ゴシップ ガール 結末。 【ネタバレ】ゴシップガールシーズン6(ファイナル)の感想を書くよー!!

海外ドラマ「ゴシップガール」シーズン6最終回までのあらすじとネタバレ感想!キャストのその後は?

ゴシップ ガール 結末

世界中で社会現象的な人気を巻き起こした ドラマ『ゴシップガール』。 今年で初放送 2007 年 9 月 19 日から10周年を迎えたことを記念して、これまであまり知られてこなかったトリビアが 『 』誌で解禁に。 その中から8つをピックアップしてお届け! 女優を辞める予定だった ブレイク・ライブリー セレーナ役のブレイクは、『ゴシップガール』の話をもらったのは 18歳の頃。 その頃にブレイクが考えていたのは「女優はアートでもあるけど、ビジネスでもある」ということ。 そして、アーティストタイプの自分にはあまり向いてないかも…と思ったそう。 そんな訳で、すでに女優を辞めて 大学へ通うことを決心していたブレイクは 『ゴシップガール』出演に興味を示さず。 ところが原作本のファンブログで「セレーナ役にはブレイクがぴったり!」と騒がれていたこともあって、特にクリエイターの1人であるジョシュ・シュワルツが引かなかったよう。 大学に行きたいことを理由にブレイクが断るも、 「週に 1 日はコロンビア大学に通えるから。 それに 1 年が過ぎれば落ち着くよ。 正式に文面にはできないけど、普通の人生に戻り、学校にも通えるようになるから。 約束する」と説得。 しかしそんな約束は守られず…。 でも、ブレイクは「文面にできないってことはそういうことだから」と、 その時のことを笑い話にしているみたい。 何が何でもブレアを演じたかった レイトン・ミースター オーディションに参加した時、ブロンドヘアだったというレイトン。 しかし、セレーナ役のブレイクが同じくブロンドだったことなどから、 レイトンはその場で洗面台に行って髪の毛を染めてきたんだとか! レイトンにはブレア役が合わないと思っていたネイト役のチェイス ・ クロフォード オーディションでレイトンに初めて会った時、「絶対ブレアには合わない」と思ったと言うチェイス。 ところが撮影が始まった途端、一瞬でブレアになりきったレイトン。 トレードマークになったヘアバンドを着けていたずらっぽく笑いながら椅子に座った姿を見て、その演技力に驚かされたという。 キャストの中には有名になることが怖かった人も… ブレイクもその一人。 「私はすごくシャイだから、名前を知られるのが怖かった。 一度この役をすれば、もう二度とこれまでと同じように気軽に家を出ることはできない」と考えたそう。 ネイト役のチェイス・クロフォードもそう。 「当時は有名になったことを楽しんでいたと思っていたけど、よくよく考えれば全然そうじゃなかった。 有名になることに全く慣れないよ。 僕はすごく内向的だから、注目の的になるのは好きじゃないんだ」 ブレイクとレイトンは親友ではなかったけど、宿敵でもなかった 撮影時は「キャスト同士が犬猿の仲」などと囁かれていたけれど、ジョージーナ役のミシェル・トラクテンバーグによると現状は全く違ったという。 「全然仲悪くなかったわ。 クールなメンバーだった。 それに、全員仕事が多すぎてそんなドラマチックな喧嘩などする暇がなかったの」 Getty Images さらに脚本家のジョシュア・サフランはブレイクとレイトンは実際の性格は全く違うし、友達でもなかったと明かした。 「フレンドリーに会話はするけど、友達ではなかった。 ブレイクは現場にも馴染んでいて、『今日はあそこに行くの』とか『あのレストランにはもう行った?』と話していた。 でも、レイトンは撮影が終わったら、隅っこで本を読んでいるタイプ。 それでも撮影が始まると本物の友達のように見えるんだよ」 ブレイクとレオナルド・ディカプリオの交際が脚本に影響を与えた? ブレイクは 2012年に映画『野蛮なやつら/ SAVAGES』と撮影が重なったため、『ゴシップガール』をロサンゼルスで撮影することをリクエスト。 さらに、当時レオ様と交際していたブレイクを見て、西海岸でのストーリーに書き換えることにしたそう。 脚本家のサフランは当時ブレイクがレオ様に送っていた写真には驚かされたと話した。 「ブレイクはある人形を写真に撮り、レオに送ってたんだよ。 すごく斬新だったよ。 Instagramができる前の時代だからね。 自分の人生を写真で表現していた、すごく新しかった」 破局したことを内緒にしていたペン・バッジリーとブレイク ドラマの中だけでなく、実際に交際していたダン役のペン とブレイク。 しかし破局後も、数カ月にわたって秘密にしていたそう。 サフランは当時のことをこう話した。 「誰も知らなかったんだ。 それって2人が俳優としてどれだけ才能があるか証明しているよね。 彼らは私生活が撮影に影響しないよう、破局を内緒にしていたんだよ」.

