道路 キャッツ アイ と は。 地下埋設管標示ピン 「キャツアイ」

キャッツアイ埋設表示ピン

道路 キャッツ アイ と は

踏んだ瞬間、「ガガガッ」というショックがあり、「ひょっとしてタイヤが損傷を受けたかも」と思ったら、間もなくインパネに「タイヤ空気圧警告」が点灯。 これはマズイとクルマを道路脇に止めて確認したところ、左前のタイヤのサイドウォールが裂け、完璧にパンクしていた。 タイヤサイズは、18インチの40扁平。 かなり薄いタイヤだったので、キャッツアイとホイールにサイドウォールが挟まれる形になり、何か所か裁断されたようにズタズタの状態だった。 実は私も、同じ場所でキャッツアイを踏んだことがあり、その時はサイドウォール内部のカーカス(骨組み)が一部切れ、タイヤにコブができてしまった。 結局タイヤ交換となったが、ゆっくりなら走ることはできた。 装着タイヤは、パンクしてもある程度の距離を走れるはずのランフラットタイプだったが、パンクの際は剛性のあるサイドウォールで車重を支える構造なので、サイドが裂けてしまってはどうにもならず、救援のローダーを呼ぶしかなかった。 キャッツアイにもいろいろなタイプがあるが、友人が踏んだのは、日本全国多くのセンターラインなどに埋め込まれている、上から見ると平行四辺形をしたタイプだ。 調べると、高さはちょうど5cm(土台の厚み6. 5mmを含む)という設計である。 反射板で道路の境界を示しつつ、これを踏むと衝撃が発生してドライバーに知らせる。 同時に、斜めの設置形状によりクルマを車線の内側へ押し戻す力が働き、はみだしを防ぐ効果があるという。 しかし、キャッツアイを踏んでパンクしたという事例はかなり多く、しかもかなりの勢いで増えているが、背景にはタイヤの低偏平化がある。 近年、タイヤの低偏平化が進み、一般的なファミリーカーでも、そこそこの偏平タイヤが装着されるようになった。 たとえば新型カローラを例に取ると、上級グレードには、215/45R17というサイズのタイヤが装着される。 これだとサイドウォールの高さは10cmもない。 高さ5cmのキャッツアイをそれなりの速度で踏めば、スポーツカーとは程遠いファミリーカーのカローラでも、パンクしてしまう可能性はある。 もちろん、キャッツアイの存在意義は、「踏まないように誘導すること」にあり、そもそも踏んではいけないものではあるが、それにしても、踏んだらパンクしてしまう物体がそこら中に埋め込まれているというのは、安全上どうなのか? 「パンクすれば速度が落ちるから安全じゃ?」と思うかもしれないが、パンクしてもその場に止まるわけではない。 逆にパンクによってコントロールを失う可能性もあるし、故障車を発生させることにもなるから、安全上はどう考えてもマイナスだ。 5ch. あくまでも注意喚起とはみだし防止が目的です」との答え。 では、「近年のタイヤの低偏平化によって、パンクするようになってしまったということですね?」と尋ねると、「そうですね……。 そういう面はあるかもしれません」と自信なさげだった。 その担当者は、そもそもキャッツアイを踏んでパンクする事例があることを初めて聞いたという雰囲気だった。 タイヤの低偏平化は自動車メーカーが勝手に進めたことで、国交省はあずかり知らぬだろう。 しかし、どんなモノも時代によって変化していく。 キャッツアイの形状は、現在のクルマにとって、一種の凶器になっている。 なにせ全国に設置されているものなので、それを交換するのは大変な作業だし、すぐには到底不可能だろうが、そろそろ規格を変更して、更新するものから順次でいいですから、パンクさせないキャッツアイに取り換えていただけないものでしょうか。 安全のために。

次の

キャッツアイをスピード出したまま踏み走っていませんか?

