企業型確定拠出年金 移管。 確定給付企業年金とは?確定拠出年金との違いは?転職・退職時は?

確定拠出年金の移換手続き・流れ|確定拠出年金のJIS&T

企業型確定拠出年金 移管

確定拠出年金(DC・401k)は、運用も手続きも自己責任なので要注意! 確定拠出年金は、転職や退職をした時に、その人の年金運用を次の転職先などにスムーズに移行することができるものです。 このDC制度のいいところですよね。 会社が変わっても、自分自身の年金運用は継続できるので、安心して長期運用を考えることができます。 ところが、転職や退職をする時に、移行の手続きを忘れていては大変なことになります。 今回は、転職や退職時に必要となる DCの手続きなどをご紹介しましょう。 <目次>• 個人で運用を決める、確定拠出年金とは? まずは、少し確定拠出年金(DC)のおさらいをしておきましょう。 DCは公的年金に上乗せされる部分の年金です。 加入者自らが掛金を個人ごとに運用し、その結果をもとに年金給付額が決められるというものです。 従来の公的年金の上乗せ部分といえば、厚生年金基金や適格退職年金などの企業年金制度でした。 これらの企業年金は、中小企業や自営業者に利用する機会が少なく、転職などをすると資産の持ち運びが難しいという点がありました。 これらを受けて、個人でも加入でき企業に依存をしない「DC」が導入されたということです。 企業型DCと個人型DC(iDeCo) 確定拠出年金には、企業型年金と個人型年金(愛称:iDeCo)の2種類があります。 企業型確定拠出年金は、この年金を導入している企業が実施するもの。 その企業に勤務する従業員が加入できます。 個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できるのは、以下の通り。 自営業者等(国民年金第1号被保険者)• 厚生年金保険の被保険者(国民年金第2号被保険者、企業型年金に加入している人は一部加入不可• 専業主婦(夫)等(国民年金第3号被保険者) 平成29年1月より、個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者の範囲が拡大し、公務員や専業主婦なども加入できることになりました。 確定拠出年金(DC)の加入者と運用指図者 確定拠出年金(DC)には、掛金を拠出している「加入者」と、掛金を拠出せずに年金資産を運用指図するだけの「運用指図者」がいます。 この運用指図者は、新たに掛金を積み立てることなく、その時の資産だけを運用することです。 企業を退職した人や、個人型DCに加入していたが積み立てをやめた人など、です。 このように確定拠出年金(DC)は、転職や退職をしても年金資産の持ち運びが容易に行えるということでしたが、具体的にどのような手続きをすればいいのでしょうか? 転職先がDCを導入しているか、がポイント DCの加入者は、転職や退職のタイミングで資産の移換先を探す必要がある 企業型確定拠出年金に加入している人が転職する時には、資産を移換する必要があります。 転職先で手続きをしましょう。 新たに、個人型確定拠出年金(iDeCo)に掛金を拠出するかどうかも選べます。 今後も積み立てを続けるなら加入者として、今までの資産を運用するのみなら運用指図者として、移換しましょう。 個人型確定拠出年金(iDeCo)への手続きは金融機関へ 個人型確定拠出年金(iDeCo)は、各金融機関で取り扱われています。 都市銀行、信用金庫、証券会社、ゆうちょ銀行(郵便局)、JA、保険会社などで扱われています。 まずは、移換先の金融機関を選びましょう。 手数料や取り扱い商品数などをチェックして選ぶといいですね。 移換する金融機関が決まれば、その金融機関で手続きを行うことができます。 起業の場合は個人型確定拠出年金(iDeCo)に 起業をするなど自営業となる場合は、国民年金第1号被保険となります。 この時は、個人型確定拠出年金(iDeCo)に移換することになります。 新たに、個人型確定拠出年金(iDeCo)に掛金を拠出するかどうかも選べます。 今後も積み立てを続けるなら加入者として、今までの資産を運用するのみだと運用指図者として移換しましょう。 専業主婦・公務員は確定拠出年金(iDeCo)に加入が可能 国民年金弟3号被保険者(夫の扶養に入っている専業主婦など)や公務員は、平成29年1月から個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入することができるようになりました。 積み立ててきた資産は、個人型確定拠出年金(iDeCo)に移換することになります。 新たに、個人型確定拠出年金(iDeCo)に掛金を拠出するかどうかも選べます。 今後も積み立てを続けるなら加入者として、今までの資産を運用するのみだと運用指図者として移換しましょう。 確定拠出年金の退職後手続きは、半年以内に! これらの手続きですが、全て退職後半年以内にするようにしてください。 半年を過ぎてしまうと、「国民年金基金連合会」に自動移換されてしまいます。 移換されると、運用されずに現金で保管され、手数料もとられてしまいます。 運用益もなく手数料をとられるということになってしまいますのでご注意を。 自動移換された後は、DCの加入期間にもカウントされません。 年金の受取り可能時期が遅くなる場合もありますし、そもそもそのままでは給付を受けることができません(給付を受けるには個人型確定拠出年金に資産を移換することが必要)。 メリットが何もないこの自動移換。 退職後の半年なんてあっという間に過ぎてしまうものです。 大切な年金資産を目減りさせないためにも、忘れずに手続きをしましょう。

次の

確定拠出年金は転職・退職したら急いでiDeCoに切替えよう!

