足つぼ お通じ。 【足ツボ】便秘解消のツボは?「セルフ足ツボ指圧」で足裏を刺激して腸や腎臓を動かそう

意外に知らない?リフレクソロジーと足つぼの違いとは

足つぼ お通じ

リフレクソロジーと足つぼマッサージの施術法の違い リフレクソロジーと足つぼは似た健康法ですが、施術の方法に違いがあります。 リフレクソロジーは反射区、指を使って施術する リフレクソロジーの場合、刺激するのは足の裏にある「反射区」と呼ばれる部分です。 リフレクソロジーでは、この反射区を指を使って施術を行います。 この反射区は足の裏だけでなく、手や頭などに存在しますが、それぞれの反射区は身体の臓器や組織、器官などに対応していて、反射区を刺激することで、そこに対応した部分にもよい影響を与えます。 そもそもリフレクソロジーとは「反射」と「学問」を意味する単語を組み合わせた造語。 そのため、理論的な点を重視するという特徴もあります。 足裏マッサージはツボ押し、棒や関節などで施術する 一方の足つぼが刺激するのは、足の裏にある「つぼ」です。 つぼは別名を「経穴」ともいい、つぼを刺激すると、そこに対応した身体の部分が反応、患部や気になる部分を直接刺激するのではなく、間接的に影響を与えます。 この点はリフレクソロジーにも似ていますが、リフレクソロジーの場合、反射区の多くが足の裏に集中しているのに対して、つぼは身体中に点在しています。 また、つぼを刺激するときには指だけでなく、棒や関節などを使用することもあります。 反射区は「区」と呼ばれるように、点ではなく面として存在します。 面はある程度の広さがあるため、一部分を集中して刺激するよりも、一定の強さで全体を刺激するのが効果的。 逆につぼは反射区とは違い、点として存在しています。 そのため、ピンポイントでその部分を刺激する必要がありますが、指で刺激するだけではどうしてもうまくつぼに入らないというケースもあり、そういう場合には木の棒など、細く、一点に力が入る器具の使用が効果的です。 さらにつぼの中には、筋肉や脂肪の下にあり、力を入れなければならないこともあり、指の関節や、場合によっては肘などを使って刺激したほうが効率がよいこともあります。 施術感や目的の違い リフレクソロジーは、施術方法や理論だけでなく、施術感や目的にも違いがあります。 リフレクソロジーは深いリラクゼーションをもたらす リフレクソロジーの場合、強い刺激を与えることが目的ではありません。 リフレクソロジーが与えるのは、心地よいリラクゼーション。 すでに説明した通り、リフレクソロジーは点よりも面を刺激する施術で、強い力で反射区を刺激する必要はありません。 そのため、足つぼとは異なり血行促進やリンパの流れを改善するといった効果も期待できるのが特徴。 足の裏は、心臓から送り出された血液や、重力によって下に下がったリンパ液が溜まりやすい場所ですが、ソフトな力で反射区を刺激することで、これらの溜まった血液やリンパ液を循環させて、全身をリフレッシュする効果もあります。 足つぼは痛気持ちいい、もしくは痛いと感じることも リフレクソロジーとは異なり、足つぼの施術では「痛い」と感じることがあります。 また痛いまではいかなくても、「痛気持ちいい」ということは珍しくありません。 これは足つぼが反射区とは異なり、点で存在していることに理由があります。 