カサゴ 種類。 船釣りで狙う「カサゴ」の釣り方・タックル・仕掛け解説

カサゴの簡単な締め方・捌き方

カサゴ 種類

カサゴ釣りに使う糸の種類と号数選びの基本• 糸の素材:ナイロン又はフロロカーボンラインが基本。 PEラインはテトラの穴釣りにはあまり向いていない• PEラインは0. 6~1号位• 糸の巻き量:遠投する釣りではないので、リールに50~75m巻いておけばOK。 穴釣りならもっと少なくて良い ラインチェックは頻繁に行う カサゴ釣りは障害物周辺を攻めるのが基本スタイル。 釣りをする際は時々道糸の先端付近とハリスの傷をチェックする癖をつけ、 ザラザラになっているようならすぐにラインを結びなおすように! ちょっと傷がついているからと言って結びなおしをサボると、良いサイズの魚がヒットした際に悔しい思いをすることも良くある。 カサゴなどの根魚釣りでは、大型のソイやハタなどが掛かることもあるから気を抜かないように! 強引に巻き取れる強度のあるものを カサゴは大体20cm~大きくても30cm級といった所。 魚の大きさを考えれば、1号や1. 5号などの釣り糸でも十分キャッチできる強さがある。 しかし、 カサゴなどの根魚はヒットすると巣穴に潜り込もうとしたり、岩の隙間でエラを張ったりして張り付いて抵抗してきたりする。 こういう特徴があるから、根魚を釣る場合はヒットした魚をグイグイ寄せて間髪入れずにキャッチできるくらいの強さがあるものの方が使いやすい。 そうなると 最低でも2号位の太さがあった方が安心。 根ズレしやすい場所や大き目の個体が釣れる場所なら2. 5号や3号といったより強度のあるラインを使い、ヒットした魚を確実にキャッチできるようにしよう。 ナイロン・フロロカーボンラインを使ったカサゴ釣り 道糸はしなやかで扱いやすいナイロンラインがおすすめだが、仕掛けに使う糸はナイロンでもフロロカーボンでもどちらでもOK。 どちらかと言えば糸が硬くて傷に強いフロロカーボンラインがおすすめだけど、硬いので初心者の方には使い難いかもしれない。 ナイロン・フロロカーボンラインを使う場合の糸の号数選びの基本をまとめておく。 ナイロン・フロロカーボンラインの太さ・号数選び• リールに巻く道糸:大体2. 5号~3号位を基準に2~4号程を良く使う• 仕掛けに使う糸:2~3号位が目安。 道糸よりもワンランク以上細いラインを使うのがおすすめ! 私が岸壁やテトラ帯でカサゴ釣りをお手軽に楽しむなら、ラインの太さは大体こんな感じで決めているぞ。 リールに巻く糸と仕掛けに使う糸の太さは同じでも別にいいんだけど、 根掛かった際に仕掛け全体が切れてしまう可能性が高まるので注意したい。 道糸と仕掛けに使う糸の太さに変化を出しておけば、針を失うだけで済む場合も多くなるからね。 カサゴ釣りにPEラインを使う場合 PEラインというのは細くて強い新素材と呼ばれる糸。 ナイロンやフロロカーボンラインよりも細くて引っ張り強度が高い。 しかし根ズレすると簡単に切れてしまうリスクもあるから、初心者向けではない。 釣りをするシチュエーションによってはPEラインの方が使いやすい場面もあるんだけどね。 また、 PEラインと使う場合は先端に1m~1. 5m位ショックリーダーというナイロンやフロロカーボンラインを接続して使うのが基本になる。 PEラインを使うと初心者の方にはややこしい部分もあるので、 まずはナイロンラインをリールに巻いてカサゴ釣りに挑戦するのがおすすめかな! カサゴ釣りに使うPEラインとショックリーダー• PEラインの太さ・号数:0. 6号前後が使いやすいが、根ズレしやすい場所なら0. 8号・1号位まで使用する• ショックリーダーの太さ・号数:基準は2. 5~3号程を矢引~1ヒロ接続。 細めで2号位、太いもので4号位まで使う• 道糸にナイロンやフロロカーボンラインを使う場合と同じ PEラインを使ってカサゴ釣りをするなら、大体こんな感じのラインセレクトが使いやすいかな! PEラインとショックリーダーの号数の組み合わせについてだけど、私の場合は大体こんな感じで使う事が多い。 PEライン0. PEライン0. そうするとPEラインとリーダーの結束まで釣り場で行わなくてはならなくなるので、ちょっとめんどくさくなる場面も。 ショックリーダーのロストを少しでも減らしたいなら、この組み合わせよりもショックリーダーを細めに組んでも良いと思う。 特にPEラインとショックリーダーのノットを組むのに慣れていない方は、釣り場でノットを組むのは結構難しかったりするからね。 根ズレが激しい場所にPEラインは不向き PEラインは根ズレに弱く、傷が入ると簡単にほつれてプチっと切れてしまう。 カサゴ釣りでPEラインが使いやすいのは、 岸壁沿い等を攻める時や沖合のちょっとした根周りを攻めるシチュエーション。 こういう場所で釣りをするなら、傷になりやすいのはオモリや針の周辺に集中しやすいからだ。 一方でテトラポッドの隙間に餌を落として釣りをするような場面では、PEラインは向いていない。 テトラ帯などで釣りをすると、仕掛けから離れた位置のラインまでザラザラに傷が入りやすくなる。 カサゴ釣りに使う糸の選び方については大体こんな感じかな!.

