アメリカ 大統領 候補。 米大統領選、70歳以上の候補者は年を取り過ぎている? データが示す答えは「ノー」

バーニー・サンダース(Bernie Sanders)|アメリカ大統領選挙2020|NHK NEWS WEB

アメリカ 大統領 候補

アメリカ合衆国大統領 [ ] 所属政党: 代 氏名 所属政党 期 在任期間 副大統領 1 George Washington - ジョン・アダムズ John Adams - 2 John Adams - トーマス・ジェファーソン Thomas Jefferson 3 Thomas Jefferson - Aaron Burr - George Clinton 4 James Madison 民主共和党 - ジョージ・クリントン George Clinton 不在 (1812年4月以降) - Elbridge Gerry 不在 (1814年11月以降) 5 James Monroe 民主共和党 - Daniel Tompkins - 6 John Quincy Adams 民主共和党 - John Calhoun 7 Andrew Jackson - ジョン・カルフーン John Calhoun 不在 (1832年12月以降) - マーティン・ヴァン・ビューレン Martin Van Buren 8 Martin Van Buren 民主党 - Richard Mentor Johnson 9 William Henry Harrison - ジョン・タイラー John Tyler 10 John Tyler ホイッグ党 - 不在 - 11 James Knox Polk 民主党 - George M. Dallas 12 Zachary Taylor ホイッグ党 - ミラード・フィルモア Millard Fillmore 13 Millard Fillmore ホイッグ党 - 不在 14 Franklin Pierce 民主党 - William R. King 不在 (1853年4月以降) 15 James Buchanan 民主党 - John C. Breckinridge 16 Abraham Lincoln - Hannibal Hamlin - アンドリュー・ジョンソン Andrew Johnson 17 Andrew Johnson 民主党 - 不在 18 Ulysses Simpson Grant 共和党 - Schuyler Colfax - Henry Wilson 不在 (1875年11月以降) 19 Rutherford Birchard Hayes 共和党 - William A. Wheeler 20 James Abram Garfield 共和党 - チェスター・A・アーサー Chester Alan Arthur 21 Chester Alan Arthur 共和党 - 不在 22 Stephen Grover Cleveland 民主党 - Thomas A. Hendricks 不在 (1885年11月以降) 23 Benjamin Harrison 共和党 - Levi P. Morton 24 グロバー・クリーブランド Stephen Grover Cleveland 民主党 - Adlai E. Stevenson 25 William McKinley 共和党 - Garret Hobart 不在 (1899年11月以降) - セオドア・ルーズベルト Theodore Roosevelt 26 Theodore Roosevelt 共和党 - 不在 - Charles W. Fairbanks 27 William Howard Taft 共和党 - James S. Sherman 不在 (1912年10月以降) 28 Thomas Woodrow Wilson 民主党 - Thomas R. Marshall - 29 Warren Gamaliel Harding 共和党 - カルビン・クーリッジ John Calvin Coolidge Jr. 30 John Calvin Coolidge Jr. 共和党 - 不在 - Charles G. Dawes 31 Herbert Clark Hoover 共和党 - Charles Curtis 32 Franklin Delano Roosevelt 民主党 - John Nance Garner - - Henry A. Wallace - ハリー・S・トルーマン Harry S. Truman 33 Harry S. Truman 民主党 - 不在 - Alben Barkley 34 Dwight David Eisenhower 共和党 - リチャード・ニクソン Richard Milhouse Nixon - 35 John Fitzgerald Kennedy 民主党 - リンドン・ジョンソン Lyndon Baines Johnson 36 Lyndon Baines Johnson 民主党 - 不在 - Hubert Humphrey 37 Richard Milhouse Nixon 共和党 - Spiro Agnew - 不在 (1973年10月 - 12月) ジェラルド・R・フォード Gerald Rudolph Ford Jr. 38 Gerald Rudolph Ford Jr. 共和党 - 不在 (1974年12月まで) Nelson Rockefeller 39 James Earl Carter 民主党 - Walter Mondale 40 Ronald Wilson Reagan 共和党 - ジョージ・H・W・ブッシュ George Herbert Walker Bush - 41 George Herbert Walker Bush 共和党 - Dan Quayle 42 William Jefferson Clinton 民主党 - Al Gore - 43 George Walker Bush 共和党 - Dick Cheney - 44 Barack Hussein Obama II 民主党 - Joe Biden - 45 Donald John Trump 共和党 - 現職 Mike Pence 脚注 [ ] []• 連続ではない2期を務めたグロバー・クリーブランドを第22・24代大統領として2回数えるので、人数が代数より1人少なくなる。 連邦党とされることもある。 路線対立でホイッグ党から追放された。 参考資料 [ ]• Frank Freidel and Hugh S. Sidey,. Robert S. Summers,. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - ホワイトハウス• - 1789-1797 2. - 1797-1801 3. - 1801-1809 4. - 1809-1817 5. - 1817-1825 6. - 1825-1829 7. - 1829-1837 8. - 1837-1841 9. - 1841 10. - 1841-1845 11. - 1845-1849 12. - 1849-1850 13. - 1850-1853 14. - 1853-1857 15. - 1857-1861 16. - 1861-1865 17. - 1865-1869 18. - 1869-1877 19. - 1877-1881 20. - 1881 21. - 1881-1885 22. - 1885-1889 23. - 1889-1893 24. - 1893-1897 25. - 1897-1901 26. - 1901-1909 27. - 1909-1913 28. - 1913-1921 29. - 1921-1923 30. - 1923-1929 31. - 1929-1933 32. - 1933-1945 33. - 1945-1953 34. - 1953-1961 35. - 1961-1963 36. - 1963-1969 37. - 1969-1974 38. - 1974-1977 39. - 1977-1981 40. - 1981-1989 41. - 1989-1993 42. - 1993-2001 43. - 2001-2009 44. - 2009-2017 45. - 2017-現職.