次の

海外ドラマ「ゴシップガール」シーズン6最終回までのあらすじとネタバレ感想!キャストのその後は?

ゴシップ ガール 結末

ついについにといった感じで、感動もひとしおでした。 しかし、 結婚までの展開はハードでしたね! 実の父親(バート・バス)に殺されそうになったチャックが、ホテルの屋上で揉みあいに。 弾みで屋上から落ちかけるバート。 自分を殺そうとした相手を助けることを迷うチャックとその場に居合わせたブレア。 そのままバートは落下して死亡。 ほぼ事故と言える状況だったけど、警察に信じてもらえるかは非常に怪しい。 そこで、追求を逃れるためにチャックとブレアが結婚しちゃえ! …という流れ。 アメリカでは夫婦間の秘匿特権ってやつがあるんですよね。 夫婦間では、配偶者に不利な証言を強要されないっていう。 だから二人が結婚することでお互いがお互いを守ることが出来るというわけです。 つまり、 二人はこれから共通の大きな秘密をお互いのために抱えていくんですね。 たしかにそれもチャックとブレアらしいかも。 それにしても、花嫁姿のブレアの元へと階段を駆け下りてくるチャックは超かっこよかったー!! それに、チャックとネイトとダンとジャックの並んだ姿って完全にサービスカットじゃないですか!! かっこ良すぎ!鼻血もの!! 二人の結婚のために力を合わせる友人たちの姿も、これぞゴシップガール!って感じでしたよねー!! 警察の手が迫っていたので結婚式はバタバタで、神父役のサイラス(ブレアの義父)の話も途中を端折って、指輪交換も大慌て状態でしたけど、でも誓いのキスはなが~くて、そしてブレアにだけ聞こえる声で 「I LOVE YOU」を囁くチャックはもう涙なしには…! チャックを見つめるブレアの潤んだ目も最高によかったー! 誓いのキスの直後に二人は事情聴取のために一旦警察に連行されましたけど その時のブレアはちょっと楽しそうでしたね。 自分が最強でいられるものを手に入れた安心感なんだろうな。 はぁ~本当に素敵(ため息)。 ゴシップガールの正体が判明! ゴシップガールの正体もついに明かされましたね! なんと、ゴシップガールの正体は ダン・ハンフリー! 上流階級に憧れた下町生まれの孤独なボクが、ゴシップガールというサイトを使って上流階級のメンツと同じように自分自信を話題の人にすることで、みんなと対等になりたかったというのが動機。 ゴシップガールに散々けなされたジェニーも、実はダンの共謀者だったというオチで、うーんやるなぁ、ハンフリー兄妹! 作中では「ドロータだと思ってた!」というセリフもありましたが、私もドロータだと思ってました(笑) ダンはずっと小説家志望だったし、壮大なストーリーを現実世界で演じてきたってことですよね。 その結果、あんなにダンを馬鹿にしていたブレアでさえも、一時はダンの恋人にまでなったわけですからね~。 そして結局彼は目論見通り、上流階級入りを果たしたわけですし、大成功ですね。 今まで二人がうまく行かなかった理由は、お互いの住む世界の違いっていうのが大きかったわけですけど、ゴシップガールによる作戦が功を奏してダンは見事上流階級入りしたわけですし、お互いの間の壁はなくなったわけですもんね。 二人の結婚は、 ブレアとチャックの結婚の5年後という設定でしたけど 「もしまた付き合うなら、この次を最後にしよう」と話していた二人ですから この5年間はもうセリーナもフラフラすることなく、二人でしっかり関係を続けて行けたってことでしょうね。 結婚式シーンも素敵でしたね! ゴールドのウェディングドレスも、さすがセリーナ・ヴァンダーウッドセンって感じ! 友人知人が集まるだけのアットホームな式(でも豪華!)も、この二人らしいな。 ネイトがNY市長になる!? 