安倍晋三 学歴。 なぜ安倍晋三は成蹊大学卒業で首相になれたのか?学歴コンプレックスになった理由や兄が東大卒という噂も!

安倍首相の根深い学歴コンプレックスを父親の番記者と大学の恩師が暴露! 何の勉強もせず保守主義を叫んで…|LITERA/リテラ

安倍晋三 学歴

出身大学と偏差値 まずは早速、安倍総理の気になる出身大学とその偏差値を調べてみました。 安倍総理は1977年に成蹊大学法学部政治経済学科を卒業しています。 偏差値は59です。 あれっ?て思いました?決してレベルの低い大学ではないのですが、総理大臣の出身大学としては正直見劣りしますよね。 ここで、その他大学と同学部の偏差値を比較してみます。 まずは国立、日本一の東京大学は76。 京都大学が75。 大阪大学が71。 名古屋大学が68。 北海道大学が65となっています。 続いて私立、慶応義塾大学が75。 早稲田大学が72。 上智大学が70、中央大学が68です。 やはりこれらの一流大学に比べると、ワンランク以上は落ちますね。 成蹊大学ってどんな大学 安倍総理は成蹊小学校、成蹊中学校、成蹊高等学校を経て、先述した成蹊大学法学部政治学科を卒業しています。 1977年3月に成蹊大学を卒業したのち、同年4月に渡米。 9月に南カリフォルニア大学に留学。 1979年4月に中退して、帰国。 帰国後、神戸製鋼所に入社して3年間勤務しています。 そして1982年から当時外務大臣だった父の元で秘書官を務めます。 1991年に総裁候補の最有力だった父が急死し、1993年父の地盤を受け継いで衆院議員総選挙に出馬、初当選を決めて政界入りを果たします。 その後はスピード出世をしていき、2006年に1度目の内閣総理大臣に就任。 2012年に2度目の就任を果たし、現在に至ります。 岸信夫さんは生後間もなく、母親の実家である岸家の信和・仲子夫婦に養子として迎えられています。 夫婦に子供ができず、後継ぎがいなかったことが理由だそうです。 本人がこの事実を知ったのは、大学入学前に必要な提出書類として戸籍謄本を取り寄せた時だったそうです。 年齢は安倍総理の4歳下なので、安倍総理自身もこのことを知っていたかどうかは、何とも言えないところですね。 というわけで兄弟といえど、一緒に育ったわけではないので、学歴コンプレックスを抱くということもなさそうです。 ちなみに岸信夫さんは慶應義塾大学経済学部を卒業されています。 同じく幼稚舎からの内部進学です。 小さい頃は野球選手やドラマの刑事に憧れていたそうです。 ごく普通の子供と同じですね。 高校では地理研究部に所属し、大学ではアーチェリー部で準レギュラーだったそうです。 チャラい要素が全く見当たりません(笑)。 実際に大学生の頃は人付き合いも良く、大人しくて真面目だったそうです。 ほとんど現在のイメージと同じだったんですね。 名門の政治家家庭の生まれなので、きっと息苦しく感じることもあったでしょうに、親の期待通りの好青年に育ったようです。 しかし、周りが日本人だらけで、語学勉強するのに障害があると判断したため通学を止めます。 その後はイタリア系アメリカ人の家に下宿させてもらいながら、同州南部の湾岸都市、ロングビーチの語学学校に通ったとされています。 そして、1977年の9月から南カリフォルニア大学へ入学。 1979年の3月に同校を中退して帰国しています。 ちなみに留学の目的は政治学の勉強をするためだったそうです。 ところが今回、安倍総理の留学について調べていく中で、学歴詐称という言葉を目にしました。 そのことに関して同大学の広報担当者からこんな回答得ています。 安倍総理の学歴詐称疑惑!? 「シンゾウ・アベは78年の春期、夏期、秋期のみ在籍しています。 その間は本学の正規の学生であるが、専攻はまだありませんでした。 1コースは4単位ですから取得単位は24。 卒業できる数字ではありません」 小泉純一郎さんは2001年4月26日~2006年9月26日まで1980日間、長期にわたり内閣総理大臣を務めました。 郵政民営化や派遣法の成立、北朝鮮の拉致被害者の一部を日本に帰還させ拉致問題を進展させたりと、さまざまな改革に取り組みました。 現在は息子の小泉進次郎さんが次期総理大臣の候補の1人に挙がっています。 小泉さんは慶應義塾大学経済学部(偏差値70)を卒業しています。 やはり総体的に見て、理系卒より文系卒の方のほうが政治家には向いているようです。 ちなみに息子の小泉進次郎さんは関東学院大学経済学部(偏差値43!?)を卒業した後、コロンビア大学大学院政治学部修士課程を修了しています。 関東学院大学には内部進学で入ったようです。 対人関係において、相手の心をとらえるのにとても長けていました。 周りの政治家とは一線を画す異色の存在であり、戦後混迷にあった日本をリードしてきた政治家と言われています。 田中角栄さんの最終学歴は中央工学校という専門学校の卒業です。 しかしながら、その学力や頭の回転の速さは非常に優れていたと言われています。 ちなみにご存知かと思いますが、田中角栄さんの長女が同じく元政治家の田中真紀子さんです。 個性的なキャラクターが印象的でしたが、早稲田大学商学部(偏差値71)を卒業されています。 安倍晋三と比較~妻、一族の出身大学と偏差値 安倍昭恵夫人.