次の

アメリカ民主党候補者選び トランプ氏と戦う候補は誰になるのか:朝日新聞デジタル

アメリカ 大統領 候補

第47代を2009年から2017年まで務めた。 ()、卒業。 (選出、 - )。 所属政党は。 移民の子孫であり、信徒。 妻は、長男はデラウェア州司法長官を2期務めに死去した。 民主党中道派を代表する 大物政治家として知られ、上院議員としては当選回数7回・議員生活36年を誇ったベテランである。 では、民主党候補の副大統領候補に指名され、同年(現地時間)の投開票においてオバマ候補が当選したことに伴って第47代副大統領に決定し、(現地時間)に正式に就任した。 この就任に伴い、アメリカ建国以来初の教徒の副大統領になると共に、初のデラウェア州出身の副大統領ともなった。 経歴 [ ] 少年・学生時代 [ ] 1942年11月20日にアメリカので、父ジョセフ・バイデン・シニアと母キャスリーンの間に、4人兄弟の長男として生まれた。 父親のジョセフ・バイデン・シニアは、20代の頃は・・などの趣味に熱中するなど、非常に裕福な生活を送っていた。 しかし長男であるジョーが生まれた頃には、彼は数件の事業に失敗し、その為にジョーの母方の祖父母にあたるフィネガン夫妻と数年にわたって同居しなければならなくなるなど、バイデン一家は苦しい生活を送っていた。 その後1950年代の経済低迷の中で、父ジョセフ・シニアも生計を立てていくだけの十分な仕事が得られなくなってしまったことから 、10歳の頃にに引っ越し、その後さらに父親が勤めていた用清掃会社のあるのへ引っ越し 、以後高校卒業までこの地で過ごす。 ウィルミントンは、後にバイデンが弁護士として初めて開業した地であり、現在に至るまで自宅を構えている地でもある。 ちなみにこの前後、を愛好していたことから、"fleet flutin joe"というあだ名が付いていたという。 その後ジョセフ・シニアはのの職を得て、バイデン一家は中産階級家庭として安定した生活を送ることになる。 バイデンはクレイモントにあるカトリック系の私立学校、へ入学し、の卒業までこの学校で過ごした。 在学中はと野球に熱中し、特にフットボールにおいては、高校のフットボールチームに所属し、(の一種。 )やのポジションで活躍、長年にわたって敗北続きだったチームを最終学年時にはシーズン無敗を達成するまでの強豪チームに成長させた一翼を担った。 また、政治活動についても、ウィルミントンの劇場で行われたに反対する活動に参加するなど、積極的に取り組んだ。 学業に関しては平凡で目立たない生徒であったものの 、バイデンはリーダーシップを発揮する生徒であったという。 1961年にアーキメア・アカデミーを卒業した後、にある ()に進学し、とを専攻した。 当初はアーキメア・アカデミー時代と同様にフットボールに熱中、デラウェア大のチームであるに所属し、最初は新入生チームにおいてハーフバックとしてプレーしていた。 しかし大学3年の時に、デラウェア州外に住む恋人と過ごす時間を確保するために、大学代表チームでとしてプレーする計画を諦めざるを得なくなった。 このように、スポーツや友人・恋人との交際に熱中していたためか 、学業の成績はあまり優れず、専攻していた歴史学と政治学においてを取得し 、に卒業したものの、688人中506番目というあまり良くない成績で卒業することになった。 しかし友人たちは、むしろバイデンの詰め込み勉強の才能に驚かされたという。 その後のに進学。 在学中は1年目に法律評論誌の記事(全15ページ)から5ページにわたって論文を盗用したとして、学校から処分を受けたことがある。 この事件についてバイデンは、「引用についての正確なルールを知らなかったことによる不注意で起こしてしまったものだ」として、悪意があったことを否定している。 に号を取得 、卒業後の翌にはデラウェア州へ加入し 、ウィルミントンでとして開業した。 ロースクール在学中のに彼は最初の妻であるネイリア・ハンターと出会い、結婚する。 ネイリアとの間には2男1女(ジョセフ3世(愛称:ボー)、ロバート、ナオミ)をもうけた。 の最中、バイデンは大学在学中のからロースクール在学中のまでの間、少年時代のの病歴を理由に5回の猶予を受けていた。 このためベトナム戦争には従軍していなかった。 幼少期からに苦しみ、その克服に20代前半まで要した。 鏡の前で詩の朗読を続けていた。 また近親者がで苦しんでいたことから禁酒家となった。 政治活動初期 [ ] の弁護士活動開始後間も無く、バイデンはの議員に選ばれ、からまで同職を務めた。 その後1972年の上院議員選挙にから出馬する。 この時現職だったのJ. カレブ・ボッグス議員は、著名な議員の1人であったが、ボッグス議員は政界引退を考えていた。 しかしながら、共和党内でボッグスの後継をめぐって、デラウェア州選出の下院議員だったピエール・S・デュポン4世(のちデラウェア州知事)と、ウィルミントンであったハリー・G・ハスケル・ジュニアが対立し、共和党陣営内での分裂が生じた。 この打開策として、は、ボッグスにもう1期出馬するよう要請し、共和党が全面的に支援することを約束したため、ボッグスもこれを受諾した。 しかしながら、最終的にはバイデンがボッグスを破って勝利を収めた。 連邦上院議員では建国以来5番目の若さでの当選となった。 しかし上院議員に当選直後、に妻のネイリアはクリスマスの買い物をするために、3人の子供たちを連れてデラウェア州ホケッシンに車で出かけていたのだが、ネイリアの運転するが、交差点でに追突され、ネイリアとまだ幼かったナオミが死亡、とロバートは生き残ったものの、瀕死の重傷を負う。 この事故に関しては、追突した側のトレーラーの運転手には過失がないことが解っている。 バイデンは、一度は息子たちの看病・世話を理由に議員職を辞退しようとしたが、当時民主党の上院であったから辞退を思い留まるよう説得を受け、議員に就任することを決意、1月から他の議員と同様に通常どおり登院し、議員活動を開始した。 この時バイデンは30歳で、30歳での上院議員はアメリカ史上5番目の若さだった。 通常は議員になるとに居住する議員が多い中で、彼は息子たちの為に、毎日片道1時間半かけてウィルミントン郊外の自宅とワシントンD. を電車通勤した。 ベテラン議員への道・2度目の試練 [ ] 1979年、調印後に談笑するバイデン(左)と上院議員(中)、当時のエジプト大統領(右)。 にバイデンは誌の「200 Faces for the Future」の1人に選ばれるなど、議会の内外で活躍の場を広げ、知名度を高めていった。 また私生活においても、に2人目の妻ジル・トレイシー・ジェイコブスと結婚し、1女(アシュリー)をもうけた。 以後バイデンは、順調に政治活動を展開していく。 の選挙では、ジェームズ・H・バクスター・ジュニアを破り再選を、の選挙ではジョン・M・バリスを破り3選を果たすなど、ベテラン議員への仲間入りを果たしていく。 その後もには初めての委員長に就任(司法委員長、1995年まで務めた)をしたり、など、精力的に活動を行っていく。 しかし、この時は党首の演説内容を盗用した疑いが持ち上がり撤退に追い込まれた。 しかし2月に45歳の時、バイデンは首の痛みに悩まされた末にに入院し、手術を受けた。 が破裂したのが原因であり、この時バイデンは一時危篤状態に陥るなど、生死の境をさまよった。 さらに同年5月には2度目の脳動脈瘤の手術を受けるなど、バイデンはもはや議員活動の継続も危ぶまれた。 しかしバイデンは懸命のを続け、入院からわずか7ヶ月で復帰した。 