弘道 会 高山。 山口組7代目組長は誰になると思いますか?

山口組に言い伝えられている「高山清司若頭」伝説を工藤明男が検証する|トレンド、アングラ、ビジネス、カルチャー R

弘道 会 高山

昭和22年(1947年)9月5日愛知県津島市の出身。 弘田組内 佐々木組の若い者へ 地元の高校へ進学し、野球に打ち込むが喧嘩を理由に高校を中退。 その後の不良生活中に、三代目山口組系弘田組の佐々木組々長・佐々木康裕と縁を持ちヤクザの世界へ入る。 東陽町事件 昭和44年(1969年) 旧本多会系組織の大日本平和会系山中組との間で、 組員の引き抜きを原因としたトラブルから弘田組系神谷組が襲撃され、神谷組々員2人が死亡、2人が重軽傷を負う事件が起こり、抗争に発展。 弘田組は報復として大日本平和会系の豊山一家豊山王植組長を刺殺する事件を起こす。 事件当時は髙山の親分(佐々木康裕)は服役中だったが、この事件では親分佐々木の兄弟分、当時の髙山から見てオジキにあたる司忍と行動を供にし、この報復事件で髙山は4年の実刑判決を受けて服役した。 司忍は首謀者として懲役13年、司興業若頭の土井幸政は13年服役した。 人物 出所後、髙山の所属する佐々木組は菱心会と名称を改め、髙山は同会の理事長に就任し、自らは髙山組を結成した。 髙山が仕えた親分の佐々木康裕という人物は名古屋では知られた豪傑で、遊びも派手で豪快な人物だった。 そのため博打で大負けする事もあったという。 そんな時でも親分の佐々木に下手を売らすまいと、キッチリと処理するのも髙山だった。 佐々木からの信頼も絶大で、例えば破門や絶縁、組員の処遇についても髙山の意見だけには、耳を傾けたという。 髙山が一番嫌う事は、自分の親分に恥をかかせる事だと言われている。 昭和51年(1976年) 菱心会の理事長という肩書きのまま、弘田組の直参に取り立てられる。 昭和55年(1980年) 弘田組の若頭補佐に就任。 昭和56年(1981年)7月 三代目山口組々長田岡一雄死去。 昭和57年(1982年)2月 三代目山口組若頭山本健一死去。 四代目山口組の組長に竹中正久が決まろとしていた時、弘田組々長の弘田武志は山本広の支持を表明し、組が割れるなら山本広に付いて出ると明言していた。 ところが、司忍らの説得により一和会に加入する事なく組を解散し、引退した。 弘道会 新たに四代目山口組が発足すると、司忍が弘田組の地盤を引き継ぎ弘道会を発足させた。 髙山は初代弘道会では若頭補佐に就任した。 初代弘道会では髙山の元の親分佐々木康裕も弘道会相談役として加わっている。 山一抗争での弘道会 昭和60年(1985年)1月26日 一和会の襲撃部隊が竹中正久ら三人を銃撃。 ボディーガード南力は即死、若頭中山勝正も4時間後に死亡、竹中正久は大阪警察病院に搬送され翌日死亡。 同年2月19日 弘道会内菱心会組員竹内照明(後の弘道会三代目会長)らが一和会系後藤組の若頭吉田清澄を拉致し、後藤組の解散を迫った。 組長の後藤栄治は二代目山広組の若頭として、石川裕雄と供に竹中暗殺を指揮した人物。 これに対し後藤は組を解散し、山口組本部に「詫び状」を送付。 警察への自首を約束した。 菱心会は拉致した吉田を解放したが、後藤栄治は自首せず逃亡。 ヤクザの世界では、殺す事と引退解散させる事は同等の価値があり、 弘道会のこの事件は高く評価された。 同年4月12日 弘道会内薗田組幹部ら3人が名古屋市のレストランで、三重県四日市市の一和会系水谷一家隅田組幹部中本昭七と隅田組々員島上豊を拉致した。 2月の竹内らの事件と同様に解散を迫ったが、水谷一家は解散を拒否し反撃に出る。 水谷一家は弘道会内菱心会の鈴木組々員一人を拉致した。 双方拉致合戦になり、薗田組は中本昭七を射殺し、島上豊に重傷を与えた。 一方で逆に拉致されていた菱心会内鈴木組々員は、伊勢市民病院前で手足に数発の銃弾を受けた状態で放置されていた。 この時の水谷一家は、その後弘道会傘下となっている。 隅田組は水谷一家を離れ倉本組傘下に入り、現在三重友会に名称を変えている。 山一抗争終結、五代目山口組体制へ 平成元年(1989年) 弘道会若頭に就任し、五代目山口組体制下では弘道会として 大きな抗争事件が三つある。 弘道会二代目へ 平成17年(2005年)3月 司忍が二代目弘田を名乗り、弘道会を離れる事で、弘道会の二代目を襲名。 同年7月 司忍が六代目山口組々長に就任すると、六代目山口組の若頭に就任。 直参昇格からわずか数ヶ月で本家若頭へ就任という事で、前例のないスピード出世といわれているが、このころ六代目組長の司忍は銃刀法裁判の上告中で、服役が予想されていた。 このことから司忍は留守を任せられる最も信頼する高山を若頭に就けたとみられる。 予想通り司忍に有罪判決が下り服役する事になった後は、髙山が本家を仕切ることになった。 髙山のやり方を巡っては他の直参から多くの不満も出る事ととなり、新体制では後藤忠政ら多くの直参が処分される事につながった。 批判 現在の髙山を中心とした執行部体制には、枝の組織からも批判が多い。 勝手な行動を許さず、厳格な管理体制で窮屈な事は確かだと思うが、防排条例などヤクザを取り巻く環境が、過去にないほど厳しくなっている現在、他に方法があるだろうか。 山口組という組織を維持していく事を考えると、放任し皆を自由にさせる事がどういう事になるのかを考えると、髙山が間違っているとも言えない。 本人も自分の方針に批判があることは、十分に承知していると思われる。 おそらく髙山は皆に好かれることより、嫌われる事を承知で自分のポストに責任を持っている。 自分を若頭に据えた親分の司忍に恥をかかせるくらいなら、自分は嫌われてもいいと思っているのだろう。 そもそも若頭を引き受けなければ、本人ももっと自由なはずである。 先進的な事を取り入れると内部に不満が出るのは組織の常である。 工藤会の例を見るまでもなく、警察や社会に対して好き勝手にやりたい放題すると、ヤクザ組織はいずれ持たなくなる。 今のベストよりも一歩先、二歩先の将来へ向けた手を打つしか生き残る道はない気がする。

