ロマサガrs 杖キャラ。 【ロマサガRS/V6】杖キャラ育成しますかね~

『ロマサガRS』をマイペースに遊ぶ人間が伝えたいキャラ育成やゲームのおもしろさ

ロマサガrs 杖キャラ

キャナ「『ロマサガRS』はプレイしているのですが、キャラ育成がおもしろいんですよ」 kbj「コメントを聞きに行った時、今後も頑張りたいっていう熱意を感じたのが印象に残ってるんだよね。 俺は生憎まだプレイしてないけど、かなり興味が湧いてる」 キャナ「なるほど。 では僕の話を聞いていきませんか。 マイペースに遊びながらで十分に楽しめるタイトルですよ(ガシッと腕をつかむ)」 kbj「う、うん……(長くなりそうだなあ)」• なお、このあとに記述される育成方法や見解については公式としての解答ではなく、あくまで一個人としての育て方の1つになります。 『ロマサガRS』を遊びたくなる理由 最初に『ロマサガRS』のプレイ状況などを軽く自己紹介しておくと、筆者は配信1カ月後から本作を遊び始め、家ではコンシューマゲームやPCゲームを主にプレイするため、『ロマサガRS』は外出時に遊ぶのがメインです。 進捗的には最新のメインシナリオを全難易度で遊んでいますが、プレイヤーランクはごく最近200に届いたばかり。 やり込み派からするとライトに見える、マイペースに楽しむタイプのプレイヤーなのかなと思います。 ちなみに課金は、平均して月に3,000円くらいしています。 さらに成長傾向の違いがあるので、バトルで能力値の成長に頭打ち感がある時にスタイルを変えることでまだ伸びる、という場合も。 ケースバイケースですが、育成面でも複数のスタイルを持つことにメリットはあります。 上のようにして、SSだけでなく、SやAのスタイルも活用しながらパーティ編成や育成計画を考えられるのが、本作のおもしろさだと思います。 手持ちの戦力でいろいろと工夫を楽しめるので、パーティ編成では自分のプレイスタイルに沿って遊ぶ感覚がありますね。 バトルの歯応えとおもしろさ 前述の通り、バトルの歯応えは『ロマサガRS』の大きな特徴です。 むしろ、歯応えという言葉では生ぬるい場合もあるのですが(苦笑)。 コンシューマ版の『サガ』シリーズもバトルで苦しめられた覚えはありますが、本作も相当に容赦がありません。 本作の特にメインクエストの難易度 Very Hardは相当に容赦なく、毎度泣いてますね……。 また、敵とスタイルの相性が強めに設定されているので、さまざまなスタイル・キャラに活躍の機会があるのもポイントです。 筆者自身、控えメンバーを育てる余裕ができてから、一気にプレイの幅が広がって遊び心地の違いを感じました。 バトルによってパーティ編成を考えて、それでうまく回ると育成もより楽しいですしね!• なお、スタイルについては、気軽に上げられるレベルは38か42までといったところで、それより上のレベルを目指すなら、相当時間がかかることを覚悟しないといけません。 その反面、何か高性能な新スタイルが登場しても、育てる時間も含めて天秤にかけるなら現在のレギュラーメンバーで十分、ということが結構あります。 つまり何が書きたいかというと、お金をかけずとも割と戦力がそろうし、手塩にかけて育てたキャラは、そう簡単にレギュラー落ちせずにすみます。 お金よりも時間の優位性を感じるタイトルで、普通にゲームを進めるだけなら、キャラへの愛着がまずは強みを発揮するかなと。 お気に入りのキャラをどう活躍させるか考えるのも、楽しさですしね。 もちろんキャラの好みは人それぞれなので、時には抗いがたいガチャの誘惑はあるかもしれません。 筆者自身、最終皇帝(男)がほしくて無償ジュエルをある程度ためるたびにガチャを回してしまうのですが……まあ、まだ手に入れられていません(笑)。 書き方を変えると、新スタイルの登場で輝き出すキャラがいる話なども絡みますが、影の薄いキャラがそのままでなく、何かしらの追加・変更によって、少しずつ光が当たる可能性もあるというのは本作のよいところだと思います。 既存のキャラも含めて選択肢としての広がりがあれば、パーティ編成とキャラ育成の相乗効果が増して、ゲームのおもしろさにつながりますし。 アップデートに関しては、導入前よりよくなったと感じることが多いです。 とはいえ、6月でようやくサービス開始から半年を迎えるタイトルなので、本格的なアップデートはまだまだこれからでしょう。 先日行われたアンケートでは13万を超える回答があったとのこと。 一度にすべて反映されることはないでしょうが、徐々に反映されていくのが楽しみです。

