併症への深刻なリスクにさらされているという意味だ。 現在のコロナウイルス流行の、最も深刻な原因でもある。 5Gワイヤレスは免疫力をさらに低下させている。 5Gの悪影響について文書化されている症状として、「インフルエンザに似た症状」という報告がある。 しかし、なぜインフルエンザと違って、病気の発生地に近いほどより高い死亡率なのだろうか? 5Gワイヤレスの開始によって、武漢の人々のマンノース結合レクチンなどの自然免疫分子が酸化し、損傷してしまったということだろうか?遺伝子レベルでの突然変異が5Gによって引き起こされたのではないだろうか?5Gによる酸化作用については科学的にも証明されている。 これによって、呼吸器系を保護するために免疫系が必要とする分子だけを狙い、酸化させることによって、集団の自然免疫系に悪影響を与えたのではないだろうか?5Gによって体内の肺細胞における重要な細胞監視機構を弱めることで、コロナウイルスの毒性を促進した可能性は十分にあるのだ。

次の

柑橘系の果実感!『イオン』でTOPVALUの高カカオ板チョコ「チョコレートタブレット【エクアドル】」を購入。食べてみた感想を書きました

エクアドル 5g

チョコレート好き 私はチョコレート好きです。 食べない日がないくらいに日常的にチョコレートを食べています。 1日に食べる量を決めていて、それ以上多く摂取しないように心がけていますから、1日に食べる量は決して多くありません。 以前は午前中に1回、午後にも1回、多いときは夜も1回。 小腹が空いたときに1ブロックずつ食べていました。 近ごろは、お昼ご飯を食べた直後に1回、夕食……といってもごくわずかですが食べた直後に1回食べるようにしています。 高カカオチョコレートとは? 高カカオチョコレートとは何か? についてです。 高カカオチョコレートとはカカオ含有率70%以上のチョコを示す言葉です。 通常のチョコレートはカカオ含有率が30%から40%ほどと言われています。 カカオポリフェノールから得られる健康効果が近年話題になっています。 イオンで購入 今回の高カカオチョコレートは『 イオン』で購入しました。 スーパーマーケットと言えば良いでしょうか。 説明不要な大手流通企業。 千葉県千葉市美浜区中瀬の「幕張新都心」に本社があるそうです。 イオンは私の家の近所にはありません。 近くに行く用事があったので立ち寄り購入しました。 TOPVALU「チョコレートタブレット【エクアドル】」 今回購入した高カカオチョコレートは「 チョコレートタブレット【エクアドル】」という品です。 このTOPVALUの「チョコレートタブレット」はシリーズものみたいです。 何のシリーズかというと、カカオ豆の産地を国別にしています。 私がイオンで買ったときは、インドネシアとコートジボワール、ドミニカ、ペルー、エクアドルがありました。 計5種類。 TOPVALU High Percentage Cacao Chocolate Tablet 70% CACAO Ecuador エクアドル 果実の爽やかな渋み バニラ系の強い香りと果実感 が鋭く、オレンジのような甘味 とグレープフルーツのような カカオの渋みが特徴です。 サンショクキムネオオハシ 中南米地域に生息 チョコレートタブレット エクアドル産のカカオ豆を使用しています。 今回紹介するのは5種類のうちの1つ、「エクアドル」産カカオ のチョコです。 エクアドルは南米の北西部、コロンビアとペルーの挟まれた国ですね。 上記引用部の他にも栄養成分などが書かれていました。 栄養成分などについては後述します。 本品はカカオ含有率70%のようですから、高カカオチョコレートに分類されることになります。 甘味:2. ビター感:3. フルーティ:3. 華やかさ:4. ナッツ:2. ロースト:3. スパイシー:2. 酸味:3 パッケージ裏面には味わいが8項目に分けられ数値化されていました。 爽やかさとフルーティさに特長があるようです。 『TOPVALU(トップバリュ)』 本品「チョコレートタブレット【エクアドル】」は、『TOPVALU』ブランドの商品です。 