次の

安倍晋三首相の出身大学と学歴は?成蹊大学の学生時代!海外留学は?

安倍晋三 学歴

引用:Instagram 森永製菓の社長令嬢として育った安倍昭恵夫人。 小さいころはおとなしい性格だったものの、成長するにつれスポーツなどに打ち込むことで活発になっていったのだとか。 そんな安倍昭恵夫人がどのような家庭で育ったのかが気になります。 松崎家一族の 家系図からひも解けそうですね。 気になる安倍昭恵夫人の家系図を紹介いたします。 Wikipediaに載っている家系図。 安倍昭恵氏から見て、 曽祖父・太一郎氏が森永製菓創業者・初代社長 曾祖父・半三郎氏が森永製菓第2代社長 祖父・太平氏が森永製菓第3代社長 父・昭雄氏が森永製菓第5代社長。 森友学園の「森」は森永からとったという説がある。 — 武天老師 MutenRooshi 森永製菓の創業者森永太一郎氏は外曾祖父にあたります。 本物のお嬢様なんですね。 森永製菓の創業家が森永家。 そして共同経営者が松崎家。 その 両家の血をひくのが安倍昭恵夫人ということです。 安倍昭恵夫人は若い頃かわいかった? 引用:Instaguram 2020年新型コロナウイルス対策に、夫である安倍首相が奔走している時。 外出自粛要請中にも関わらず、安倍昭恵夫人が旅行にでかけていたことが発覚し、物議を醸しました。 しかもその旅行の目的が大分県宇佐市の 宇佐神宮に参拝することだったそうです。 というのも実は 安倍昭恵夫人、スピリチュアル系にはまっているのだそうです。 大分旅行は 信仰の一環だったとも言われています。 新型コロナは未知なるものすぎて神様に祈りたくなる気持ちも分からなくもないです。 でも、50人もの団体旅行だったということですし、ファーストレディーとしてはマズかったのではないでしょうか? 安倍昭恵夫人が行動を自粛しない限り、炎上は止まらなそうです。

