工藤 会 裁判。 東京八丁堀法律事務所

東京八丁堀法律事務所

工藤 会 裁判

県警は事件の背景を「工藤会が組織として、建設利権を牛耳るための見せしめ」とみており、工藤会中枢の関与を視野に捜査を進める方針だ。 「次はあんたも同じことになる」。 2011年11月の事件後、殺害された内納(うちのう)敏博さん=当時(72)=の葬儀に参列していた複数の建設業者の携帯電話に、次々とこんな電話がかかってきた。 発信元は公衆電話。 関係者は「組織に歯向かうなという明らかな脅しだった」と振り返る。 業界に詳しい関係者によると、大手ゼネコンは10年4月に暴力団への利益供与などを禁止した県暴力団排除条例が施行されて以降、暴力団排除を強化。 ゼネコンは下請けにも暴排の徹底を求めたため、「工藤会側には『(息のかかった業者が)工事には入れないやないか』と強い不満が広がっていた」(県警関係者)。 内納さんは当時、大手ゼネコンからの仕事を下請け業者に割り振る役割を担い、地元では業界の「顔」。 「見せしめとして、地元の業界で一番影響力のある人物を狙ってやったとみている」。 19日の記者会見で、県警北九州地区暴力団犯罪捜査課の国本正春課長は事件の背景をこう説明した。

