仕事 ミス 隠す。 仕事でミスが多い人の7つの特徴とその対策方法

仕事のミスは隠す?修正?報告?謝罪?落ち込む前のケース別対応方法!|フク業!転職・副業へ一歩踏み出せる気になるブログ

仕事 ミス 隠す

仕事上のミスはいくら注意していても起こり得ますが、そのミスが小さなミスで済むか大きなミスに発展してしまうかは、ミスしたあとの対応によります。 ミスをどのようにフォローするかによって周りの受け止め方も違ってくるのですから、まずは起こってしまったミスからは逃げないことが大事です。 ところが、ついミスを隠してしまう人がいるのが現状です。 ここでは、ミスを隠そうとする人の心理とミスを防ぐための対策について解説します。 仕事でミスしてしまったら… みんなはどんな行動をする? まずは、仕事上のミスに対してどんな対応をする人が多いかアンケートを取って調べてみました。 【質問】 仕事でミスをしてしまったときの行動として近いのはどちらですか? 【回答結果】 正直に伝える : 91 隠す : 9 【アンケート概要】 調査地域:全国 調査対象:【年齢】20 — 29 30 — 39 40 — 49 50 — 59 60 【職業】パート・アルバイト 個人事業主 公務員 正社員 派遣社員 経営者 調査期間:2017年08月29日~2017年09月05日 有効回答数:100サンプル ミスを正直に伝える人が大多数 今回のアンケートでは9割を超える人がミスを正直に伝えると答えました。 ・隠したい心境になるが、いずれバレることだし、正直に伝えたら上司も理解して協力してくれると思うから。 できるだけ早く伝えることで事態の悪化を最小限に食い止められます。 また、ピンチをチャンスにつなげることも可能で、ミスを早く報告した方がその人の人物評価にもプラスになることが期待できます。 隠したい気持ちを抑えて正直に伝えることで、問題を小さいうちに解決でき、被害を最小限に止められるという意見が目立ちます。 一方、隠すと答えた人のコメントは以下の通りです。 ・自分でカバーできる小さなミスなら特に伝えずにカバーすることがあります。 いいことではないと思っているが、咄嗟だとそうするケースが多い。 小さなミスを隠すことで大きなミスに発展してしまうことなどは頭の中にないようです。 今回のアンケートの結果、ミスを報告する人はミスを隠すことが大ごとに繋がる可能性があると考えているのに対して、ミスを隠す人は小さいミスなら隠しても問題ないと考えていることがわかりました。 では、続いてミスを隠したがる人の心理について見ていきましょう。 仕事のミスを隠す人の心理について 仕事でミスをしたときつい隠してしまう人には次のような特徴が見られます。 ・仕事への考えが甘い 自分の仕事が周りにどのような影響を及ぼすかがわかっておらず、自分が仕事でミスしても周りには影響がないと考えています。 職場全体の中での自分の立ち位置が理解できておらず、自分の仕事が全体のどの部分を担っているかも把握できていないと、ミスを隠しても発覚しないと考えがちです。 ・ミスを責められるのが怖い 単純に叱られるのが嫌だという思いしかなく、ミスがどのような結果を及ぼすかには頭が回らないと隠しても平気だと考えてしまいます。 ・自尊心が強い プライドが高い人は、周りからの評価は必ず高くなければならないと思っています。 自分がミスしたことを周りに知られることが我慢できないため隠してしまいます。 ・出世したい気持ちがある 出世を実現するためには、ミスをしたという事実が知られてはいけないと考えがちです。 