背中 ニキビ カビ。 背中のニキビ(マラセチア菌)はミョウバンで治す!真菌に市販薬は効かない?

背中ニキビの原因と治し方、皮膚科での治療法をご紹介

背中 ニキビ カビ

背中や体にひどいブツブツができる! それは背中ニキビと呼ばれるもので、顔にできるニキビとはまた原因が違うのです。 どうして体にひどい背中ニキビができるのかそのケアと対策をご紹介します。 背中ニキビとは? 背中や首、胸や肩など、体にできるニキビに困っていませんか? このように体にできるニキビを「背中ニキビ」や「身体ニキビ」と呼びますが、実はおでこや頬など顔にできるニキビとは原因が違うのです。 背中ニキビって何? 背中ニキビは、通常のニキビのように硬くなった角質が毛穴を塞ぎ、そこに皮脂が溜まってアクネ菌が繁殖することによってできます。 しかし体ニキビや背中ニキビには別の原因もあって 「毛包炎」という皮膚のトラブルということもあるのです。 毛包というのは毛が生える皮膚の組織で毛穴の奥にあります。 別名、毛嚢(もうのう)とも呼ばれます。 毛は皮膚の一部から作られているのですが、背中ニキビは背中に生えているうぶ毛の毛穴が何らかの原因で炎症を起こしてできるのです。 背中ニキビの原因 通常のニキビは、毛穴に皮脂が詰まりアクネ菌が繁殖することで炎症を起こします。 背中ニキビの場合には、黄色ブドウ球菌・マラセチア菌という真菌が原因で起こることもあります。 背中ニキビと呼んではいますが、前述したように 「毛包炎(毛嚢炎)」という皮膚の病気なのです。 背中ニキビの原因になる真菌は、いわゆる「カビ」なので、通常ニキビとは根本的に原因菌が違うのです。 背中ニキビは、通常ニキビと毛包炎が混在していることも多く、それぞれにケアの仕方が違うので根本ケアが難しいのです。 背中ニキビと一般ニキビの違い セルフケアをしているのに、赤い背中ニキビが治らないという悩みも多く聞きます。 それは、背中ニキビのケアを、一般ニキビと同じように行っているからかもしれません。 一般ニキビはターンオーバーの乱れによって角質が厚くなり、毛穴が塞がれてそこに皮脂が溜まり、アクネ菌が繁殖して炎症を起こします。 毛包炎による背中ニキビは毛穴に真菌が侵入して炎症が起こるためケアの方法が異なるのです。 もし一般ニキビのケアをしても背中ニキビが治らない、もしくはさらに背中ニキビの症状がひどくなる場合は、その背中ニキビは毛包炎である可能性があります。 ひどい背中ニキビは他の病気かも? ひどい背中ニキビで治らないという場合、別の病気が潜んでいることも考えられます。 背中ニキビは、アクネ菌や黄色ブドウ球菌、マラセチア菌といった皮膚の常在菌が原因ですが、背中ニキビにはそれ以外にも複雑な原因が絡み合っています。 詳しくは後述しますが、それらの原因に当てはまらない、または市販の薬などでケアをしているのに背中ニキビが治らないという場合は、内科系の疾患が関係している可能性もあるため、皮膚科や専門医を受診しましょう。 ひどいニキビの原因は? 背中ニキビがひどいと、コンプレックスにも繋がります。 夏になると男性は肌を見せる機会も多いので、冬の間でも背中ニキビができないようにケアすることが大切です。 背中ニキビを根本ケアするためには、自分の背中ニキビの原因を検討し、ケアの仕方を見直していきましょう。 しかしながら、これらの真菌は元々人の体にいる「常在菌」です。 背中ニキビになるのは、皮脂や汗を好むこれらの真菌が、過剰に繁殖することです。 