企業型確定拠出年金 移管

これで安心!転職時に必要な企業型確定拠出年金の手続き 転職時には、公的年金や健康保険の切り替えなど、さまざまな手続きが必要です。 さらに、転職前の会社で企業型確定拠出年金(企業型DC)に加入していた人は、上記に加えて企業型DCに関するさまざまな手続きを行わなければなりません。 どのような手続きが必要なのか、転職のパターンごとにみていきましょう。 転職先に企業型DCがある場合 転職先に企業型DCがある場合は、転職先の制度に加入することになります。 年金資産の移換手続きが必要ですので、手続き方法を会社の担当部署に確認してください。 転職先に企業型DCがない場合 転職先に企業型DCがない場合は、個人型確定拠出年金(iDeCo(イデコ))の口座を開設して、企業型DCの資産をiDeCo(イデコ)に移換することができます。 運営管理機関(金融機関)は、転職前の会社の企業型DCと同じところを選んでもよいですし、自分で別の金融機関を選んでもかまいません。 自営業者、公務員、専業主婦になる場合 いずれの場合も、前段の「企業型DCのないケース」に該当します。 企業型DCに加入していた人は、iDeCo(イデコ)の口座を開設して、企業型DCの資産をiDeCo(イデコ)に移換します。 iDeCo(イデコ)の金融機関選びのポイント 自分で金融機関を選ばなければならないiDeCo(イデコ)では、金融機関の選び方が重要になります。 iDeCo(イデコ)の口座を開設できるのは、1人1つの金融機関となっています。 金融機関は途中で変更することも可能ですが、変更のためには手間と時間を要します。 自分にふさわしい金融機関を慎重に選びましょう。 ここで、金融機関の選び方のポイントを簡単に説明します。 ポイントは次の3つです。 手数料(口座管理手数料・信託報酬など)• 運用商品のバリエーション• 利便性・サービス対応 企業型DCでは口座管理手数料等は会社が負担してくれるのが一般的ですが、iDeCo(イデコ)では自分で負担する必要がある点に注意してください。 毎月の口座管理手数料や信託報酬は、金融機関ごとに大きく異なります。 年間の手数料を比べてみると、安いところと高いところでは3倍ほどの開きがあることに驚くかもしれません。 iDeCo(イデコ)は長期の積み立て運用になりますので、運用期間が長くなればなるほど、口座管理手数料よりも信託報酬の差が大きく影響します。 どんなに素晴らしい運用商品でも、信託報酬が高額では利益を圧迫することになります。 できるだけ信託報酬の低い金融機関を選ぶようにしましょう。 また、手数料だけでなく、窓口やコールセンターで親身に相談にのってくれるなど、サポート体制が充実しているかどうかも重要なポイントです。 りそな銀行では、全国の支店や受付金融機関で加入の相談が可能なほか、コールセンターも土日や平日夜(21時まで)も対応しています。 iDeCo(イデコ)に資産を移換しないとどうなる? 企業型DCに加入していた人が企業型DCのない会社に転職した場合には、注意すべきことがあります。 できるだけ早期に、具体的には退職後6カ月以内にiDeCo(イデコ)への資産移換の手続きをすることです。 手続きをせず放置していると、企業型DCの資金は現金化されて、国民年金基金連合会に自動的に移換されてしまうからです。 自動移換されると、資産から手数料が毎月引かれるなど、さまざまなデメリットがあります。 自動移換のデメリットについて、詳しくはを参照してください。 60歳未満で企業型DCのない会社へ転職する人は、iDeCoへの加入が必須 確定拠出年金は、企業型DCだろうとiDeCo(イデコ)だろうと、60歳以降にならないと受け取ることができません。 簡単に引き出すことができないのはデメリットであると同時に、資産を確実に貯めるという意味ではメリットであるともいえます。 ごく例外的に「脱退一時金」を受け取ることも可能ですが、そのためには所定の条件を満たす必要があります(条件の詳細はを参照してください)。 どちらにしても、企業型DCの資産は60歳まで資産の引き出しができないので、掛金を積み立てたり、運用指図をしたり、将来給付を受け取るためには、iDeCo(イデコ)に加入して企業型DCの資産を移換することが必須となります。 ここまでの内容をふまえると、確定拠出年金は制約の多い制度であると感じるかもしれません。 しかし、豊かな老後を送るためには、掛金拠出時、運用時、受け取り時いずれにも税制メリットがある確定拠出年金制度を活かさない手はないでしょう。 確定拠出年金に関するお問い合わせはこちら.