次の

東京八丁堀法律事務所

工藤 会 裁判

裁判は検察官9人、弁護団7人という異例の態勢で幕を開けた。 野村総裁は証言台の前に立ち、落ち着いた口調で無罪を主張した。 逮捕から5年、ようやく公判が開かれることになった。 裁判のことは弁護団に任せてあるので、特に書くこともないのだが、今回の起訴内容について、私は無実であることは改めて書いておきたい。 「4つの事件、すべてについて無罪です」田上文雄会長も「関与も共謀もしていません」と述べた。 長い拘置所生活で白髪は目立つものの、2人とも健康状態に問題はないようだった。 今回の公判で審理されるのは、元漁協組合長射殺事件 平成10年 、福岡県警の元警部銃撃事件 同24年 、看護師刺傷事件 同25年 、歯科医師刺傷事件 同26年 の4件で、元漁協組合長射殺事件は殺人と銃刀法違反の罪、他の3件は組織犯罪処罰法違反 殺人未遂 の罪に問われている。 起訴状などによると、野村総裁らは元組合長射殺に関与し、他の3件については配下の組員に犯行を指示したとされている。 国内で唯一「特定危険指定」を受けている工藤會ツートップの裁判は、マスコミの注目度も高く、福岡地裁周辺ではメディア関係者などが慌ただしく行き来していた。 また、傍聴は抽選となり、たった18席の傍聴券を求めて約300人が並んだ。 公判は検察官9人、弁護団7人という異例の態勢で、来夏まで予定されている。 元組員を含め、延べ90人以上の証人尋問が行われる見通しだが、大半は検察側の証人とみられる。 一方で、元組合長の事件をめぐって、田上会長は平成14年の逮捕後に不起訴処分となっていることから、弁護団は「公訴権の乱用に当たる」とし、徹底的に争う姿勢を示した。 後藤貞人弁護団長は「ひと言でいえば、異様な裁判です」と話し、「実質的には元組合長の裁判に新しい証拠はない。 前々号から掲載してきた「獄中記」でも、野村総裁は「身に覚えがなければ無実を主張するまで」と、胸中を明かしている。 その背景には、激動の時代を駆け抜け、紆余曲折を経て溝下秀男先代と盃を交わした俠としての性分が、あるからだろう。 連載最終回となる本稿でも、野村総裁は長年にわたって歩んだ極道人生を、こう振り返っている。 獄中で訃報を聞き怒り狂った工藤會と私の歴史について、思えばいろいろなことがあった。 のちに二代目田中組組長となる木村清純親分から私が盃を受けた頃は、すでに工藤組は九州では知られた存在であった。 その中でも傘下の初代田中組・田中新太郎親分はスラリとした男前で気っぷがよく、孫分にあたる私も憧れたものである。 あの頃は、自分が三代目田中組を継承するとは、想像すらしていなかった。 昔はスターのようなヤクザが多かったが、特に小倉のヤクザは全国的に見てもレベルが高い気がする、と書いたら身びいきが過ぎるだろうか。 九州に侵攻を始めていた田岡一雄三代目率いる山口組との対立により、山口組関係者2名が殺害された。 殺人教唆の疑いで逮捕され、草野高明若頭 のちの工藤會二代目 は服役。 草野若頭が留守となった工藤組を守ったのが、若手ホープの新太郎親分だった。 工藤玄治初代に累が及ばないようにとの思いで、草野親分は獄中から独断で脱退を表明したが破門となり、当然ながら出所した時には組からの迎えはなかった。 だが、対立していたはずの田岡三代目が放免祝いを申し出て、草野親分も好意を受けたことから、さらに工藤派と草野派の対立は深まってしまう。 特に草野親分が出所したのちの昭和53年10月に草野一家を立ち上げ、翌年12月には山口組系の伊豆組・伊豆健児初代と兄弟盃を交わしたことで、空気が変わっていく。 この結縁式に出席しなかった工藤派の新太郎親分が、なんと2日後に射殺されてしまったのだ。 ヒットマンは、草野一家傘下で溝下秀男親分 のちの工藤會三代目 が率いていた極政会の若い者であった。 銃撃の原因は、工藤初代ですら出席した結縁式に、新太郎親分が出席しなかったことや、少し前に溝下親分が襲撃されて2週間のケガを負ったことへの報復だったといわれている。 