大事な自分の会社「スペクテイター」が傾きかけたのをダンのゴシップガール告白原稿で救ってもらったネイト君は、5年後自社専用機まで持てるまでに成功してましたね! しかも、 最年少でNY市長選当選確実との噂まで。 安泰なようで、なによりです。 ゴシップガールにも唯一一度も投稿したことのなかった真面目でクリーンなタイプですもんね。 確かに政治家向き。 (ちょっと帳簿改ざんとかはしちゃいましたけど、あれに懲りてもう二度とそういうことはしないでしょうし) それにしてもネイト君は 最後まで女運がなかったなぁ。 守備範囲もかなーり広かったですけど(笑) 本当は、シーズン5のローラ(セリーナの実いとこ)とくっついて、そのままネイトも家族になるっていうオチかと思ってたんですけど、そうはなりませんでしたね。 ファイナルシーズンでちょっと付き合ってたセイジの姿も5年後には無かったところを見ると結局別れちゃったということなのか? ちょっとおかしい女にやたらモテちゃうタイプだったけど、NY市長になってもそのへんで足元をすくわれないように、頑張ってね!(笑) 最終回ならではのオールキャスト バネッサ・エリック・ジェニー 最終回はいままでのストーリーを盛り上げた懐かしメンバーも揃い踏みでしたね! ゴシップガールの正体を知って「マジ!?」と驚く バネッサの姿も懐かしかったけど、セリーナの結婚式で エリックとジェニーが登場した時はやっぱり嬉しかった! ジェニーは相変わらず可愛いなぁ。 降板したメンバーが、こうしてワンカットでも戻ってきてくれるってのはファンにとってもすごく嬉しいですよね。 メンバーの揃った姿に大大大大満足だー! ゴシップガールの声役 クリスティン・ベルとThe O. のあの人も! ゴシップガールの声を担当していた クリスティン・ベルも本人役で出てきましたね! そしてなんと、ベルと一緒にThe O. のサマー役でお馴染みの レイチェル・ビルソンも本人役で登場!ゴシップガールはThe O. と同じクリエイターの作品ですから、友情出演ってことでしょうか? そうそう、The O. でレイチェル・ビルソン演じるサマーの相手役で、当時実生活でも交際していた、セス役のアダム・ブロディ。 彼はブレア役のレイトン・ミースターと2014年に結婚したんですよね~。 色々繋がってるもんですねぇ。 親世代の恋愛は? 親世代の恋愛模様は結局どうなったのかなぁ。 第一話で ルーファスがアイヴィーとデキちゃったのは、正直げろげろ…。 ダンじゃないけど、見たくなかった(笑) しかもアイヴィーは演技ですしね。 ルーファスってつくづく女を見る目がないなぁ…。 さらに結局本編内で修復の気配はないまま、最後にリリーの側にいたのはセリーナ父。 それでいいんだろうか…うーん。 5年後のセリーナとダンの結婚式では、それぞれ二人の両親が揃い踏みなのはわかるんですけど、 ルーファスとリリーがキスしてたところを見ると、そこが元鞘に収まったってこと…?ルーファスとリリーはストーリー上では酷い別れ方だったけど、無事修復できたんでしょうか。 でも挨拶程度の軽いキスにも見えたような。 利用されるばかりだったアイヴィーも無事自分の世界を切り開けたようだし、色々あったみんなも、それぞれ活躍しているようでよかったですね。 まとめ あんなに楽しかったゴシップガールがついに終わってしまって、寂しいかぎりではありますけど、6年も続いた作品ですし、主要メンバーが大きく欠ける前に終了してくれたのは、むしろ良かったかも。 おかげで、素敵なエンドになりましたもんね~。 素敵すぎて、最終話だけでも50回は見てしまいましたね。 あー、素敵。 ふたりとも波乱万丈すぎでしょう! 最後にはかわいい二人の息子くんまで登場して、幸せそうでしたけど(笑) 出演者の皆さんの今後の活躍を楽しみにしつつ、もう一回最終話見てきます! ではでは。

