箱根 細工。 寄木細工、箱根細工|いづみやがお届けする日本の伝統工芸

寄木細工とは?

箱根 細工

箱根寄木細工の概要 1. 箱根寄木細工とは 違う色の木をそれぞれ寄せ集めて模様を作り出す技術のことです。 模様は60種類ほど存在しますが、配色や木材を変える事によってもっと多くの模様を作り出すことができます。 箱根寄木細工の特徴 加工されていない木の色合い・風合いを感じるとともに、職人達の技術によって生まれた美しい模様が特徴です。 木材のパーツを組み合わせて模様を作り出した種板 たねいた をもとに、カンナで種板を1枚の紙のように薄く削ったズクと呼ばれるものを、木製品の表面に貼る「ズク貼り」と、種板をそのままろくろなどで削り出し作品にする「ムク作り」の二つがあります。 ズク貼りのズクは厚さ0. 15~0. 35mmととても薄く、様々な木製品の形にあわせることができます。 対してムク作りはズク貼りのように量産はできないものの、削る角度によって模様が大きく変わるため、様々な表情を見ることができます。 使用する木材 無垢材と呼ばれる1本の木から数本しか手に入らない、加工がされていない木材を使います。 無垢材は吸湿性や放湿性もあり季節の気候の変化にも対応し、快適な環境を保つことができる為、家具やインテリア雑貨などにも使われています。 金指さんの工房ではおよそ10種類の木材を使っており、外から仕入れる以外に、ご自分で木を植えて育てたりもしています。 ここでは、使用されている木材の中からいくつかご紹介します。 綺麗な紫色の木材です。 胃の薬として漢方でも使われているそうです。 地中にある間は酸素に触れることがないので、腐敗することなく、独特な色合いに変化します。 箱根寄木細工の歴史 1. はじまり 箱根・小田原地方では豊富な木材を使って、ろくろを使ってお椀などを作る挽物細工 ひきものざいく と、板を組み合わせて箱や箪笥を作る指物細工 さしものざいく を「箱根細工」として生み出してきました。 戦国時代から作られていた挽物細工が特に盛んでしたが、江戸時代後期、畑宿 はたじゅく に住んでいた石川仁兵衛 いしかわにへえ が、 静岡で生まれた寄木細工の技術を応用し「箱根寄木細工」を考案したことによって、指物細工も増えていくようになります。 発展 小田原と箱根の中間にあった畑宿はその名の通り宿場が多くあり、東海道が整備され旅人が増えると土産物としても人気となりました。 また、木工を生業とする職人も多かった為、明治時代には複雑な文様 模様 が作られるようにもなりました。 国の伝統的工芸品に指定 昭和59年、通商産業大臣より、箱根寄木細工は伝統工芸品に指定されています。