この時、私は別件で服役しており、獄中で訃報を聞いて途方に暮れ、怒り狂い、荒れた。 「野村、跳んだら ケンカをしたら イケんぞ」私の様子を見て刑務官が心配したが、私は我慢できず獄中にいた草野一家の者たちをぶちのめしてしまった。 獄中で官 所長から刑務官まで施設側の人間 に媚びたり、対立組織の者に気合い負けしたりしたら、ヤクザは終わりなのだ。 こうして工藤派と草野派の対立は、より激しく銃弾が飛び交う事態となっていく。 「北九州戦争」である。 工藤・草野双方の事務所や関係者が狙われていく中、昭和56年2月4日深夜に決定的な事件が起こる。 小倉の繁華街・堺町の路上で、工藤会理事長で矢坂組・矢坂顕初代と、草野一家若頭で初代大東亜会・佐古野繁樹会長が偶然にも鉢合わせしてしまったのだ。 それぞれ若い者を5人連れており、酔いもあってか口論から壮絶な銃撃戦に発展し、矢坂理事長、佐古野若頭の双方が亡くなる。 これを受けて、「見舞い」と称して工藤会側には九州の反山口組系組織の幹部が、草野一家側には兄弟分の伊豆組長など山口組系幹部が、続々と小倉市内に集結。 代理戦争の様相も呈してしまったのだ。 ところが、危機を憂慮した関東の大親分が仲裁に入って、3週間ほどで和解が成立し、手打ち式が行われた。 双方の組織が合併するのは、さらにのちの昭和62年6月であった。 工藤玄治総裁、草野高明総長、溝下秀男若頭、そして私、野村悟本部長による「初代工藤連合草野一家」が発足。 1000人規模の九州一の組織となって、ヤクザ業界を驚かせることになる。 恩讐を超えた必然の絆反山口組と親山口組に分かれていた私たちが再び合流するのだから、それはもういろいろあった。 街中での銃撃戦も起こっており、暴力団追放運動もたびたび話題になった。 だが、最終的には、ようやく「わだかまりを捨てて合流しよう」となったのだ。 もちろん、工藤初代から「溝下と盃を交わせ」と言われた時は正直困惑した。 初代としては「合流の礎となれ」との思いからなのだろうが、溝下先代は新太郎親分の仇である。 だが、もし私が先代に対して面従腹背の態度を取ったら、周囲に必ず知れ渡り、若い者が盃を甘く見てしまうだろう。 盃がどれだけ重いものかを若い者に示すためにも、私は先代が亡くなるまで第一の子分として仕えたつもりである。 溝下先代も、こんな私を認めてくれたからこそ、後継に指名してくれたのだと思う。 工藤会と草野一家の合流の過程で、溝下先代と私は、愛憎の関係に始まり、最後は恩讐を超えた必然の絆で結ばれていたと考えている。 こんな私たちの姿をしっかりと見て学んでいた田上文雄を、五代目に指名することになる。 そして、私は同じ昭和62年の秋に、二代目田中組を継承していた木村清純親分から田中組三代目を襲名するように言われた。 これについても、いろいろ思いがあったのだが、謹んでお受けしたのである。 こうやって、少しずつ組織がまとまっていった。 〈組織の合同は、北九州の極道のことを考えれば、至極当然の成り行きですたいね。 まとまらんで反目しおうとったら、衰退するばかしやないですか〉 書籍『任侠事始め』より 太田出版刊 溝下先代は、当時のことを作家・宮崎学先生との対談で、こう振り返っている。 その通りではあるが、簡単ではなかった。 溝下先代だからこそできたのである。 平成2年には、初代工藤連合草野一家が代替わりして、二代目工藤連合草野一家 工藤玄治名誉総裁、草野高明総裁、溝下秀男総長、天野義孝総長代行、野村悟若頭 となり、平成11年には三代目工藤會 溝下秀男会長、天野義孝会長代行、野村悟理事長 に改称。 翌12年、四代目工藤會を私が継承し、溝下先代は総裁職に就いた。 私が総裁を務める現在の五代目工藤會 田上文雄会長、本田三秀会長代行、菊池啓吾理事長、木村博理事長代行 は、平成23年にスタートしている。 今では工藤初代をはじめ多くの方が鬼籍に入り、私も古希を迎えた。 これから、ヤクザの受難の時代がどうなっていくのか。 獄中からではあるが、見守っていきたいと思っている。 地元の紫川という川に遺体を投げ込んだ。 あわせて読みたい•

