三井住友カード リボ払い。 マイ・ペイすリボはデメリットばかり?解約せず実質一括払いで年会費を無料や半額にする方法

リボ払い|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井住友カード リボ払い

三井住友カードを年会費無料で利用している人にとっては、大きな改悪情報が入ってきました。 三井住友カード株式会社の公式シリースより引用させていただきます()。 「マイ・ペイすリボ」年会費優遇特典条件改定のお知らせ 現在、「マイ・ペイすリボ」をご登録いただき、年に1回以上カードをご利用になれば年会費が無料または半額となる特典がございますが、2021年2月年会費お支払い分からは、特典の条件が変更となります。 三井住友カード年会費優待条件の変更について: リボ金利の負担が必須条件に: 変更されたのは、三井住友カードや三井住友カード ゴールドで利用可能だった年会費優遇の条件。 従来はリボ払い専用クレジットカードとなる「マイ・ペイすリボ」を設定し、年に1度でも当該クレジットカードを利用すれば年会費が無料、または半額に優遇されていたのですが、今後はそれに加えてリボ払い手数料の負担が最低でも1回は必要となります。 改定前: マイ・ペイすリボを登録のうえ、年1回以上のご利用がある• 改定後 : マイ・ペイすリボを登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いがある つまり、金利を1円も払わずに年会費を割引してもらっていた方にとっては改悪そのもの。 引き続き年会費を無料、または半額にしてもらいたいのであれば、どのような形であれ年に1度は金利を負担するしかありません(1円であっても金利を払えばOK)。 金利負担0円でマイ・ペイすリボが使える理由: ちなみに。 今回の記事を読んで、『そもそもの話、マイ・ペイすリボ設定+年に1度の利用をしているんなら、みんな普通に金利を払っているんじゃないの?』と思われる方もいるかも…ですが、三井住友カードの場合には毎月のリボ払い返済金額を引き上げることで金利負担をせずに年会費のみを割引してもらうことが可能でした。 毎月の支払い金額を利用額以上に増やす: 金利が発生することなく利用できる(リボ払いにならず1回で全部払えてしまうため)• 毎月の支払い金額が利用額以下の低いまま: 設定金額以上を利用すると金利が発生する(1回で残高を支払いきることが出来ず、金利が発生してしまう) そのため、三井住友カード利用者の間では、マイ・ペイすリボ設定+支払い金額の引き上げはよく使われていた裏ワザだったんですよね。 それが今後は金利をうまく負担しないと年会費優遇が受けられなくなるわけですから、裏ワザ活用者は年会費負担を受け入れるか、それとも金利負担を検討するかで頭を悩ませることになりそうです。 金利を少しだけ発生させて繰り上げ返済? 三井住友カードの公式リリースによると、どうやらリボ払い金利負担があればどんな形でも問題ないとのこと。 それゆえ、たとえばリボ払いを月額設定金額以上に利用し、金利が発生したその日のうちに繰り上げ返済をするなどの手を使うこともできそうな感じです(金利負担を最小限にして支払い履歴を付けるということ)。 毎月の返済でリボ金利を払う:対象• 繰り上げ返済でリボ金利を払う:対象 この辺、毎月10日引き落としだといつ頃に金利が発生して、繰り上げ返済をどのタイミングですると良い…みたいな指南記事がそのうち出来そうなので、金利負担を最小限にしたい方はそちらの完成をお待ちください。 リボ払いを使ってもらいたい三井住友カード: 今回の年会費優遇条件の変更は、マイ・ペイすリボを設定するだけでしてリボ払い金利を1円も払ってくれないお客さんを減らしたい…という意図が見え隠れ。 まぁクレジットカード発行会社の経営はキャッシュレス決済が話題になってる現在でも決して良好とは言えないので、三井住友カード側としてはこういった優待変更をもって、金利収入を増やしたいという思惑があるのでしょう。 これも時代の流れ…なのかもしれませんね(条件無しで年会費無料となるクレジットカードが欲しい方は下記記事も参考に)。 以上、三井住友カードを無料化する条件が変更に!今後はマイ・ペイすリボ設定に加え、年に1回のリボ金利負担が割引の条件となります…という話題でした。 参考リンク: 三井住友カードについてもっと詳しく知りたい…という方は下記記事を参考に。 ゴールドカードやプラチナカード等、三井住友カード発行のクレジットカードについて解説しています。 cardmics.