ミスしたときの正しい対処法 ミスを隠すということが間違った対処法であることは、アンケート結果からも多くの人がわかっているようです。 では、仕事上のミスの対処法として正しいのはどのような方法なのでしょうか?ポイントとしては次の2つを押さえることが大事です。 ・隠さないこと 仕事上のミスは隠しても必ずどこかの段階で発覚してしまいます。 いずれはミスが見つかるということを自覚して、早い段階で直属の上司に報告することが大事です。 早い段階ならミスが周りに及ぼす影響が小さく、対策もとりやすくなります。 ・再発防止の仕組みづくりを考える ミスをしたことによって、仕事の取り組み方の間違いや職場全体の作業の進め方の問題点などが浮き彫りになることがあります。 個人的に再発防止策を練るよりも、職場共通の問題点として上司と一緒に再発防止のための仕組みを考えたほうが、職場全体のミスを減らすことに繋がります。 ミス防止策1. ホウ・レン・ソウの徹底は基本業務! いくら完璧な人でも、ミスの可能性をゼロにすることはできません。 しかし、ミスを完全に防ぐことは無理でも、ミスが起こる可能性を低減させることは可能です。 仕事上のミスを減らす工夫として広く取り入れられているのがホウ・レン・ソウという考え方です。 ホウは報告、レンは連絡、ソウは相談の略で、この3つをしっかり行うことで職場のミスを未然に防ぐというものです。 報告は上司からの指示に対して、部下が進捗状況や結果を知らせることを言います。 経過を報告することでミスが起こる前に間違いに気づきやすくなります。 連絡は、上司部下に関わらず、関係者とのあいだで簡単な情報のやり取りを行うことです。 密に連絡が取れていれば、ミスが起こる前に誰かが問題点に気付く可能性が高くなります。 相談は判断に迷ったときや意見があるときに周囲の人に聞いてもらいアドバイスをもらうことです。 間違った判断で仕事を進めるのを未然に防ぐことができます。 ミス防止策2. ダブルチェックの徹底でミスを低減! 仕事のミスを防止するためには、見直しやチェックを徹底することが大事です。 しかし、チェックの回数は多ければ多いほど良いというわけではありません。 1回見ただけでは見落とすかもしれないと考えて、2回チェックすることが望ましいという考えの下、ミスが許されない現場でよく取り入れられているのがダブルチェックです。 作業した人のほかに、もうひとり別の人がその作業内容をチェックすることでミスの確率を減らすという方法です。 作業した人が2回チェックしてもダブルチェックと言えますが、チェックをするときに目が行くポイントが同じでは、2回とも同じところを見逃してしまう危険性があります。 その点、別の人の目でチェックをすると、先にチェックした人が見逃した部分のミスを発見する可能性が高まります。 2人が異なる切り口でチェックを行ったり、それぞれ逆からチェックをしたりすると更にミスを減らすことに繋がります。 ミスの無い人間なんて存在しないはず! 仕事上のミスは誰にでもあり得ます。 長く同じ仕事を続けている人でも、注意深く仕事をしている人でもミスをする可能性はあるのですから、ミスをしたこと自体を過剰に捉えてくよくよする必要はありません。 重要なのはミスをしたあとの対応です。 仕事上のミスは、周りの人や取引先の企業、顧客などにも影響を及ぼす可能性が高いということを考え、できるだけ早く上司に報告し、ミスに対する対応をすると共に再発防止策を練ることが大事です。 詳しくは、をご参照ください。

