ハイセンス 43e6800。 Hisense 43E6800

Hisense 43E6800ってどうなの?

ハイセンス 43e6800

基本仕様• 型番43E6800• JAN CODE4580341983676• 画面寸法94. 9cm• 倍速対応60Hz• パネルコントラスト比4000:1• 応答速度8ms• 消費電力120W• バックライト直下型• 広色域広色域• その他の高画質機能-• 残像感軽減SMR• 自動画質調整対応 高音質• 高音質機能 DOLBY AUDIO、Hi-Sound Pro、ダイレクトサウンド、サウンドノイズ軽減技術• スピーカー2. 0ch• サラウンド対応• 自動音量制御対応 チューナー• 地上デジタル3• BS・110度CSデジタル3 録画• CATVパススルー方式対応• 外付けHDD裏番組録画対応• プラットフォームVIDAA• マルチメディア対応(音楽再生は除く) その他仕様• Anyview Cast-• Anyviewホームサーバー対応• 無線LAN内蔵 IEEE802. HDMI入力端子4• HDMI 4K入力対応 対応 HDMI2. 0b 18Gbps• ARC対応対応• ビデオ入力端子1• コンポーネント入力端子 -• 光デジタル音声出力端子1• ヘッドホン出力端子1• USB 2 USB2. LAN端子1.

