ストレンジ シチュエーション。 公認心理学-公認心理師試験合格のための心理学-

乳児の愛着

ストレンジ シチュエーション

心理学の世界においては、赤ちゃん・子どもとママの愛着に関する研究は数多く行われ、様々な研究結果が発表されてきました。 ストレンジシチュエーション法は、愛着理論に基づいて開発された観察法の一つです。 この記事では、ストレンジシチュエーション法の概要、実験方法、愛着の種類 愛着の型 について紹介します。 ストレンジシチュエーション法 the strange situation とは ストレンジシチュエーション法とは、愛着理論に基づいて開発された、母子の愛着の発達や種類を評価する観察法です。 英語では「the strange situation」と表記し、日本ではストレンジシチュエーション法と訳されています。 ストレンジシチュエーション法は、アメリカ合衆国の心理学者メアリー・エインスワース Mary Dinsmore Salter Ainsworth らによって、赤ちゃんが人見知りをして分離不安を抱くことを証明する方法として開発されました。 実験の参加氏はママ、赤ちゃん・子ども 生後12ヶ月~18か月 、見知らぬ人で、実験者が様子を観察しています。 具体的な手順は、以下のとおりです。 ママが赤ちゃん・子どもを抱っこして、観察室 プレイルームなど赤ちゃん・子どもにとっては初めての場所 に入室する• ママは椅子に座り、赤ちゃん・子どもはおもちゃで遊ぶ 3分間• 見知らぬ人 ストレンジャー が入室する• ママ、見知らぬ人、赤ちゃん・子どもが一緒に過ごす 3分間、ママと見知らぬ人が黙ったままで1分間過ごし、その後1分間会話し、最後の1分間は見知らぬ人と赤ちゃん・子どもが遊ぶ• ママが退室する 1回目の母子分離• 見知らぬ人と、赤ちゃん・子どもが一緒に過ごす 3分間、見知らぬ人は、赤ちゃんが泣いたらなだめ、泣かなければ座っている• ママが部屋に戻り、見知らぬ人は退室する 1回目の母子再会• ママと赤ちゃん・子どもが一緒に過ごす 3分間• ママが退室し、赤ちゃん・子どもは一人で部屋に残される• 赤ちゃん・子どもは一人で遊ぶ 3分間• 見知らぬ人が入室する• 見知らぬ人は、子どもに近づいて慰める 3分間• ママが部屋に戻り、見知らぬ人は退室する• ママと赤ちゃん・子どもは一緒に過ごす 3分間 一連の手順の中で、見知らぬ人の入室やママの退室で泣き出す赤ちゃんもいれば、何食わぬ顔で遊び続ける赤ちゃんや、見知らぬ人と遊ぼうとする赤ちゃんもいるなど、赤ちゃんによって様々な反応が現れます。 愛着の種類 愛着の型 エインスワースらは、ストレンジシチュエーション法で観察された赤ちゃんの行動によって、愛着の種類を3つに分類しました 無秩序型は後に追加。 安定型• 不安定型 回避型• 不安定型 葛藤型・両価型• 無秩序型 安定型 安心型の赤ちゃん・子どもは、見知らぬ場所でもママが一緒だと安心して遊び、見知らぬ人が入室してママが退室すると不安を感じるものの、ママが再び入室すると安心して遊び始めます。 母子関係の中で基本的信頼感が育まれているため、ママが一緒にいれば、触れていなくてもママを「安全基地」として周囲に働きかけることができるのです。 ただし、ママがいなくなると不安を感じ、戻ってきたママに抱っこを求めたり、ママがそばを離れようとするとぐずったりします。 不安定型 回避型 不安定型 回避型 の赤ちゃん・子どもは、ママが部屋の中にいても注意を向けず、ママが出て行こうとしても嫌がるそぶりを見せない上、ママが退室して戻ってくると、ママを避けたり無視したりします。 