キリキザン。 キリキザン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】キリキザンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

キリキザン

種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 65 125 100 60 70 70 タイプ タイプ1 タイプ2 あく はがね 特性 まけんき 能力を下げられたとき、攻撃がぐーんと上がる せいしんりょく 怯まない プレッシャー(夢特性) 受けた技のPPを1多く減らす 長所・短所 第八世代現在、唯一の悪・鋼タイプ。 この組み合わせの技は どのタイプにも一致技で等倍以上のダメージを入れられる優秀なタイプです。 特に鋼タイプの耐性の多さとフェアリーに有利に出られる点から、 悪タイプなのにフェアリーに対抗できる珍しい存在です。 また、高い攻撃から繰り出されるタイプ一致の先制技、 ふいうちがあるためドラパルトやガラルサニーゴなどの 強豪ゴーストに対しても有利に立ち回れるでしょう。 ですが、ふいうちは相手が攻撃しないと決まらないので、 相手の動きをうまく読む必要があるため扱いが難しいポケモンです。 また、第八世代ではメインウェポンの一つであった はたきおとすを憶えられなくなり、さらに おいうちが存在しない せいで第七世代までの戦法が潰れ、おまけに 足りない素早さを積める技が軒並み使えなくなったため 技の選択肢が大きく削られる羽目になりました。 ですが、ダイマックスが横行する第八世代環境では特性の まけんきが非常に役立つ強特性となっています。 ダイマックス技はステータスを下げる追加効果を持つものが多く、 まけんきによる攻撃力上昇が起こりやすい環境です。 特にキリキザンの場合、それらの技のうち 特攻が下がるダイワーム以外は半減で受けられるため、 上がった攻撃力を発揮しやすいという他のまけんき持ちには無い強みがあります。 育成論 物理型 努力値 HP:252(実数値172) 攻撃:252(実数値194) 素早さ:4(実数値91) 技構成 解説 現状では 飛行技無し、 ダイマックス中ふいうちの先制効果無効など自分でダイマックスしてもメリットが少なく、むしろダイマックス相手の勝負で力を発揮するので、そのまま使うのを前提として構成しています。 アタッカーらしく 攻撃に努力値全振り、 性格をいじっぱりにして攻撃特化。 いのちのたまでさらに技威力を上乗せして最大限に火力を出せるようにしました。 特に いのちのたまは、攻撃が1段階以上上がった状態なら、 HPの努力値252のギルガルド(シールド)をふいうちで確1にできるようになるので実にありがたい火力増強です。 この構成では低い素早さはほぼ切ってHPと攻撃に特化した構成ですが、もし仮想敵がいるならそれに合わせて素早さに振ってもいいでしょう。 技構成ですが、まずどんな型であっても必須の技が先制悪技の ふいうちと安定した鋼技の アイアンヘッドです。 ふいうちは遺伝技なので ベロバー系列のポケモンからもらいましょう。 現環境では オーロンゲやジュラルドン、キョダイラプラスなどの優秀な壁張り要員も多いので、そういった面々への対策として かわらわりを投入しています。 後は後続へのサポートに でんじはを入れましたが、もし壁張り対策やサポート用の技が要らないというのであれば、それらの代わりに安定した性能の悪技の じごくづきがおススメです。 追加された場合記事の調整が入ります。 実演してみた では、このキリキザンが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 管理人個人としては推しポケモンの1体なので、ぜひとも活躍してもらいたいです。 ギルガルドもいるので、今回の実演バトルはこの人にお願いするとしましょう。 対戦よろしくお願いします。 こうやってギルガルドのキングシールドで防がれ、さらに追加効果で攻撃も下げられましたが… ここでまけんきが発動、キリキザンの攻撃が跳ね上がります。 (上昇量のSS撮り損ねました。 ごめんなさい) キングシールドの減少分を差し引いても1段階の上昇、これでふいうちでギルガルド撃破圏内に収まりました。 さて、それじゃあギルガルドを仕留め… …アレ?交代で出て来たサザンドラのダイバーンで焼かれたぞ? 対戦ありがとうございました。 まとめ 扱いは難しいものの、特性と攻撃種族値で高い火力を出せるポケモン、キリキザンの育成論でした。 今回は残念でしたが、エスパーやゴースト、オーロンゲなどと当たった時は交代で逃げられない限り倒し切れていました。 使いこなせる人が使えば優秀なポケモンなので、読みに自信がある方はぜひ使ってみてください。 管理人、八卦がお送りしました。 ではまた次回もよろしくお願いします。

