妊娠中 貧血 胎児への影響。 妊娠中の薬の影響はいつからある?妊娠時期と飲んでもいい薬まとめ

妊娠中に貧血!仕事は休む方がいい?貧血を防ぐ方法を6つ紹介!

妊娠中 貧血 胎児への影響

妊娠中、多くの妊婦さんが貧血になりやすい!? 妊娠すると、女性の体にはいろいろな変化が現れます。 これらの生理的な変化により妊娠中は貧血になりやすいと言われていますが、なぜ貧血になりやすいのでしょうか。 また貧血になるとどんな症状が出るのかをまずご説明しましょう。 妊娠中の体の変化が貧血を起こしやすくする 妊娠を機に体には様々な変化が現れると前述しました。 具体的な変化を挙げながら、貧血症状が出やすくなる理由を解説していきます。 妊娠中には血液が増加する 妊娠して週数が経つと胎児はもちろんですが、子宮や胎盤も大きくなります。 これらが大きく成長することで血管も増えて、より多くの血液が必要となります。 とくに胎盤は血液をよりよく循環させて胎児へ酸素・栄養を供給しなくてはならないので、他の体の部位に比べ多くの血液が循環しています。 分娩時には血液量は妊娠前の30~50%程度増加すると言われています。 「血液が増加すれば貧血にはならないのでは?」と考えるのも当然のこと、しかし血液量が増加しても貧血になることがあるのです。 次の項目で、この不思議を解明していきましょう。 血液が増加するのに貧血!? 血液には血管内を満たす「血漿」と、酸素などを運ぶ「赤血球」や免疫機能をもつ「白血球」やその他血小板などがあります。 妊娠中に主に増加するのは「血漿」で、血球などの成分の増加は血漿の増加割合に比べると少ないものなのです。 つまり「血液量は増えるが濃度は薄くなる」ということなんですね。 このように血液全体量は増加しても、酸素や養分を運ぶ赤血球の割合は低くなるため貧血症状が出現しやすくなるのです。 貧血にも鉄欠乏性貧血や失血性貧血、溶血性貧血、続発性貧血、再生不良性貧血などありますが、妊娠により起こる生理的な貧血は鉄欠乏性貧血です。 妊娠中起こりやすい妊婦特有の「鉄欠乏性貧血」 妊婦さんがなりやすいこの鉄欠乏性貧血、理由は上記で解説しましたが、どのような症状が出るのか、以下に一覧表にしてみました。 めまい、立ちくらみ 頭、・頭重感 吐き気 倦怠感、易疲労感 顔・口唇・爪甲色不良 寝起きが悪い、眠気 肩こり 息切れ 爪が欠けやすい 結膜蒼白 口角炎、口内炎、舌炎 脱毛、髪の乾燥 氷が食べたくなる(異嗜症) 足のむずむず感 爪の形の変化 味覚障害 嚥下障害 手足しびれ 手足の冷え 食欲不振 息切れ 意識レベル低下・失神 呼吸困難 とくに重症になると失神や呼吸困難も出現する可能性もあるので、貧血レベルには注意しないといけませんね。 鉄欠乏性貧血、母体や胎児へのリスクは?回避するには? 鉄欠乏性貧血による一般的な症状はお分かりになりましたか? 重篤な症状であれば母体や妊娠に影響することはいうまでもありませんが、その他の症状は妊娠に影響が出ることがあるのでしょうか。 また胎児への影響はどんなことがあるのでしょうか。 母体へのリスクは 貧血で起こりやすい症状のひとつに「めまい・立ちくらみ」があります。 貧血でふらついたりするような場面を体験したり目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。 めまいやふらつきだけでは大きな影響はありませんが、めまいが原因で転倒することにもなりかねません。 妊娠中の転倒はお腹への刺激により流産や早産などにつながることもあり、母体はもちろんですが胎児にも影響することになります。 また、鉄欠乏性貧血では全身的に酸素の供給が低下するため微弱陣痛や遷延分娩のリスクがあります。 無事に出産できても体力・身体の回復に時間がかかったり、子宮の収縮に時間がかかって出血がなかなか止まらないという弛緩出血や、産褥期には免疫力の低下による性器の細菌感染による発熱(産褥熱)のリスクも高くなります。 胎児へのリスクは 胎児へのリスクとしては母体に起こるリスクにつながっているものとしてはめまいからの転倒による胎児への衝撃・圧迫による影響や、稀に胎児が鉄欠乏性貧血となることもあると言われています。 ヘモグロビンの正常値は妊娠初期で11. 羊水が減少すれば羊水が汚れやすく胎児の新陳代謝にも影響が出てくることにもつながります。 また、早産とならなくても未熟児や虚弱児、発育不全となるリスクがあります。 鉄欠乏性貧血のリスクを回避するためには 鉄欠乏性貧血のリスクを回避するには鉄欠乏性貧血の改善が必要です。 鉄欠乏性貧血の有無や程度は、妊婦健診で行われる採血検査の結果から判断することができます。 軽度の鉄欠乏性貧血の場合 普段の食生活で改善できることもあり、鉄欠乏性貧血が軽度であればまずは治療よりも食生活の改善の指導を受けて改善を試みます。 食生活の改善などで鉄欠乏性貧血が改善しない、または進行する場合は以下のような手段で改善を試みることもあります。 