ソシャゲ つまらない。 僕がソシャゲにあまりはまらない理由について

スマホゲームがつまらないと感じる瞬間・冷める瞬間10選

ソシャゲ つまらない

作業感が強い ソシャゲは、通常のゲームに比べて作業感が強いと言われます。 その理由は様々です。 例えば、ソシャゲは1回のプレイ時間がそこそこ短いですよね。 せいぜい5〜10分程度でしょう。 これは遊びやすいことにもつながっているので、必ずしも悪いわけではありません。 しかし言い換えれば数分で終わる一連の流れをなん度も繰り返すのがソシャゲですよね。 そのため飽きやすいのが、大きな弱点です。 簡単な操作ですぐにやり方を覚えられるのも、作業感を強めてしまっている原因ですね。 また レアなアイテムを集めるために何度も結果的には無駄になる作業を繰り返さなければいけないのも、辛いところです。 RPGのレベル上げのように毎回の作業に意味があるなら良いのですが、ソシャゲのアイテム収集はその点がちょっとイマイチですね。 結局課金額が多い人が勝つ ソシャゲには、課金という仕様がありますよね。 最近では普通のゲーム機のゲームソフトにも課金要素が盛り込まれるようになってきていますが、それでもソシャゲほど厳しくはありません。 ソシャゲでは ガチャを回すためのアイテムを購入してガチャを回し、レアなアイテムを入手するのが勝利への近道になります。 ガチャは無料でもある程度回せますが、非常に遠回りになってしまいますよね。 初めから有料ガチャを回した方が圧倒的に時間を短縮できます。 結局お金をかけた人が勝つシステムなのがソシャゲです。 無課金で頑張っていてもやがて壁にぶち当たってしまい、こんなゲームクソゲーだ!と思ってしまうんですよね。 スマホを機種変更した際にデータがなくなってしまうことがある スマホにあまり詳しくない人が陥ってしまうのが、この問題です。 一生懸命ゲームをプレイしていても、機種変更の際にあらかじめ機種変更手続きをゲーム内で行っておかなかったなどの問題で、データが消滅してしまうことがあります。 この現象が起こってしまうと全てが無駄になります。 そのため絶望し、つまらないと思ってしまうのです。 最終的に何も残らないから ソシャゲは、最終的に何も残らないと言われてしまいがちです。 どんなゲームもクリアしてしまえばそこで終わりなので何も残らないといえばみんなそうなのですが、ソシャゲは特に言われがちですね。 その理由として考えられるのは、ゲーム機のゲームのような友達とみんなでその場で楽しまないものが多いことでしょう。 ソシャゲは一人でスマホ画面と向き合ってプレイするものが多いですよね。 そのため、 飽きてしまった後にあまり楽しい思い出が浮かんでこないのです。 結果として、何も残らないからソシャゲなんて時間の無駄と考えてしまうわけですね。 ソシャゲは突然サービス終了してしまう ソシャゲには、突然サービスを終了してしまうものがあります。 人気のないソシャゲだとすぐに終わってしまいますし、人気があっても突然終わることがあります。 無課金勢でもなかなか辛いですが、課金しているのにすぐに終わってしまった場合は最悪ですよね。 今までに必死に積み上げてきたものがパーになってしまうのです。 ソシャゲではない普通のゲームなら、オンライン専用でない限りいつまでも楽しめます。 この差は大きいですよね。 最近はそうでもないが、昔はゲーム性に乏しいものが多かった 昔のソシャゲは、今よりもずっとゲームらしくありませんでした。 パズドラやモンスト、スクフェスなど、最近人気のあるソシャゲはしっかりとゲーム部分が作られていてなかなか楽しめますよね。 しかしガラケー〜スマホ初期のソシャゲは、ただボタンを押して先に進むだけのような単純なシステムのものが多く存在していて、あまりゲームとは呼べないものもいろいろありました。 その頃の印象から、今もなおソシャゲはクソだと言い続けている人も世の中にはいますね。 ガチャを回すお金がいつのまにか普通のゲームソフトを買うよりも膨大になっている お金がかからないで始められるものの、最終的には普通のゲームソフトよりもたくさんお金がかかってしまうのがソシャゲですよね。 コストが高いので、クソと言われてしまいます。 普通のゲームが5000円として、ソシャゲは始めるだけなら0円です。 しかしもしも課金を始めると、あっという間に5000円なんて吹き飛んでしまいます。 初めのうちは数百円の課金で済んでいても、課金すれば強くなれることがわかっているためやがて課金額は上がっていきます。 一回の課金額は少なくてもちりも積もれば山になりますし、結局かなりのお金がかかるようにできているのがソシャゲ。 厳しいものですね。