次の

【ロマサガRS】杖キャラ(冷、陰)育てよう!VH15

ロマサガrs 杖キャラ

キャナ「『ロマサガRS』はプレイしているのですが、キャラ育成がおもしろいんですよ」 kbj「コメントを聞きに行った時、今後も頑張りたいっていう熱意を感じたのが印象に残ってるんだよね。 俺は生憎まだプレイしてないけど、かなり興味が湧いてる」 キャナ「なるほど。 では僕の話を聞いていきませんか。 マイペースに遊びながらで十分に楽しめるタイトルですよ(ガシッと腕をつかむ)」 kbj「う、うん……(長くなりそうだなあ)」• なお、このあとに記述される育成方法や見解については公式としての解答ではなく、あくまで一個人としての育て方の1つになります。 『ロマサガRS』を遊びたくなる理由 最初に『ロマサガRS』のプレイ状況などを軽く自己紹介しておくと、筆者は配信1カ月後から本作を遊び始め、家ではコンシューマゲームやPCゲームを主にプレイするため、『ロマサガRS』は外出時に遊ぶのがメインです。 進捗的には最新のメインシナリオを全難易度で遊んでいますが、プレイヤーランクはごく最近200に届いたばかり。 やり込み派からするとライトに見える、マイペースに楽しむタイプのプレイヤーなのかなと思います。 ちなみに課金は、平均して月に3,000円くらいしています。 さらに成長傾向の違いがあるので、バトルで能力値の成長に頭打ち感がある時にスタイルを変えることでまだ伸びる、という場合も。 ケースバイケースですが、育成面でも複数のスタイルを持つことにメリットはあります。 上のようにして、SSだけでなく、SやAのスタイルも活用しながらパーティ編成や育成計画を考えられるのが、本作のおもしろさだと思います。 手持ちの戦力でいろいろと工夫を楽しめるので、パーティ編成では自分のプレイスタイルに沿って遊ぶ感覚がありますね。 バトルの歯応えとおもしろさ 前述の通り、バトルの歯応えは『ロマサガRS』の大きな特徴です。 むしろ、歯応えという言葉では生ぬるい場合もあるのですが(苦笑)。 コンシューマ版の『サガ』シリーズもバトルで苦しめられた覚えはありますが、本作も相当に容赦がありません。 本作の特にメインクエストの難易度 Very Hardは相当に容赦なく、毎度泣いてますね……。 また、敵とスタイルの相性が強めに設定されているので、さまざまなスタイル・キャラに活躍の機会があるのもポイントです。 筆者自身、控えメンバーを育てる余裕ができてから、一気にプレイの幅が広がって遊び心地の違いを感じました。 バトルによってパーティ編成を考えて、それでうまく回ると育成もより楽しいですしね!• なお、スタイルについては、気軽に上げられるレベルは38か42までといったところで、それより上のレベルを目指すなら、相当時間がかかることを覚悟しないといけません。 その反面、何か高性能な新スタイルが登場しても、育てる時間も含めて天秤にかけるなら現在のレギュラーメンバーで十分、ということが結構あります。 つまり何が書きたいかというと、お金をかけずとも割と戦力がそろうし、手塩にかけて育てたキャラは、そう簡単にレギュラー落ちせずにすみます。 お金よりも時間の優位性を感じるタイトルで、普通にゲームを進めるだけなら、キャラへの愛着がまずは強みを発揮するかなと。 お気に入りのキャラをどう活躍させるか考えるのも、楽しさですしね。 もちろんキャラの好みは人それぞれなので、時には抗いがたいガチャの誘惑はあるかもしれません。 筆者自身、最終皇帝(男)がほしくて無償ジュエルをある程度ためるたびにガチャを回してしまうのですが……まあ、まだ手に入れられていません(笑)。 書き方を変えると、新スタイルの登場で輝き出すキャラがいる話なども絡みますが、影の薄いキャラがそのままでなく、何かしらの追加・変更によって、少しずつ光が当たる可能性もあるというのは本作のよいところだと思います。 既存のキャラも含めて選択肢としての広がりがあれば、パーティ編成とキャラ育成の相乗効果が増して、ゲームのおもしろさにつながりますし。 アップデートに関しては、導入前よりよくなったと感じることが多いです。 とはいえ、6月でようやくサービス開始から半年を迎えるタイトルなので、本格的なアップデートはまだまだこれからでしょう。 先日行われたアンケートでは13万を超える回答があったとのこと。 一度にすべて反映されることはないでしょうが、徐々に反映されていくのが楽しみです。

次の

グレイお気にのロマサガrs道中(好きな斬キャラ)

ロマサガrs 杖キャラ

舞台は「ロマンシングサガ3」から300年後の世界。 歴代のキャラクター達も集結し、オリジナルストーリーで描かれる新たなSaGa。 それは突如として世界中に現れた。 そして、グレイヴを攻略した者だけに与えられる力。 誰でも編集できるwikiとなっていますので、ぜひご参加ください。 編集はできないけど情報提供だけでも…というお気持ちだけでもとてもありがたいです。 当サイトは相互リンクを募集しています。 コメント欄またはにてご連絡お待ちしております。 このウェブサイトで使用されている画像や文章データは株式会社スクウェア・エニックス及び株式会社アカツキに帰属します。 , LTD. All Rights Reserved. Powered by Akatsuki Inc.

次の