コロナ禍 メール 結び。 気遣いの一言をビジネスメールに必ず入れるべき理由3つ

新型コロナウイルスに関連する英語表現と役立つ言い回し

コロナ禍 メール 結び

仕事のメールで「おからだに気をつけて」はNG? 何気なく使っている言葉には、実は目上の人に向けて使うべきではないものも多くあります。 知らずに使った言葉で、相手を不快にさせてしまってはメールの心意も伝わらないかもしれません。 「~て」で終わってしまうと、ともすれば「やって」「待って」「取って」のような命令口調にとらえられてしまう心配もあります。 とくにメールの場合、言葉で発したような感情やニュアンスが伝わりにくいので、より丁寧に書くほうが無難といえるでしょう。 もちろん「おからだに気をつけてください」という表現も日本語として正しい表現になりますが、「おからだにお気をつけください」のほうがより丁寧な表現だと受け取ってもらえます。 目上の人の体調を気づかう結びの言葉の例 よく使われる結びの言葉として「お身体にお気をつけください」というフレーズをご紹介しましたが、他のフレーズについても見ていきましょう。 「ご自愛ください」 文末の締めとして、季節を問わず使える言葉です。 ただし、一点注意しておかなければならないことが。 また、この言葉は「体調を崩さないように気をつけて」といった意味合いもあるので、すでに体調を崩している人に対して使うのは失礼になります。 「お大事になさってください」 これは相手の方がすでに体調を崩しているとわかっているときに、回復を願って使用されるフレーズです。 しかし、目上の人に対して使う場合には文章を終わらせる形の「お大事になさってください」のほうが丁寧。 同じような表現ですが「お大事にしてください」はNGとなります。 「お身体をお労りください」 「お労りください」は、相手を思いやっているという心情がより伝わる言葉です。 メールで使える体調を気遣う結びの言葉 一言で「体調を気遣う言葉」と言っても、シチュエーションによって使えるフレーズは変わってきます。 シチュエーション別に、具体的な結びの言葉を見ていきたいと思います。 相手が病気で入院中や療養中の場合 「一日も早いご回復をお祈りしております」 「一日も早いご復帰をお待ちしております」 こうした表現は、元気になってまた出社することを待っている、といったニュアンスが伝わりやすい表現です。 また、相手のことを日頃から頼りにしているといった思いも伝わりそうですね。 いらない心配をさせず、ゆっくり休んでもらいたいという思いを伝えたい場合は、次のような表現がよいでしょう。 「どうぞ心配なさらず、安心してご静養ください」 「この機会に、どうぞ十分に養生なさってください」 相手の方の普段の働きぶりを理解しているといったニュアンスが伝わる表現は、心までいたわってもらえたようで喜ばれるかもしれませんね。 相手からの返信を求めないとき 「ご返信はお気遣いないようお願いいたします。 」 療養中とはいえ、仕事に関わる相手からのメールとなると「返信しなくては」と思ってしまう人も少なくありません。 返信を急がないメールの場合は、文末にこの表現を書いておくと相手に不要なプレッシャーをかけずに済みます。 季節の変わり目にメールをするとき 「厳しい寒さが続きますが、くれぐれもご自愛ください」 「風邪が流行っているようです。 体調などお気をつけください」 「寒さもだんだんと厳しくなってきました。 どうぞお身体をお労りください」 「季節の変わり目、どうぞ体調にお気をつけください」 実際の季節感や流行などの情報を織り込むことで、形式ばった雰囲気が和らぎます。 それによって、義務的に結びの言葉を書いているわけではなく、本当に相手の体を気遣っているということが伝わりやすくなります。 メールでもスマートに相手の体調を気遣おう ビジネスメールにおける挨拶や結びの言葉は、定型文的に用いられることが多いもの。 だからこそ、相手が体調を崩しているようなイレギュラーな場面で、その状況にふさわしい結びの言葉を使えるとスマートです。 メールの相手との関係性などによっても、体調を気遣う結びの言葉は変わってきます。 相手の状況を踏まえ、ぴったりのフレーズを選べるといいですね。

