マルエツ キャッシュ レス。 キャッシュフローとは?なぜ重要なのか?わかりやすく解説

キャッシュレス決済の種類が多すぎる!どれを選べばよいのか?

マルエツ キャッシュ レス

有価証券等、郵便切手類、印紙、証紙• 物品切手等(商品券、プリペイドカード等)• 自動車(新車・中古車)の販売• 新築住宅の販売• 当選金付証票(宝くじ)等の公営ギャンブル• 収納代行サービス、代金引換サービスにたいする支払い• 給与、賃金、寄付金等• その他、本事業の目的・趣旨から適切でないと経済産業省及び補助金事務局が判断するもの 今から始めるオススメのキャッシュレス決済 「キャッシュレス・消費者還元事業」が始まるまでに、キャッシュレス決済の準備をしておきましょう。 まずはクレジットカードを作ろう キャッシュレス決済をまだしたことがない場合は、まずはクレジットカードの作成をおすすめします。 申し込んですぐには発行されないため、早めに準備しておきましょう。 年金受給者の方はクレジットカードを作りにくいと言われていますが、楽天カードやエポスカードは公的年金受給者でも作ることができるカードです。 通常のクレカの還元率が0. デメリットは、チャージする手順が少々面倒くさいことでしょうか。 多くの人が既にインストール済みのLINEで支払えるLINE Pay ほとんどの人がスマホに既に入れているLINEで支払いが出来るのが特徴的なLINE Pay(ラインペイ)。 最近、LINE Pay専用のアプリもリリースされ、ますます使いやすくなりました。 また、LINE Payの還元率は、前月の利用額(マイカラー制度)に応じて変わります。 一番上のグリーンカラーになれば、還元率は2%、そして2019年7月31日までは+3%の還元率が加算されるため合計還元率が5%になります。 ちなみにLINE Payはクレジットカードとの連携は現在は不可能だから気を付けよう おまけ:ゆうちょPay ゆうちょPayの特徴は、支払い時にゆうちょ銀行の残高から即時引き落としとなるところです。 そのため、現金派の方にとっても使いやすいアプリと言えます。 2019年5月8日にリリースされたばかりのアプリで、まだまだ使えるお店が非常に少なく、キャンペーン等もほぼ行われていませんが、スマホ決済のデビューとして使ってみるのも良いかと思います。 まとめ 国が実施する「キャッシュレス・消費者還元事業」は、ポイントが最大で5%も還元される事業です。 期間は9ヶ月間ですが、現金では還元されないため、この期間だけでもキャッシュレス決済に切りかえる利点は大いにあると言えるでしょう。

次の

【キャッシュレス】西友で使えるスマホ決済・電子マネーは?

マルエツ キャッシュ レス

マルエツでは、2019年9月1日(日)より、イオンカードの特典を付帯した「マルエツカード」の募集を開始すると発表した。 マルエツカードは、マルエツ初の提携クレジットカードとなり、イオングループ店舗での特典だけでなく、毎週日曜日にマルエツ、マルエツプチ、リンコス、魚悦でマルエツカードのクレジット利用で5%OFFになる特典も付帯する。 マルエツでの会計時にはTカードを提示すると、別途200円(税抜)につき1 Tポイントを貯めることも可能だ。 マルエツカードの年会費は無料、国際ブランドはVisa、Mastercard、JCBとなる。 Visaブランドの場合はVisaのタッチ決済が搭載されるが、Mastercard、JCBについてはコンタクトレス決済は非対応だ。 イオングループでは20日・30日のお客さま感謝デーで5%OFF、マルエツおよびイオングループの対象店舗では、いつでも200円(税込)につき、ときめきポイントが2ポイント貯まる。 その他のVisa、Mastercard、JCB加盟店では200円(税込)につき1ポイントだ。 入会キャンペーンも実施し、マルエツ店頭では2019年9月1日(日)~12月31日(木)の間、新規入会で5,000円(税込)まで利用できる10%割引券がプレゼントされる。 webでの申込では2019年11月30日(土)まで、新規入会でときめきポイントが1,500ポイント、カード利用合計2万円以上で2,000ポイント、5万円以上で5,500ポイントの最大7,000ポイントをプレゼントする。 なお、2019年9月13日(金)~9月30日(月)まで、マルエツでマルエツカードのクレジット支払いすると、ときめきポイントが10倍になるキャンペーンも実施する。 また、2019年9月11日(水)より、マルエツ全298店舗で電子マネー「WAON」での決済も導入予定となっている。

次の

マルエツ・マルエツプチで使えるコード決済

マルエツ キャッシュ レス

もくじ• コード決済(スマホ決済) マルエツ(マルエツプチ・リンコス含む。 以下同)で使えるコード決済は、以下の通りです。 マルエツプチ・リンコスでは、全店舗でPayPayに対応しています。 対応していないコード決済は、PayPay(ペイペイ)、LINE Pay(ラインペイ)、楽天ペイ、Origami Pay(オリガミペイ)、d払い(コード決済)、メルペイ(コード決済)、au PAY(エーユーペイ)、ゆうちょPay(銀行Pay)、Bank Pay(バンクペイ)、クオカードPay(クオカードペイ)、FamiPay(ファミペイ)、アリペイ、ウィーチャットペイ、ネイバーペイなどです。 クレジットカード・電子マネーは使える? マルエツでは、各種クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)が使えます。 Visaのタッチ決済にも対応しています。 2019年9月1日からは、「マルエツカード」の発行が始まっています。 電子マネーは、WAONがほぼ全店舗で使えます。 一部の店舗では、交通系電子マネー、楽天Edyにも、対応しています。 nanaco、iD、QUICPayには対応していません。 セミセルフレジが導入されている店舗・レジレーンで交通系電子マネーを利用する場合は、レジスタッフに交通系電子マネーを使う旨を伝えて、レジで決済することになります。 セミセルフレジでの精算機では、現金・クレジットカード(タッチ決済対応)・WAONに対応しています。 そのほかの支払い方法は? マルエツでは、マルエツ商品券・カスミ商品券が使えます(お釣りは出ます)。 また、クレジットカード会社発行のギフトカード(商品券)も使えます(お釣りは出ません)。 ビール券、おこめ券、たまご券なども使えます。 イオングループではありますが、イオン商品券は使えません。 共通ポイントカード マルエツでは、Tポイントカードに対応しています。 プラスチックカードのTポイントカードのみ対応です。 アプリ画面のバーコード(モバイルTカードなど)では使えません。 また、マルエツはイオングループではありますが、WAON POINTカードには対応してません。 2020年3月以降も毎週日曜日5%割引となる「マルエツカード」の申し込みをご検討ください。 毎週日曜日は「マルエツカード」でのクレジット払いで5%割引となります。 お酒等は割引対象外です。 深夜営業店舗では、24時を過ぎると、営業時間中でも割引対象外となりますのでご注意ください。 また、マルエツの親会社である、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U. Holdings)の株主になるともらえる株主優待券が使えます。 株主優待券は100円割引券で、税込1,000円ごとに1枚使えます。 ビールなどを含むお酒類の購入にも使えます。 たばこや金券類は対象外です。

次の