おさるのうた セイカツ 歌詞。 「君がいない日々生活毎日は」おさるのうたの歌詞と声がカップル写真にマッチしててエモい

ももくろちゃんZ バナナなの? 歌詞&動画視聴

おさるのうた セイカツ 歌詞

君がいない日々セイカツ毎日は 僕は越えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌になってしまうから この歌を聴いて、主人公のまさるくんが(おさるくんをもじってポワっとでてきた名前。 漢字は『優』)スーツを着て日々を奮闘するなかで唇を噛み締めていたんだけど、ふと顔をあげると間抜けにナポリタンを頬張っている、疲れた自分を見せることにためらいのない愛おしさのにじみ出ている彼女の姿がふわりと見えた。 ちょっぴり生き方のヘタクソなまさるくんだけど、そんなまさるくんのカメラのファインダー越しに見る世界はとっても優しい。 あまりはっきりとしない色彩で、ISO値をあげすぎて光が飛びすぎちゃっているような、淡くも明るい世界の中で、一緒にビールを飲む友達の姿や、電車でLINEを開いたまま寝落ちているサラリーマンの姿。 そのLINEには子供の写真が送られてきているのに気づくまさるくん。 おいしそうにおにぎりを頬張っていたり、約束していたけど仕事で間に合わなかった夏祭りの日に、コンビニで買ったペヤングを公園で食べて笑う彼女を愛おしそうに見つめるまさるくん。 そして後半には、ビールを飲んでいた友達のファインダー越しにみるまさるくんの姿、寝落ちていたサラリーマンが寝落ちる前に見ていたファインダー越しのまさるくんの姿、彼女のファインダー越しに見る世界が描かれる。 そこにはまさるくんの不器用で優しさに満ちた瞬間がたくさん切り取られている。 仕事じゃないっていうのに、みんなのグラスの空きを気にかけていたり、 イスに座ってPCを開き仕事をしていたのに、数駅もいかずに勢いよく席をゆずった直後も片腕にPCを乗せて作業を続ける姿や、 おいしくご飯を頬張る姿を見つめる優しい目とかが映し出される。 『構想』というにはありきたりなのかもしれない。 でも、ちょっとしたことで崩れてしまいそうなのに、まさるくんはまさるくんのことが好きな人たちに支えられていて、支えている側もまさるくんの存在が愛おしい、そんな世界が広がっている。 なにか特別なことがおきるわけではないけれど、 今日もまさるくんはベッドから起き上がってカーテンをあける。 朝、出社するとまた山積みの仕事があるんだけれど、 彼女から送られてきた「今日の朝ごはん」と送られてきたカレーライスの写真に肩の力が抜ける。 「おはよう!なぁ、さっき自販機でもう一本ってやつ当たったからこれやるよ」と同僚に缶コーヒーを渡された。 「すっげぇ、ああいうのって当たるんだ。 俺当たったことない」 「俺もだよ。 はじめて当たった。 人生に何が起きるかわかんねぇな」 「大げさなんだよ」 と笑ってまさるくんは缶コーヒーをプシュッとあけて画面はブラックアウトして歌は終わる、そんなまさるくんのセイカツをイメージしたMV。 こんな物語をひらめかせてくれたこの歌がまた、誰かにも届け。