次の

箱根で寄木細工を作るアート体験 : 旅行読売セレクト : 旅 : 趣味 : ニュース : 読売新聞オンライン

箱根 細工

様々な模様で作られる、寄木のブロック 箱根寄木細工の特徴である美しい幾何学模様は、さまざまな色合いの木材を組み合わせることで作られていく。 まず、基礎材と呼ばれる材料となる木を型に入れて切り、模様の部材を作り、同じ形の部材を貼り合わせることで、模様の基礎となる小さな寄木のブロックをつくる。 その小さなブロックをさらに貼り合わせてできるのが、「種板 たねいた 」と呼ばれる大きなブロックだ。 箱根寄木細工には、「ヅクばり」と「ムクづくり」とよばれる技法があるが、これは種板の加工方法の違いによるもの。 「ヅクばり」は古くからおこなわれている技法で、種板をかんなで薄く削ってシート状にしたものを小箱などに化粧材として貼っていくのに対し、「ムクづくり」は種板をそのままくりぬいて作品を作る技法で、箱根寄木細工の魅力を多くの人に知ってもらうために近年考案された。 華麗なるデザイン 寄木細工に使われる伝統的な模様は約50種類ある。 「六角麻の葉」や「市松」「からみ桝 ます 」などが代表的な模様だ。 組み合わせる木材の種類と、部材を貼り合わせたものをのこぎりで切る際の角度を変えることで、さまざまな模様を作り出す。 制作途中のトロフィーを持つ金指さん 金指さんが作るトロフィーには一切設計図がなく、実際に手を動かしながら作り上げていく。 もともとは寄木細工とは別の木工の仕事をしていた金指さんだが、寄木細工の道を志した時には、すでに寄木細工の職人の数はかなり減っており、周囲からの反対も少なくなかったという。 箱根の伝統工芸品である寄木細工が衰退していくのを自身の肌で感じるとともに、種板を0. 15ミリから0. 25ミリの薄さに削った「ヅク」を何枚も貼り付けて作品を作ることが自身の性に合わないと感じた金指さんは、寄木細工の作り方を習得していくうちに種板そのものを削り出して作品を作り出す「ムクづくり」の手法を編み出した。 「ムクづくり」の手法を積極的に地域で広め、箱根寄木細工の復興に尽力していた金指さんに箱根町がオファーしたことで、1997年 平成9年 に唯一無二の箱根駅伝のトロフィーが完成した。 立体の寄木細工。 こちらもブロックから削り出して作られる。 <関連の読みもの> 箱根寄木細工の職人が手がける、世界にひとつの箱根駅伝トロフィー。 唯一の作り手、金指さんが描く夢 箱根寄木細工の歴史。 始まりは江戸の宿場町から 江戸時代後期、畑宿という小田原と箱根のちょうど真ん中辺りにある宿場町で、寄木細工は生まれた。 畑宿の石川仁兵衛が、木の種類が豊富な箱根の山の特性に着目し、色や木目の違うさまざまな木を寄せ合わせてお盆や箱を作ったのが始まりだとされている。 旅人が行き交う畑宿で、美しい幾何学模様の箱根寄木細工は旅の土産物として人気を博した。 江戸時代後期に作られ始めた当初は、乱寄木や単位文様と呼ばれる簡単な模様の寄木細工が主流だった箱根寄木細工。 明治時代に入ると、静岡方面の寄木の技法が取り入れられたことで、現在のような複雑な幾何学模様の寄木細工が作られるようになった。 1984年 昭和59年 5月には、通商産業大臣より国の伝統的工芸品として指定を受けた。 江戸時代から現代に至るまで技術伝承がなされている小田原・箱根地方は、箱根寄木細工の国内唯一の産地として知られる。 ここで買えます、見学できます ・金指ウッドクラフト 箱根駅伝のトロフィーを作っている金指さんの工房で、歴代トロフィーのレプリカも展示されている。 神奈川県足柄下郡箱根町畑宿180-1 0460-85-8477 ・本間寄木美術館 ほんまよせぎびじゅつかん 1994年 平成6年 、本間木工所の社長だった本間昇 ほんま・のぼる さん 現在は会長 が設立した美術館。 本間さんが長い年月をかけて収集した寄木細工などが展示されている。 〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本84 0460-85-5646 0460-85-6580 ・WAZA屋 箱根物産連合会の直営店。 JR小田原駅直結の「ラスカ小田原」内にある。 〒250-0011 神奈川県小田原市栄町1-1-9 ラスカ小田原5F 0465-23-7749 関連する工芸品 木工品:「さんち~工芸と探訪~ 日本の木工とは。

次の

【回数別】寄木細工の秘密箱・からくり箱7選

箱根 細工

その製作を体験したくて湯本にある本間木工所を訪ねた。 29歳から88歳まで6人の職人が、丸太を切る作業からこだわる工房だ。 「寄木コースター作りは、パズル感覚で楽しんでください。 2人で違う文様を選んで、パーツを取り換えるのも面白いです」とスタッフの本間直子さん。 12ピースで1セット(1000円)。 「使う木は白系のミズキ、茶系のカツラ、緑系のホオノキなど。 同じ木でも濃淡は異なり、人は野山の木々など緑の色に敏感ですので、微妙な違いによる風合いも感じてほしいです」と職人の一人、本間博丈さんは話す。 寄木細工の手法は大きく二つ。 数種の細木を束ねて文様を作った 種板 たねいた を薄く削って、小箱などに装飾する「ヅク貼り」。 種板をそのまま加工して製品にする「ムク作り」。 コースター作りはムクにあたり、12ピースを接着し、紙やすりをかけ、最後にワックスで光沢を出して完成だ。 長年の経験を要するヅクは、硬さの違う木を均一の厚さに削るのが難しい。 そんなヅク貼りを代表する土産が秘密箱。 箱根関所に近い箱根丸山物産で製作体験できる。 ヅク貼りが楽しめる秘密箱作り 「秘密箱は、面を繰り返しスライドして開けるからくりを施したもの。 店内には開けるのに1536回の手順を要する箱もあります」と代表の丸山一郎さん。 丸山さんがかんなで種板を削ったヅクは、透き通るほどに薄かった。 京都から遊びに来ていた山口容子さん、 惇 あつし 君の親子。 惇君は木や植物が好きで、秘密箱の製作体験が箱根での目的だという。 体験できるのは大小2種(3540円、2000円)で、共に4回で開くタイプ。 無地の組木を順番にはめ、ヅクを箱の面に貼り、表面をやすりで平らにして最後にロウで 磨 みが き上げる。 惇君は、「大切にしている硬貨を入れたい」と自分で作った秘密箱に満足する笑顔を見せてくれた。 「読んで楽しく、行って役立つ旅の情報誌」がモットー。 最新号や臨時増刊などの案内は。

次の