次の

スマホゲームがつまらないと感じる瞬間・冷める瞬間10選

ソシャゲ つまらない

スマホのソーシャルゲームは好きですか?パズドラを始めとして、最近では多くの人気ソシャゲがリリースされていますよね。 課金をするほどハマってしまう方も多数いますが、なかなか長続きせずに、すぐに飽きてしまうという方も多いでしょう。 そんなソシャゲに飽きてしまう方は結構いるもので、そこには何かしら理由があるはずです。 そこで、この記事ではソシャゲが飽きやすい理由について紹介します。 スマホのソシャゲにすぐ飽きる5つの理由 1.システムがどれも似たようなものばかり 新しいソーシャルゲームをダウンロードしてプレイしても、すぐに飽きてしまう。 その理由としてまず考えられるのは、どれも似たようなシステムばかりであるということでしょう。 クリスタルやオーブ• ガチャ• ログインボーナス• ゲリライベント• 期間限定イベント• 曜日限定イベント• 武具またはキャラの強化・進化・覚醒• コラボ• タップやスワイプだけで攻略 これらのシステムを採用しているソーシャルゲームがほとんどですよね。 結局はガチャで強いキャラを引き当て、ひたすらタップやスワイプをしてゲームをしていくという、単なる作業ゲーと化しているものがほとんどです。 ストーリーや絵が少し違うだけで、まさにソシャゲのパチンコ化になっています。 これでは、先に待っているのは単調な作業しかないとわかりきってしまい、すぐに飽きるのも当然ですよね。 2.課金しないと途中から厳しくなる そして、ソシャゲの醍醐味と言えば課金でしょう。 課金すればするほど強いキャラや武器が手に入り、ゲームを有利に進めることができます。 月に何万、何十万も課金する人もいるものです。 しかし、中には一切お金をかけない無課金ユーザーもいます。 そのような課金したくないユーザーは、無料でどこまでもゲームを楽しみたいものです。 しかし、ソシャゲはビジネスだからこそ、ある一定のラインから、課金しなければ進めなくなってしまうゲームが多いです。 無課金だとめったに手に入らない強いキャラが必要になったり、時間をかけてできるとしても進み具合が遅くなってしまいます。 これでは、課金しまくるほど熱中しない限り、途中で飽きてしまうようになります。 3.期間限定イベントなど、時間がない人には厳しい さらに、ソシャゲの特徴として期間限定クエストなど、時間に制限があるイベントが多いです。 アニメとのタイアップコラボや、キャラ・武器の強化に必要な素材が手に入るイベントなどが期間限定になりやすいです。 中には、告知なしのゲリライベントもあります。 ソシャゲを楽しみ進めるためには、そのような期間限定のイベントも数多くこなしていく必要があります。 しかし、これは普段働いていて忙しい方々はプレイすることができませんよね。 そうなると、ソシャゲを有利に進めることができなくなってしまいます。 このような時間的な制約も、飽きる人が多くなる原因の1つだと考えられます。

次の

ソシャゲが「クソゲー」「つまらない」と言われてしまう7つの理由!