トップバリュはイオンのプライベートブランドです。 お客さまの声を商品に生かします。 お客さまのライフスタイルやその日の気分にあわせて4つのブランドをご用意しています。 イオンのプライベートブランド「トップバリュ」はお客さまの声を商品に生かします。 ディスクリプションには上記のように書かれています。 TOPVALUはイオンのプライベートブランドという認識で良いでしょうか。 原材料や栄養成分など TOPVALU「チョコレートタブレット【エクアドル】」の原材料や栄養成分を見てみましょう。 原材料 原材料です。 カカオマス[カカオ豆(エクアドル)]• 植物油脂• デキストリン• 全粉乳• 乳化剤(大豆由来)• 本品は「乳・大豆」の成分を含んだ原材料を使用しています。 また、同じ生産工程で「卵、小麦、オレンジ、くるみ、バナナ、りんご」を含んだ食品を扱っているそうです。 アレルギー物質にお気をつけください。 栄養成分 栄養成分です。 エネルギー:228kcal• たんぱく質:4. 脂質:16. 炭水化物:18. 糖質:13. 食物繊維:4. 食塩相当量:0. カカオポリフェノール:1. 24g 1枚 40g あたりの栄養成分です。 数値は目安です。 価格 TOPVALU「チョコレートタブレット【エクアドル】」をイオンで購入したときの価格です。 価格178円(税抜き)でした。 8%の税込みで192円ですか。 内容量は40グラムです。 1グラムあたりの値段は4. 45円ほど。 グラム当たりの価格を考えると、今まで私が購入した中で最も安い品は『フルタ製菓』の「ビター・ショコラ」でした。 本品は今まで当ブログで紹介した高カカオチョコの中では高価な商品に分類されます。 取り出す 本品の中身を取り出してみましょう。 箱を開けると金色のフィルムに包まれていました。 この点は5種類とも同じなのでしょう。 商品名どおり中身はタブレットでした。 計8枚入っています。 大きさは測っていません。 インドネシアなどと同じ大きさのパッケージと思われますので。 5cmほどでしょう。 割った様子。 ドミニカと似て赤みが少ないチョコレート色です。 食べてみた TOPVALU「チョコレートタブレット【エクアドル】」を食べてみました。 私の感覚や評価が絶対的なものではないことは考慮の上ご覧になってください。 食べる前に香りを嗅いでみます。 香りは強くも弱くもなく普通です。 独特な香りがしますね。 「パッケージに書かれたバニラ系の強い香り」なのかはわかりません。 では、いつものように噛まずになめ溶かして食べます。 こちらも普通に溶けます。 なめ溶かすと、溶け方は他より粘りのある溶け方をする気がします。 味はフルーティさが強いです。 果実感が強いとありますが、確かに華やかですね。 舌の両サイドにやや鋭い柑橘系の果実感が襲ってきました。 パッケージにある「オレンジのような甘さ」はあまり感じられませんでした。 一方で、こちらもパッケージに書かれた「グレープフルーツのような渋み」はよくわかりました。 飲み込むときや飲み込んだ後に、カカオの渋みがじんわりと口の中を襲います。 また、飲み込む直前くらいにココアのような甘味がしました。 噛んで食べると、なめ溶かすよりもフルーティと酸味を足したような果実感さは強まります。 カカオの渋みはなめ溶かしたときと同様、しっかり感じられました。 濃さとコクもしっかりと感じられます。 本品は苦味以上にシャキッとするような柑橘系の爽やかさが強いです。 渋みを含めて、他の高カカオチョコとは一線を画す味わいになっています。 高カカオチョコ=苦いとだけ捉えている方は少し見方が変わるかもしれません。 なかなか良いです。 おわりに ということで、『イオン』に『TOPVALU』ブランドの高カカオチョコレート「チョコレートタブレット【エクアドル】」が売られていたので、買って食べてみた記事でした。 コートジボワールもドミニカ共和国のカカオ豆も美味しかったですけど、エクアドルはこれはこれでとても美味しいです。 比べると全然味わいが異なるのですね、コーヒーと同じくらいカカオも面白いです。

次の