次の

【剣盾S3

キリキザン

菜原です。 今回はS3で使用した構築の紹介となります。 S3は珠を軸にし、シーズン序盤から納得のいく構築の軸が組めて、最終日までは15~18日を除いて二ケタ順位を維持するというかつてないほど調子の良いシーズンでしたが、よりにもよって最終日に凄まじい下振れが発生し順位を大きく溶かしてしまいました。 とはいえ、何とか最高順位は更新しましたが微妙な順位になってしまいました。 来月からシリーズも変わるということでこの構築が通用するのかは知りませんが、公開したいと思います。 使用構築 ヴィクトリアちゃんはこんな見た目ですが強さはみたいなものです ? 構築の経緯 S2の終盤から積み構築(どちらかというと積みリレー寄り)に回帰していたが、その時に使っていた命の珠を持たせた が環境に対して通りがいいうえに、非常に強いと感じていた。 というのも、現環境では珠持ちのやといった汎用的且つ高い突破力を持つアタッカーが大量増殖しており、その対策としてので切り返す動きがテンプレと化していた。 そのため、積み構築を使う上で単純な突破力だけでなく、トリルへの解答も必要だと感じていたためである。 また、は特性型破りによってを化けの皮ごと粉砕できるのは勿論、命の珠を持たせることによって、竜の舞を1回積めばアーマーガアを除いた環境のでは止めることが困難だということが分かり軸に決定した。 まずは、起点作成要員の選定に入った。 起点作成はいつも通り 壁貼り要員と ステロ要員で編成している。 壁貼り要員としてはを軸にしていることもあり、相性補完が良好で最も安定性のある オーロンゲ が入った。 ステロ要員 に関しては、実はここが最後まで悩んでいた枠であるのだが壁貼り要員がオーロンゲである都合上、相手の初手がとても重い問題があった。 それ故にSが早くてある程度起点回避が出来てに対面勝ちできるを探した結果、 を採用することにした。 次に残りの 積みエースの選定を行った。 まずステロ壁と相性が良く、制圧力が高いビルド アーマーガア を採用した。 アーマーガアを通す上で環境の中で明確に不利を取るはで起点にできるという意味で補完も取れてると言える。 さらに、ここまで物理アタッカーが2体な上に、アーマーガア入りにを選出することが出来ない問題が発生していたため、電気タイプでダイジェットを撃てる を採用した。 こちらも苦手なやに対しては他2体が比較的戦えるため相性補完が取れてると言える。 積みエースはを加えた3体で十分範囲が取れてると判断したことと、相手のすり抜けドラパルトが構築全体で重めであったため、USUMのS12で使用した欠伸のような積みエースを補助する 補完枠 を入れたほうが良いと判断した。 そこで、欠伸身代わりバトンが出来るブイズ系統に着目し、その中でも一番使いやすくドラパルトにも強く出れる を採用しパーティが完成した。 時間切れ対策のために並び順をストレートにするのは構築バレしてない限りはディスアドが大きいと思います。 色違いはレイドに参加させてもらった時に捕まえたもの。 安定性は随一でとの相性がいいので絶対に必要なメンバーであるのは事実なのだが、こいつがいるだけで壁構築だと一瞬でばれるのが弱く、瓦割持ちやコートチェンジ持ちなど露骨なメタに遭遇すると何とも言えない気持ちになる。 とはいえ、それだけ警戒されるくらいには壁貼りとして必要な性能を持っているだと言える。 両壁以外の2枠は展開阻止のちょうはつは確定として、本当はサマを持たせた方が強いと思っているのだが、オーロンゲ対面を身代わりを貼るがいたのでソラッシュを持たせてました。 ただ、裏にを置けば改善できた問題ではあるのでサマにしても良かったかも。 に強いステロ撒きとして採用。 ガルド側はキザン対面キングシールドを押せるわけもないし、初手から不意打ちが普通に通る。 タスキ弱保の場合は基本不意打ち連打。 残飯の場合はじゃんけんをする。 (残飯の場合は裏にかがいればそれほど問題ない)ステロ撒きとしても、そこそこの起点回避能力を持たせたうえで、ステロを撒くだけなら仕事はしてくれるので良かったと思う。 ただ、現在のは襷メタバ型が主流なせいで、初手からやがを仕掛けてくるので、負けん気より精神力の方が絶対良かったと思うのだが変える勇気はありませんでした。 数多の3タテ劇場を演じてきた。 あまりに強かったので自力で色違い個体を孵化してきました。 珠最大の強みは火力が環境のに対して絶妙に届いていること。 以下にダメ計を載せる。 ダイスチル H4 96. 上記に加え、タイプ一致ダイドラグーンでの殴り合いの強さや型破りでのに切り返しを依存している構築は粉砕することが出来るのがとても優秀。 如何にこので舞う隙を作るかということを念頭にゲームを組み立てていった。 最初は鋭い嘴を持たせたAS振りをしていましたが、のサマ連打に負けたのが癪だったので弱保型にしました。 ステロがまかれたときの弱点を喰らった際の制圧力はすさまじかったです。 また、アーマーガアや大会で使用したビルドオーロンゲみたいな自身の耐久も上げる積みエースは相手のへの解答にもなります。 ただ、最終日はでこいつを見ようとしているプレイヤーが余りにも多く、タラプのみの方が明らかに良かったと思います。 個体持ってなかったので流石に最終日の深夜に作る気は起きませんでしたが。。。 CS振りだとあまりにも耐久が足りないのでお気持ち程度に耐久に振っています。 タイプ一致で電気技を撃てダイジェットも撃てるのは単純に強い。 基本的にはだけを通すより、相手のアーマーガアにあと投げして悪だくみを撃って崩したり相手のを誘発させたりするのが強かったと思う。 ラムのみを持たせることであくびを持ってそうなにも強気に攻めることが出来ましたが、打ち合い性能を上げるために鋭い嘴を持たせた方が強かったと思います。 構築全体でが重かったのですが、はちょうはつを与えた状況でこいつで起点にしていました。 構築全体ですり抜けドラパルトが面倒なのと、突破力の高い積みエースが多いのでそれを補助するために採用している。 ステロを撒いて出した場合は相手にックスを強要させたり、寝かせる選択をさせられるので、それに合わせて身代わりやバトンタッチをうまく選択できるととても気持ちよくなれるが、当然うまく行かないことも多く強いが難しいだった。 相手のラムを持ってそうなに欠伸が入った時は、身代わりを選択することでリスクを抑えることができる。 それはオーロンゲ自体が単体としての攻撃性能がないためである。 以前のUSUMの構築ではステロ撒きから壁貼りに繋げることは、に攻撃性能があるため可能ではあったが。 選出率 1位 2位 3位アーマーガア 4位 5位オーロンゲ 6位 結果&感想 最終日の最高順位 最終日最高順位65位 最終278位 最高順位は12日の9位 今期は序盤から納得のいく構築組めて、中盤に少し溶かした時期があったものの2月中は長期に渡り二けた順位を維持することが出来ただけに、最終順位が何とも言えないところまで落ちてしまったのが残念です。 とはいえ、最終日の運負けが連続してた時間帯にヘラってプレイングが適当になってしまってたことや、パッチラゴン、ジュラルドン入りへの解答があやふやになっていたのは事実なので反省点をしっかり活かしていこうと思います。 来月からシリーズが変わり、ついに待ち望んでいた巨大オーロンゲが解禁されるので楽しみです。 過去の剣盾の構築記事のもおそらく対応はできると思います) 追記4月8日 コロナの関係で自宅待機を強いられている方も多いと思い、せっかくならを勧めたい!ということで方針を変えて、細やかながら自分もを公開したいと思います。 シリーズ2を基に考案した構築なのでやが重めかもしれませんが、積み構築やいつもと違う構築を使いたい方は是非。 の特性を分けたのでお好みで。 naharahiziri.