次の

これが正解!三井住友カードのマイペイすリボ手数料を最小に抑える方法

三井住友カード リボ払い

あとからでもリボ払いに 変更できる! 使いすぎたときは、 無理のないお支払いで! ご利用案内 お支払について お支払方法・手数料 手数料 実質年率15. カードの種類によって、手数料率は異なります。 リボ払い利用枠 0~200万円(カード種類によって上限が異なります) お支払日 毎月15日締め切り翌月10日のお支払い、 または 毎月末日締め切り翌月26日のお支払い お支払方法 あらかじめご指定のお支払いコースに基づき、毎月締切日までのリボ払いの未決済残高に対して、弊社所定の手数料率により年365日(閏年は年366日)で日割計算した手数料(包括信用購入あっせんの手数料)と元金の合計額を弁済金として、毎月所定のお支払い日にお支払いいただきます。 リボ払いご利用枠を超えたご利用分については、1回払いでのお支払いとなります。 リボ払い設定内容・残高照会 リボ払いの設定内容のご確認や残高照会ができます。 閏年は年366日となります。 日割計算のため、ご利用日・お支払い日により手数料は異なります。 お支払いに関するご注意• リボ払いのご利用枠を超えてご利用いただいた場合、超えた分については1回払いでのお支払いとなります。 カードのご利用状況、ご利用代金のお支払い状況によっては、リボ払いをご利用いただけない場合がございます。 分割払い、キャッシングリボ・海外キャッシュサービス・その他ローン返済金、年会費、弊社情報誌定期購読料および一部提携会社から収納事務を委託された一部の保険料などはリボ払いの対象となりません。 また一部の加盟店でのご利用分でリボ払いをご利用いただけない場合がございます。 「マイ・ペイすリボ」および「リボ専用カード」でもご利用時にボーナス一括払い・2回払い・分割払いを加盟店で指定された場合、指定されたお支払い区分でのお支払いとなります。 また「マイ・ぺイすリボ」および「リボ専用カード」でのエステティックサロン・語学学校・パソコン教室など一部の加盟店でのご利用分は、1回払いでのお支払いとなることがあり、カードをご利用の際に確認させていただく場合がございます。 弊社が発行するカードを複数枚お持ちで、それぞれのカードにリボ払いご利用枠の設定がされている場合、すべてのカードでご利用いただける金額の合計はお持ちのカードのうちで最も高いご利用枠の範囲内とさせていただきます。

次の

リボ払い|三井住友トラストカード

三井住友カード リボ払い

三井住友VISAカードHPより引用 定額を超えた分を払わなくて良いならとてもありがたいのですが、当然そのようなことはないです。 知らずに使うととても危険。 必ず、 手数料を最小限& 安全に運用しましょう。 マイ・ペイすリボを使った年会費割引 マイ・ペイすリボを使った年会費割引で実際にいくら年会費が安くなるか? 旅マイルで紹介しているクレジットカードを抜粋して紹介。 Web明細割引は、クレジットカード明細を紙ではなくWebで確認すれば割引になるサービス。 年に6回以上請求がないとWeb明細割引は受けられないので注意です。 3%の高還元率でマイルを貯めることができます。 クレジットカード限度額とは、クレジットカードが使用できる枠なので、限度額を超えてクレジットカードを使用することはできません。 そのため、クレジットカード限度額まで毎月の支払額を引き上げてしまえば、絶対に手数料が発生することはないんですよね。 Vpassへの登録方法 まずは、三井住友VISAのインターネット管理画面「」にログインします。 左の赤い囲みはすでにVpass登録済みの方用で、まだ未登録の方は、Vpassにご登録を選択。 申し込みボタンを押します。 個人か法人を選択。 クレジットカードをネットで申込んだ方は、自動的にWEB明細書には申し込み済みですが、念のため、こちらを選択。 あとは、指示に従って、届いたクレジットカードを手元において入力していけばOKです。 限度額の確認方法 まずは、自分のクレジットカードの支払限度額がいくらなのか確認します。 もちろん、カードが送られてきた時に台紙に書いてある限度額で確認もできますよー。 まずは、三井住友VISAのインターネット管理画面「」にログインします。 Vpassのご利用可能額を確認するをクリックし、クレジットカードの有効期限とセキュリティコードを入力します。 すると「内リボ払い」というのが出てくるのでその金額を記憶します。 支払額の増額方法 限度額がわかったら、次は毎月の支払額を限度額と同じに設定します。 リボ払いのタグの中にある、マイ・ペイすリボをクリックします。 次に出てくるページを下にスクロールしていくとマイ・ペイすリボのお支払い金額の変更と出てくるので「お申込みを」をクリックします。 増額を申し込みます。 今回は臨時増額ではなく、ずっと増額なので、毎月の最低お支払い額を変更するを選びます。 特約に同意します。 WEB通知サービスのところは好みなのでどちらでもOKです。 郵便が送られてくるのが面倒な方はWEB通知を選ぶと良いでしょう。 元金定額コースのところに、先程記憶した限度額を入力します。 元金定額コースの金額が限度額と同じになり、これで完了です。 初回は1,500円の残高になるよう支払額を臨時減額する 初回は 1,500円の残高になるよう支払額を臨時減額する マイ・ペイすリボで、年会費割引やポイント2倍にするためには、リボ手数料を発生させる必要があります。 最低限の手数料を発生させるためには、ある程度の残高を残しておかないとリボ手数が発生しません。 初回は金利発生まで何営業日あったかなど細かい計算が必要になり、面倒なので、ざっくり 1,500円以上残高を残しておけばOK。 増額調整は、1,000円単位、減額調整は10,000円単位の設定になるので、想定よりも多くなってしまうのは諦めましょう。 減額調整は、10,000円単位なので、余る金額が多くなりがちですが、安全運用のためには、減額調整がおすすめ。 2回目以降は100円の残高になるよう支払額を臨時減額する 2回目以降は100円の残高になるよう支払額を臨時減額する 2回目以降は簡単。 残高が100円以上あれば、リボ手数料が発生するため、100円以上残高が残るように設定すればOK。 増額調整は、1,000円単位、減額調整は10,000円単位の設定になるので、想定よりも多くなってしまうのは諦めましょう。 まとめ クレジットカードが届いたら、まずは、マイ・ペイすリボの毎月支払い額を限度額と同じまで引き上げてしまいましょう。 そのうえで、毎月、利用金額を確認し、減額調整すれば、安全に年会割引&ポイント2倍を受け取れます。 リボ払いはうっかりすると大変なことになるので、 手数料を最小限& 安全に運用することが大事。

次の