つまり、ママに対して愛着行動を示さないということです。 不安定型 葛藤型 不安定型 葛藤型・両価型 の赤ちゃん・子どもは、ママが退室すると不安や恐怖を示し、ママが戻ってくると敵意や攻撃性を示します。 愛着行動を示すこともありますが、敵意や攻撃性が目立ち、ママとの信頼関係が十分に築けていないと考えられています。 このタイプの赤ちゃん・子どもは、ママが部屋に戻るとママを求めて泣き出しますが、自分からママの方へ寄っていくことはなく、抱っこされるとさらに泣いたり怒ったりします。 無秩序型 無秩序型の赤ちゃん・子どもは、ママに近づいても目を合わせようとしない、大人しくしていたのに突然泣き出す、抑うつ的な症状を示すなど矛盾した行動が目立ちます。 被虐待児や精神疾患のある親に育てられている場合に、無秩序型となる傾向があると指摘されています。 関連記事 愛着の種類 愛着の型 の文化差 エインスワースらは、愛着の種類 愛着の型 には文化差があることを発見し、各地域における愛着の種類 愛着の型 を類型化しています。 例えば、日本の赤ちゃんは欧米の赤ちゃんより不安定型が多いとされています。 しかし、家族構成や母子関係の多様化が進む現代においては、こうした文化差は小さくなり、むしろ、各家族の赤ちゃんへの関わり方の影響が大きくなってきています。 愛着の種類 愛着の型 と親の養育 赤ちゃんがどの型の愛着を示すかは、親の養育態度 母子の関係性 が大きく関わっています。 安定型 親から十分な愛情を注がれるとともに、一貫した対応を受けている場合、安定型の愛着の型が形成されやすいものです。 不安定型 回避型 親から過干渉気味の養育を受けた赤ちゃん・子どもは、不安定型 回避型 になりやすい傾向があります。 不安定型 葛藤型 赤ちゃん・子どもの働きかけを親が敏感に察知して対応するものの、その対応が一貫していない場合、不安定型 葛藤型 の愛着の型となりやすいものです。 無秩序型 児童虐待や親自身の精神病などによって赤ちゃん・子どもに不適切な関わりをしている場合、無秩序型になる傾向があります。 愛着の種類 愛着の型 と人間関係 乳幼児期の母子の愛着の型は、大きくなってからの人間関係の持ち方にも影響を及ぼします。 ただし、乳幼児期の愛着の型が必ずしも大人になるまで同じ状態で維持されるとは限りません。 例えば、被虐待児が虐待親から引き離され、適切な養育をする里親に引き取られて愛情を注いでもらえたり、反対に、安定型だった赤ちゃんが父母の離婚によりママと生別して愛着関係が崩れたりする可能性があります。 関連記事 安定型 人間関係に対する不安があまりなく、回避しようともしておらず、安定した人間関係を築くことができます。 自分自身が安定しており、他者を信用することができるため、恋愛関係、夫婦関係、友人関係をはじめ、どのような人間関係も良好に保ちやすいものです。 不安定型 不安型 人間関係に対する不安が強く、他人と親密な関係を築きたいと思っていますが、不安でしがみついてしまう傾向があります。 他人の評価を過剰に気にしており、拒否されることを極端に怖がります。 不安定型 拒絶型 他人を信用できず、人間関係を避けてしまうタイプです。 自分自身を表現することも避けようとします。 まとめ ストレンジシチュエーション法は、数十年前に行われた研究で用いられた方法ですが、現在でも心理学の教科書には必ず記載されるほど有名なものです。 現在は、ストレンジシチュエーション法を土台とした新しい観察法がいくつも開発されています。 ikujilog.