背中ニキビにならないようにするには、水に濡らしたタオルでやさしくふき取るなど、肌をいつも清潔にすることを心がけましょう。 一見背中ニキビと無関係のようですが、肌の生まれ変わりは顔だけでなく身体中で行われているので、背中ニキビの原因にもなるのです。 背中ニキビのケアには生活習慣を見直し、できるだけ規則的な生活ができるようにしましょう。 背中の肌も眠っている間に新陳代謝が活発になるので、睡眠不足が続くと背中ニキビがひどくなってしまう原因になるのです。 背中ニキビのケアには、理想は22時に就寝することですが、遅くとも0時までには就寝し、6時間の睡眠時間を確保するようにしてください。 特に背中ニキビには摂った方がよい栄養素がありますので、詳しく後述します。 ストレスは肌の免疫を下げ、背中ニキビがひどい炎症に繋がることにも。 さらにストレスは肌の再生力も低下させてしまうので、ターンオーバーが乱れてしまうことに繋がり、背中ニキビの原因となるのです。 背中ニキビは皮脂の詰まりが原因だからといって、むやみに皮脂を取るような洗浄力の強いせっけんやアルコール入りの化粧品などを使うと、余計に背中ニキビが悪化する可能性もあるので注意してください。 背中ニキビにも保湿が大切であることを覚えておきましょう。 背中ニキビのケア方法 背中ニキビがひどい原因は、間違ったケアかもしれません。 背中ニキビの原因をよく知り、正しいケアをすれば背中ニキビの根本ケアに繋がります。 生活に取り入れてみてください。 背中ニキビの原因は毛穴の炎症ですから、洗浄力の強すぎるボディシャンプーや硬いボディブラシなどでゴシゴシこすると、背中ニキビに過剰な刺激を与えてしまい、余計に皮脂分泌が促されてしまいます。 特に赤くなったひどい背中ニキビは、毛穴の外まで炎症を起こしている状態ですので、できるだけ柔らかい綿素材のタオルなどを使い、せっけんをよく泡立ててからやさしくそっと洗いましょう。 背中ニキビにすすぎ残しのないよう、しっかり泡を落とします。 また、お風呂で洗う順番によって、背中ニキビに悪影響を与えている場合も。 身体から先に洗い、後から髪を洗うと、ヘアシャンプーが背中ニキビに刺激を与えることになってしまうのです。 あまり熱いお湯は背中ニキビを刺激するばかりか、肌の乾燥をまねいてしまうため、40度以下の少しぬるいと感じるお湯がおすすめです。 背中ニキビを根本ケアするためにも、以下の栄養素をなるべく食事から摂ることを心がけましょう。 【背中ニキビに摂りたい栄養素】• ビタミンA(鶏レバー、人参、ほうれん草、かぼちゃ、のりなど)• ビタミンB群(うなぎ、卵、納豆、乳製品、魚、レバー、バナナなど)• ビタミンC(トマト、ブロッコリー、ピーマン、柑橘類、イチゴなど)• しかし、背中には手が届きにくいため、スプレータイプのボディ用ローションがおすすめです。 ビタミンC誘導体やサリチル酸が配合されているものが背中ニキビのケアに向いています。 また、背中は常に衣服で覆われています。 衣服の素材や、摩擦が起こりやすい斜めがけのバッグなどに気をつけましょう。 まとめ 背中ニキビは、原因がひとつだけではないことがわかりました。 それぞれの原因に合ったケアをしないと、ひどい背中ニキビになったり、皮膚に色素沈着して跡になることも。 かゆい場合でも掻きむしらず、正しい背中ニキビのケアを行ってください。 背中ニキビはセルフケアがしにくい場所でもあるので、ひどい炎症を起こしていたり、背中ニキビを繰り返している場合は、プロにご相談することをおすすめします。