点で存在する足つぼを効果的に刺激するためには、一点に力を集中して圧迫することが必要ですが、そのときにはどうしても大きな力がかかるため、敏感な人や身体が弱っている人の場合にはつぼに痛みを感じることがあります。 また、リフレクソロジーが西洋発祥なのに対して、足つぼが東洋由来のものであることも関係しています。 もともと西洋人は痛みに対して非常に弱く、強い刺激や治療の痛みは敬遠しがち。 そのため、リフレクソロジーはできるだけソフトな施術として発展してきました。 一方、足つぼの指圧は東洋由来の施術ですが、東洋人のほうが痛みに強いだけでなく、「痛いほうが効果的」と考えることもあり、足つぼは痛みを伴う施術法となりました。 さらに足つぼの場合、痛みによって身体の不調を知るという考え方があることも、施術感の違いの原因となっています。 そのため、足つぼは身体を整えたり、不調を緩和したりといった効果がある反面、施術を通じてリラックスすることは難しいと言えるでしょう。 起源の違い リフレクソロジーと足つぼは、起源にも違いがあります。 リフレクソロジーはエジプト時代に生まれ、ウィリアム・フィッツジェラルド医師によって近代の形に 足の裏をマッサージする治療法や健康法は、インドや中国、エジプトなど世界各地に存在しましたが、記録されている中でもっとも古いものとされているのが、古代エジプト時代の壁画です。 紀元前2330年ごろと思われる遺跡の壁に、足と手を揉む医師の姿が残されています。 さらにそれ以前、紀元前12000年前後の古代ペルー文明にも同様のマッサージ法が存在し、この技術は現在でもネイティブアメリカンに受け継がれたと言われています。 このように、足をマッサージをする治療法は世界中で一般的な存在でしたが、それを現在の形にまとめたのがアメリカのウィリアム・フィッツジェラルドという医師でした。 フィッツジェラルド医師は足を圧迫することが全身の臓器や組織にどのような影響を与えるかを調査した研究に携わる中で、足のある部分に圧力を加えると、身体の特定の部分に麻酔効果が表れることを発見、さらに実験を重ね、身体の中に10のエネルギーゾーンがあることを発見、それを理論的に体系化しました。 フィッツジェラルド医師はその理論を発表、その助手が今日のリフレクソロジーという療法を確率しました。 さらなる研究の結果、足の底にある反射区とエネルギーゾーンを発見、それがイギリスにわたり、リフレクソロジーの訓練校が開かれるなど、大きな注目を集めました。 現在、世界中には様々なリフレクソロジーの団体が設立、日本でも親しまれる存在となりました。 足つぼは中国の東洋医学生まれ 一方、足つぼは中国最古の医学書と言われる「黄帝内経(こうていだいけい)」の中にもそれに関係した記述がある、歴史ある治療の方法です。 中国ではもともと、全身には経絡というエネルギーの道筋があると考えられていましたが、足つぼではそこにある経穴というポイントに注目、その部分を刺激することで不調の部分にアプローチするという治療法が生まれました。 足つぼは現在でも人気の治療法ですが、台湾などでは英国由来のリフレクソロジーと融合、足つぼとリフレクソロジーを組み合わせたような独自の技術として発展しています。 まとめ 一見似ているようなリフレクソロジーと足つぼですが、実は様々な部分で違いがあります。 特に大きな違いは施術感。 もし痛みが苦手な方や、リラックスできる施術を探している方には、リフレクソロジーがおすすめです。