次の

セイカツ 歌詞「おさるのうた」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

おさるのうた セイカツ 歌詞

曲名:セイカツ 歌:おさるのうた おさるのうたさんのYOUTUBEに動画が上がっていました。 TikTokで流行っていた曲のフルバージョンで「セイカツ」というタイトルの曲でした。 声がすっっごいいいですね。 ハスキーで揺れがあってちょっと不安定な感じもすごくいいなと思いました。 TikTokでカップルの日常の動画に使われててとてもエモい 1y3m。 もうすぐ卒業。 友達としても恋人としてもずっと一緒にいたから、これから毎日会わなくなると思うと寂しいです。 一枚だけ付き合ってない時の写真があります。 こちらの動画にたくさんのいいねがついています。 写真のぼかしなどがプロっぽいものすっごいいいですね。 日常が想像できるような、セイカツが切り取られたかのような写真に、おさるのうたさんの声と歌がぴったり合っていて、映画エンディングのようです。 TikTokの動画のコメント欄では、「なんだこのエモいカップル」「エモすぎて映画始まるかと思いました」「1枚1枚映画のワンシーンみたいで素敵」など動画を絶賛するコメントがたくさんありました。 とにかく写真が素敵すぎる!ということでスマホなのかちゃんとしたカメラなのか?と思い、投稿者さんのインスタへ飛んでみました。 おさるのうたさんの「セイカツ」の歌詞 おさるのうたさんの「セイカツ」の歌詞はYOUTUBE動画の概要欄に貼ってありました。 「セイカツ」 君がいない日々、生活、毎日は 僕は超えられそうにないから 何をするにも途切れ途切れ そんな生活の中で巡り会えた 行くたび立ち止まり行き止まり そんな事もなんか愛おしくて 交差する感情進む時間 孤独に潰されそうな日は多く 何を選びどこに進もう 募る期待と不安な僕 それでもどうか 食らいついて 君がいない日々生活毎日は 僕は超えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌になってしまうから 当たり前は偶然の連鎖で 毎日は生まれ変わりつつあって 何を見出しどこに行こう まだ幼い僕らだから それでもどうか 縋り付いて 君がいない日々生活毎日は 僕は進めそうにないから きっといつかの日を悔み俯いて またダメになってしまうから 君のいない日々生活毎日は 僕は超えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌にになってしまうから 君がいない日々生活毎日は 僕は進めそうにないから きっといつかの日を悔み俯いて またダメになってしまうから どうか素晴らしい日に.

次の

おさるのうた「セイカツ」MV構想|そらの|note

おさるのうた セイカツ 歌詞

君がいない日々セイカツ毎日は 僕は越えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌になってしまうから この歌を聴いて、主人公のまさるくんが(おさるくんをもじってポワっとでてきた名前。 漢字は『優』)スーツを着て日々を奮闘するなかで唇を噛み締めていたんだけど、ふと顔をあげると間抜けにナポリタンを頬張っている、疲れた自分を見せることにためらいのない愛おしさのにじみ出ている彼女の姿がふわりと見えた。 ちょっぴり生き方のヘタクソなまさるくんだけど、そんなまさるくんのカメラのファインダー越しに見る世界はとっても優しい。 あまりはっきりとしない色彩で、ISO値をあげすぎて光が飛びすぎちゃっているような、淡くも明るい世界の中で、一緒にビールを飲む友達の姿や、電車でLINEを開いたまま寝落ちているサラリーマンの姿。 そのLINEには子供の写真が送られてきているのに気づくまさるくん。 おいしそうにおにぎりを頬張っていたり、約束していたけど仕事で間に合わなかった夏祭りの日に、コンビニで買ったペヤングを公園で食べて笑う彼女を愛おしそうに見つめるまさるくん。 そして後半には、ビールを飲んでいた友達のファインダー越しにみるまさるくんの姿、寝落ちていたサラリーマンが寝落ちる前に見ていたファインダー越しのまさるくんの姿、彼女のファインダー越しに見る世界が描かれる。 そこにはまさるくんの不器用で優しさに満ちた瞬間がたくさん切り取られている。 仕事じゃないっていうのに、みんなのグラスの空きを気にかけていたり、 イスに座ってPCを開き仕事をしていたのに、数駅もいかずに勢いよく席をゆずった直後も片腕にPCを乗せて作業を続ける姿や、 おいしくご飯を頬張る姿を見つめる優しい目とかが映し出される。 『構想』というにはありきたりなのかもしれない。 でも、ちょっとしたことで崩れてしまいそうなのに、まさるくんはまさるくんのことが好きな人たちに支えられていて、支えている側もまさるくんの存在が愛おしい、そんな世界が広がっている。 なにか特別なことがおきるわけではないけれど、 今日もまさるくんはベッドから起き上がってカーテンをあける。 朝、出社するとまた山積みの仕事があるんだけれど、 彼女から送られてきた「今日の朝ごはん」と送られてきたカレーライスの写真に肩の力が抜ける。 「おはよう!なぁ、さっき自販機でもう一本ってやつ当たったからこれやるよ」と同僚に缶コーヒーを渡された。 「すっげぇ、ああいうのって当たるんだ。 俺当たったことない」 「俺もだよ。 はじめて当たった。 人生に何が起きるかわかんねぇな」 「大げさなんだよ」 と笑ってまさるくんは缶コーヒーをプシュッとあけて画面はブラックアウトして歌は終わる、そんなまさるくんのセイカツをイメージしたMV。 こんな物語をひらめかせてくれたこの歌がまた、誰かにも届け。

次の