次の

仕事でミスばかり!大失敗を隠す辛い自己嫌悪リスク対処法 | ジョブバイブル

仕事 ミス 隠す

この記事の目次• 仕事のミスを隠す部下の特徴と隠ぺい行動の心理とは 仕事でミスしたときに、それを隠す人はどんな心理なのか、その気持ちを考えてみましょう。 仕事でミスをする可能性は誰にでもあります。 ただ、そのミスをすぐに報告し、迅速に対応していれば被害を最小限にとどめらるはず。 ところが、そのミスを隠してしまったことによって後から重大な事態になってしまう可能性があります。 上司の立場から見ると「なぜもっと早く言わなかったのか」と思うことでしょう。 考えてみてください。 ミスを起こした人は、そのミスによって叱られることを恐れて隠ぺいに走ってしまいます。 仕事でのミスを隠す心理では、叱られる原因となったことや理由を冷静に考えられないといった傾向があります。 過去の指導からも、その原因と結果ではなく「叱られた」「嫌な思いをした」という感情だけが残り、その場をやり過ごすことしか考えられないのです。 ひとことで言えば「反省ができない人」がミスを隠すとも言えるでしょう。 ミスを隠すとストレスがかかり続け、さらなる仕事の失敗も だれでも仕事でミスなんかしなくないものです。 だれでも怒られるのは嫌ですし、「バレなければ、隠し通せたら……」と考えてしまう気持ちはわかります。 しかし、隠してやり過ごせば終わるようなミスばかりではありません。 最初の小さなミスを放置したことで、それが原因となる大きな問題へと発展するケースもあるのです。 そんなことになれば、おそらく「誰がやったんだ?」と原因となったミスの犯人捜しが始まるでしょう。 ミスが起これば、その原因を追究する必要があるのですから当然のことです。 こうなってからでは名乗り出ることもできず、誰かに指摘されて発覚するという最悪の状況に陥ってしまいます。 そのためにも、ミスはとにかく早い段階でリカバリーすることが重要。 ミスに気づいたら、とにかく早く報告することが被害を最小限にとどめる何よりの方法です。 失敗した!と思ったら、報告と謝罪。 早く対応できれば、多少怒られたとしてもすぐに事態が収拾して事なきを得る……ということも数多くあります。 ミスを隠していると、そのストレスで次のミスを呼び込むことにもなりかねないので、早々に解決するのが一番です。 仕事でミスを隠すと、後々まで心にしこりを残してしまうかも 仕事での失敗を隠蔽するなどということは、絶対にしてはいけません。 「ミスをしたことで頭が真っ白になってしまい、つい隠してしまった」 仕事で大きなミスをすると、そんな気持ちになるかもしれませんね。 誰だって上司から怒られたくはないし、周囲からどう思われるかを想像すると、すぐに報告することをためらうかもしれません。 しかし、ミスを起こしてから時間が経過するほど報告や謝罪はしづらくなってしまいます。 ミスを申し訳ないと思い、隠していることを後ろめたく感じているのなら、今すぐに報告しましょう。 叱られることを承知でミスしたことを報告するのは、気持ちが重いことでしょう。 けれど、人間は隠し事を持ち続けるのも精神的に大きな負担がかかります。 自分の隠蔽や嘘がいつバレるかと、ヒヤヒヤ・ソワソワし続けるのでは仕事にも集中できないし、別の失敗を呼び込みます。 もし、そのミスに誰も気が付かなかったとしても、あなた自身が知っています。 記憶しています。 卑怯な行動を取ったことへの良心の呵責にさいなまれる日が来るかもしれません。 かなりのお叱りを受けるとは思いますが、自分だけで隠そうとせずに上司に相談したということだけでも一つの救いです。 その時は、かならず誠心誠意の謝罪の気持ちを示し、上司の判断を仰ぎます。 もちろん、結果的には周囲も含めた事態の収拾が必要になるとしても、上司に報告した上で上司からの連絡と指示で周囲が動くのが正解です。 人間は誰でもミスはするもの。 そこからの対処さえきちんとすれば、なんとかなることが多いものです。 仕事で起こしたミスを隠すという行動!あなたはどう思いますか? 仕事でミスをしてしまった場合には、ただ落ち込んでいても何も始まりません。 冷静に、なぜミスをしてしまったのか、その原因をしっかりと追究しましょう。 ミスは無いのが一番ですし、ミスしたいと思う人もいないでしょう。 しかし、ミスをした後にいかに対処するかを学べるという意味では、ミスすることは「成長するための機会」と捉えることもできるのです。 「ミスしてしまった。 できれば、このミスは隠してしまいたい」 客観的に考えてみてください。 この行動は正しいですか? 答えはすぐに出るはずです。 もし、そのミスを隠したとして次に起こることは何でしょう。 次の工程、他の部署への影響。 隠蔽が発覚したときの影響。 負の連鎖は広範囲に広がる可能性があります。 しかもその嘘は最終的に問題になり、結局ばれることが多いのです。 そうなる前に報告・連絡・相談をしておけば上司が助けてくれます。 ミスを正直に迅速に報告することは、会社にとってはもちろん何より自分のためでもあるのです。 怒られるとは思いますが自分の保険だと思ってとっとと報告しちゃいましょう!.