次の

【香港】足臨門の足つぼマッサージ体験談辛口ルポ@尖沙咀

足つぼ お通じ

「足つぼマッサージって痛いほうが効果があるのかな?」 あなたは今、そうお考えではありませんか?実は、痛ければ痛いほど効果があるわけでありません。 ただし、足つぼを押して痛いところがあると、体のどこかに不調があることを示しています。 更に、プロによれば、痛みの度合いによって、その不調のレベルを図ることもできます。 そして、その部分に刺激を加えることで、血行がよくなったり、自然治癒力が高まったりして、不快な症状が改善に向かうとされています。 ただ、足つぼマッサージは、プロとしての経験と実績を積んだ人にしかできないわけではありません。 この記事で基本的な知識を身につけることで、 自分で足つぼマッサージができるようになりますし、痛みと上手に向き合いながら、お店などでプロにお願いする場合にも役に立つでしょう。 今回は 足つぼの場所や効果、マッサージ方法などもわかりやすく説明していきます。 足つぼマッサージを深く理解し、あなたがより健康な毎日を送るために、この記事が貢献できれば幸いです。 足つぼに関する疑問をまとめて解消したい方には、下記の記事がおすすめです。 関連記事 目次• 足つぼマッサージの痛みと効果の関係性 足つぼマッサージは「痛いほど効果がある」という間違った認識も見受けられますが、そんなことはありません。 足の裏を押して痛い場所がある場合、体のどこかに不調がある可能性が高く、痛い場所を押すことで不調が緩和されやすくなるため、間違った認識が生まれたのでしょう。 その誤解を解くため、 足つぼマッサージにおける痛みと効果の関係性について説明します。 1-1. 痛いほうが効果があるわけではない 足つぼマッサージは、痛いほうが効果があるわけではありません。 足つぼを押して、痛ければ痛いほど効果があるという科学的なデータはありません。 足つぼマッサージは痛ければ 痛いほど効果があるわけではありませんが、つぼを押すことで体の不調ケアにつながります。 1-2. ちょっと痛い「痛気持ちいい」が目安 足つぼを押すときの強さは、ちょっと痛いけど気持ちいい「痛気持ちいい」が目安です。 足つぼを押したとき、痛いほど効果が高いわけではありませんが、ある程度の強さは必要です。 痛さで悲鳴を上げたり、飛び上がったりするほど強く押す必要はありませんが、押し方があまりにも弱いのも考えものです。 押し方が弱すぎると、つぼへの刺激が足りず、その結果、不調のケアにもつながりません。 「弱すぎず、強すぎず」、少し強めの「痛気持ちいい」が目安、と覚えてください。 また、お店などでプロにお願いする際も「痛気持ちいい」を目安に、遠慮せず、希望を伝えましょう。 足つぼマッサージの注意点 足つぼマッサージは体の不調ケアが期待できる反面、タイミングによってはやることで体調を悪くしてしまう場合もあります。 注意点をまとめましたのでご一読ください。 自分で足つぼマッサージを行うときはもちろん、お店などで足つぼマッサージを受ける際の注意点としてもお役立てください。 2-1. 足をケガしているときは足つぼマッサージしない 足のケガをしているときは、足つぼマッサージをしないようにしましょう。 足をケガしているときは 患部やその周辺に刺激をあたえたり、血行が良くなったり、患部そのものを刺激してしまったりすることで痛みが増すこともあるからです。 2-2. 足つぼマッサージは食後30分以上空けてから 食後すぐは、足つぼマッサージをしないようにしましょう。 食後すぐは食べたものを消化するため、消化器に血液が集まっています。 足つぼマッサージをすると血行が良くなり、そのことで消化器官系の血液量が減り、消化が妨げられてしまうためです。 消化器官の働きを助けるため、食後30分は足つぼマッサージを控えてください。 2-3. 飲酒後は足つぼマッサージしない お酒を飲んだあとは、足つぼマッサージをしないようにしましょう。 マッサージをすることで 血行が良くなり、その影響でさらに酔いがまわってしまう可能性があるからです。 2-4. 妊娠中は足つぼマッサージしない 妊娠中は、足つぼマッサージをしないようにしてください。 足裏には生殖器のつぼもあり、そこを押すことで、体調が悪化する場合があるからです。 妊娠中は体の機能や体調などが変わりがちです。 妊娠中の足つぼマッサージは控えましょう。 なお足つぼと痛みの関係については以下の記事で詳しく解説しています。 よろしけれぼ読んでみてください。 関連記事 [ Point ] ・木製のつぼ押しマッサージ棒や、つぼ押しグッズを活用するのもおすすめ。 ・ボールペンのペン先(芯を引っ込めた状態)で押すのも定番。 ・ゴルフボールをストッキングなどに入れて転がりにくいようにし、その上に足裏をのせて、つぼを刺激する方法もあります。 