民主党の重鎮として [ ] 病気から復帰後、バイデンは再び上院議員として活躍、2008年時点では6回連続当選・在職36年目を誇る、押しも押されもせぬ上院民主党の重鎮となっている。 ちなみに彼は、故郷デラウェア州の歴史上、最も長く在職した上院議員となっている。 しかし、これほど多くの連続当選と長い在職期間を誇りながら、彼がデラウェア州の先任上院議員(アメリカではSenior Senatorと呼ばれている。 各州2名の上院議員のうち、それまで連続して当選しており、より任期の長い議員が先任上院議員となる。 )となったのは2000年のことであり、かなり遅いと言える。 これは、バイデンの2年先輩にあたる共和党のウィリアム・ヴィクター・ロス・ジュニア上院議員 William Victor Roth Jr. が、1971年の初登院以来、2000年の選挙で民主党のトーマス・リチャード・カーパー州知事 Thomas Richard Carper に敗れて引退するまで、約30年にわたって議席を維持した為である。 からの委員長を務めた際には、10月のイラクに対する武力行使容認決議案など、後にアメリカ外交を左右することになる重要な局面に立ち会った。 その後、2002年ので民主党が少数党に転落したため、新しい連邦議会が招集された2003年1月3日付で外交委員長職を離れ、今度は民主党の幹事として党運営・議会運営に携わった。 また、の大統領選挙への出馬にも意欲を見せたが、最終的に断念した。 その後、11月の中間選挙で民主党が多数党に返り咲いてからは、より2度目の外交委員長職を務めている。 また同時に、司法委員会に連なる犯罪および麻薬に関する小委員会の委員長を務めている。 特に外交委員会では、同委員会のリーダーとして、また外交通として、積極的な発言を行った。 また、上院本会議においても、行き詰まりを見せていたイラク政策に関連して、にの上院議員と共に、法的拘束力のない「イラク分割決議」を75対23で成立させた。 2度目の大統領選挑戦・副大統領へ [ ] 2008年には、自身2度目の大統領選挙となるに挑戦するが、候補と候補の二強が他を突き放す形勢となり、1月3日に撤退。 しかし、8月23日に大統領候補の指名を確実にしたオバマから副大統領候補指名の意向が発表され、これを受諾、その後8月27日にで開催されたで、オバマと共に正式に、民主党の正副大統領候補に指名された。 8月23日、副大統領候補指名内定後の初集会にて オバマの副大統領候補としてメディアから有力視されていたのは、オバマの最大の対抗馬であったヒラリー・クリントンであった。 激しい予備選の過程でオバマとクリントンの支持者同士の感情が険悪化しており、党内融和のためにもオバマ-クリントンの「ドリームチケット」が期待されていた。 そのため、バイデンが選ばれた事に関しては、少なからず驚きの声があった。 この選択理由としては、次のような点が評価されたためと言われている。 オバマが弱いとされている有権者層である白人(特に白人労働者)、カトリックに強いこと。 民主党中道派の重鎮であり、政治的・思想的に偏りが少ないという点。 当時クリントンはオバマ同様に民主党でもリベラル寄りとみなされており、リベラル同士のチケットでは本選挙の鍵を握る中道層の取りこぼしが懸念された。 議会対策の上でも、上院民主党の重鎮であったバイデンの影響力が期待できること。 一般庶民層の出身という経歴であること。 しかし、共和党の候補がを副大統領候補に抜擢したことと比較され、地味な選択とみられた。 また、バイデンは予備選でオバマ候補の経験不足を指摘していたため、指名受諾後にはその点を共和党側より批判された。 本選挙の選挙戦では、オバマが攻撃的な発言を抑制するかたわらバイデンはマケインへの激しい批判を展開した。 ペイリンとの副大統領候補討論会後の世論調査では「討論はバイデンの勝利」と答えた者が多数を占めたものの、好感度の面ではペイリンに軍配を上げる者が多かった。 (現地時間)に行われた大統領選挙の投開票において、オバマが第44代合衆国大統領に当選したことに伴い、自身も第47代合衆国副大統領に当選が確定した。 ちなみにバイデンは、大統領選挙での敗北も想定した上で、大統領選挙と同日投票となった上院議員選挙にも出馬していた。 この選挙では選挙区全体の65%の票(25万7,484票)を獲得し、対立候補であった共和党のクリスティン・オドネルに大差を付ける形で、自身7回目となる上院議員当選を果たした。 その上でに開会した第111期連邦議会では、まで上院議員職に留まり、同日辞職した。 なお、自身が務めていた上院外交委員長職については、新しい議会の招集を契機に1月3日付で辞職した。 外交委員長としての最後の仕事となったのは、1月の第2週目に行った、、の3カ国歴訪・首脳会談であった。 バイデンの議席は、長年にわたって彼のアドバイザーを務めていたテッド・カウフマンに、外交委員長のポストは、大統領選挙において民主党の大統領候補だった上院議員に引き継がれた。 副大統領 [ ] 一期目の副大統領就任宣誓 、バラク・オバマの第44代合衆国大統領就任に伴い、自身も第47代副大統領に正式に就任した。 (キャピトル・ヒル)で開催されたオバマの就任式には、セカンドレディとなった妻のジルと共に出席し、オバマに先だって、の立ち会いの下、就任宣誓を行った。 また、自身のスタッフ選任も進めている。 首席補佐官には民主党のベテラン弁護士であるロン・クラインを、広報部長にはのワシントンD. 支局長であるジェイ・カーニーを任命した。 バイデンは、前任者であるが従来の副大統領とは異なり、政策決定や実務など大統領の政権運営において、かなり深い部分まで関わっていたのに対して、「自らは(チェイニー 前・副大統領のように)大統領の政策決定などに深く関わることはしない」という旨を言及している。 その一方で、「オバマ大統領が重大な決断を下す際には、その全てにおいてアドバイスや助言を行う」としている。 を受けて設立した銃規制の強化を検討するための特別チームのトップになった。 大統領自由勲章受章時 、副大統領としての功労を讃えられ、をオバマ大統領より受章した。 受賞を事前に知らされていなかったバイデンは涙し、即興のスピーチを20分間行った。 更なる大統領選挙出馬の検討 [ ] にはオバマは任期制限により出馬できないためバイデンの出馬が取沙汰され、勝手連(Draft)のも結成された。 2015年9月11日の時点では出馬するか否かを決めていないと述べた が、同年10月21日に不出馬を表明。 ではオバマ大統領ともども当初いずれの候補への支持も表明せず、が指名を確実とした後の2016年6月9日に同候補への支持を表明した。 2017年6月、新たな「」を設立しへの出馬検討を始めたとが報じた。 また、同政治行動委員会の責任者にはの2度の選挙キャンペーンに携わったグレック・シュルツが就任している。 2018年12月、で行われた講演会において今後6週間以内に2020年の大統領選への出馬の最終的な判断を行なうと明言。 そして、2019年4月25日、2020年の大統領選挙へ出馬することを、正式に公表した。 2020年2月3日、民主党指名候補選びの初戦である党員集会が開催。 翌日の暫定結果の発表では、中道派のに首位を許し4位となった。 その後も苦戦は続いたが、同月29日に行われたで4戦目にして勝利。 その後、3月2日に予備選挙からの撤退をした表明した 、3月19日に撤退表明したからの支持も獲得した。 4月8日に最後まで残った対立候補のが選挙から撤退し同月13日に挙党体制の構築のために支持を表明したことで、民主党候補の指名獲得を確実にした。 この節のが望まれています。 人物 [ ]• 宗教は。 家族も全員ローマ・カトリックの信者である。 