次の

コロナ禍の今こそ「お客様への手紙」が営業で威力を発揮する理由

コロナ禍 メール 結び

新年度が始まる4月は、人事関係でも動きがある企業も多く、取引先や顧客に対してメールや手紙を送る機会も増えるのではないだろうか。 ビジネスシーンで使われる文章は、書き出しに季節に合わせた時候の挨拶が一言入ることで、相手からも「礼節がある」と受け取られ良い印象につながる。 しかし、送る相手によって「どのような書き出しや挨拶文が適切なのか」「書き出しと結びの言葉は合っているのか」など、不安に感じることもあるだろう。 今回は、4月にメールや手紙を送る際に利用できる時候の挨拶を紹介する。 カジュアルやフォーマルなどのシーン別や送る相手との関係に合わせて適切に使い分け、活用してほしい。 ・春陽の候、貴社に置かれましてはますます繁栄のことと、お喜び申し上げます。 ・春爛漫の候、貴社益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。 ・春暖の候、貴社におかれましてはいよいよご隆盛の由、大慶の至りと存じます。 ・桜花の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。 <カジュアルな時候の挨拶> 口語調と言われる話し言葉を挨拶文に入れると、カジュアルな文章が作成できる。 一カ月の中でも変化の様子が大きい「桜」という言葉を使った時候の挨拶を入れると、4月の中でも実際にメールを送る時期にふさわしい文章になるだろう。 ただし、桜の開花や満開の時期は地域によって異なるため、桜前線など開花情報を確認するといった配慮も必要だ。 ・桜の便りが次々と聞かれるこの折、いかがお過ごしでしょうか。 ・近所の桜も満開となり、暖かな陽気が心地よい季節となりました。 ・葉桜が目に鮮やかな季節となりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。 ・春風が心地よい今日この頃、皆様にはいよいよご清祥の由、心からお喜び申し上げます。 ・日中は少し汗ばむほどの季節となりましたが、お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 <関連記事> メールの文末に使える結びの挨拶 メールの最後には、「相手の繁栄を祈る言葉」や「指導・愛護を願う言葉」を結びの言葉として記載しよう。 ここでも、書き出し同様に季節や状況を加味した言葉を選ぶよう心がけたい。 ここでは、メールの結びとしてふさわしい挨拶文を見ていこう。 <フォーマルな結びの言葉> ビジネスメールは、手紙よりも比較的やり取りの頻度が高いだろう。 そのため、一般的な結びの挨拶を記載するほか、メールで伝えた要件に合った言葉を最後に書くのも良い。 シーンに合わせて適切な言葉を使い分けよう。 ・春爛漫のみぎり、社員皆々様には一層のご健勝を心よりお祈りいたします。 ・桜花のみぎり、貴社の一層のご繁栄を心より申し上げます。 ・新年度の行事の多い季節に恐縮ですが、引き続きよろしくご協力を賜りたくお願いいたします。 ・年度の変わり目でお忙しいかと存じますが、ご検討のうえ、ご返答いただきますようお願い申し上げます。 ・色とりどりの花が咲き競う季節、略儀ながら書中をもちましてお礼とさせていただきます。 <カジュアルな結びの言葉> 結び言葉は書き出しに合わせてフォーマルな文章を言い換え、カジュアルな印象にすると良いだろう。 また、「新天地」や「新生活」といった言葉も4月にはよく使われるため、相手の状況に合わせて使い分けよう。 ・季節の変わり目につき、くれぐれもお身体には気をつけてお過ごしください。 ・花冷えの季節、くれぐれもご自愛ください。 ・桜花爛漫の折り、近いうちにお花見でもいたしましょう。 引き続きどうぞよろしくお願いいたします。 ・そちらの花便りもお聞かせください。 今後とも宜しくお願い致します。 ・新天地でのさらなるご活躍をお祈りしております。 手紙の書き出しや時候の挨拶 ビジネスレターや公的な手紙の場合、フォーマルシーンでは「拝啓」などの頭語を文頭に書くのが一般的だ。 同僚や立場の近い上司に向けた手紙など、比較的砕けた文章を使いたい場合は、口語調で時候の挨拶を書くのも良い。 ここでは、ビジネスシーンで使う手紙の書き出しや時候の挨拶について紹介する。 <フォーマルな時候の挨拶> フォーマルなシーンで使うビジネス文書は基本的な書式が決まっており、「頭語」「時候の挨拶」「相手を気遣う言葉」「感謝の言葉」が前文として構成される。 最も多く使われる頭語は「拝啓」だが、このほか丁寧な文書に適した頭語として「謹啓」「恭啓」「謹白」などが挙げられる。 相手によって正しく使い分けると良いだろう。 ・謹啓 春爛漫のみぎり、貴社におかれましては、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。 日頃は格別のお引き立てにあずり、心よりお礼申し上げます。 平素は一方ならぬご愛顧を賜り、心より御礼申し上げます。 ・粛啓 仲春の候、貴社におかれましてはいよいよご隆盛の由、大慶の至りと存じます。 <カジュアルな時候の挨拶> 一方、カジュアルな手紙では頭語を省略し、口語調の時候の挨拶から書き始める。 この場合、カジュアルなシーンでのメールの書き出しと同様と捉えると良いだろう。 ・桜の便りが次々に聞かれるこの折、いかがお過ごしでしょうか。 ・春もたけなわとなりました。 皆さまにおかれましては、健やかにお暮しのことと存じます。 ・近所の桜も満開となりました。 お元気にされているとのことで何よりです。 ・花吹雪が舞うこのごろ、皆様におかれましてはお変わりございませんか。 ・春風が心地よいこの頃ですが、お元気にされていることと存じます。 ・春の日差しが心地よくなりましたが、皆様お変わりなくご壮健にてお暮らしのこと何よりに存じます。 ・木々もすっかり芽吹き、新緑の葉が茂る季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 <関連記事> 手紙の文末に使える結びの挨拶 手紙の結びの挨拶もメール同様に、ビジネスシーンでは「繁栄や活躍」、プライベートシーンでは「相手の健康や幸せ」を祈う一文を書くと良いだろう。 最後に思いやりの気持ちを添えることで、より印象の良い手紙になる。 ここでは、フォーマルとカジュアルシーンに分けて文例を見ていこう。 <フォーマルな結びの言葉> 頭語を用いて手紙を書いた際は、最後に「結語」で締めくくる必要がある。 結語は「敬具」「敬白」「謹言」「再拝」など、頭語に合わせて正しい組み合わせて使用するよう注意が必要だ。 相手によって適切な言葉を選ぶ用配慮したい。 ・陽春の候、お身体にはお気をつけてお過ごしください。 敬具 ・春爛漫の候、貴社のさらなるご発展を心より祈念いたしております。 敬白 ・春日のみぎり、一層のご発展をお祈りいたしますとともに、倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 謹言 ・若草萌る好季節、皆様のますますのご健勝と貴社のご繁栄をお祈り申しあげます。 敬具 ・新たな場所で更なるご発展とご活躍をお祈りいたします。 敬白 <カジュアルな結びの言葉> 気心の知れた相手に手紙を送るときは、堅苦しい表現を避け、柔らかい口調で手紙の最後を締めくくると良いだろう。 相手の状況に合わせた結びの一文にするとより気持ちが伝わりそうだ。 ・穏やかなる春をお迎えになりますようお祈り申し上げます。 ・花の季節ですが、まだ朝晩は肌寒くございます。 どうかご自愛ください。 ・春光あまねく満ちわたる季節、皆様のご多幸をお祈りいたします。 ・新たな環境での生活に無理のないよう、活躍を祈っております。 ・桜便りが届く今日この頃、近々お会いできる日を楽しみにしています。 ・風が快い季節となりました。 当地へもぜひお出かけください。 ・桜の花もあっという間でしたね。 何かとお忙しい毎日かと思いますが、無理をせず健康にお過ごしください。 まとめ 企業にとって新しい年度が始まる4月は、お世話になった方への感謝や新天地での活躍に対する期待の気持ちを伝える機会が多いだろう。 最近では、挨拶の際に手紙に加えてメールを活用することも増えているようだ。 フォーマルな文章は基本的な構成やパターンが決まっているものの、あまりに形式的すぎるとかえって気持ちが伝わりにくい場合もある。 手紙やメールを送る際のマナーは最低限意識しつつ、季節感や相手との関係性を重視した内容で気持ちを伝えてみてはどうだろうか。 <お役立ちコンテンツ「ビジネスメール・手紙の挨拶文例」> <PR>•