場所別の効果がわかる足つぼマップ 足の裏には多くの反射区(つぼ)があり、それぞれのつぼには全身のさまざまな臓器や器官の調子が反映されています。 そのため、足つぼの場所と、その場所とつながっている臓器・器官がどこかを知ることは、体調管理や不調ケアにつながります。 「足つぼマップ」を参考に、足つぼのどの部分を押すと、どの臓器・器官が不調をかかえているのか、その関係性を理解したうえで、足つぼマッサージを行なってください。 4-1. 頭痛をやわらげる足つぼ 両足の親指の腹全体は、頭や脳とつながっています。 頭痛を感じているときや頭が重いときは、両足の親指の腹全体を押すと効果的です。 また、考え過ぎて疲れていたり、ストレスによる疲労を感じたりしているときも、両足の親指全体を押すことで、頭痛が緩和されたり、頭がすっきりするでしょう。 4-2. 目の疲れをやわらげる足つぼ 人差し指と中指の間のあたりにある足つぼは、目とつながっていて、右足は左目、左足は右目に対応しています。 PCやスマホの見過ぎなど、目が疲れていると感じたら、足の人差し指と中指の間あたりを少し強く押してみてください。 疲れ目を緩和する効果が期待できます。 4-3. 鼻・副鼻腔の不調をやわらげる足つぼ すべての指の先には、副鼻腔につながっている足つぼがあります。 服鼻腔とは鼻の奥にあり、顔の中にある空洞です。 アレルギー症状や蓄膿、副鼻腔炎(鼻風邪)などで悩んでいるなら、すべての足の指先を押すことで症状を緩和することができます。 4-4. 肺・気管支の不調をやわらげる足つぼ 土踏まずの上あたりには、肺・気管支につながっている足つぼがあります。 「息苦しい」「呼吸が浅い」と感じているなら、土踏まずの上あたりを押してみください。 息苦しさや、呼吸の浅い状態を改善できます。 4-5. 胃・消化器官の不調をやわらげる足つぼ 土踏まずのあたりには、胃につながってる足つぼがあります。 そこを押して痛い場合、胃が不調であることが少なくありません。 胃の調子が悪いときは、土踏まずのあたりを押してみてください。 胃の調子を改善できる効果が期待できます。 4-6. 腸の不調をやわらげる足つぼ 土踏まずよりもかかと寄りにあるのが、腸につながっている足つぼです。 お通じが良くない、便秘気味の人は、土踏まずよりもかかと寄りのあたりを押してみてください。 腸の調子が整えられ、お通じの状態が改善に向かうでしょう。 4-7. 心臓の不調をやわらげる足つぼ 左足の裏の中心から少し薬指のほうへ向かった場所に、心臓につながっている足つぼがあります。 そこを押して痛いと感じる場合、心臓に不調がある可能性があります。 心臓に不調を感じる場合は、左足の裏にあるつぼを押すことで、心臓の働きを活性化できることがあります。 ただし、高血圧の方や心臓に疾患を抱えている方は、担当の医師に相談してください。 4-8. 腎臓・尿管・膀胱の不調をやわらげる足つぼ 土踏まずの内側のあたりには、膀胱につながっている足つぼがあります。 そこを押して痛みを感じるなら、膀胱に不調がある可能性があります。 尿のキレが良くないという自覚があったり、膀胱が痛いと感じていたりする場合、この足つぼをもむことで、症状の改善が期待できます。 4-9. 生理痛・生理不順をやわらげる足つぼ かかとには、生理痛・生理不順と関連のある足つぼがあります。 生理痛・生理不順で悩んでいる場合、かかとをまんべんなく刺激することで、生理痛・生理不順の症状が緩和が期待できます。 4-10. 心の疲れをやわらげる足つぼ 土踏まずの上あたりには、自律神経とつながっている足つぼがあります。 ここを押して痛みを感じる場合、自律神経のバランスがくずれている可能性があります。 ストレスをためすぎている場合は自律神経のバランスが崩れている可能性があるので、土踏まずの上あたりを指の腹で押してみてください。 自律神経の乱れを整える効果があります。 また、足の親指全体をマッサージすることでも自律神経を整えられます。 精神面でのプラスの効果が期待できる足つぼです。 4-11. 足のむくみ、冷え性、首・肩の不調をやわらげる足つぼ 足の裏のつぼを中心にお話ししてきましたが、足の甲にもつぼがあります。 足の甲はむくみ、冷え性や首・肩のこりと関係があることで知られています。 むくみ、冷え性、首・肩のこりで悩んでいるなら、足の甲をまんべんなく押してください。 リンパの流れが良くなって、老廃物が体の外へ出やすくなります。 そのことで、むくみが解消されるだけでなく、体調が良くなり、やる気がわいてきたり、リラクゼーション効果につながったりします。 なお痛む足つぼの場所については以下の記事で詳しく解説しています。 よろしけれぼ読んでみてください。 関連記事.