また、現在でもデラウェア州グレンヴィルのブランディワイン地区にある聖ジョセフのに定期的に出席している。 酒は全く飲まないと公言している。 これは、彼の近親者にが広まっているからだと言う。 幼少期はで悩み、20代になるまで治らなかった。 姉によれば、バイデンは吃音症を治すために、毎日鏡に向かって詩を朗読し、懸命に発音を矯正していたという。 毎年には、前述の自動車事故で他界した1人目の妻ネイリアと長女ナオミを偲ぶため、一切の仕事をしない。 前述のような波瀾万丈の経歴から、「サバイバー」と呼ばれることもある。 のファンであり、民主党党員集会ではから特製ユニフォームを手渡された。 、への道を開く医療保険改革法にオバマ大統領が署名した際、オバマと抱き合い、嬉しさのあまり「This is a big fucking deal! 」(これは大したものだ!)と思わず発言した。 「」は英語圏内では極めて下品な言葉であり、関係者は火消しに追われた。 2016年8月15日、ペンシルベニア州での演説で、への批判のために「(日本が)核保有国になり得ないとする日本国憲法を、私たちが書いたことを彼(トランプ氏)は知らないのか」と発言。 米政府の要人によって、米国によるの起草を強調することは異例である• 2016年、ウクライナを訪問した際にを罷免するよう要求。 この行為は、次男が取締役を務めるウクライナのガス会社の訴追を免れるためと目された。 2019年、トランプ大統領は、この件をウクライナに対して調査するよう要求したが、民主党は不当な要求で職権乱用であたるとして反発。 弾劾に向けて調査が行われる契機となったが、ジョー・バイデンの選挙戦に影を落とすことにもなった()。 2019年3月、民主党内部の二人の女性から複数の行為を告発された。 4月3日、に投稿した動画で自身のセクハラ問題について釈明した。 その後も告発者が続き、4月5日現在、7名の女性が名乗り出ている。 オバマ政権時の副大統領時代から彼の過剰な女性 未成年者・児童を含む への接触は一部メディア・インターネットで話題になっていた。 家族・出自 [ ] バイデンは前述のようにの子孫であり、バイデン家自体はに起源を持つ家系である。 前述のように4人兄弟の長男として生まれ、弟が2人と妹が1人がいる。 また、最初の妻ネイリアとの間に2男1女、2番目の妻ジルとの間に1女をもうけている。 彼の主な家族・祖先は以下の通り。 エドワード・F・ブレウィット:曾祖父。 議会上院議員を務めていた。 ジョセフ・ロビネット・バイデン・シニア:父(1915年 - 2002年)。 ジェームズ・ブライアン・バイデン:弟。 フランシス・W・バイデン:弟。 ヴァレリー・バイデン・オーウェンズ:妹。 ネイリア・ハンター:最初の妻。 1972年に死別。 :長男(1969年 - 2015年)。 デラウェア州のを務めた。 脳腫瘍で死去。 民主党員。 :次男(1970年 - )。 ナオミ・クリスティーナ・バイデン:長女(1971年 - 1972年)。 前述のように、ネイリアと共に事故で死別。 ジル・トレイシー・ジェイコブス・バイデン:2番目の妻。 現在の。 アシュリー・ブレイザー・バイデン:次女(1981年 - )。 現在はとして勤務。 政策スタンス・主な活動 [ ] 外交 [ ] 自身が最も得意とする外交分野においては、様々な発言や政策提言を行っている他、各国を訪問するなど行動派の一面も見せている。 基本スタンス [ ] 彼は国際自由主義(リベラル・インターナショナリズム)の信奉者であり、彼の外交政策スタンスにも反映されている。 上院においては、同じくリベラル・インターナショナリズムを掲げる共和党の重鎮である・両上院議員(ヘルムズは故人)と投票行動を共にすることが多く、その為彼の出身政党である民主党の方針に反することもしばしばあった。 最初の大舞台 [ ] バイデンを一躍有名にしたのはに(SALT II)をめぐる一連の活動である。 SALT IIはにのにおいて、アメリカの大統領とのの間で調印され、後は連邦議会の承認・批准を待つのみとなっていた。 しかし原案では批准に必要な議員数の3分の2以上の賛成を得ることは厳しい情勢であり、上院執行部は対応に苦慮し、修正案を加えることで賛成を得られる見込みがたったものの、修正案追加には相手国であるソ連の承認が必要であった。 そこで執行部は当時2期目の若手上院議員の1人であり、ちょうど所用でに向かうことになっていたバイデンに、当時のソ連の外相と交渉し、修正案追加の承諾を得てくるという重大な任務を託したのである。 結局SALT IIは同年末から開始されたが原因で連邦議会の批准拒否を受け、に期限切れを迎えてしまったものの、アフガニスタン侵攻が無ければ、最大の難関であった上院外交委員会での承認は確実だった。 この成功はその後交渉術などさまざまな分野の書籍 でも取り上げられている。 コソヴォ問題 [ ] バイデンはバルカン半島、特ににおける紛争問題にも積極的に取り組み、1990年代に同紛争が国際的な注目を集め、大統領の政策にも影響を与えるよう尽力したことで知られている。 彼は紛争地域を繰り返し訪問する一方で、当時の大統領であり、勢力の代表でもあったと深夜に極秘会談を行い事態打開を図ろうとするなど、同紛争解決に向けて奔走した。 コソヴォ紛争におけるNATO軍の直接介入の決定には、過去のでの経験が関わっている。 コソヴォ紛争のおよそ5年前に発生したボスニア・ヘルツェゴビナ紛争のさなかにあった1993年頃、交渉による事態打開が難しい情勢になると、主導の政府への武器禁輸解除や戦争犯罪の調査、による空爆の実施などを主とする積極的な介入を政府に訴えるようになる。 この時の提言は、クリントン大統領が1999年のに際してに実行されたなど、主にセルビア人勢力によるアルバニア系住民への組織的人権侵害に対する武力制裁・介入を容認する上で、重要なきっかけとなった。 また、コソヴォ危機時には、セルビアに対するアメリカの直接攻撃を擁護する姿勢を表明し、これに賛同する共和党議員と協力して、セルビアに対して「必要なあらゆる武力」を行使する権限をクリントン大統領に与えるとする、「マケイン=バイデン・コソヴォ決議」を成立させた。 バイデン自身は、大統領選挙運動用に刊行された自伝の中において、この時の活動を「海外政策において最も誇りに思う実績」だと書いている。 中東政策 [ ] 2007年9月11日、上院外交委員会のイラク問題公聴会において、冒頭陳述と参考人である将軍(イラク駐留米軍司令官。 現・総司令官。 )とライアン・クロッカー駐イラク大使に対する質問を行うバイデン。 バイデンとイラクとの関わりは、ににおける対イラク武力行使に反対したことが最初である。 から始まったにおいては、政権が武力行使を表明した際には、これを容認する姿勢を示し、前述の「イラクに対する武力行使容認決議」にも賛成票を投じている。 しかしながら、ブッシュ政権が目指した独裁体制の排除には反対を表明していた。 また、ブッシュ政権の一国主義的な行動や、「自衛のための先制攻撃」を許容するについても批判している。 このように、ブッシュ政権を批判しつつも、当初は開戦に肯定的だったバイデンだが、その後イラク国内の情勢が泥沼化の様相を呈してくると、一転して反対に転じ、初めに政府が提案したイラクへの米軍増派法案についても反対した。 バイデンがイラク戦争とそれに伴う混乱・内戦を収拾する手段としてかねてより提唱しているのが、いわゆる「イラク3分割案」である。 この案は、イラクをそれぞれ・・の区域に分割し、これら3つの区域から成るにするという物である。 