次の

特定危険指定暴力団工藤會は壊滅するのか?工藤会の現在

工藤 会 裁判

暴力団追放運動の関係者宅や一般企業に銃撃を加え、平然と手榴弾を投げ込むなど、いわゆる「」の市民をも攻撃対象とすることが特に知られており、関係事案のにおいて、工藤会への恐怖から証言者5名のうち4名がを拒否するなどの異常事態が確認されている。 反の旗手としても知られ、九州地方の独立組織でつくる「」という親睦団体を、、およびとともに結成している。 来歴 [ ] 代 会長 期間 初 工藤玄治 創立 - 1987 二 草野高明 1987 - 1990 三 1990 - 2000 四 2000 - 2011 五 田上文雄 2011 - 現在 前身は前の小倉に結成された「工藤組」という組織で、その初代が工藤玄治であった。 1950年、の暴力団・梶原組の組員が、工藤組草野組・草野高明組長の弟を刺殺。 梶原組と草野組は和解することなく対立を続けた。 1963年には三代目のが北九州市内の安藤組と長畠組、そして梶原組を傘下に収める。 その後梶原国弘は北九州市でのの興行の実施を地道を通して三代目山口組に依頼し、これを田岡が即座に了承。 ところがこれを知った草野高明が、梶原への対抗から、市内でのの公演の開催を決定。 これを直接のきっかけとして、工藤組組員らが山口組系組員らを河原で虐殺する、いわゆるが発生した。 紫川事件から服役するに至った草野高明が出所後に工藤組を離脱したうえで「草野一家」を結成。 そこから抗争状態に突入した工藤会と草野一家は、双方の幹部に死者を出しながら福岡県下全域で激しい銃撃戦を展開した。 特に傘下田中組組長・田中新太郎が草野一家「極政会」によって殺害された1980年を境に抗争は激化の一途を辿った。 そうして激しい抗争を続けたものの、1987年をもってついに草野一家と再統合。 1992年(平成4年)にに基づくとなった。 やがて最大傘下組織・田中組の組長であった田上文雄が2011年に五代目を襲名、前会長の野村はに退いた。 情勢 [ ] 旧本部の所在地は、ほど近くの商住地域の神岳1-1-12に位置していたが 、2020年6月現在は、八坂組事務所三郎丸3-11-6に本部を置いている。 その主なには、の要求、の密売、などへの不当介入、さらには一般の商取引および経済取引部門への介入などが含まれるものと見られている。 勢力範囲については、2014年時点で公式には福岡県、、およびの3県とされていたものの、同年、にあたる内の事務所が新たに特定されている。 さらに内の事務所の存在も表面化した。 の報告によると、準構成員を含めた人員総数は2011年暮れの時点で1,020名。 2015年暮れの時点で810名。 の報告によれば、2014年なかばの時点でおよそ950名。 2009年2月の『』での報告によれば、2008年12月実施の2009年度「事始めの儀」の時点で、全構成員中、320名余りが服役中であった。 福岡県警は2014年9月11日、総裁の野村悟被告と会長の田上文雄被告を、1998年に起きたに関わったとして容疑で逮捕し、15年6月には、下部組織から集めた「」を所得として申告せずしたとして違反容疑でも逮捕した。 10月には野村悟と田上文雄が組織的殺人未遂の容疑で再逮捕され、同時に理事長の菊地敬吾が同容疑にて逮捕、拘束を受け、これにて組織のトップ3が不在の状態となるに至った。 さらにこれら3名の逮捕後実質トップを担っていた理事長代行の木村博も逮捕されるに至っている。 2018年12月に、北九州市は工藤會側がを滞納していたため、工藤會の本部事務所をに基づきを完了した。 工藤會側が固定資産税800万円の滞納、延滞分を支払わなかったため、福岡県に引き渡された後、福岡県内の企業に転売された。 脱税など「逃げ得」を防止する為に、野村悟の自宅の仮差押の許可、本部売却金額にて租税の納付、事件被害者の補償に分配される。 事務所は2020年2月までに撤去され更地となった。 2019年のによれば、2019年時点で、組員約300人の内、およそ半分が、拘留またはで服役中の状態にある。 また、によれば福岡県警の工藤會壊滅作戦により、活動範囲が狭まり、末端の組員は生活基盤が崩壊、「難民」化し、自殺を選ぶ者もでているという。 とは親戚団体の関係にある。 関係者の言によると、体制に入った山口組が組織ぐるみの縁を築いていない組織は、と工藤会のみである。 かつてはのやの、の、のなどとともに、反山口組を掲げる親睦団体「」を結成していた。 2001年のは、その前年に発生した暴力団抗争事件の目立った事例として、工藤会の山口組との抗争事件を採り上げ、福岡県と山口県を舞台に頻発したその抗争事件の過程で起きた、工藤会による山口組傘下組織組長の射殺を報告している。 2008年に三代目会長のが死去した折には、斯界すなわち暴力団界の代紋頭や最高幹部などの大物陣が日本全国各地から葬儀に参列、いわゆる組織に着目すれば、全22団体中、のみを除いた全団体の頭目ないしはその名代が駆けつけた。 