道路 キャッツ アイ と は

コメント一覧 35• 名無しさん• 2017年04月13日 19:17• 群馬の山はイニシャルDのせいでノーマル車高のセダンでバンパー擦る凹凸やグルービングやら凄いからな• 名無しさん• 2017年04月13日 19:26• これは明らかに踏むやつがおかしい• 名無しさん• 2017年04月13日 19:30• 杏里定期• 名無しさん• 2017年04月13日 19:45• 二輪も乗るけどマンホール蓋の方が怖い• 名無しさん• 2017年04月13日 19:55• 名無しさん• 2017年04月13日 19:57• 踏むやつがバカとか言ってるやつに限って、自分が踏んだら発狂するんだろうなw 道路上には余計な障害物は無い方が良いに決まってるじゃん• 名無しさん• 2017年04月13日 20:02• 踏んだバカしか発狂してないから大丈夫• 名無しさん• 2017年04月13日 20:14• 名無しさん• 2017年04月13日 20:21• 路駐していて踏まなきゃならんこともあるよ。 名無しさん• 2017年04月13日 20:24• バイク考慮するとさすがにここは一個減らせよ、っていう危険なやつも実際あるけどな 普通におばちゃんスクーターとかが逝きかねんようなやつ we get you• 名無しさん• 2017年04月13日 20:27• 名無しさん• 2017年04月13日 20:32• 名無しさん• 2017年04月13日 20:43• 分かってないなぁ。 安全運転しないから取り締まりや規制が増えるんだよ。 流れがーとか言い訳せずに、全員が制限速度を守って安全運転してれば取り締まりや規制が厳しくなることはない。 運転免許証がなんであるか分かってるのか?• 名無しさん• 2017年04月13日 21:00• 名無しさん• 2017年04月13日 21:03• キャッツアイごときで其処まで熱くなれるのも凄いな よっぽどひどい目に合ったんか• 名無しさん• 2017年04月13日 21:13• 名無しさん• 2017年04月13日 21:24• 道路工事で反対車線へ誘導された際に こいつがあった時のウンザリ感は半端ない 突き上げ痛いんじゃボケ• 名無しさん• 2017年04月13日 21:34• 名無しさん• 2017年04月13日 21:52• 車線を逸脱する様な走り方しなければ 気にならんだろ• 名無しさん• 2017年04月13日 21:58• 万が一って言ってんじゃん 前を走ってた自転車が転んで避けようとして、とか前のトラックから荷物が落ちて来て…とか• 名無しさん• 2017年04月13日 22:13• 寧ろはみ出してきて危ない奴が多いから近所の山道にも設置してほしいわ• 名無しさん• 2017年04月13日 22:16• キャッツアイとか踏まなければいい。 それより危険なのはアスファルトのすべり止め用?溝切りカット、あれ二輪はハンドル取られてマジ危ない。 東名の御殿場付近上り線がちょっと前までそうだったけど、危ないからやめてくれって何回もNEXCOにメールしたは。 名無しさん• 2017年04月13日 22:28• ツーリング中に前の車を 追い越して戻ろうとしたら そこからキャッツアイの復讐で 見事に120kmで転倒したあげく その手前でねずみ取りもしてたらしく スライディングサイン会場いりしたわ。 ツナギ着てて無傷だったけど 免許は無くなった。 名無しさん• 2017年04月13日 22:40• 危険運転防止のため コーナーでセンターライン割るような運転するなよってのが設置側の言い分だろ 俺も若いころバイクで踏んでハイサイドやらかして無茶苦茶ビビったことあるけど• 名無しさん• 2017年04月13日 22:55• 路駐とかで、やむ終えず通過しなきゃいけない時でもゆっくり通過すりゃ何ともないだろ• 名無しさん• 2017年04月13日 23:52• 踏む奴は馬鹿とか言ってる人いるけど。 市バスやらタクシーやらクルマが路肩に停まってると嫌でも踏んで追い越さないといけないんだよね。 どこの田舎民だよw• 名無しさん• 2017年04月14日 01:48• 設置して運転者が死ぬか 設置せずに関係ない人が巻き込まれるか• 名無しさん• 2017年04月14日 01:52• 名無しさん• 2017年04月14日 03:10• そんなことより、カーブにあるマンホールはどうにかならんのか 雨の日のバイク乗りを殺すつもりか!!• 名無しさん• 2017年04月14日 07:00• ロード乗りで「これ危ない」とか言ってる奴は、自分の運転を改めろバカ お前らみたいのがいるから、ロード乗りが白い目で見られるんだ• 名無しさん• 2017年04月14日 08:34• 名無しさん• 2017年04月14日 12:41• 名無しさん• 2017年04月14日 13:54• キャッツアイがあるとこに停車しないでほしいわ。 名無しさん• 2017年04月16日 01:10• 何「ロード」ってwww チャリンコのことか? チャリンコは車道走んなカスwww• 名無しさん• 2018年06月04日 02:18• ブラックパックンやゴルドー危ないと言ってもそれ避けろとしか.