この案を上記の米軍増派法案への対案として正式に提案した物が、前述の「イラク分割決議案」である。 この決議の提案にあたっては、バイデンと同じイラク分割論者であるの上院議員も賛成を表明し、共同提案者として名を連ねた。 なおこの決議案はに上院において75対23の賛成多数で成立した。 司法 [ ] バイデンは外交通としてのイメージが強いが、司法政策にも精通していることで知られている。 特に上院司法委員会での活動は、に初めて委員に就任してから現在に至るまで約30年にも及んでいる。 その為同委員会での役職経験も豊富であり、前述のように、からまでの8年間にわたって委員長を務めたほか、から1987年とからの2度にわたって、委員会における少数党代表者(ranking minority member)を務めた。 (「委員会における少数党代表者」は、各委員会における少数党出身委員の代表者であり、委員会においては副委員長と同格の扱いを受ける(実際に副委員長に就任している委員会もある)要職である。 多くの委員会において、同職は委員長と共に、各委員会の下に連なる全ての小委員会のメンバーとなる。 また、議会において与野党が逆転した際は、多くの場合、少数党代表者が次の委員長に就任する。 ) また、司法委員会に連なる5つの小委員会にも在籍しており、前述のように犯罪および麻薬に関する小委員会では委員長を務めている。 5つの小委員会は下記の通りである。 犯罪および麻薬に関する小委員会• 反トラスト競争政策および消費者権利に関する小委員会• 人権および法に関する小委員会• 入国管理・国境警備ならびに難民に関する小委員会• テロ・技術ならびに国土安全保障に関する小委員会 また、上記の委員会活動と並行して、麻薬政策に関して連邦政府への監視・諮問を行う上院国際麻薬取締委員会(The United States Senate Caucus on International Narcotics Control)の議長を務めるほか、上院のグループの共同議長も務めている。 主な政策 [ ] バイデンは司法委員として様々な問題に取り組んでいるが、その中でも麻薬政策に熱心に取り組んでいる。 また、麻薬政策のみならず、犯罪防止政策や人権政策などにも積極的に取り組んでいる。 連邦最高裁判事の承認問題 [ ] 上院司法委員会の重要な任務の1つに、の承認がある。 司法委員会は、上院本会議での投票に先立ちを開催し、大統領が指名した判事候補者に対して質疑応答・投票による審査を行うが、バイデンは委員長として、大きな議論を呼んだ2度の公聴会を主催している。 候補への公聴会() バイデンが初めて主催した判事候補者に対する公聴会は、保守派の大物であったロバート・ボーク候補に対するものであった。 ボークは大統領によって判事候補者に指名されたのだが、バイデンは指名直後から反対を明言した。 しかし、彼は前年、ボークの指名が確実視されていた際に受けたインタビューで賛成する意向を表明していたため、この早々の反対表明は「公正な公聴会運営ができない」として保守派の怒りを買った。 しかし彼は、この公聴会の期間中に彼の大統領選挙キャンペーンが挫折・撤退を余儀なくされたにも関わらず、公平に、かつ素晴らしいユーモアと度胸を持って公聴会を仕切ったことで、最終的に高く評価されることになったのである。 そもそもボーク指名に対する反対は根強く、共和党内でも、穏健派で上院司法委員会のメンバーでもある議員が反対を表明するような状況であった。 公聴会では、スペクターやらが激しい質問をボークに浴びせた。 バイデンは自らの質問の中で、で規定されている自由とプライバシーの権利は、憲法上で明文化されている以上に拡大されており、この点とボークが主張する強力なはイデオロギー的に両立しないのではないかという論点を中心に質疑を行った。 最終的に、ボークの承認案は上院司法委員会・上院本会議の双方で否決されることとなった。 ちなみに司法委員会においては賛成5票・反対9票で、上院本会議においては賛成42票・反対58票という投票結果であった。 ちなみにバイデン自身も先立っての反対表明通り、反対票を投じた。 候補への公聴会() バイデンが2度目に主催した判事候補者に対する公聴会は、ボークと同じく保守派のクラレンス・トーマス候補に対するものであった。 トーマスは、黒人初の連邦最高裁判事として知られたの後任として、大統領によって判事候補者に指名され、公聴会が行われた。 バイデンは、トーマスに対する公聴会においてに関する憲法上の問題に関して質問したのだが、この質問はしばしば長く複雑なものとなり、答える側のトーマスが、質問を忘れてしまうほどであった。 トーマスは後に、この時のことを「バイデン氏の質問は危険球のようなものであった。 」と後に述べている。 しかし、公聴会が終盤に差し掛かった時期に大きな問題が明らかになる。 かつてトーマスが雇用機会均等委員会委員長を務めていた時の部下であった(現・)が、「トーマス氏からを受けていた」としたことを記載した司法委員会との報告書が、の最高裁担当記者であったニーナ・トーテンバーグの元にリークされ、これを契機にトーマスのセクハラ問題が連日メディアで取り上げられ、急浮上することになったのである。 この時の公聴会は全米にテレビ中継され、アメリカ国民の大きな関心を呼んだ。 この時バイデンは、の大統領選挙における自身の苦い経験(後述)もあって個人的な問題に踏み込むことを躊躇しており、ヒル本人が宣誓証言する意思のないことを理由に、告発の事実を委員会内で公表するに留め、完全に公にはしていなかった。 さらに、一転してヒルが公聴会で証言した後は、同様の告発を行っていたアンジェラ・ライトや問題の専門家など、彼女を支持する他の証人による更なる証言を一切認めなかった。 これについてバイデンは、「トーマス氏のプライバシーの権利と、委員会の品位を守るために取った措置である」と発言している。 結局トーマスの承認案は、上院議員がヒルの証言に信憑性がないこととして、攻撃的な質問を行うなど激論が交わされた後、上院本会議にて賛成52票・反対48票の僅差で可決された。 バイデンはこの時も反対票を投じたが、その後彼は派の弁護士グループや女性団体などから「(委員長でありながら、)証人であるヒルを十分にサポートせず、公聴会の進行を誤った」と強い批判を浴びることになった。 この後彼は、司法委員会で働く女性を捜し、「女性に関する問題は、委員会における立法議題の1つである」と強調するなど、弁明を行った。 犯罪関連法案の制定 [ ] バイデンはこれまで数々の犯罪に関連する連邦法制定に関与してきている。 に民主党の議事進行係議員を務めていた際に携わった犯罪管理法(Comprehensive Crime Control Act)の制定では、いくつかの条項に対して修正を加えたが、その修正が同法の通過・成立に大きな影響を与えたとして、市民的者(シヴィル・リバタリアン)から高評価を受けた。 またに携わった「暴力犯罪防止・法執行法」()においては、同法とそれに連なる法律の起草作業の先頭に立ち、成立に尽力した。 この法律によって定められた主な点は以下の通りである。 「女性に対する暴力法」( )の制定 VCCLEAの第4章という形で、「女性に対する暴力法」(VAWA)が定められた。 VAWAは、を犯罪と規定し、加害者責任を追及することに言及している点で当時としては画期的であり、VCCLEAに関する一連の法案の中でも特に高い評価を得ている。 さらに同法では、女性に対する暴力の捜査・訴追の強化に16億ドルの連邦予算が投じること、被告人の審理前拘留を拡大すること、有罪となった場合に強制的かつ自動的に賠償義務を課すこと、不起訴となった場合でも民事による救済を認めることなどが規定された。 