次の

乳児の愛着

ストレンジ シチュエーション

ストレンジシチュエーション法の定義 ストレンジシチュエーション法とは、愛着理論に基づき、 エインズワース,M. らによって開発された、乳児と母親の アタッチメントの発達やその類型を明らかにするための実験観察法です。 手続きとしては、まず、見知らぬ場所である実験観察室やプレイルームなどで、母親と一緒にいる子どもがどのような行動をとるか、観察・記録します。 次に、親がその場所から退出し、見知らぬ人がやってきた時に、子どもがどのような行動をとるかを観察・記録します。 その後、見知らぬ人がその場から退出し、親が戻ってきた時に子どもがどのような行動をとるか、観察・記録します。 結果をもとに、子どもの反応は、 「安定型(B型)」「回避型(A型)」「葛藤型(C型)」 の3つに分類されます。 安定型は、母親への信頼感を内包する行動をとるなど、安定した適切なアタッチメントの発達を示しますが、回避型と葛藤型はともに、アタッチメントの発達に問題があると考えられています。 ストレンジシチュエーション法の関連キーワード• エインズワース,M. アタッチメント• 安定型• 回避型• 葛藤型(アンビバレント型)• 安全基地 ストレンジシチュエーション法の補足ポイント ストレンジシチュエーション法における3つの型について、もう少し詳しくみていきましょう。 見知らぬ場所でも、親がいれば安心して遊び、見知らぬ人が入ってきて親が退出した時には不安を示しますが、親が戻ってくるとすぐにまた安心して、再び積極的に遊び出すという行動をとれば、 安定型とされます。 これは、基本的な信頼感があるためです。 母親に必ずしもいつも接触しなくても安全を感じることができることを発見し、母親を 安全基地として使用しながら探索活動に熱中できるようになるのです。 それに対し、見知らぬ場所に連れて来られた時も、親が出て行った時も、親が戻ってきた時も、常に1人で遊び、親に対して愛着行動を示さないタイプを 回避型といいます。 さらに、親と一緒にいるときは安心して遊んでいても、親が出て行くと不安や恐怖を顕著に示し、戻ってきた親に対して愛着行動だけでなく敵意や攻撃を示すタイプを 葛藤型、もしくはアンビバレント型と言い、これは、子どもが母親に対し、十分な信頼感を持てずにいることを示しています。 回避型や葛藤型の反応は、母親の子どもへの接触、つまり愛着の形成の仕方に原因があると考えられます。 回避型の母親の特徴として、子どもと身体的接触に強い嫌悪感を示すという点が挙げられるでしょう。 子どもを抱きしめたり、愛情を表現することもなく、拒否的な態度が目立つ傾向があると言えます。 また、葛藤型の母親は、子どもとの身体的接触に嫌悪感を示すことは少ないものの、乳児の発するシグナルに鈍感で、子どもの行動を妨害したり、無視したりすることが多いとされています。 ただし、これらの比率は文化圏によって異なることが示されており、こうした反応は文化的影響も大きいことが示唆されています。