暴追関係 [ ] 実施後の1994年、当局から受けていた再発防止命令を無視してみかじめ料の要求を行ったとして、傘下組織の組員が検挙された。 これは全国初の同法違反に基づく検挙例であった。 2006年にはの製作による反暴力団関係のビデオ(『』 )に関し、これの学校での上映を検討していた市教委に対して、上映の中止を要望する旨の申し入れを行ったことが注目を集めた。 最高顧問の林武男名義で送付されたその請願書は、当該ビデオの上映をに当たる行為であるとし、それによって起こりうる組員の子息らへのの誘発への懸念の旨などを記していた。 これに対して市教委は返答が可能な段階には未だ至っていないとし、県警側は指摘されたような内容のものにはあたらないとの反論を示した。 北九州市に新たな事務所を設立した2010年には、その立地が小学生児童らの通学路に隣していたことが問題となった。 これを受けて北九州市は、近辺へのの配置を決定。 それからほどなくしてではが実施の運びに至り、のが現地を視察。 工藤会を壊滅に追い込む「」を実行するよう捜査員らに訓示している。 のち元警部が、市内で銃撃を受けるという事件が発生した2012年には、この事件への工藤会の関与の疑いを背景としての、からの市内への員(150名)の派遣が決定。 さらに「工藤会対策」の一環として、捜査員の長期派遣が決定。 人員は銃器や薬物の捜査を担う専従捜査員10名で、他道府県への専従捜査員の派遣は同庁にとって異例のことであった。 改正暴力団対策法に基づく「」への指定(2012年) を経て、2014年にはの対象となる。 日本の暴力団において、・・に続く4例目の指定であった。 防犯標榜活動 [ ] 工藤会はいわゆるの排除を提唱し、1990年代の後半頃からというもの、組員数十人を動員したうえで、北九州市内の繁華街における中国人経営の風俗店や酒場の存在を調査させ、発見次第それらを街から追放するという活動を行ってきた。 市内の繁華街にあっては、中国人経営のスナックが放火されるなどの事件が相次ぎ、中国人の経営によるその種の店舗が街から姿を消した状態となっている。 警察当局の「工藤會対策」が激化する2006年頃までは、夜間の繁華街において、複数の組員を動員してのいわゆる「夜回り」を行っていた。 警察当局はこれを示威(等)を目的とする行動と見ていた。 重武装化 [ ] かねてより重武装化の兆候が確認されており、2010年以降も、組織の関与が疑われる武器類の摘発が相次いできた。 2011年には、組織の武器庫の一つであったものと見られる内のマンションの一室で、製の回転式拳銃や付きの半自動拳銃、製短機関銃や自動小銃など、殺傷能力の高い銃火器が大量に押収された。 これについては、件の容疑者が裁判において、密売目的の所持であったと証言しており、工藤會の組織的関与が認められるには至っていない。 さらにその翌2012年には、組織の関係人物の管理下にあった北九州市内のにて、多数の自動式拳銃などとともに装弾済みのが押収されている。 のちの鑑定によれば、この品は製の用ロケットランチャー「」 で、その摘発の舞台となった倉庫も同様に、組織の武器庫であったものと目された。 市民対象暴力 [ ] 工藤会はいわゆる「」の一般市民をも容易に攻撃対象に加えるという点で特に知られてきた。 著名な事例としては、歴史的なものでは、をで攻撃(1988年) 、福岡県警元暴力団担当警部宅にを撒布し放火(1988年) 、や区役所出張所などを17件前後にわたって連続的に銃撃(1994年)、などが挙げられ、2000年代以降のものでは、暴力団事務所撤去の運動に取り組んでいた商店に車両で突撃 、暴力追放を公約に掲げて当選した長の後援市議を襲撃 、警察官舎敷地内の乗用車に爆弾を設置 、の会長宅に爆発物を投擲 、の社長宅への投擲及び同社関連会社と同社役員の親族宅を銃撃 、暴力団追放運動主導者の経営するにを投擲 、次期総理大臣であったのの自宅と後援会事務所にを投擲した 、の小倉工場に爆発物を投擲 、工藤会追放運動を推進していた自治連役員宅を銃撃 、みかじめ料の要求を断ったを火炎瓶や放火などをもって執拗に攻撃 、元工藤会担当県警警部を路上で銃撃 、などが幅広い報道の対象となった。 西部ガスの件を全国ニュースとして報道したは、工藤会関係者を名乗る男からの脅迫電話を受けている。 2013年1月、野村総裁は自身が受けたの増大手術や脱毛手術の術後の状態に不満を持ち、その報復として元幹部の男に指示し手術を担当した女性看護師を刺傷させた。 女性は頭を3か所切られるなど重傷を負った。 2017年2月に初公判が開かれた。 