次の

足つぼは便秘に効果があるのか?【便秘に効くツボ反射区】大阪市生野区鶴橋桃谷玉造|ここはな整体院(足つぼ/整体)

足つぼ お通じ

足の裏を押してもらったことあります? あれっめちゃめちゃ痛いですよね? ただ足の裏って内臓に通じているようで、足の裏を押されて痛い人は内臓のどこかが悪い可能性がでてくるようです。 臓器の中でも沈黙の臓器といわれる肝臓ですら足の裏にかかれば悪いかどうかがわかっちゃんだからすごいですよね? 肝臓って聞いてビクッてなった人、心当たりがあるようですね 笑 今回は 足つぼとはから肝臓などの臓器に良いツボをご紹介いたします! 足つぼとは? 足って第2の心臓って言われているのは知ってますよね? えっ知らない? 大丈夫ですか? いやっそれ失礼だろ そうですね…すいません。 足の裏には体にとって重要なツボが集中しており、そのツボを押して刺激することで体のコンディションがよくなり、体全体の健康にもつながります。 なぜ足が第2の心臓って呼ばれているかというと足自体が体中に血液を送るポンプの役割をしているからなんですね。 血液が全身を巡っているわけですが、足まできた血液をもう一度心臓に送らないといけないのでその役割を担っているのが足の筋肉です。 なので足の筋肉を強化したり、足をマッサージして血流を良くしたり、今回のテーマである足つぼを押し刺激したりすることで全身の血液をスムーズに循環できるようになるわけです。 足裏は自分の全体重が日々かかっているので自分でも知らないうちに疲労が蓄積されているので足の裏の筋肉が硬くなってしまったり、なんなら痙攣、いわゆる足の裏がつってしまうという症状がでてきます。 そうなると人間って不思議なもんで自分でかばってないと思ってもかばってしまって痛いほうの足がこれ以上疲労しないように痛くないほうの足に負担をかけるようになるんですね。 左右のバランスが崩れてしまうわけです。 そうなってくると大変です。 一方が回復してももう一方が疲労してもう一方が回復してももう一方が疲労してと…まさに堂々巡りになってしまい、常にどちらかの足をかばって歩いていることになるんですよね…。 そうなると足裏だけじゃなくて、膝や股関節や腰といった体のバランスを保つのに重要な関節が悲鳴をあげてしまい、最終的に歩けなくなってしまうという最悪のケースになる可能性があるのでたかが足の裏と思っていると痛い目を見ますよ。 足の裏のツボは別名では反射区と呼ばれています。 反射区とは体中の器官や内臓とつながっている末梢神経が集中したところのことです。 足のツボって言われてピンとこなかったと思いますが、体のどこかとつながっている末梢神経が集中している反射区 ツボ が足の裏に集まっていて、足裏マッサージのことを反射療法 リフレクソロジー といいますといわれればピンとくるのではないでしょうか。 東洋医学を用いると反射区とツボは厳密にいえば違うんですけどね。 東洋医学ではツボのことを経穴 ケイケツ といいます。 まぁただ東洋医学の理論に基づいた話になりますから、その話しても意味わからんし、足の裏のツボについて知りたいのに、ツボを知る前に理論を語られても知りたい情報とは違いますから本末転倒です。 思いっきり割愛しますので理論から知りたい方はググれ 笑。 足つぼが痛いのはなんで? なんで足の裏を押すと悶絶するほど痛いときがあるのでしょう? 前述したように 足の裏というのは全体重がかかっているわけですから疲労がたまりやすいところです。 疲労がたまるとどうなるかというと老廃物である尿酸や乳酸がたまっているということです。 二足歩行で重力が足の方向にかかってますからどうしても血液は上から下へはスムーズにいきますが、足の機能が弱っている場合、下から上にあげる作業というのはなかなかきついので足に疲労がたまりやすいというのはそういうところからきてます。 足の裏に老廃物がたまると足の裏は硬くなるので、末梢神経が集まっていて且つ硬くなってますから、もうわかりますよね? 硬い状態で足の裏の末梢神経が集まっているツボを押されたらそりゃ痛いですよ。 さらに 足の裏のツボ、神経は体のどこかと必ずつながってますから押されて痛いところは押されたツボが該当する体の箇所にトラブルが発生していると考えていいでしょう。 足つぼを押しても痛くない人と痛い人の違いは? 足の裏を押したときに痛い人と痛くない人の違いとはなんでしょう? 