次の

背中ニキビの原因と治し方、皮膚科での治療法をご紹介

背中 ニキビ カビ

気がつくとたまに顔をだす背中の赤いブツブツ キレイにしているのに、なんでできるの? なぜか、たまに背中や首・デコルテなどにできてしまう「赤いブツブツ」。 とくに背中は普段見えない場所だからこそ、見つけてしまったらなおさら気になってしまいますよね。 しかも、できているときは気づかなかったけど、後々見てみたらしっかりと跡が残ってた!なんてことも。 一見ニキビのようにも見える、これ。 実はいわゆる 普通のニキビとはできる原因が違うようです。 ニキビは毛穴の詰まりと皮脂が原因といわれています。 肌のターンオーバーがうまくいかないと、過剰な皮脂が発生して毛穴が詰まって排出されるはずの皮脂がどんどんたまっていく・・・という悪循環に。 すると、その皮脂を栄養とする「アクネ菌」がより繁殖してしまい、炎症を起こして発疹ができてしまいます。 これが、ニキビです。 一方、背中やデコルテなどからだにできる赤いブツブツは、主に「毛のう炎(毛包炎)」と呼ばれる皮膚の病気で、「黄色ブドウ球菌」などの細菌の他に、 「真菌」というカビの一種が原因で起こることも多いといわれています。 具体的には、細菌や真菌(カビ)が毛穴の奥の毛包という皮膚組織層まで侵入し繁殖することで、毛穴のある場所にボツボツした発疹ができ、周囲に赤みが見られるようになります。 こういった赤いブツブツ、これがいわゆる「からだニキビ(毛のう炎)」です。 でも、毎日きちんとお風呂に入っているのに、なんでカビ?って思っちゃいますよね。 「からだニキビ」を引き起こす原因の細菌や真菌(カビ)は、実は普段から健康な皮膚の表面にいる常在菌なのです。 だからこそ、誰にでも発症する可能性があるのです。 つまり清潔にしていたとしても、夏に強い紫外線を浴びたり、冬の暖房によって肌が乾燥したり、または体内環境の乱れで肌の免疫機能が低下してしまったりすると、 常在菌の均衡バランスが崩れて細菌や真菌(カビ)が必要以上に増殖し、からだニキビが発症してしまうことがあるというわけです。 汗をかきやすい夏場や、肌が乾燥しやすい冬場など、季節に関係なく発症するのも特徴のひとつです。 「ニキビのようなものだし、ま、いいか」と適当に放置していると、 悪化して痛みをともなうおできになったり、跡が残ってしまうケースもあるため、早め早めにケアすることを意識するようにしましょう。 ケアをしているのに、赤いブツブツが治らない! どんな薬が効くの? そもそも、背中や胸の中央部分はほかの場所に比べて皮脂腺が多く、皮脂分泌が盛んなため、「からだニキビ」ができやすい部位ともいわれています。 また、背中は普段目にする機会が少ないので、どうしても症状を見過ごしてしまいがち。 しかも、放置しておくとなかなか治りにくいのがからだニキビの厄介なところだったりします。 背中やデコルテにからだニキビを見つけたら、 すぐにOTC医薬品を使ってセルフケアをするようにしましょう。 前述のとおり、アクネ菌が原因で起こる一般的なニキビと背中にできる赤いブツブツは、原因となる菌が違う場合があるので、原因菌に「効果がある」成分が入った市販薬を正しく選ぶことがポイントです。 たとえば、 「クロマイ-N軟膏」というお薬は、からだニキビをはじめとする皮膚トラブルの様々な原因菌に効果を発揮してくれます。 からだニキビの原因菌には細菌と真菌(カビ)がありますが 「クロマイ-N軟膏」には細菌に効く2つの抗生物質と、抗真菌成分の「ナイスタチン」が配合されており、皮膚組織内での細菌や真菌(カビ)の繁殖を抑え、からだにできた赤いブツブツを改善してくれるのです。 薬を使ったセルフケアと並行して、からだニキビができないように普段から予防しておくことも大事です。 意外と盲点なのが、お風呂やシャワー時の石鹸やシャンプーなどの洗い残し。 背中も含めてからだの汚れをしっかりと洗浄することを意識してください。 このときにオススメしたいバスアイテムとして、低刺激性の薬用洗浄料 「クリアレックスWi」があります。 殺菌成分と消炎成分が清潔な皮膚環境を作り、肌荒れなどのトラブルを予防してくれます。 そして肌の乾燥を防ぐために、入浴後に保湿することも習慣化させたいものです。 疲れや睡眠不足、ストレスによるホルモンバランスの乱れも、からだニキビの発症に大きく関与しているので、規則正しい生活を送ってホルモンバランスを整えることも予防ケアのひとつです。 それでもできてしまったら、 「クロマイ-N軟膏」の出番です。 これからの季節、肌の露出も少しずつ増えてくるので、からだにできた赤いブツブツはしっかり治しておしゃれを楽しみましょう。