五代目工藤會 [ ] 出典:『』• 総裁 野村悟• 会長 田上文雄• 最高顧問 林武男• 執行部• 会長代行 本田組組長・本田三秀• 理事長 五代目田中組組長・菊池啓吾• 総本部長 石田組組長・石田正雄• 幹事長 緒方哲組組長・緒方哲徳• 組織委員長兼渉外委員長 篭縞組組長・篭縞武志• 風紀委員長 長谷川組組長・長谷川泰三• 懲罰委員長 木原組組長・木原浩• 総務委員長 山中組組長・山中政吉• 事務局長 田中 十 組組長・田中十四春• 理事長補佐 瓜田組組長・瓜田大• 理事長補佐 四代目極政組組長・内蔵成喜八• 顧問 添島組組長・添島弘之• 常任相談役• 中島組組長・中島直人• 玉井組組長・玉井金芳• 緒方組組長・緒方紀年• 三代目土谷組・奥平政義• 松本組組長・松本光将• 林 政 組組長・林政美• 二代目矢坂組組長・山本和義• 会長舎弟 二代目津川組組長・木村博 殺人罪,2017. 10福岡高裁判決無期懲役• 総裁秘書 木政組組長・木村政勝• 総裁付• 白石組組長・白石孝• 大原組組長・大原康昭• 久保組組長・久保恵• 丸本組組長・丸本哲雄• 二代目木下組組長・船田茂樹• 今田組組長・今田雄二• 山本組組長・山本峰貢• 山下組組長・山下義徳• 五代目林組組長・林孝章• 反田組組長・反田信政• 伊崎組組長・伊崎年春• 吉原組組長・吉原聖吉• 井塚組組長・井塚則夫• 池田組組長・池田一男• 高野組組長・高野基司 非現住建造物等放火未遂罪,2007. 9福岡地裁小倉支部判決懲役20年• 中村組組長・中村数年 殺人罪,2006. 12福岡地裁小倉支部判決無期懲役• 二代目村上組組長・森隆志• 三明組組長・三明和夫• 四代目田口組組長・大原弘• 武本組組長・武本友裕• 新屋組組長・新屋実• 川谷組組長・川谷隆雄• 福山組組長・福山幸一• 古本組組長・古本健二• 大場組組長・大場雅己• 小川組組長・小川幸司• 下川組組長・下川直也• 小松組組長・小松明弘• 影浦組組長・影浦壱治• 馬場組組長・馬場資房• 玉田組組長・玉田圭司 出典 [ ] []• Report. 1-40. 2020年4月18日閲覧。. 2020年4月18日閲覧。 『』 2012年4月25日• 『』 2012年8月23日 (英語)• 『』 2012年12月20日• 『』 2014年9月18日• 『』 2010年5月4日 The Tokyo Reporter (英語)• 『』 2012年8月2日• 『』 2011年4月25日• 『』 2010年5月19日• 『』 2011年4月• 『』 2014年7月2日• 60-63 2012年6月1日• 『』 三浦久 1981年2月28日 ・• 『』 1993年• 『』 p. 109 2009年7月• 『』 (『極道一番搾り親分、こらえてつかあさい』 ) 1999年10月• 『』 2011年7月13日• 『』 2012年• 『』 2012年11月30日• Yahoo! Japan ニュース 2020年5月18日. 2020年6月7日閲覧。 『』 2009年• 『』 2014年9月13日• 『』 2014年12月29日• 『』 2012年12月27日• 『』 2016年1月15日• 『』 2014年7月3日• 『』 p. 43 公開時期不詳 田村正博• 週刊SPA!編集部 2019年2月16日• 朝日新聞 2014年10月1日• 時事ドットコム 2015年1月26日• 朝日新聞 2019年12月4日. 2020年4月19日閲覧。 西日本新聞 2019年10月10日. 2020年4月19日閲覧。 共同通信 2020年4月19日. 2020年4月19日閲覧。 株式会社エス・ピー・ネットワーク 2019年10月. 2020年4月18日閲覧。 192—197 2009年2月1日• 『』 2007年12月17日• 『撃滅 山口組vs一和会』 p. 208 2000年• 『』 2001年• 『』 1995年• 『』 2007年1月24日• 『』 2006年07月13日• 『』 2010年4月13日 および. 2010年4月13日. 2010年4月13日閲覧。 『』 2012年5月26日• 『』 2012年7月1日• 『』 2012年9月28日• 『』 2012年12月20日• 『』 2014年7月3日• 『』 2014年7月3日• 『』 2009年10月18日• 『』 2007年• 『』 2011年7月9日 および 『』 2011年7月13日• 2012年4月18日• 『』 2012年10月17日 および 『』 2012年10月17日 および 『』 2012年10月17日• 『』 2012年10月18日• 『』 2012年10月18日• 『』 2011年11月9日• 『』 1989年• 『』 2011年3月7日 (英語)• 『』 2010年4月10日• 『』 2003年8月20日 (英語)• 『』 (工藤会との言及あり) 2007年3月10日 (英語) もしくは 『』 (工藤会との言及なし) 2007年3月9日 もしくは 『』 (工藤会との言及なし) 2007年3月9日 (中国語) もしくは 『』 (工藤会との言及あり) 2004年6月25日 -• 『』 2014年11月19日• 『』 2010年3月22日• 『』 2010年10月31日• 『』 2012年4月19日• 『』 2010年4月14日• 朝日新聞 2017年2月20日.

次の