足の裏が痛い人は前述したように体のどこかにトラブルが発生しているのと疲労がたまっているのですが、 足の裏を押されても痛くない人は 足の裏の皮が厚くて押しても反射区まで到達していないので刺激できない状態であるといえるでしょう。 そのため、 痛くない人のほうが反応が出にくいので、異変に気付きにくく、痛い人より不健康とは言わないまでもあまりいい状態とは言えないでしょうね。 ただ痛くない人は足裏マッサージに行っても意味がないかというとそうではなくて、足の裏の皮を柔らかくすればいいですから自分で足裏を押す場合はお風呂上りなどがもっとも効果が表れるはずです。 足つぼを押すと健康になるの? これまで話した通り、足の裏には反射区と呼ばれるツボが集まってますから、 各ツボに代表される臓器や器官の働きがほぐすことにより血流が良くなり、結果、臓器や器官も良く動くようになるわけですので健康に近づくことは確かですね。 毎度すいません 笑 かなりザックリしているのですが、大体上記の図のような分布になってます。 左側は右側と対称なので右の肩関節の部分は左も一緒ということでめんどくさいので記載してません 笑 あとこれは面で説明してますが、ツボの場合は点なのでもっと細かいです。 正確なツボの位置については…ググれ あぁ気持ちはわかるよ、絵下手だもんね、わかる、わかる 一応、図のように 足裏は体の臓器や器官、体全体とつながっているというのはわかっていただければ幸いです。 肝臓や心臓に効く足つぼはどこにあるの? さぁ本題です やっとかよ、もったいぶりやがって。 肝臓に効く足つぼはどこかというと、 足の右側にしかありません。 さっきの図とちげーぞって思っている人、正解です おいっ そうなんですよ、さっきの図はかなりザックリとした図なのですが、ツボは違うって言っただろーが キレてる、キレてる、キレたナイフみたいだ 出川哲郎ではありませんよ、わたし。 図で説明します。 これもザックリしてます 笑 すいません。 右足裏の中央よりやや上の外側にあるツボが肝臓に該当しますね。 左足の同じ個所は心臓です。 肝臓がどれだけ重要な部位かこれでわかりますよね。 よくお酒を飲む人はここ押されると激痛で悶絶するんじゃないですかね 笑 休肝日を設けて肝臓を休ませてあげてくださいね。 お酒だけじゃなくて筋トレしている人もそうですよ。 なんで筋トレ関係あるんだって思っている人、甘いですね。 筋トレの場合、タンパク質を摂取した後に筋トレしたほうがよいとされてますが、タンパク質が分解されて発生する一部のアミノ酸は体内で有害なアンモニアを発生させる類のものもあります。 そのアンモニアを分解してくれるのが肝臓なので、酒を飲んでいないからといって負担がかかっていないわけではないです。 肝臓なので筋トレは元よりいろんなものを解毒してくれる臓器ですから負担がかかっていないほうが少ない臓器ではあるので、 普段の食生活や飲んでいるサプリ、内臓に負担をかけそうな飲み物など気を付けるだけでだいぶ肝臓の負担も減るはずですから肝臓のツボを押して激痛が走った人はまず自分の食生活から見直しましょう。 まとめ わたしは普段から筋トレやってるのですが、最近、プロテインやサプリはやめたんですよね。 正確には飲むサプリをかなり減らしました。 今、飲んでいるのは栄養素を補う意味でアミノ酸プラス39種のビタミンが配合されたサプリのみです。 以前はメタルマッスルやらザバスプロテインやらクレアチンやら色々飲んでましたが、筋肉はついてましたが、疲労が回復しない日が続いたので、もしやと思い、サプリの断捨離を実行したところ、体調も回復しました。 あぁもちろん筋トレは継続してますが、筋肉はゆっくりではありますがついてきてはいるので、私個人の見解としては薬は飲んでも飲まなくても変わんねーなという見解に至りました。 なので必要最小限な栄養素のみをサプリとして摂取するのみになったというわけです。 ただ今回のテーマが肝臓の足つぼなわけですが、私の場合、足の裏全体的に押されると痛いんですよねー 笑 むかしからそうなんですよ。 体が硬いっていうか、足の裏もすぐつってましたしね。 つるのは足の裏だけじゃなかったのでけど、まぁ元々疲労がたまりやすい体質のようで、足の裏に限らず、体のどの部位をマッサージしても痛かったりするのでこれまでマッサージされて気持ちいいと思ったことは一度もないという稀有な存在です 笑 と話がまとまったところで まとまったのか? まとまったか? 本日はここまで。 それではまた~。

次の