食生活で改善できない・中等度以上の鉄欠乏性貧血の場合 食生活の改善だけでは鉄欠乏性貧血の改善がみられない場合など、フェロミア(薬剤名)などの「鉄剤」の服用で改善を試みることもあります。 鉄剤にも副作用はあるものの、副作用が出ても貧血の改善のほうが重要と判断された場合に、鉄剤による治療が開始されます。 中等度以上の鉄欠乏性貧血、「鉄剤」服用で改善が見られないとき 鉄剤服用の治療を始めたものの、副作用が酷く出る、または症状の改善が遅い場合には、注射による鉄剤の投与が必要となることもあります。 次の項目では、内服用の鉄剤と、注射による鉄剤について具体的に見ていきます。 妊娠中の鉄剤、その種類や効果と副作用は? 鉄剤は経口薬による治療が一般的ですが、貧血が重症な場合は注射薬による治療が行われることもあります。 鉄剤の種類と副作用は 鉄剤の種類や副作用はどのようなものがあるのでしょうか。 鉄剤の種類は 鉄剤の作用は鉄欠乏性貧血の改善ですが、治療に使われる鉄剤は以下のようなものがあります。 経口薬 薬剤名 副作用 フェロミア ・起こりやすい副作用 吐き気・嘔吐、下痢・便秘、胸やけ・胃痛 便が黒くなる 食事を噛むときに金属のような味がする ・その他副作用 頭痛・めまい、蕁麻疹・かゆみ、むくみ フェログラデュメット スローフィー フェルム インクレミン 注射薬 フェジン フェリコン 鉄剤の副作用がつらい時には、対処の仕方がある 妊娠だけでもつわりや便秘・むくみなどに悩まされることになるのですが、さらに鉄剤の副作用が出現するのは辛いものです。 服用量を調整することで、副作用が軽減できることもありますし、少量から服用を開始して少しずつ量を増やしていくことでも、副作用が出現しにくくなることもあるようです。 また、個人差がありますが服用を続けることで身体が慣れて、副作用が改善することもあります。 ですが、ひとつの薬がどうしても身体に合わないということもあります。 薬の量を調整しても胃腸症状が辛い場合はシロップのインクレミンの服用や、他の鉄剤に変更することで副作用が改善することもあります。 鉄欠乏性貧血の治療は数日で終了するものではありませんから、副作用が辛い時には次回の健診まで我慢するのではなく、主治医へ相談をしてみましょう。 鉄剤の服用はいつまで? 鉄剤を服用してもすぐに鉄欠乏性貧血が改善してくるわけではありません。 鉄剤を服用してからは定期的に血液検査で貧血の改善状況を確認していきます。 鉄欠乏性貧血の治療の目標はフェリチン(体内に貯蔵される鉄)が充分な値となることです。 鉄欠乏性貧血が改善して終了するまでの過程としては、鉄剤を服用し始めて約1~2週間程度で「赤血球が成熟する一歩手前の状態」である網状赤血球が増加してきます。 網状赤血球の増加が確認できれば血液の産生が順調であると評価されます。 そして、3週目頃からヘモグロビンが増加し、2~4か月でヘモグロビン値が正常値となります。 ヘモグロビンが正常値となってからも、フェリチンが正常化するまで鉄剤の服用を続けます。 もともとの貧血の程度や回復の程度には個人差がありますが、鉄欠乏性貧血がしっかり回復するまでは6か月程度かかります。 鉄剤の服用…赤ちゃんへの影響は? 鉄剤も薬の一種ですから、鉄剤が母体への副作用があるので赤ちゃんへの悪影響も心配になるものでしょう。 しかし鉄剤による赤ちゃんへの副作用・悪影響はないといわれています。 鉄剤は医師が貧血の影響で母体や赤ちゃんへのリクス・悪影響を出さないために処方するものです。 鉄剤は母体には副作用が出現しても赤ちゃんへの影響はないとされているので、心配せず服用するようにしましょう。 医師は鉄剤を服用しているものと考えて経過を診て今後の方針を決定していきます。 自己判断で服用の中断や、サプリメントへの代用をしないようにしましょう。 前述していますが、副作用が辛いときやどうしても薬を服用したくない時には医師へ相談してください。 鉄剤の副作用が心配なプレママは、毎日の食事で鉄分をしっかり補給!!! 鉄欠乏性貧血の傾向があっても鉄剤の服用までは必要としないケースもあります。 貧血が悪化しないためにサプリメントの服用という手段もありますが、普段の食生活で改善できることもありますので、まずは食生活から見直してみましょう。 鉄分の多い食品を知ろう 鉄分には「吸収されやすいヘム鉄」と「吸収されにくい非ヘム鉄」の2種類があります。 ヘム鉄は非ヘム鉄に比べると食べ合わせの影響を受けにくく、15~35%の吸収率があります。 一方で非ヘム鉄は食べ合わせや調理の影響を受けやすく、2~20%の吸収率と言われています。 とくに非ヘム鉄はビタミンCや動物性タンパク質と一緒に摂ることで吸収率が改善されると言われています。 まずはどんな食品に鉄分が多いのかを見てみましょう。 ヘム鉄が豊富な食材 (100g) 鉄分量 (単位:mg) 非ヘム鉄が豊富な食材 (100g) 鉄分量 (単位:mg) 豚レバー 13 乾燥青海苔 74. 