VAWAは5年間の時限立法であり、延長するためには議会の再承認が必要である。 VAWAはとの2回にわたって再承認されている。 しかし、2000年にが、民事による救済に関する条項に関して「の観点から見て、である」という判断を下した為、この条項に則って進められていた事業は事実上ストップしている。 バイデンはVAWAについて、「VAWAこそが35年間にわたる上院議員生活で関わった立法の中でも、唯一最も重要な法案だと考えている」と発言している。 これに関連して、にはに本拠を置く関連団体「ナショナル・ドメスティックバイオレンス・ホットライン」が問題を抱えた際には、大手技術系企業の協力を得て問題の調査を行い、設備の寄付などを行った。 受刑者に対する教育の廃止 VCCLEAの中では、受刑者に対する教育に関して重要な条項が定められた。 に定められた法に対する修正条項である。 高等教育法では、受刑者が出所後に高等教育を受けることができるように、収監中でもペル奨学金(Pell Grant,が資金を提供している奨学金制度で、前述の高等教育法に基づいて設立された。 ペルという名前は、関連条項の制定に尽力したクレイボーン・ペル上院議員の名前にちなんだものである。 )を受けることを許容していたのだが、この修正条項ではその方針が180度転換され、「連邦ないしは州の刑務所に収監中のいかなる人物に対しても、基礎奨学金を与えてはならない」と定められた。 この修正条項は、低収入の受刑者が刑期中にを受ける機会を事実上奪うものであり、刑期中の受刑者の教育レベルが改善されないままになってしまうことから、議論を呼んでいる。 連邦死刑法の制定 この法律の第6章という形で、連邦死刑法が定められた。 元来アメリカでは死刑制度を導入しているが、この法律においては行為や薬物の違法取引・走行中の車からの銃撃による殺人など、60の犯罪が新たに死刑適用対象として定められた。 この法律については、現在も大きな変更が加えられることなく運用されている。 ちなみに、この法律が施行された数ヵ月後にが発生した。 同事件の主犯であったは、この法律によって死刑を執行された。 対人殺傷用武器と見なされた半自動式火器の規制 この法律の第11章によって、対人殺傷用武器と見なされた半自動(セミオートマチック)式火器19種類に対して規制が加えられた。 着脱可能なを有するが規制されたほか、以下の6種類の器具のうち、2種類以上を装備した銃が規制対象となった。 はめ込み式の• 折り畳み式の銃床• 固定用ラグ 2004年に同法が無効になり、半自動火器の売上が増えたことにバイデンは「半自動火器は扱いが難しい。 護身にはを使うべきだ」とコメントした。 しかし、や銃所持賛成派からは「散弾銃は反動が重く、特に女性の護身には適さない」などと批判を受けた。 警察・刑務システムの強化 この法律によって、警察・刑務システムの強化が図られた。 警察組織の強化策として、10万人を超える警官を雇用することが決定された。 また、刑務・更生システムの強化策として、に対する矯正ブートキャンプが開始されたほか、の建設に十分な額の予算を割り当てることが定められた。 この条項の施行によって、アメリカの犯罪率は1世代で最低水準まで下がったと評価されている。 新たな連邦犯罪の指定 この法律において、新たに50の犯罪が連邦犯罪(が捜査権限を持つ犯罪)に指定された。 特に有名なのは、に加入することを罪としている条項であり、この点については、一部ではで保障されているを侵害しているのではないか、という議論がある。 クリントン大統領のスキャンダル問題に対して [ ] 1990年代にビル・クリントン大統領の任期中には、ホワイトウォーター疑惑(クリントンが知事時代、知人と共同経営していた不動産開発会社「ホワイトウォーター」に関連して、不正な土地取引や融資を行っていたのではないかという疑惑。 )やとの不倫疑惑、さらには当時大統領次席法律顧問を務めていたヴィンセント・フォスターが不可解な自殺を遂げるなど、同大統領に関する数々のスキャンダルが浮上し、政権でを務めたがに任命され、厳しい捜査・追及が行われた。 バイデンは、特にホワイトウォーター疑惑とルインスキー疑惑の2件に関するスターの捜査活動に批判的であり、クリントン大統領に対する法案にも反対票を投じた。 麻薬政策 [ ] バイデンは前述のように、上院議員有志で作る「上院国際麻薬取締会議」の議長を務めており、麻薬取締政策に熱心に取り組んでいる。 同会議の議長としてバイデンは、連邦政府の麻薬取締政策を統括する「麻薬問題担当長官」 Drug Czar を創設する法案を起草した。 にはレイヴ法()を議会に提案した。 同法は薬物を故意に保持するなど、薬物を使用可能な状態に置く行為から、製造・販売などで利益を得る行為、実際に使用する行為に至るまで、個人の規制薬物に関連するあらゆる行為を禁止するものである。 この法案は第107回連邦議会の会期中に提案・審議されていたものの、審議中に議会が閉会したことから、に開会した第108回連邦議会の冒頭に再び提案された(正式な提案日は)。 再提案時には、トム・ダシュル上院議員(当時)が主提案者となり、バイデンは10人の賛同者のうちの1人として名を連ねた。 しかしこの時は、2人の議員が賛同を取り下げたことで可決に失敗してしまった。 この可決失敗の後、レイヴ法自体は再提案されることはなかった。 しかし、ほぼ同じ内容を持つ「不法薬物反拡散法」()が2003年に成立したことで、レイヴ法の目的は達成されたと言える。 多くのスポーツ選手や一般人が使用していることで社会問題となった、(アンドロ)に代表されるを非合法化する法律をに成立させた。 この時期には議会で『薬を使って強くなるのは反則だ。 アメリカ的ではない。 』とのスピーチを行うも、クリス・ベル はこれに対して『いやそれは逆で、ものすごくアメリカ的なことだと思いますよ。 』と反論している。 彼が現在取り組んでいる麻薬関連の政策は、・ドラッグと呼ばれる種類の薬物と、・の2種類の薬物の規制である。 このうち前者は、に代表される薬物で、などの症状を引き起こす事からデートレイプにしばしば悪用される。 また後者は、主に若者の間で急速に広まっている薬物であり、深刻な社会問題となっている。 その他の業績 [ ] バイデンの司法関連の業績の中で、あまり知られていないのが教育関連の立法である。 この法案では、以下のような項目について支援が決定された。 高等教育に対する家庭支出の支援・促進 高等教育に対する家庭の支出を支援・促進する目的で、の控除を行う制度である。 高等教育を受ける家族に学資援助を行ったり、あるいは学資ローンを利用している家庭は、1年間に家庭が支払う所得税について、年間1万ドルを上限に控除が受けられるようになっている。 の是正支援 若者に対してデジタル教育を施すことを目的とした、公的機関と民間のパートナーシップを設立することを目指したものである。 このパートナーシップは、若者にコンピュータセンターや専門の教師、アクセスやその他の専門的な訓練を提供することで、コンピュータ教育やインターネット教育のレベルを向上させ、デジタル・ディバイドを是正することが目標であり、家庭の収入が低く、非行に走る可能性のある少年を主要なターゲットに据えている。 疑惑 [ ] ウクライナへの圧力をめぐる疑惑 [ ] 「」も参照 にアメリカ合衆国副大統領としてを訪問した際に、同国のの罷免を要求した。 少なくともこの圧力の結果、ウクライナの検事総長が ジョー・バイデンの次男であるが取締役を務める会社を捜査中であったにも拘わらず交代させられ、捜査も打ち切られ、誰も訴追されないままになっているという疑惑がある。 