次の

安倍昭恵の大学や学歴・経歴まとめ!若い頃はヤンキーで家系図がヤバかった|KININARU JORNAL

安倍晋三 学歴

安倍晋三の先祖と、祖父・安倍寛 まずは、 安倍晋三総理大臣の父方の家系を見ていきましょう。 つまり 「安倍家」の家系です。 安倍晋三さんは、 安倍家3代目の政治家です。 安倍家は、祖父・安倍寛さんにさかのぼります。 ・安倍寛 明治27年、山口県、旧大庄屋・安倍彪助・ヨシ長男 東大政治科卒 山口県会議員、衆議院議員 妻・静子 明治37、陸軍軍医監・本堂恒次郎の娘 男・晋太郎 後述 安倍晋三総理大臣の祖父は、 安倍寛さんです。 安倍晋三の先祖は、もともと大庄屋をしていました。 政治家は、江戸時代の先祖が庄屋だった、という人はとても多いですが、 安倍晋三総理大臣もそうなんですね。 祖父・安倍寛さんは、 陸軍軍医監・本郷恒次郎の娘さんである、静子さんと結婚しました。 この二人のあいだに生まれたのが、 安倍晋三首相の父親である、安倍晋太郎さんです。 安倍晋三の父親・安倍晋太郎の家族構成 続いて、 安倍晋太郎さんの家族をみていきましょう。 ・安倍晋太郎 大正13年、安倍寛長男 東大法学部卒 毎日新聞記者、内閣総理大臣秘書官を経て政界入り 衆議院議員として、当選回数は11回 農林大臣・官房長官・通産大臣・外務大臣を歴任 異父弟に興銀頭取・西村正雄がいる 妻・洋子 昭和3、元首相・岸信介長女 白百合高女卒 長男・寛信 昭和27 成蹊大経済卒 三菱商事パッケージング社長 同妻・幸子 ウシオ電機会長・牛尾治朗の長女 二男・晋三 後述 三男・信夫 昭和34 岸信和の養子となる 安倍晋三総理大臣の父親である、 安倍晋太郎さんは、 通産大臣・外務大臣などの要職を務めました。 もう一歩で総理大臣のところまで、 行ったのですが、夢は果たせませんでした。 安倍晋太郎さんが結婚したのは、 元総理大臣・岸信介の長女・洋子さんです。 この二人のあいだに、 三人の男の子供が生まれ、 次男が安倍晋三首相ということになります。 安倍晋三の母方祖父は、岸信介元総理大臣! つまり、 安倍晋三さんは、 父方の祖父が、安倍寛 元衆議院議員 母方の祖父が、岸信介 元総理大臣 ということになります。 ちなみに、 母方祖父の岸信介元首相の実弟は、佐藤栄作元首相です。 安倍晋三の兄、安倍寛信さんは成蹊大学卒業後、三菱商事へ 安倍晋三さんの兄は、安倍寛信さんといいます。 安倍晋三さんと同じく、 成蹊大学に学ばれました。 成蹊大学を卒業後は、三菱商事に入社して、 その後、三菱商事の関連会社に異動しています。 長男でありながらも、 安倍家の三兄弟のなかで、唯一政治家になっていません。 安倍晋三総理大臣の兄・安倍寛信さんの妻は、 ウシオ電機会長・牛尾治郎の長女ということで、 こちらでも財界人の家系図と結びついていることになります。 安倍晋三の弟、岸信夫さんは慶應大学卒業後、衆議院議員に! 安倍晋三総理大臣の弟・信夫さんは、 子供の頃に、母親の実家である岸家に養子にいきました。 養父の岸信和さんは、血縁上の叔父にあたります。 岸信夫さんは、 慶応大学を卒業して、 現在は衆議院議員をしております。 ということで、 安倍晋三総理大臣の弟も、政治家なんですね! 安倍晋三の妻の実家は、森永製菓の創業者一族 そして、 安倍晋三首相の家族も見ていきましょう。 ・安倍晋三 昭和29年、安倍晋太郎二男 成蹊大法卒 神戸製鋼、父・安倍晋太郎の秘書を経て政界に入る 衆議院議員、内閣総理大臣 妻・昭恵 昭和37、森永製菓社長・松崎昭雄長女 聖心女子専門学校出身 元電通勤務 安倍晋三総理大臣の妻は、 安倍昭恵 あべ・あきえ さんです。 森永製菓の創業者一族につらなる家柄の出で、 森永製菓の社長を務めた松崎昭雄さんの長女にあたります。 安倍晋三の妻・安倍昭恵の学歴・経歴は? 安倍昭恵さんの経歴について、もう少し説明してみましょう。 学歴は、 聖心女子学院で、初等科から高校までを過ごし、 その後、聖心女子専門学校へ進みました。 卒業後は、電通に入社して働きました。 安倍晋三と安倍昭恵、二人の出会いは? 安倍晋三総理大臣と、安倍昭恵さんの結婚の馴れ初めについても触れておきましょう。 安倍晋三総理大臣が、 安倍昭恵さんと出会ったのは 1984年のことでした。 安倍昭恵さんは、 当時電通に勤務していたのですが、 安倍晋三さんの友人から 「良い人がいるから、会ってみませんか」と紹介されたのでした。 そして、原宿のお店で、対面することになったのです。 安倍晋三さんは、 待ち合わせのお店に行ったのですが、 相手が30分も遅刻してしまったので、 「第一印象はあまりよくなかった」といいます。 しかし、 実際に会ってみると、 「話がとてもかみ合って、面白かった」といいます。 それで、その後、 食事に誘ったり、ゴルフに行ったりして、交際を深めていったのだそうです。 ただ、 安倍昭恵さんの立場からすると、 また違うものの見方をしています。 「良い人だとは思いましたが、政治家の家庭は大変な気がしてしまった」といいます。 というわけで、 お付き合いしていくのも、なかなか気が進まなかったようです。 そんな二人の出会いでしたが、 安倍晋三さん、昭恵さんは、 1987年6月に結婚することとなりました。 安倍晋三の子供は何人?後継ぎは誰? 安倍晋三首相については、 子供はいないのか?という疑問を持たれる方が多いのですが、 二人のあいだに子供はいません。 政治家の家系で、 子供がいないというと、安倍家の跡取りは誰になるの?と思われる方もいるかもしれませんね。 噂によれば、 安倍晋三さんの兄弟の子供が、 安倍家を継ぐのではないかと言われております。 というわけで、 安倍晋三総理大臣の家系図、祖父・父親・母親・兄弟・妻・子供などのエピソードをお送りしました。 参照記事.

次の