8 鶏レバー 9 乾燥ヒジキ 55. 0 レバーペースト 7. 7 乾燥きくらげ 35. 2 牛みの(第1胃) 6. 8 カレー粉 28. 5 牛センマイ(第3胃) 6. 8 黒胡椒 20 ビーフジャーキー 6. 4 あさりの佃煮 18. 8 鶏卵黄 6 煮干し 18 鶏ハツ(心臓) 5. 1 干しエビ 15. 1 カモ肉 4. 3 削り節の佃煮 8 牛レバー 4 グリーンピース 1. 7 この表だけを見れば吸収率が悪い非ヘム鉄だったとしても、乾燥青海苔や乾燥ヒジキのほうがたくさんの鉄分を吸収できそうですが、それらを100g摂取するのは難しいものです。 この表の数字はあくまで含有量であり、その量が全て吸収できているわけではないことを念頭に置いておきましょう。 鉄分の種類・吸収率も分かる、こちらの記事も参考にしてみてください。 「 妊娠中の鉄分摂取。 手っ取り早く安全なのはどれ?」 鉄分を摂るときに意識しておきたいこと ヘム鉄も非ヘム鉄もバランスよく摂取を 鉄分を効率よく摂取するにはヘム鉄ばかりを選べばいいと思いがちですが、妊娠中に必要な栄養は鉄分だけに限りません。 ヘム鉄ばかりを意識しすぎるとどうしても肉類中心の食事となってしまい栄養の偏りは避けられません。 ヘム鉄はもちろんですが、非ヘム鉄も含めてバランスの良い食事から摂取できるようにしたいものです。 免疫力が低下しやすい妊娠中は生食に注意 上記の表以外にも鉄分を含んだ食品・食材はたくさんあります。 調理方法や食べ合わせに影響されやすい鉄分ですが、肉や魚類は生で食べることは控えましょう。 妊娠中は免疫力が低下しやすく、非妊娠時には問題なかったものでも免疫力が低下していれば体調を崩してしまうことになりかねません。 一度に大量に摂取しても過剰な分は体外に排出されます。 3食または間食も含めて必要量を分けて摂取するよう意識しましょう。 過剰摂取が続いても体調を崩す原因になります。 鉄分と一緒に摂取しないほうがいいものも ヘム鉄・非ヘム鉄どちらも調理や食べ合わせで吸収率が変化することは前述しましたが、具体的には以下のようなものは鉄分の吸収を阻害すると言われているので、鉄分を摂るための食事と同時に摂取する際には吸収率が低くなることを意識したほうがいいかもしれません。 鉄分の吸収を阻害するもの それらが含まれる食材 シュウ酸 ほうれん草、長ネギなど タンニン酸 緑茶、紅茶、コーヒー、赤ワインなど フィチン酸 ごま、小麦、玄米、インゲン豆、トウモロコシなど ポリフェノール類 大豆、ココア、ベリー類、リンゴなど 食物繊維 きのこ類、海藻類、ゴボウなど 表を見てみると、コーヒーや赤ワイン、ベリー類などは鉄分の摂取のタイミングから外すことは容易ですが、緑茶やごま、大豆や食物繊維など普段の食事で比較的摂取することが多い食材もあります。 これらを摂取しないとなると鉄分の吸収は促進されても、その他の栄養面が不足してしまいそうですし、食物繊維は便秘や腸内環境の改善・保持のためには必要なものなので便秘や免疫力にも影響がありそうです。 これらを摂取しないというよりも鉄分を含むものを多めに摂取することを意識したほうがいいかもしれません。 メニュー作りに困ったら、レシピサイトも活用 鉄分にはヘム鉄・非ヘム鉄があり、調理方法や食べ合わせで吸収率が変わってくるなど、「いろいろ考えると頭が痛くなってしまいそう」と悩んでしまったり、どう献立を考えればいいか混乱してしまう方もいらっしゃることでしょう。 ということで、鉄分補給ができるようなメニュー・レシピが掲載されているサイトをいくつか紹介しますので参考になさってみてください。 カロリー表示もありカロリーも気になる方にはうれしい表示ではないでしょうか。 掲載レシピも多く、簡単・手早く作れるものから凝ったものまで多くあります。 また、掲載されたレシピを利用した方のコメントなどもあり参考にもなります。 貧血ch 貧血chは損保ジャパン日本興亜が運営しているサイトです。 「貧血ch」というだけあって貧血改善レシピが多く紹介されています。 レシピだけではなく貧血のさまざまな情報も掲載されており、レシピ以外にも参考にできるものがあります。 あまり深く考えすぎずに「こまめに鉄分を摂らなきゃ!」という意識で鉄分を補給してみるようにしていきましょう! まとめ 医師は母親と赤ちゃんの健康を第一に考えて改善策を提供してくれています。 副作用を心配するあまり処方された鉄剤の服用をしないというのはご自身だけではなく赤ちゃんにもマイナスの影響が出るかもしれません。 服用するメリットの方が大きいからこそ処方されていることを覚えておきましょう。 また、貧血の改善は食生活が基本です。 鉄剤が処方されたからといってそれだけに頼っていればいいというものでもありません。 貧血の診断をされたときは貧血の程度とどのような改善策を取っていくべきなのか、医師へ相談されてみるのもいいでしょう。