次の

それカビかも?治らないしつこい背中ニキビにコラージュフルフルを超絶おすすめしたい。

背中 ニキビ カビ

布団のカビが背中ニキビの原因に!? 背中ニキビができているのが判明したら なんだか気分も落ち込みますよね。 スキンケアをしてもなかなか綺麗にならない背中ニキビ、 布団を清潔にすることで解決するかもしれません。 そもそも背中ニキビは、顔にできるニキビとは原因が異なります。 背中ニキビはマラセチア菌という真菌(カビ)が原因の1つとして挙げられます。 このマラセチア菌は皮脂が大好物で、高温多湿・多汗な環境で増殖します。 お手入れをしていない布団や、 カビが繁殖している布団は まさにマラセチア菌が増殖するのには好条件ですね。 このままだと背中ニキビが悪化してしまうかもしれません。 背中ニキビが悪化してしまうと、せっかくお気に入りの服を着ていても台無しです。 しっかり対策をしていきましょう。 布団が背中ニキビの原因になってるなんて恐ろしい…。 布団を清潔にして背中ニキビ対策を! 1布団カバー類はこまめに洗濯 布団のカバーを前に洗ったのがいつだったか思い出せないという方もいるのではないでしょうか? 布団カバーは直接肌に触れる部分です。 綺麗に見えていても皮脂や髪の毛、ホコリ、寝ている時の汗でかなり汚れています。 布団カバーは週に1回を目安に洗濯をしてみてください。 洗濯をしても大きな布団カバーを干す場所がない、洗濯しようとした日に雨が降ってしまった という人はコインランドリーで乾燥機を使用すればその日のうちに乾きます。 干す場所があっても、天気の悪い日が続くこともあるので、替えの布団カバーを1セット用意しておくと安心ですね。 2手軽にできる布団のカビ対策で布団を清潔に 布団カバーを清潔にしていても 布団そのものにカビが繁殖していたら意味がないですよね。 今回は自宅で手軽にできるカビ対策を2つ紹介します。 こまめに天日干し カラッと晴れた日には布団を外に干しましょう。 一番手軽にできてしっかり効果もあるカビ対策です。 ベランダなど布団を干すスペースがないという方は部屋の中で干すだけでもカビ対策になりますよ。 部屋の中で干す場合は窓際に置くなど、少しでも太陽の光に当たるところにおくようにしましょう。 週に1回くらいのペースで行うことで気軽にカビ対策ができます。 布団乾燥機を使う 布団乾燥機の使用は布団を干すスペースがない場合や、雨の日が続く時にとても便利な方法です。 寝る前の30分ほど温めるだけでもカビ対策に。 1〜2週間に1度ダニの駆除を目的に 1〜2時間しっかりと布団乾燥機をかけるとより効果的です。 小さなお子さんのいる家庭でも 布団乾燥機の使用を習慣化することで、 ダニやカビからお子さんを守ってあげられますね。 布団乾燥機は私も愛用していますが、 寝る前の30分間温めるだけで カラッとふかふかの布団で寝ることができます。 カビ対策だけでなく気持ちよく眠りにつけて一石二鳥ですね。 以上、自宅で手軽にできるカビ対策を紹介しました。 詳しい布団のカビ対策はこちら記事でまとめていますので、 ぜひ参考にしてみてください。 布団を清潔にして背中ニキビとさようなら まとめ スキンケアをがんばっても綺麗にならなかった背中ニキビが布団のせいだったのかもしれないと考えると、一度布団のお手入れを見直そうと思いますよね。 今日からできる背中ニキビの対処法をおさらいしてみましょう。 背中ニキビの原因であるカビの繁殖する環境を作らないことが重要です。 布団カバーはこまめに洗濯を• 手軽にできる布団のカビ対策布団を清潔に 布団が綺麗になると背中ニキビの改善だけでなく、毎日の睡眠が快適になります。 この機会に普段から使っている布団を清潔に保って美しい後ろ姿を手に入れましょう。

次の