次の

プロでも見分けづらい?メバルの種類とカサゴとの見分け方とは

カサゴ 種類

カサゴは釣り人にはおなじみの魚です。 では、カサゴにそっくりなウッカリカサゴ呼ばれる魚をご存じでしょうか? 姿はカサゴそっくりなんですが、カサゴよりもうんと深い海に多くいる魚、しかも老成魚は60cm近くになるといわれています。 カサゴ科は非常に種類が多く、似た魚が多く存在します。 そのなかでもウッカリカサゴは見た目が非常に似た種類のカサゴです。 関西では、沖の深場に多いため沖ガシラと呼ばれていますが、関東ではカンコやアンポンタンの呼び名で知られています。 アンポンタンって・・・呼ばれると少し悲しくなる名前ですね(笑) さて、標準和名のウッカリカサゴという呼び名が生まれた裏にはちょっとしたエピソードがあるので、ご紹介します! ウッカリカサゴは釣ったり食べたりすると、カサゴとの違いがよく分かります。 カサゴ釣りに出かけたとき、カサゴは大きなアタリのあと、ハリに掛かったら少しは引きますが、すぐに抵抗を止めてしまいます。 だから重たいだけで引きが味わえないのです。 ところがウッカリカサゴは、魚を掛けて引き上げるとき途中で何度もよく引くのが特徴です。 カサゴより水圧の変化に強いのか、ゆっくり釣り上げてやると浮き袋も膨らまずに上がってきます。 そして、カサゴとウッカリカサゴの違いは、もうひとつあります。 それは身の食感です。 カサゴの方が味はしっとりした身です。 深い海にいるせいでしょうがウッカリカサゴの身は筋肉質で、歯応えはいいのですが旨みはカサゴほどではありません。 味がいいのはカサゴ、釣り味がいいのはウッカリカサゴでしょうか(笑) 食べ比べしてみても楽しいかもしれませんね!.

次の

カサゴ釣りに使う糸・ラインの種類と太さ(号数)の選び方!

カサゴ 種類

出典先:TSURI HACK カサゴは、カサゴ目フサカサゴ科(またはメバル科)に属しています。 カサゴと呼ばれるものにもいろいろ種類があり、「アカカサゴ」「シロカサゴ」「ウッカリカサゴ」などが良く知られています。 色々な種類がありますが、体の大きさは、最大のものでも30センチメートルほどです。 体全体の大きさに比べると口や頭、ヒレが大きくなっていて、眼がギョロっとしているのが特徴です。 そして、頭部や背びれ、腹びれ、尾びれなど複数の場所に鋭いトゲを持っています。 体の色は、個体や生息している地域で違いがありますが、多くは赤色から褐色で、不規則な形の斑紋がついています。 深海に生息しているカサゴは、海の深い所で敵や獲物から身を守るのには最適な色である鮮やかな赤色をしており、浅い場所に生息しているカサゴは岩や海藻の色に近い褐色をしています。 カサゴは、主に、ゴカイといった多毛類や小エビなどの甲殻類、そして小魚を餌としています。 また、カサゴは卵は産みません。 体内で受精をして、孵化するまで体内で育て、稚魚になってから生みます。 こう聞くと私たち哺乳類と同じように思えますが、哺乳類のように胎内で栄養を送って育てるのではなく、卵を外に放出しないで体内にとどめおくことで、より多くの子孫を残すために行われるものです。 交尾の時期は10月~11月で、11月~4月の間に孵化した稚魚は体外に放出されます。 カサゴの生息場所 出典先:Seesaa ブログ カサゴは、漁の最盛期は春ですが、1年中水揚げがある魚ということもあり、旬の時期については諸説あります。 12月~2月頃の冬から初春にかけてが旬という説もあれば、初夏から冬にかけてが旬であるという説もあります。 また、一般論として、魚は、産卵に向けて栄養を蓄えている時期がおいしい時期となりますが、そう考えると夏から秋にかけてがおいしい時期となります。 このように、カサゴは、1年の中で美味しさが大きく変動しない魚だと言えますので、時期を気にせずに楽しむことができる魚だと思われます。 ウロコは取りやすく、身は透明感のある白身で血合いはとても弱いです。 熱を通してもあまり硬くならないため、生のままや煮つけなどいろいろな食べ方で楽しむことができます。 カサゴの販売価格・値段の相場は?.

次の