次の

幼少期の親からの愛情は、その後の人生を決めるのか

ストレンジ シチュエーション

ストレンジ・シチュエーション法によるアタッチメントのタイプ分類(A:回避型、B:安定型、C:抵抗/アンビバレント型、D:無秩序・無方向型)に関する説明として、最も適切なものを1つ選ぶ問題です。 各型の説明を記述してどれが何型かを当てるような、単純な問題は出題されませんでしたね。 より突っ込んだ内容になっていたと思います。 エインズワースは、ボウルビィの共同研究者の一人で、生後12~18か月の子どもの愛着の安定性を評価する実験室用の手続きとしてストレンジ・シチュエーション法を考案しました。 以下のような手続きにおいて赤ちゃんは観察窓から、活動水準、遊びへの関わり、泣くなどの苦痛の程度、母親への接近と母親の注意を得ようとする試み、見知らぬ女性への接近や相互作用への意思などを記録されました。 母親と乳児が実験的に仮設された部屋に入る。 母親は乳児をおもちゃが並べられた床に置き、部屋の反対側に離れて座る。 見知らぬ女性が部屋に入ってきて、1分間静かに座る。 そして1分間母親と会話する。 その後その女性は乳児とおもちゃ遊びを試みる。 母親は不意に部屋から出ていく。 乳児が泣かないなら、見知らぬ女性は再び静かに座り直す。 もし気が動転して泣いたなら、あやしてなだめるようにする。 母親が部屋に戻ってきて乳児と遊ぶ。 その間に見知らぬ女性は退室する。 母親は再び退室する。 その時点で乳児は独りで部屋に取り残されることになる。 見知らぬ女性が再び戻ってくる。 もし赤ちゃんが動転しているなら、あやしてなだめるようにする。 母親が再び部屋に入り、見知らぬ女性は退室する。 各タイプの子どもの特徴および養育者のパターンを踏まえつつ、選択肢の検証を行っていきます。 解答のポイント ストレンジ・シチュエーションの分類法について把握していること。 愛着の各タイプの特徴と、その養育者が示す態度を理解していること。 その主なものとして、子どもの欲求に対する養育者の「応答感受性」が安定した愛着を生み出しているという知見があります。 安定型の愛着を持つ子どもの母親は、ふつう子どもが泣くとすぐに反応し、子どもを抱き上げ、愛情深く行動します。 また、 自分たちの応答を子どもの欲求に密接に合わせようとします。 例えば、授乳において、乳児が示す信号を読み取り、いつ授乳し始め、いつ終えるべきかを決め、食べ物の好みに注意を払います。 いわゆるマザリングもこの中に含まれているでしょう。 一方で、 AタイプやCタイプのような愛着不安定型を示す子どもの母親は、子どもからの信号に対して応じるというよりも、母親自身の思いや気分に基づいて反応する傾向が強いとされています。 子どもの泣き声に注意を払って反応するのは、母親が抱きたいと思っている場合に限られており、それ以外では泣き声を無視してしまいます。 特にAタイプでは、 全般的に子どもの働きかけに拒否的にふるまうことが多く、他のタイプの養育者と比較して子どもと対面しても微笑むことや身体接触することが少ないとされています。 子どもが苦痛を示すと、それを嫌がって子どもを遠ざけてしまうような場合もあります。 また、 子どもの行動を強く統制しようとする働きかけが多く見受けられます。 Aタイプ~Cタイプのいずれにも当てはまらない子どもが見られ、いわゆるDタイプ(Main&Solomon,1986)が加わりました。 このタイプは、 不適切に養育された子どもや両親が精神障害の治療を受けている家庭の子どもに高い割合で出現しています。 何らかの問題を抱えた臨床群や社会的経済的地位の低いグループで増えるという知見もあります。 母親を無視する場合もあります。 また 相互作用しようという試みと、それを回避しようとする試みの混合を示す子どももいました。 回避する子どもは、母親が部屋に居てもほとんど注意を払うことなく、母親が出ていこうとしても苦痛を感じているようにも見えません。 仮に苦痛を示しても、見知らぬ女性によって容易になだめることが可能です。 一方、 Cタイプ(抵抗/アンビバレント型)は、再会場面において母親に対して抵抗を示します。 この 子どもたちは、身体接触を求めることと抵抗とを同時に示します。 抱き上げようとすると泣き出し、下ろそうとすると怒ってしがみつくなどです。 活動はとても受動的で、母親が戻ってくると母親を求めて泣き出しますが、近づこうとはせず、母親が近づこうとすると抵抗を示します。 こうしたCタイプの反応は、実は細かな日常場面で散見されます。 例えば、「お母さんの膝の上に乗ってくるが、乗り方がドンッという感じ」などです。 