次の

ゴシップガールの正体はダン!伏線と最終回ネタバレ・あらすじを総まとめ

ゴシップ ガール 結末

ゴシップガールの正体はダンだと最終回で発覚! ゴシップガール6 ファイナルシーズン第1話からのキャッチアップ放送は7日(月)スタート。 平日毎日あさ7時&午後5時30分 — superdramatv SuperdramaTV ゴシップガールの最終回が放送されて、なんと、その最終回でゴシップガールがダンであったということがわかりました! 初回の放送から10年の時を経て、物語は長きにわたって続いてきたわけですが、ゴシップガールの正体がダンだったというのはかなり意外でしたね。 いや、もしかしたら、そのように予想しながらドラマを観ていたファンの方もいたかもしれませんが…。 ダンは、ニューヨークのブルックリン在住で、ハイソな高校生の中ではわりと庶民的な学生でした。 そんなダンは、文学が大好きで文学オタクとも言える存在です。 そんなダンだからこそ、ゴシップガールとなったのでしょうか? 今回はそのあたりを調べてみました! ゴシップガールの正体はダンだという伏線は何話? ブレイク・ライブリー、レイトン・ミースター、そしてジョシュ・シュワルツが6年間のゴシップガールを振り返る。 特番「ありがとう ゴシップガール」GG retrospective はこのあとすぐ — superdramatv SuperdramaTV それでは、ゴシップガールの正体がダンだという伏線はいったい何話のあたりからあったのでしょうか? 10年の長きにわたって放送されてきた「ゴシップガール」ですが、実はダンがゴシップガールであるという伏線は、驚くことに、なんと第1話に隠されていたというのです! びっくりですね! 第1話の中で、ダンがパソコンに向かって、ゴシップガールのサイトを見ているシーンがありました。 そしてそのゴシップガールのサイトはログインの状態だったのです。 そのサイドを見ているダンは、何かを考え込んでいた、というシーンです。 このシーンこそが、ダンがゴシップガールであるという伏線に他ならないということでしょう! まさかの、放送開始直後のネタバレだったということですね。 スポンサーリンク ゴシップガールの正体がダンだと矛盾が生じる? ついに完結!今夜10時、ゴシップガール最終回「ニューヨークより愛をこめて XOXO」。 夜9:25からはキャストがGGの6年間を振り返る特番もOA — superdramatv SuperdramaTV なんと、このダンがゴシップガールであるという構想は、製作者側サイドではドラマ開始当初からの設定だったそうです。 しかし、熱心な「ゴシップガール」のファンの方たちの間では、ダンがゴシップガールだとしたらおかしいのではないかという矛盾点が指摘されているのです。 個人的には納得できるという点もありますし、おかしいと思う点もあります。 そんなファンの間で指摘されている矛盾点とはいったいどんなところなのでしょうか? これはおかしいのではないかと、思えるシーンがいくつかありますね! ゴシップガールの正体ダンの矛盾を感じる話は? 今夜10時 RT: : さあみんな起きるよ! ・・・悪夢が正夢にならないといいけどね。 ゴシップガール — superdramatv SuperdramaTV ダンがゴシップガールであった場合に、つじつまが合わないという矛盾点はどのような話しにあるのでしょうか? 庶民の出身のダンは、セレブの生活にあこがれてゴシップガールを始めたというのですが、 ダン自身がゴシップガールの運営者であるとするならば、ゴシップガールのネタにいちいち初見のように驚くのはなぜなのでしょうか? ちょっと矛盾ですね! また、もしダンがゴシップガールだとしたら、はたしてゴシップガールによって、わざわざダンの身内を陥れるようなネタを提供するでしょうか? 妹の暴露ネタや、セリーナの妊娠疑惑に驚いて見せるなど、おかしなシーンがたくさんありました。 さらに、ダン自身がゴシップガールによって苦しめられるシーンもありました。 そんなところが、ダンがゴシップガールであるという点と矛盾している、とファンの間では話題になったのだと思います。 カテゴリー• メタ情報•

次の