次の

チャッターバー

道路 キャッツ アイ と は

見出しで拾い読みする?• 道路にあるキャッツアイとは、何のために設置されているのか 形が特徴的なキャッツアイ。 車で走行中に踏むと、ガタガタなります。 そして上から見ると、平行四辺形をしているものもありますよね。 さらに反射材もついています。 それぞれの意味を紹介していきます。 踏むとガタガタ 「思わず入ってはいけない範囲に入ってしまったときに、すぐ気づけるように」 というのが、キャッツアイの一番の設置目的です。 踏むとガタガタするということは、できれば踏みたくありませんよね。 踏んだらすぐ気づきますし、正常な走行位置に戻りたくなるはずです。 平行四辺形 「危ないときは気づきやすく、戻るときはスムーズに」 という目的での平行四辺形です。 平行四辺形の向きをよく観察してみると、自分の走行車線側の辺は奥に、対向車線側の辺は手前にあることに気づくでしょう。 もし対向車線側に乗り越えようとすると、キャッツアイを垂直方向ににまたぐことになり、かなりガタガタなります。 逆に、対向車線側から戻って来ようとしたときには踏みにくく、踏んだときのガタつきも少ないです。 反射材 「夜にも見えやすいように」 というのが、反射材が付いている目的です。 そしてこれが、キャッツアイと呼ばれるゆえんのひとつでもあります。 夜に反射材が反射すると、猫の目のように見えなくもありませんよね。 キャッツアイと呼ばれるゆえんと、正式名称 自動車や自転車、道路に使われている反射材を作っている有名な会社があります。 「CAT EYE(キャットアイ)」という会社です。 道路上のキャッツアイも、この会社が作っているものが多いようです。 キャッツアイを施工している人たちがキャットアイから仕入れ、 「これ何て呼べばいい?」 となったときに 「キャットアイって会社が作ってるんだからキャットアイでいいじゃん」 となり、呼びやすいように「キャッツアイ」となったと考えるのが自然です。 熊本で言うところのリバテープみたいなものですね。 広義の正式名称としては、「チャッターバー」です。 「ガタガタさせる棒状のもの」という、そのままの意味です。 しかしチャッターバーには反射材がないものも含まれますので、キャッツアイはキャッツアイとして見るのがいいかと私は思います。 さらに道路面にある金属製の留め具の総称として「道路鋲」という呼び方もできます。 いろんな呼び方が出てきて複雑になってきましたので、図を書きました。 道路鋲の中にチャッターバーがあり、チャッターバーの中にキャッツアイがあるということです。 ですので、キャッツアイの正式名称がチャッターバーというのは、表現として正確ではありません。 キャッツアイはチャッターバーに含まれるものであり、 正式名称はありません。 だからこそ今まで「キャッツアイ」と呼ばれ続けているのです。 まとめ キャッツアイとは、ドライバーが無意識に、走行してはいけない範囲に入ってしまったときにすぐ気づけるようにするために設置されています。 そのために踏むとガタガタするようにしてあるのです。 平行四辺形のものは、対向車線等にはみ出すときはガタつきやすく、戻るときには少しでもスムーズに戻れるよう工夫してあるものです。 反射材は夜でも見えやすいようにしてあります。 キャッツアイはチャッターバーに分類されるものであり、道路鋲でもあります。 キャッツアイはキャッツアイです。 道路にある、気になるもの \ SNSでシェアしよう! / らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの 注目記事を受け取ろう•

次の