ソシャゲ つまらない

ゲーム性そのものがつまらない 具体的なタイトルを言うのは避けますが、かなり人気の出ているソシャゲでも全然面白くないと感じるものがあります。 ジャンルはRPGで、敵を倒していくものなのですがストーリーと呼べるものがほぼありませんでした。 楽しむ要素としてはギミックに対応するキャラを揃えて育て、より難度の高いステージをクリアすること、つまり敵との戦闘にあります。 人気のあるゲームなので楽しめている方は多いのでしょうが、この楽しめるはずの戦闘が全く面白いと感じられませんでした。 この部分は完全に個人の好みによるところです。 おそらくソシャゲがつまらないと思っている人の中でもそれなりの数の人が、 人気あるタイトルだからと自分の好みに合っていないソシャゲをダウンロードしたんじゃないかと思っています。 これの対処は簡単です。 そのゲームをやめてください。 ソシャゲだからつまらないのではなく、あなたに合っていないだけです。 コンシューマーゲームと比べて終わりがない コンシューマーゲームというのはプレイステーションなどハードとソフトを買ってテレビ画面などで楽しむ家庭用ゲームと呼ばれるものです。 ソシャゲのように新しいコンテンツができたらその都度アップデートされるものとは違い、以前のコンシューマーゲームは100%完成されたものが販売されていました。 RPGであればメインストーリーがあり、ラスボスや裏ボスが用意されていてそれを倒すとゲームクリアとなります。 最後までやり切ったという達成感が得られます。 ボスステージに到着するには経験値を稼いで十分なレベルに育て、その過程で色々なスキルを習得するのも大きな楽しみです。 対してソシャゲはメインストーリーのボスを倒してもそこで終わりではなく、イベントがやってきます。 そのイベントをクリアしてもまた次のイベントと 終わりがなく、最終的なゴールがないので「今回もクリアできたな」くらいの軽い達成感しか味わえなかったりします。 終わりがないからつまらなさを感じるという人には ストーリー重視のゲームを遊ぶことをおすすめします。 ステージクリアだけが面白いゲームとは違い、ストーリー重視のゲームには最大のボスが存在するはずです。 そのボスを倒すことが明確なゴールとして認識できます。 他に用意されているイベントなどは気が向いたときだけすればいいのです。 キャラが成長する楽しみが長続きしない コンシューマーゲームは最低でもボスをクリアできるレベルになるまでは、ステータスアップやスキル習得など成長の連続なのですが、ソシャゲは違います。 ゲームによってはアップデートでレベル上限が上がったり、新しいスキルを使えるようになったりするものもあります。 しかしそれがなければ 新しいイベントが来ても成長しきったキャラを使っての攻略となり、キャラの成長という楽しみはないんです。 ガチャなどによって新しいキャラを手に入れ、それを育成するという楽しみはあるのですが、今使っているキャラがさらに成長する楽しみとはまた別物ですよね。 ソシャゲはダウンロードして遊ぶタイミングの違いによって、後発組が出てきます。 また、現在強いとされているキャラを課金して引いた人がいたり、無課金でもキャラの育成がちゃんとできてそれなりに強い人や時間がなくてあんまり強くはなっていない人もいます。 そういった人すべてに同じコンテンツを提供して満足してもらわなければならないのです。 それに開発費もかかりますしそう大幅にキャラの育成において大胆なことはできません。 コンシューマーゲームとは違って、現段階でプレイヤーがどの程度の強さであるかコントロールできないというのはソシャゲを開発する人の悩みどころではないかと思います。 これが理由でつまらないと思っている人は、 プレイスタイルを変えてみることをおすすめします。 効率とか最適編成とかを考えずに普段使わないキャラを使うと新鮮に感じますし、思ってたよりこのキャラ使えるなと発見できたりもします。 どのキャラを使ってみても面白みを感じないとなれば一旦そのゲームは放置するのも手です。 これまでとは違ったキャラが登場する可能性もありますし、アップデートでゲーム性が大きく変わるということもあり得るからです。 繰り返しの作業に飽きてしまう 経験値稼ぎで同じ強さの敵と何回も戦ったという経験を持っていますか?これは続けているとほんとに飽きるんですよね。 人にもよると思いますが同じことの繰り返しはやはり飽きますし疲れます。 ですが多くのソシャゲが特定のステージを周回させるように作られています。 そうしないと役立つアイテムなんかを十分に得られなかったりするので、そのゲームに熱心な人は呆れるくらいの数周回します。 クリアすることによって得られる報酬が周回作業をしてでも欲しいと思っているからです。 反対にそこまでそのゲームに入れ込んでいない人は数回周回しただけでもう嫌になってしまいます。 思い返せば僕がアンインストールをしてきたゲームは周回しないと強くなれない系のゲームでした。 これの対処法は「 作業が嫌になったのならば作業しない」です。 そのゲームで強いプレイヤーであることをやめてライトユーザーになればいいのです。 遊びたいときに遊べば作業にはなりませんし、本来ゲームはそういうものですよね。

次の