次の

妊娠中に体重が増えない!胎児や母体への悪影響はあるの?

妊娠中 貧血 胎児への影響

2005年 山梨医科大学(現 山梨大学)医学部卒。 沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターを経て、板橋中央総合病院に勤務。 産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救急診療、分... 「おたふく風邪」にかかったことはありますか?一度感染していれば免疫ができるので再発することはありませんが、なかには大人になってから初めて感染する人もいます。 妊娠中におたふく風邪の免疫がないと、「もし感染してしまったらお腹の赤ちゃんは大丈夫なのかな…」と心配になりますよね。 そこで今回は、妊婦さんがおたふく風邪に感染したときの危険性と胎児への影響についてご説明します。 おたふく風邪とは? おたふく風邪とは、麻疹ウイルスの仲間である「ムンプスウイルス」が原因の感染症です。 正式名称を「流行性耳下腺炎」といい、その名の通り、耳の下にある耳下腺が炎症を起こして腫れ、悪寒や頭痛、発熱、倦怠感など風邪に似た症状が現れます。 耳の下の頬からあごの辺りがパンパンに腫れて、「おたふくのお面」のような輪郭になるのが特徴です。 妊婦さんがおたふく風邪にかかる頻度は、1万人中0. 一般的に、おたふく風邪の重症例として、合併症で髄膜炎を起こし、激しい頭痛や吐き気、意識混濁、痙攣などの症状が現れることもあります。 妊婦さんは、つわりがある時期は特に体調がすぐれないことが多くあります。 そのうえおたふく風邪にかかってしまうと、顔の腫れや吐き気のために十分に食べ物や飲み物を摂ることができず、ママも赤ちゃんも栄養不足に陥ってしまう可能性があります。 また、お腹が大きく、体の動きが制限されているので、もしおたふく風邪が重症化して意識が朦朧としてしまうと、1人で家にいるときに急に倒れてしまったりする恐れもあります。 そういったリスクを防ぐために、感染しないよう注意する必要があります。 ただし、周産期(妊娠22週~生後7日未満)にママから感染した場合、赤ちゃんが肺炎や脳炎を起こす重症例もあるので、妊娠中も産後も十分気をつけることが大切です。 関連記事 妊娠中におたふく風邪にかかったら?薬は飲めるの? おたふく風邪には特効薬がないので、対症療法が基本です。 発熱や頭痛などの症状に合わせて、妊娠中でも飲める解熱剤や鎮痛剤などを処方してもらったり、耳の下や頬の腫れを冷やして痛みをやわらげたりといった処置を行います。 顔の腫れや痛みがひどくなると食事が満足にできず、栄養不足や脱水症状になる恐れがあります。 ゼリーやプリン、豆腐などのやわらかくて喉越しがいいもので栄養を補給しながら、しっかり水分補給を心がけてください。 頭痛や吐き気があまりにもつらく、食べても吐いてしまうときには病院を受診しましょう。 点滴をしてもらうなど、少しでも体力を回復できるような対策を相談してください。 関連記事 おたふく風邪で妊娠しにくくなることも? 大人になってからおたふく風邪を発症した場合、男女ともに不妊の可能性を高める恐れがあります。 卵巣炎を起こしたからといって、すぐ不妊につながるわけではありませんが、排卵に影響が出る恐れもあるので注意が必要です。 もし妊娠中におたふく風邪にかかってしまい、次の妊娠も検討している人は、卵巣に異常がないかどうかも病院で診てもらうと安心です。