次の

社会医療法人弘道会・社会福祉法人弘道福祉会

弘道 会 高山

司忍六代目山口組組長の「片腕・頭脳」と言われる高山清司六代目山口組若頭が2010年の逮捕で懲役6年の判決を受けて、府中刑務所に収監されていたが、10月18日に同刑務所から満期出所した。 高山若頭を乗せたワゴン車は午前6時前に府中刑務所を出発。 出身団体・弘道会の本部がある名古屋方面に向かうとみられる。 弘道会系の組事務所が使用停止の仮処分を受けている為、関連組織の事務所で簡単な祝宴を開き、その後三重県にある自宅に帰る説が濃厚だ。 六代目山口組の分裂の根本は神戸山口組を作った山健組と名古屋の弘道会の対立が原因とされている。 今まで主流であった山健組系列が名古屋に本拠を置く弘道会が当代となったために、非主流派に追い詰められたのが遠因とされる。 この対立により、司忍六代目や高山清司若頭に背く姿勢を取っていた組長らは処分された。 それでも組織を割らなかったのは高山清司若頭の怖さが背景にあったからだ。 しかし、その流れも高山清司若頭が2010年に恐喝罪で長期服役が予想され、下獄した途端に流れが変わった。 井上邦夫山健組組長を筆頭に複数の組長が六代目山口組を脱退し、神戸山口組を結成した。 彼らがいかに高山清司若頭を恐れていたのか分かるであろう。 高山がいる中で六代目山口組を脱退することなどできなかったのだ。 過去も山口組の分裂はあった。 割れた中で何度も抗争事件が起き、人が何人も亡くなった。

次の

山口組ナンバー2「緊迫の出所祝い」で司組長が吐き捨てた「ひと言」(時任 兼作)

弘道 会 高山

来歴 [ ] 愛知県のに出生。 20歳で弘道会の前身である弘田組傘下の佐々木組の組員となる。 弘田組時代のにと出会い、それからというもの常に司とともにあった。 やがてにおける司を首領に据えたの発足と同時に、の以来空席となっていたの役に就任。 に至り「子分中の子分」と言われるを弘道会の三代目会長に就任させると同時に、弘道会のに就任。 私生活 [ ] 六代目山口組の発足に伴い若頭の役に就いて以降は、内の私邸に居住し、平日は午前から夕方頃まで山口組の総本部へ詰め、週末だけ名古屋に帰省するという生活様式となっている。 なお、現在はにも自宅がある。 ウィキクォートにがあります。 背中が曲がるの持病を抱えており、歩行も困難であると報じられている。 2012年11月にに出廷した際には、首にを装着して杖をつく状態であった。 また、2019年10月18日に出所し、東海道新幹線に乗り込むためにに現れた際にも首にコルセットを装着する姿が目撃されている 逮捕(2010年) [ ] 2010年11月18日 、に従事するの男性に対して行為を行ったとする容疑をもって逮捕された。 司忍が服役していた最中の逮捕、山口組の「事実上の指導者」の歴史的逮捕であった。 逮捕後の経過 [ ] 逮捕後は京都拘置所に勾留されていたものの、病気を理由に2012年の1月20日から同年2月20日まで勾留停止となる。 同年6月には京都地裁の決定に基づき保釈となった。 は15億円。 異例の高額であった。 2013年3月にでで有罪となり懲役6年の判決が言い渡された。 服役 [ ] 2014年6月に実刑が確定し、同年12月に収監された。 2019年10月18日に出所。 金融制裁指定 [ ] に、のナンバー2にあたる人物として、のの号令による金融制裁(・13581号 )の対象人物となった。 この金融制裁措置は同時に、山口組のトップにあたるをはじめ、「」()、「」(イタリア)、ならびに「」(メキシコ)、以上3種の国際的な犯罪組織の関係者らを対象としたものであった。 先代: 会長 二代目: 2005年 - 2013年 次代: 出典 [ ] []• 『』 p. 2 (英語)• 『』 2012年11月12日• 『』 2010年12月17日• 『』 2010年11月18日 (英語)• 『』 2011年1月23日 (英語)• 230 2008年• NEWSポストセブン2019. 13 2019. 13access• 『』 2010年07月1日• 『』 2008年9月10日 中央ジャーナル• 『』 2014年6月20日• 176-179 2009年• 『』、2018年8月7日、• 現代ビジネス 2015年9月26日. 2019年10月18日閲覧。 zakzak. 2019年10月18日閲覧。 『』 2010年11月18日 (オランダ語)• 『』 2010年11月18日 (英語)• 『』 2010年12月1日 (英語)• 『』 2012年1月20日• 『』 2012年6月12日• 『』 2019年10月18日、• アメリカ合衆国財務省• 『』 2012年2月24日 (英語)• 『』 2012年2月23日 (英語).

次の