次の

【ポケモン剣盾】「キリキザン」とかいう環境に対応できる中堅ポケモン なんだかんだ強いよね…

キリキザン

図鑑説明 の むれを ひきいている。 の ざを うばいあい たたかう。 やぶれると むれを おいだされる。 おおぜいの を したがえて えものを むれで おいつめる。 とどめは キリキザンが さす。 すうひきの を たたかわせ きずつき うごけなくなった えものを まっぷたつにする こわい。 からのがL2とかなり遅い部類だ。 に出てきそうな、な外見をしている。 あるいは「」• こうげき、ぼうぎょが高いが他のは低め。 半減以下の数11と一部のに有利な耐性を持っているものの、弱点は炎・格闘 4倍 ・地面と全てで面にはあまり期待できない。 を下げられると攻撃が二段階上がる「 まけんき」は体のキリキザンには心強い。 ただ、対戦でよく出てくる威嚇持ちはが高くキリキザンの弱点も突いてくる強であることも多い。 、、霊、等 でを撃ってくる相手も多いため、怯まない「 せいしん」も。 ただまけんきの方が役立つ機会は多いだろう。 は「 」。 一応みが恨みなんてこともできるが、も素さもそこそこ程度のための域は出ない。 不意打ちや、などで相手の行動をながら戦っていく。 ウェは豊富とは言えず、な、素さと弱点がな事から不利な相手も多い。 教え技でけたぐりなどが追加されウェは少し増えたが、それでもまだまだ乏しい。 ある程度不利でも突破の可性が出る、不意打ちを決めやすくする挑発などもあれば役立つ事もある。 次第で大活躍できるを持つが、やられる時はほとんど何もできず殺されかねない。 使う人はぜひ以上の強さを発揮させてやって欲しい。 図鑑説明によると戦い方は随分残である。 たちで動きを止めて手でメをさすのだろうか……• やはり。 関連動画 お絵カキコ 関連項目•

次の