大統領はこの疑惑を見逃さず、の直前に野党・民主党の有力大統領候補 ジョー・バイデンを追い落とす材料にしようとした為か、ウクライナの大統領にこの疑惑の天然ガス会社を捜査するようトランプ政権の外交チームで圧力をかけたり自ら直接電話交渉をしたりしていたが、逆に外交安全保障を私的な駆け引きのために悪用し、憲法違反、大統領宣誓違反によって国民を裏切ったとして米情報機関からは内部告発され、下院から「権力の乱用」などの罪で弾劾訴追されてしまうという展開となった。 性的暴行疑惑 [ ] 4月にかつてバイデンの事務所スタッフであった女性が、1993年にスカートの中に手を入れられたとして刑事告発を行った。 この疑惑を共和党側がバイデン批判の材料とし始めた為、2020年5月1日にバイデンは性的暴行疑惑を完全に否定する声明を出した。 バイデン自身はかつて他人の疑惑をめぐり「名乗り出た女性を信じるべきだ」と女性側の主張を聞き入れるよう批判したことがある ほか、支持母体の民主党も大統領選の政敵であるトランプ大統領の性的暴行疑惑を盛んに非難してきた経緯 があり、苦しい弁明となった。 脚注 [ ]• 2015年6月3日閲覧。 CNN. アルマナック・オブ・アメリカン・ポリティクス(Almanac of American Politics, 2008年出版)の364ページ(英語版Wikipediaの脚注をそのまま引用)• クノップ社より刊行)、99ページより(Wikipedia英語版の脚注をそのまま引用)• Current Biography Yearbook(1987年版)の43ページより(英語・Wikipedia英語版の脚注をそのまま引用)• 2012年12月20日. 2012年12月22日閲覧。 CNN. 2017年1月13日. 2017年1月15日閲覧。 ロイター. 2017年1月13日. 2017年1月15日閲覧。 The Washington Post (2015年3月23日)• BBC News(2015年9月11日)• AOL News(2015年10月21日)• POLITICO(2016年6月9日)• 『』 2017年6月1日• 『』(2018年12月5日)• Scherer, Michael; Wagner, John April 25, 2019. 2019年4月25日 2019年4月26日閲覧• CNN 2019年8月21日. 2019年8月24日閲覧。 AFP 2020年2月5日. 2020年2月5日閲覧。 AFP 2020年3月1日. 2020年3月2日閲覧。 AFP 2020年3月3日. 2020年3月2日閲覧。 2020年3月20日. 2020年4月9日閲覧。 2020年4月9日. 2020年4月9日閲覧。 (youtube動画)• CNN. 2010年3月24日. 2010年3月24日閲覧。 産経新聞. 2016年8月16日. 2019年4月3日閲覧。 2019-05-20 2019年5月20日. 2019年9月26日閲覧。 AFP 2019年10月9日. 2019年10月10日閲覧。 CNN. 2019年4月2日. 2019年4月3日閲覧。 AFPBB News. 2019年4月4日. 2019年4月5日閲覧。 HuffPost. com. 2019年4月4日. 2019年4月5日閲覧。 Gabbee YouTube. 2015年1月18日. 2019年4月3日閲覧。 CNN YouTube. 2016年8月16日. 2019年4月3日閲覧。 Tyler Durden ZeroHedge. com. 2019年4月1日. 2019年4月3日閲覧。 (この記事は英語版ウィキペディアにおいても、当該個所において参考記事として掲示されている。 )(英語)• ステロイドに焦点を当てた2008年の『ビッガー、ストロンガー、ファスター』の製作者。 2019年10月06日 主張。 2019年10月10日閲覧。 2019年12月19日。 2019年12月19日閲覧。 産経新聞 2020年5月1日. 2020年4月29日閲覧。 朝日新聞 2020年5月1日. 2020年4月29日閲覧。 AFP 2018年10月4日. 2020年4月29日閲覧。 外部リンク [ ]• joebiden - (英語)• - 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 公職 先代: 第47代:2009年1月20日 - 2017年1月20日 次代: 先代: 1973年1月3日 - 2009年1月15日 同職: , 次代: 先代: - 上院司法委員会委員長 1987年 — 1995年 次代: - 先代: - 上院外交委員会委員長 2001年 次代: - 先代: - 上院外交委員会委員長 2001年 — 2003年 次代: - 先代: - 上院外交委員会委員長 2007年 — 2009年 次代: - 先代: - 上院国際麻薬取締委員会委員長 2003年 — 2005年 次代: - 党職 先代: 候補 1972年, 1978年, 1984年, 1990年, 1996年, 2002年, 2008年 次代: 先代: 副大統領候補 , 次代: 儀礼席次 先代: アメリカ合衆国を訪問する各国の アメリカ合衆国の儀礼席 2番 次代: 先代: 上記の人物でない場合は として 次代: 上記の人物でない場合は として 先代: 当該人物が1順位 1st in line 副大統領 次代: として.

次の

【米大統領選】最年少は39歳、最高齢は79歳で大統領に! 年齢で見る、民主党15人の候補者たち

アメリカ 大統領 候補

アメリカ合衆国大統領選挙は4年に1度のビッグイベントです。 アメリカの大統領は世界に大きな影響力があるため、毎回世界中が注目しますよね! 日本の場合は頼りない人ばかり、総理大臣に選ばれてしまいます。 その時に議席数の多い党から、その党の都合で選ばれてしまいます。 アメリカみたいに自分の国のリーダーは、自分達の投票で決めたいよな~って思うのは、私だけじゃないかもしれませんね。 そんなわけで、大統領選挙になるといつも注目するわけですが、ニュースで見ていても、大統領選挙の仕組みはよく分からない事ばかりです。 なんだかアメリカ中の州で何回も何回も選挙をやっていて、いったいいつ候補者が決まって、どうやって大統領が選出されるのか分からないことばかりですよね。 」なんてニュースでよく聞きますが、いったいそれがどんな影響があるって言うんでしょうか? そこで、今回はアメリカ合衆国大統領選挙の仕組みについて調べてみました。 やっぱりややこしかったので、分かり易く解説していきます! 【アメリカ大統領選挙の流れ】 アメリカの大統領になるには、共和党か民主党のどちらかの党から候補者に指名され、党の代表となる必要があります。 その党の代表候補を決めるための選挙が予備選挙です。 この予備選挙は大統領選挙のある年の 2月~6月にかけて行われます。 」というのは、実はこの予備選挙のことなんですね。 大統領候補達は、予備選挙前の準備期間も含めれば、本選挙まで1年以上も選挙活動を行います。 その間アメリカ中を飛び回って支持を訴えるわけです。 タフじゃないと大統領なんて務まりませんね。 サラリーマン生活ですら、続けられなかった貧弱な私には、絶対に無理ですね…。 こうして、各党の候補者が選出されると、それぞれの党の候補者が大統領の座をかけて一騎打ちの選挙を行います。 これを本選挙といいます。 本選挙は 7月~11月にかけて行われます。 というわけで、次は、予備選挙と本選挙のそれぞれを説明していきます。 