次の

妊娠中の貧血、出産の時と後にはどんな影響がある?赤ちゃんは大丈夫?

妊娠中 貧血 胎児への影響

妊娠中の貧血とは? 妊娠中に多く見られるのは、鉄分の不足による「鉄欠乏性貧血」です。 ひどくなるとお産に影響することもあるため、早めに改善を心がけることが大切です。 鉄分を補給して出産までに改善しておきましょう。 妊娠初期と末期には、血液検査で貧血の有無をチェックします。 ヘモグロビン濃度とは、血液1㎗あたりの赤血球の色素成分であるヘモグロビンの重さのこと。 ヘマトクリット値とは、血液中の赤血球の容積の割合です。 妊娠前は貧血ではなかったのに、妊娠が進むにつれ貧血になる人も少なくないようです。 なぜ妊娠中に貧血になりやすいの? 赤ちゃんや子宮が大きくなると、体内の血液の量が急激にふえます。 これは、子宮にたくさんの血液を届けるためです。 そのとき、血漿成分(水分)が急激にふえるのに対し、赤血球の増加が追いつかないため、「血液が薄い状態」になります。 もちろん、おなかの赤ちゃんの体をつくるためにも鉄分が必要となります。 これが、妊娠中の鉄欠乏性貧血の主な原因です。 どのくらい鉄分が必要なの? 鉄分は、普段でも不足しがちなミネラルですが、妊娠中は赤ちゃんの血液をつくるためもあって、いつも以上に鉄分が必要になります。 成人女性の1日に必要な鉄分量は10〜11㎎ですが、 妊娠中期以降では2倍以上の21. 5㎎が必要量とされています。 そのため、毎日の食事で鉄分補給を心がけることが大切です。 体内で吸収されやすいのは、魚介類や赤身の肉、豚や鶏のレバーなど動物性食品に含まれる「ヘム鉄」。 一方、青菜やひじきなど植物性の食品に含まれる「非ヘム鉄」は、吸収率は低いものの、各種ビタミンなどの栄養素もとれるのが魅力です。 「ヘム鉄」「非ヘム鉄」とも、ビタミンCや酢といっしに摂ると吸収されやすくなる特徴があるので、さまざまな食材を組み合わせてバランスよく摂りましょう。 貧血はおなかの赤ちゃんに影響する? ママが貧血でも、よほど重症でなければおなかの赤ちゃんには影響ありません。 しかし、母体にはさまざまな影響があります。 重度の貧血になると出産時の出血量が増えることがあります。 また、母乳の出が悪くなるなどのトラブルにつながることも。 できれば出産前に、貧血を改善しておきましょう。 妊娠中の貧血はどんな治療をするの? 食事で貧血の状態が改善されない場合は、鉄剤が処方されることがあります。 鉄剤を飲むと便が黒くなりますが、これは吸収されなかった鉄が排出されているためなので、心配はありません。 貧血を改善するために必要な薬なので、処方されたらきちんと飲みましょう。 鉄剤を飲むと、胃のむかつきや便秘などの症状があらわれる人もいます。 つらい場合は、自分の判断で飲むことをやめるのではなく、必ず医師に相談しましょう。 副作用がつらい場合や、重度の貧血の場合などは、鉄剤の注射をすることもあります。

次の