次の

新型コロナの影響による取引先様へ返信・お見舞い等のメール文例集(テンプレート)

コロナ禍 メール 結び

ビジネスメール「締めの言葉」の書き方の基本 まずはじめにビジネスメールの締めの言葉の書き方の基本を説明します。 メールの内容や相手にふさわしい言葉を使う ビジネスメールの締めの言葉は、事務的な連絡などの業務メールでは「よろしくお願いいたします」がよく使われます。 儀礼的な内容のメールや目上の人に送るメールでは、手紙の書き方のマナーにのっとり、今後の指導を願う言葉や相手の健康や繁栄を祈る言葉を述べます。 また、単調にならないようにしたり、コミュニケーションを深めたりするために、季節の挨拶などを取り入れることもできます。 具体的な例文はのちほど紹介しますので参考にしてください。 冒頭の挨拶の言葉と格を合わせる 締めの言葉は、冒頭で述べた挨拶の言葉と格を合わせ、かつ重ならない表現にします。 「冒頭の挨拶+締めの言葉」例文• 「いつもお世話になっております。 」+「以上、よろしくお願い致します。 「平素は格別のご愛顧を賜り心から感謝申し上げます。 」+「今後とも一層のご高配をいただきたくお願い申し上げます。 」 社内メールでも忘れずに入れる 事務的な連絡などの社内メールであっても、必ず締めくくりの言葉を述べるようにします。 メールの締めの言葉はマナーだと心得ておきましょう。 締めの言葉のあとに2~3行追記を入れることもできる 本文とは別記したい内容や、特に注意を促したい内容は締めの言葉のあとに「追記」として2~3行くらいまで書き加えることができます。 「締めの言葉」の状況別フレーズ(例文) 次に状況別に締めの言葉を紹介します。 取引先や目上の人、社内など相手と状況に応じて使い分けられるよう、参考にしてください。 シンプルな言葉 よく使われているシンプルな締めの言葉は次のような表現があります。 簡単な連絡の場合は、シンプルな言葉で締めくくりましょう。 どうぞよろしくお願いいたします。 以上、よろしくお願いいたします。 何とぞよろしくお願い申し上げます。 以上、ご連絡いたします。 何らかのお願いや依頼をしている場合は「恐れ入りますが」「ご多忙中/お忙しいところ恐縮ですが」「お手数をおかけして申し訳ございませんが」などのクッション言葉を添えると丁寧です。 お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。 今後につなげる言葉 メールの内容に応じて、今後につなげる言葉を書くときは次のような表現があります。 お礼のメールの時などに使われます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 これからも変わらぬご指導をくださいますようお願いいたします。 引き続きよろしくご協力を賜りたくお願いいたします。 今後も倍旧のご高配を賜りますようお願いいたします。 繁栄を祈る言葉 お祝いや挨拶など、儀礼的なメールの場合は繁栄を祈る言葉を書きます。 お祝いの他に、退職メールなどでも相手の繁栄を祈る言葉で締めることが多いです。 貴社の一層のご発展を心よりお祈りいたします。 貴社のますますのご繁栄を心からお祈り申し上げます。 貴社のより一層のご隆盛を祈念いたします。 〇〇様のますますのご活躍を心よりお祈りいたします。 皆様の一層のご清栄をお祈り申し上げます。 健康を祈る言葉 社交を目的としたメールなどでは、健康を祈る言葉で締めくくることもできます。 皆様のますますのご健康をお祈りいたしております。 ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 ご自愛のほどお祈りいたしております。 〇〇様にはどうぞお健やかにお過ごしくださいますようお祈りいたします。 用件を結ぶ挨拶の言葉 「連絡」「挨拶」などの用件を述べて結ぶこともできます。 まずはとり急ぎメールにてご連絡いたします。 以上、略儀ながらメールにてご挨拶申し上げます。 以上、取り急ぎご報告いたします。 まずはとり急ぎご連絡まで。 まずは〇〇のお祝いまで。 お礼の言葉 お礼のメールを送る場合は、まず冒頭でお礼を述べますが、とりわけ深い感謝の気持ちを伝えたい時などは、最後の締めの言葉でもう一度お礼の言葉を述べることもあります。 このたびの件につきまして、謹んでお礼申し上げます。 このたびは心より感謝申し上げます。 軽いお礼の挨拶の時は、最後に繰り返すとくどい印象にもなりますので注意しましょう。 そのような時は次のような締めの言葉もあります。 取り急ぎ、メールにてお礼申し上げます。 まずはお礼まで。 謝罪の言葉 謝罪のメールを書くときは、冒頭でまず謝罪の言葉を述べますが、最後にもう一度謝罪の言葉を述べて締めの言葉とします。 このたびの件につきまして、謹んでお詫び申し上げます。 このたびは何とぞご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。 このたびは大変申し訳ございませんでした。 その他の結びの言葉 メールの内容に合わせて、次のように結ぶこともできます。 〇〇を楽しみにしています。 〇〇となるよう、お祈りいたします。 返事を求める挨拶の言葉 返事が必要な場合は締めの言葉で返事を求めることもできます。 ご多用中恐縮ですが、お返事をお待ちしております。 恐れ入りますが〇月〇日までにご返事を頂戴できれば幸いに存じます。 季節感のある「締めの言葉」(例文) 真夏や真冬の厳しい季節の時には、締めの言葉で相手の健康を気遣う言葉を述べることもできます。 季節を特定せず使える言葉• 時節柄、ご自愛のほどお祈りいたします。 季節の変わり目の折、ご自愛のほどお祈りいたします。 夏の言葉• 猛暑の折、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 炎暑の折、どうかお健やかに過ごされますようお祈り申し上げます。 暑さもいよいよ厳しくなる折、くれぐれもご自愛くださいませ。 いよいよ暑くなりますので、一層のご健勝をお祈り申し上げます。 冬の言葉• 厳冬の折、お風邪など召しませんようご自愛のほどお祈り申し上げます。 時節柄、くれぐれも風邪にはご用心ください。 これからが冬の寒さも本番、どうぞご自愛専一にお過ごしください。 まとめ ビジネスメールの「締めの言葉」は、状況にあわせて適切な言葉を使います。 メールの内容が業務連絡なのか、儀礼的な挨拶のメールなのか、あるいは個人的な内容を含む内容なのかによっても使う言葉が変わります。 また、冒頭の挨拶の言葉と格を合わせたり、重ならないようにすることも配慮が必要です。

次の