スポンサーリンク 予備選挙 大統領選挙の候補者になるためには、まず、民主党か共和党の公認を受けなければいけません。 つまり、本番の大統領選挙の前にそれぞれの党の中で公認を受けるための予選を勝ち抜かなければならないわけです。 これが 予備選挙です。 2080年の民主党の予備選挙では、ヒラリー・クリントン氏とバラク・オバマ氏が熾烈な争いをして、連日ニュースを賑わせました。 そのため、共和党の予備選挙のことはおまけ程度しか報道されず、あたかも二人の争いが本選挙かのような錯覚を覚えるくらいの勢いでしたね~。 大統領選挙を争ってるのは、この2人だと思った人も多いのではないでしょうか?少なくとも私はそうでしたよ…。 予備選挙の仕組み 予備選挙は各党の党員が中心となる有権者が投票して候補者を選ぶわけですが、有権者が直接候補者を選べるわけではなく、 各党の代議員と呼ばれる人の投票によって候補者を決める 間接選挙の方式をとっています。 党の代表となるのは一番多い代議員の票を得た候補者です。 【代議員とは?】 共和党、民主党、それぞれの大統領候補者は、両党ともに7月~8月に行われる全国党大会での選挙により選出される。 代議員とはその選挙の投票権を持つ人の事を指す。 この代議員の数は、各州の人口に応じて配分されている。 各州での予備選挙では、あらかじめ自分が投票する大統領候補を公表している代議員候補がおり、投票結果の各大統領候補の得票数の比率によって、その候補に投票することを約束している代議員が選出される。 代議員の選出方法は基本的には、どの州もこのような比例配分で選出されるが、共和党の場合は、最も得票数の多かった候補が、代議員を総取りする州もある。 また、民主党の場合は、全国党大会で自分の意思で投票先の候補を決められる特別代議員も存在している。 日本の総理大臣も国政選挙で選ばれた国会議員が、投票して選ばれるので、それと同じと考えるとイメージしやすのではないでしょうか。 この代議員の選出方法は、予備選挙以外に党員集会というものがあります。 【党員集会とは】 党員集会では共和党、民主党のそれぞれの党員が、集会を行い、党員同士の議論や投票によって、代議員を選出する。 開催されている場所も様々で、学校や個人の家などで開催される場合もあり、党員全ての意見を反映させることを目的にしている。 党員集会にはレベルがあり、投票区、郡、連邦下院選挙区、州があり、それぞれの党員集会に参加できる代議員というのが存在している。 投票区毎の党員集会で選ばれた代議員は、郡レベルの党員集会に参加して、連邦下院選挙区レベルの党員集会に参加する代議員を選出し、同じように連邦下院選挙区レベルでは州レベルの党員集会に、州レベルでは全国党大会に参加する代議員を選出する。 このように各党員の意見を反映させながら、何段階にも分けて代議員を選出するため、その州の代議員が確定するまでには、数カ月もの時間を要する。 こうして予備選挙や党員集会で選出される代議員は、最初から投票予定の候補を決めているので、有権者が、自分の希望する候補に投票すると、各候補者はその得票数に応じて、自分に投票してくれる代議員を獲得することになります。 この予備選挙と党員大会を全ての州で実施し、最終的に最も多くの代議員を獲得した候補が、7月に実施される党大会で、その党の 公認候補に選出されるのです。 党の公認候補になると 晴れて党から公認を受けることができれば、民主党、共和党、それぞれの党公認の大統領候補として、本選挙に立候補できます。 そこで、疑問なのが民主党か共和党のどちらかに所属してないと大統領に立候補できないのかということですが、それについては後述します。 【選挙人とは】 選挙人とは、大統領選挙の本選挙で、大統領と副大統領のペアを選出するための選挙人集会に参加する人のこと。 選挙人は各州に割り当てられていて、その数は上院議員と下院議員の数と同数で、その数は535人である。 また、首都ワシントンD. には上下両院議員は存在しないが、選挙人だけは3人が割り当てられている。 そのため、全国の選挙人の合計は538人となる。 選挙人はあらかじめ、自分が指名する予定の候補を誓約しており、各州の大統領選挙の結果、最も多く得票した候補者が決まると、その候補者を指名予定の選挙人が選出される。 このように1票でも多く得票した候補者が、その州の全ての選挙人の枠を総取りできる仕組みになっている。 ただし、メイン州とネブラスカ州では、全選挙人の中の2人は最も多く得票した候補に割り振り、残りを下院選挙区毎に最も多く得票した候補に1人ずつ割り振る方式にしている。 選出された選挙人は、選挙人集会に参加し、自分が指名することを約束している候補者を大統領に指名し、過半数の指名を獲得した候補者が、大統領に選出される。 いずれの候補も過半数に達しなかった場合は、指名上位の候補の中から。 連邦議会議員の投票によって、大統領が選出される。 しかし、大統領選挙になるためには事実上、共和党か民主党の公認候補になるしか道が無いため、大統領選挙の立候補者が3人以上になること自体が稀である。 大統領選挙では過半数の代議員を獲得した候補が勝利するため、 270人以上の選挙人を獲得すれば、アメリカ合衆国大統領になることができるのです。 よく 「アメリカは直接リーダーを選ぶことができる」と言っているのを耳にしますが、厳密には直接選べるわけではないのです。 こういった選挙方式のため、獲得した票数が少ないのに、選挙人の数は多いので、大統領になれちゃうといったケースもあり、実際に2016年の大統領選挙では、ヒラリー・クリントン候補の方が得票数が多かったものの、獲得した選挙人の数ではドナルド・トランプ候補の方が多かったため大統領に選出されました。 ちなみに、 選挙人は約束通りの候補に投票する義務はありません 州によっては法律で義務付けている場合もあります。 過去にも約束とは違う候補者に投票したケースもありますが、それによって選挙結果に影響が出たことはまだありません。 私なんかは、率直に疑問に思うんですが、代議員って結局、何のためにいるんですかね~。 直接、得票数で決めれば分かりやすいのに…。 スポンサーリンク 二大政党以外の人は大統領になれないの? ここまでの説明を読むと、民主党と共和党の党員じゃない人は、大統領になれないように思えますよね? もちろん、そんなことありませんよ。 民主党や共和党の候補でなくとも、大統領になることは可能ですが、そのハードルはとても高いです。 二大政党以外から立候補するためには、 各州で一定数以上の署名を集めなければなりません。 署名が集められなければ、 その州では立候補できないため、最初からその州では選挙人を獲得することができない状態になり、大きなハンデを抱えた状態で戦わなければならず、事実上、二大政党以外から大統領になるのは不可能といわれています。 民主主義の代表みたいな国なのに、なんか理不尽な仕組みですね。 二大政党以外からも大統領が出た方が、良いことだってあると思うんですけどね~。 日本人にはなかなか理解しにくい仕組みですね。 まとめ というわけで、アメリカのだ投了選挙の仕組みを記事にまとめてみました。 テレビのニュースなどを見ていると、各党の候補が色んな州で選挙を繰り返していますが、実はあれは予備選挙です。 そうやって候補者は、ほぼ1年間ずっと選挙を戦い抜くのです。 アメリカの大統領選挙は、実にタフな戦いです。 これほどまでに大変な選挙を勝ち抜いてるだけでも、かなり鍛えられます。 だからこそ世界に強い影響力を発揮できるのかもしれませんね。 アメリカの大統領になろうと考えるだけでも本当に尊敬します。 私なんかには到底、務まらないですね…。

次の