次の

確定拠出年金を企業型から個人型に移行した際の手続きと掛かる日数をまとめてみた

企業型確定拠出年金 移管

確定拠出年金(DC・401k)は、運用も手続きも自己責任なので要注意! 確定拠出年金は、転職や退職をした時に、その人の年金運用を次の転職先などにスムーズに移行することができるものです。 このDC制度のいいところですよね。 会社が変わっても、自分自身の年金運用は継続できるので、安心して長期運用を考えることができます。 ところが、転職や退職をする時に、移行の手続きを忘れていては大変なことになります。 今回は、転職や退職時に必要となる DCの手続きなどをご紹介しましょう。 <目次>• 個人で運用を決める、確定拠出年金とは? まずは、少し確定拠出年金(DC)のおさらいをしておきましょう。 DCは公的年金に上乗せされる部分の年金です。 加入者自らが掛金を個人ごとに運用し、その結果をもとに年金給付額が決められるというものです。 従来の公的年金の上乗せ部分といえば、厚生年金基金や適格退職年金などの企業年金制度でした。 これらの企業年金は、中小企業や自営業者に利用する機会が少なく、転職などをすると資産の持ち運びが難しいという点がありました。 これらを受けて、個人でも加入でき企業に依存をしない「DC」が導入されたということです。 企業型DCと個人型DC(iDeCo) 確定拠出年金には、企業型年金と個人型年金(愛称:iDeCo)の2種類があります。 企業型確定拠出年金は、この年金を導入している企業が実施するもの。 その企業に勤務する従業員が加入できます。 個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できるのは、以下の通り。 自営業者等(国民年金第1号被保険者)• 厚生年金保険の被保険者(国民年金第2号被保険者、企業型年金に加入している人は一部加入不可• 専業主婦(夫)等(国民年金第3号被保険者) 平成29年1月より、個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者の範囲が拡大し、公務員や専業主婦なども加入できることになりました。 確定拠出年金(DC)の加入者と運用指図者 確定拠出年金(DC)には、掛金を拠出している「加入者」と、掛金を拠出せずに年金資産を運用指図するだけの「運用指図者」がいます。 この運用指図者は、新たに掛金を積み立てることなく、その時の資産だけを運用することです。 企業を退職した人や、個人型DCに加入していたが積み立てをやめた人など、です。 このように確定拠出年金(DC)は、転職や退職をしても年金資産の持ち運びが容易に行えるということでしたが、具体的にどのような手続きをすればいいのでしょうか? 転職先がDCを導入しているか、がポイント DCの加入者は、転職や退職のタイミングで資産の移換先を探す必要がある 企業型確定拠出年金に加入している人が転職する時には、資産を移換する必要があります。 転職先で手続きをしましょう。 新たに、個人型確定拠出年金(iDeCo)に掛金を拠出するかどうかも選べます。 今後も積み立てを続けるなら加入者として、今までの資産を運用するのみなら運用指図者として、移換しましょう。 個人型確定拠出年金(iDeCo)への手続きは金融機関へ 個人型確定拠出年金(iDeCo)は、各金融機関で取り扱われています。 都市銀行、信用金庫、証券会社、ゆうちょ銀行(郵便局)、JA、保険会社などで扱われています。 まずは、移換先の金融機関を選びましょう。 手数料や取り扱い商品数などをチェックして選ぶといいですね。 移換する金融機関が決まれば、その金融機関で手続きを行うことができます。 起業の場合は個人型確定拠出年金(iDeCo)に 起業をするなど自営業となる場合は、国民年金第1号被保険となります。 この時は、個人型確定拠出年金(iDeCo)に移換することになります。 新たに、個人型確定拠出年金(iDeCo)に掛金を拠出するかどうかも選べます。 今後も積み立てを続けるなら加入者として、今までの資産を運用するのみだと運用指図者として移換しましょう。 専業主婦・公務員は確定拠出年金(iDeCo)に加入が可能 国民年金弟3号被保険者(夫の扶養に入っている専業主婦など)や公務員は、平成29年1月から個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入することができるようになりました。 積み立ててきた資産は、個人型確定拠出年金(iDeCo)に移換することになります。 新たに、個人型確定拠出年金(iDeCo)に掛金を拠出するかどうかも選べます。 今後も積み立てを続けるなら加入者として、今までの資産を運用するのみだと運用指図者として移換しましょう。 確定拠出年金の退職後手続きは、半年以内に! これらの手続きですが、全て退職後半年以内にするようにしてください。 半年を過ぎてしまうと、「国民年金基金連合会」に自動移換されてしまいます。 移換されると、運用されずに現金で保管され、手数料もとられてしまいます。 運用益もなく手数料をとられるということになってしまいますのでご注意を。 自動移換された後は、DCの加入期間にもカウントされません。 年金の受取り可能時期が遅くなる場合もありますし、そもそもそのままでは給付を受けることができません(給付を受けるには個人型確定拠出年金に資産を移換することが必要)。 メリットが何もないこの自動移換。 退職後の半年なんてあっという間に過ぎてしまうものです。 大切な年金資産を目減りさせないためにも、忘れずに手続きをしましょう。

次の