甘えと怒りが入り混じった反応ですね。 私の印象では、過去の甘えの傷つき(甘えようとして受け容れてもらえなかった怒り)が、現在の甘えようとする欲求が生じた瞬間に引き出され、結果として甘えと怒りが入り混じった行為になると感じています。 セッション全体において、母親から離れられず、母親が出ていこうとすると激しい苦痛を示した子どももおります。 Cタイプの子どもは、再会時には親に強く身体接触を求めていくが、その一方で親に対して怒りを示し、また激しくたたいたりすることが有名です。 このタイプでは 分離場面においても、非常に強い不安や混乱を示すとされています。 よって、BタイプおよびCタイプの分離場面の反応として、「強く泣くなどの苦痛を表出する」ということはあり得ます。 一方で、「 BタイプとCタイプでは、分離場面で泣くことがあってもその質が違うのではないか」「だからこちらを併記し、同様の反応として扱うことはおかしい」という反論があり得ると思います。 この疑問に答えるにあたって重要なのが、この ストレンジ・シチュエーション法における愛着のタイプ分類は、「主として母親が退室した時の子どもの苦痛に基づくものではなく、母親が戻ってきたときに子どもがどのように反応するかに基づいて分類されている」ということです。 いくつかの研究により、 子どもの気質は「出ていくときのパターン」を予測するものであり、「再会時のパターン」を予測するものではないとされています。 当然、そういった子どもは「扱いにくい子ども」とされるため、母親の対処パターンがネガティブな方向に変化する可能性は否めませんが、本選択肢の判断にそこまで汲み上げる必要はないと言えるでしょう。 以上より、この辺の愛着に与える影響はさておき、本選択肢の内容には瑕疵がないと判断できます。 そして Aタイプの養育者は、全般的に子どもの働きかけに拒否的にふるまうことが多く、他のタイプの養育者と比較して子どもと対面しても微笑むことや身体接触することが少ないとされています。 特に Cタイプの養育者の場合、子どもが送出してくる各種アタッチメントのシグナルに対する敏感さが相対的に低く、子どもの行動や感情状態を適切に調整することがやや不得手とされています。 子どもとの間で肯定的な相互交渉を持つことも少なくはないが、それは子どもの欲求に応じたものというよりも養育者の気分や都合に合わせたものであることが相対的に多くなります。 結果的に、子どもが同じことをしても、それに対する反応が一貫性を欠いたり、応答のタイミングが微妙にずれたりすることが多くなります。 何らかの問題を抱えた臨床群や社会的経済的地位の低いグループで増えるという知見もあります。 このタイプの子どもは、突然のすくみ、顔を背けて親に接近するなど、不可解な行動パターンや本来は両立しない行動が同時に活性化され、観察者に個々の行動がバラバラで組織立っていない印象を与えます。 こうしたパターンを作り上げる養育者の態度の背景には、 養育者自身が心的外傷を有していることが多く、日常生活場面において突発的にその記憶にとりつかれ、自らおびえまた混乱することがあるとされています。 フレイバーグは、母親が乳児と2人きりでいる時に、母親を不意に襲う不安、恐怖、イライラ、嫌悪感などを示す現象を「赤ちゃん部屋のおばけ」と名付けました。 この現象は、泣き続ける乳児を母親が無視する瞬間、その母親に自分の親から無視された辛い思い出がこみ上げてくるためと説明されています。 虐待をしてしまう母親の中には、赤ちゃんが言うことをきかなかったときに「お前まで私をバカにするのか」と叫ぶということも見られます。 どのような体験を背景にしているかは個々人で多少異なるでしょうが、 子どもを目の前にした時に過去の傷つきが賦活されるという現象が生じることはかなりあり得ることでしょう。 当然、 こうした背景のある養育者は、子どもといる場で子どもを脅かす行動をしてしまいがちです(たとえば、子どもの泣き叫びが、親を呼び寄せる機能を果たすのではなく、親に攻撃を向けてくるように感じつられたり、挑戦的な態度として受け取られたりしてしまうことも生じるため)。 その 養育システムは無効なものとなっており、子どもとの関係は混沌とし、役割が逆転してしまうこともあります。 一方で、 AタイプやCタイプのような愛着不安定型を示す乳児の母親は、乳児からの信号に対して応じるというよりも、母親自身の思いや気分に基づいて反応する傾向が強いとされています。 乳児の泣き声に注意を払って反応するのは、母親が抱きたいと思っている場合に限られており、それ以外では泣き声を無視してしまいます。

次の