次の

仕事の失敗(ミス)を隠す心理。隠し通すことはできるのか

仕事 ミス 隠す

仕事のミスを隠ぺい・隠す社員の気持ちを考えてみることは大事 まず、仕事のミスを隠す社員への指導法を知る前に、仕事のミスを隠ぺい・隠す社員の気持ちを考えてみることは重要です。 仕事のミスは誰にでもあるもの。 ただ、仕事のミスを正直に申告すれば対策ができたものの、部下がミスを隠していたのが後から発覚して大事になったケースはありませんか? 上司としては、「もっと早く言ってくれれば」と思うでしょうが、得てして仕事のミスを隠す人は、何よりも怒られるのを避けるために隠蔽してしまうのです。 指導方法を知る前に、なぜその心理になるのかを知っておき、効果的な対策を立てておきましょう。 反省ができないから発覚そのものを嫌いミスを隠す原因に! 仕事のミスを隠す人の心理として、怒られる原因となった「何」「何故」という大事な部分が、考えられないという特徴があります。 指導された後も「怒られた」という感情だけしか残らず、「嫌な思いをするぐらいなら、何とかやり過ごせないものか」と、その場しのぎの考えに終始してしまうのです。 つまり、反省ができないから発覚そのものを嫌うのです。 仕事のミスを隠す社員への指導方法とは ミスを隠蔽してしまう社員の心理が分かったところで、次はそういった社員に対する指導方法について見ていきましょう。 人間なら誰しもがミスはしてしまうと考えましょう。 大事な点は、仕事のミスを咎めるのではなく、ミスを隠さず早い段階で把握するための指導方法に目を向けるということです。 責任感が大きすぎる人ほど、ささいなミスでも重大だと考えてしまうケースもあるのです。 仕事での「ミスは歓迎する」と「その目的」を教えるのが効果的 仕事のミスを隠す社員に対する指導方法として、まず「ミスをたくさんしましょう。 ミスを歓迎します」と伝えるのが効果的です。 例え、仕事ミスに対して、怒ったとしても、ただ、恐怖によって支配しているだけで。 根本的な解決には至っていません。 「スをたくさんしましょう。 ミスを歓迎します」なんて言えば、社員は恐らくびっくりするでしょうが、そもそもミスをしないと学習と反省がなく、社会人としての成長は望めません。 この旨を、「なぜミスを歓迎するのか」という目的として説明しましょう。 ミスを隠蔽してしまう社員の心理として、「何」「何故」が考えられない特徴がありますので、その部分を補完する材料として目的を伝えるのが効果的なのです。 そして、最後に「大事にしないためにも早めの報告を」と付け加えるようにしてください。 仕事のミスを報告された場合は褒めるのも大事な要素 本当に仕事をすること、プロ意識が強い人は仕事でミスをしたとき、言い訳や隠蔽など絶対にしません。 むしろ仕事でミスした時は、迅速にミスの報告をすることが大事です。 ミスで起きる影響を、如何に最小限で防ぐかも仕事では大事なのです。 仕事のミスを隠す社員へ指導した後、ミスを報告されたのであれば、その仕事のミス報告に対して、褒めるのも大事な要素です。 ミスを報告しない=怒られると図式を作ってしまうと、またミスを隠すという悪循環が発生することにもなりかねません。 「ミスを繰り返さないのがプロの仕事」だと付け加えよう 仕事のミスを報告された際は、そのことを褒めるのと同時に、 「ミスを繰り返さないのがプロの仕事」だと付け加えるのもポイントです。 人間だれしもがミスをするとはいえ、同じミスを何度も繰り返しているようではプロとは呼べません。 社会人として成長し、一人前になるための大事な意識だという点をしっかりと指導するようにしましょう。 仕事のミスを隠す社員には「ミスの歓迎」と「その目的」を伝える指導を 今回は、仕事のミスを隠す社員の心理と指導方法について見てきました。 仕事のミスを隠す社員は、「何」「何故」という本質を見抜くのを苦手としています。 反省ができないから発覚を恐れて隠蔽してしまうのだと考えられるのです。 そういった社員には、「ミスは歓迎する」旨と「その目的」をしっかりと伝え、理解できていない本質の部分を埋める指導方法が効果的です。 ミスを隠すことで後々のリスクが大きくなる前に、気軽に報告できる状況を作っておくのが、隠蔽を防ぐうえで大切なのです。

次の