次の

ハイセンス、“NEOエンジン”搭載の4Kチューナー内蔵液晶テレビ「E6800」。43型で9万円前後から

ハイセンス 43e6800

格安4Kテレビで発生した3つのトラブル。 解決方法も。 激安4Kテレビ『ハイセンス 50A6800』を使いはじめて3ヶ月が経過しました。 には、• 高いけど日本メーカーを選ぶ人• メーカーにこだわりなく安いハイセンスを選ぶ人 の方々から120件を越すいろんなコメントをたくさんいただきました。 中国メーカーに対する偏見も多少ありました。 正直僕もちょっと前までは敬遠してましたが、やを使ってから、中国にも素晴らしい製品を作るメーカーがあるんだということを知ってから考え方が徐々に変わってきました。 僕も最初は東芝かパナソニックにしようかなと考えてましたが、 実際にハイセンスを使ってみて、この選択が正解だったと実感できてホッとしてます。 ただ、 3ヶ月のうち3回、不具合というか動作がおかしくなることがあったので、今後ハイセンスのテレビを買う方向けにシェアしておきます。 スポンサーリンク 不具合1 画面が映らなくなった ある日、普段通りテレビの主電源をつける。 いつもならすぐ画面が表示されるはずなのに、 真っ暗なまま。 でも音は聴こえる。 何度かテレビの電源をオンオフしてみると、画面は電源オフの時の真っ暗ではなくほんの僅か明るくなってる。 でも何も映らない。 3ヶ月も経ってないのにもう壊れちゃったか... と途方にくれましたが、「 困った時の再起動」というのを思い出す。 ただ、テレビでは再起動はできないので、主電源を切って、電源ケーブルのコンセントを抜きました。 5分ぐらい放置した後に、再びコンセントをつなぎ電源オン。 これで再起動は完了。 ・・・。 ・・・・。 ・・・・・。 数秒後、何事もなかったのように画面が映りました!音声もちゃんと聞こえます。 ふ〜、びびらせやがって... とひと安心。 「困った時の再起動」はパソコンだけでなく全ての電化製品に使える解決方法です。 焦らずまずはコンセントを抜いて、いろいろ内部で動いている動作を終了させてみましょう。 不具合2 録画リストが表示されなくなった テレビ番組の録画は、ブルーレイレコーダーと外付けHDDを接続して、それに録画するようにしてます。 ブルーレイレコーダーにはこれまでたくさん録画したものが入ってる&空き容量がそんなに多くないので、新しい録画はハイセンスの録画システムを使ってます。 「連ドラ予約(毎週予約)」してるものがあっても、 特番でその放送がないときは録画されないのがいいですね。 これまで使ってたブルーレイレコーダーだと、放送されてないのに同じ時間帯で放送された特番が録画されてました。 どうせ観ることはないので、みたくないものがちゃんと録画されてないのはすごくいい。 同時2番組しか録画できないとか、同じ番組をまとめる機能とかがないのはちょっと物足りないですが、おおむね満足してます。 ただ、リモコンの「録画リスト」を押した時に(録画したものを観る場合は「録画リスト」ボタンで視聴可能)、1回だけ「 この操作はできません」と表示されたことがあります。 接続してるHDDのUSBケーブルを抜くのが怖かったので、この時もコンセントを抜いて テレビを再起動したら普通にみられるようになりました。 不具合3 急にインターネットに繋がらなくなった YouTubeを見るときはリモコンの「YouTube」ボタンを押して、視聴してます。 FireTV Stickでも見られますが、FireTV Stickの画面に切り替えてYouTubeのアプリを起動するのでちょっとだけ手間。 ハイセンスのテレビに替えてからはボタン1発なのでとても楽チンです。 ある日、いつものように「YouTube」ボタンを押すも、なかなかYouTubeの画面が出てこない。 しばらくすると「起動中です。 しばらくお待ちください。 」が「この操作はできません。 あとからお試しください。 (正確な表現は忘れましたが、確かこんな感じでした)」と表示され、YouTubeを見ることができませんでした。 ネットワークサービスに何か不具合があるのかと設定を確認すると、 自宅のWi-Fiへの接続が切断されてました。 テレビで自宅のWi-Fiが表示されなくなってたので、調べてみると特にWi-Fiには不具合はなし。 というわけで、「 ネットワークサービス情報の初期化」で解決しました。 自宅Wi-Fiのパスワードの再入力は不要でしたが、YouTubeの設定も初期化されたので再ログインが必要でした。 まとめ Hisense ハイセンス の格安4K50型のテレビを3ヶ月使ってみましたが、思った以上に快適に使えてます。 画面が映らない• 録画リストが表示されない• 急にインターネットに繋がらなくなった という不具合に見舞われましたが、特に大きな問題になることもなく解決できてホッとしてます。 不具合やトラブルは起きないことが一番ですが、3ヶ月で3回の軽いトラブルぐらいならまだいい方かなと。 また何かトラブルがあればご報告しますね。 YouTubeのコメントで「すぐ壊れるぞー」というのもいくつかあったので心配してましたが、最近のハイセンスはなかなかしっかりしてるのかなと。 これで7万円なら文句ありません。 メーカー保証も3年間ついてるので安心です。

次の

良いも悪いも!「ハイセンス4K液晶テレビ 43A6800」のを使った感想と口コミ

ハイセンス 43e6800

基本仕様• 型番43E6800• JAN CODE4580341983676• 画面寸法94. 9cm• 倍速対応60Hz• パネルコントラスト比4000:1• 応答速度8ms• 消費電力120W• バックライト直下型• 広色域広色域• その他の高画質機能-• 残像感軽減SMR• 自動画質調整対応 高音質• 高音質機能 DOLBY AUDIO、Hi-Sound Pro、ダイレクトサウンド、サウンドノイズ軽減技術• スピーカー2. 0ch• サラウンド対応• 自動音量制御対応 チューナー• 地上デジタル3• BS・110度CSデジタル3 録画• CATVパススルー方式対応• 外付けHDD裏番組録画対応• プラットフォームVIDAA• マルチメディア対応(音楽再生は除く) その他仕様• Anyview Cast-• Anyviewホームサーバー対応• 無線LAN内蔵 IEEE802. HDMI入力端子4• HDMI 4K入力対応 対応 HDMI2. 0b 18Gbps• ARC対応対応• ビデオ入力端子1• コンポーネント入力端子 -• 光デジタル音声出力端子1• ヘッドホン出力端子1• USB 2 USB2. LAN端子1.

次の