倉坂 くるる。 “歌うコスプレイヤー”倉坂くるるが、アニメ「まりあ†ほりっく」のオープニングテーマ「HANAJI」のカバーを6月22日(月)リリース!|(株)スターミュージック・エンタテインメントのプレスリリース

“歌うコスプレイヤー”倉坂くるる、「HANAJI」をカバー|ニフティニュース

倉坂 くるる

コメント一覧• シゲチャビン• くるるさんも、コスプレの姿をしてファンに見せて欲しいな。 火将ロシエル見たいにね。 めっちゃ良い!! 木村保平• くるるちゃんこんばんわ今日は1日お疲れ様です。 くるるちゃんの、弾けるサマシースルミニ文セーラー服トータルコーデネイトかわいい😍💕過ぎて一目惚れしたんだね。 とってもかわいいかったよ。 ゆーくん• キュート&セクシーだわぁ😍• Nori-oh• めっちゃくちゃ可愛いのだ💓💕💜• シゲチャビン• りょうすけ• 可愛すぎる!ありがとうございます!!元気でた!!!• 透けてるにゃん🐱• ダイスケ• リコピン• おやすみなさいませ。 ZeroKage• くくるちゃん、超可愛いぜぇー!• チョー可愛いなぁ!前から、リクエストしていましたが、くるるんは赤色、似合うと思うよ😃 シースルーで、赤色がピンクに見えて、ピンクのボーダーのニーソにもよくマッチしている。 さすがのセンスです。 もちろん、冬優子の水着も素敵でしたよ。 沖縄で着るんかな?それよりも前に、プール撮影会とかあるんかな? ラズベリーソルベとか、行ってみたい。 あ、でも、SSが最優先かな? 虹🌈が出たら、爪先立ちで背伸びして両手を伸ばして、触れるといいよね。 (おとめちゃんが好きになったのも、虹🌈に触れたいと思う心が共感できたから) 今日も今日とて可愛いくるるんでした。 チッチ• くるるちゃん可愛いです💔セクシーです💔• Hisagi182•

次の

歌うコスプレイヤー・倉坂くるる年齢・出身は?

倉坂 くるる

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 が不足しています。 の記事は特に、を満たしている必要があります。 ( 2019年6月)• ほとんどまたは完全に に頼っています。 ( 2019年6月)• または主題と関係の深い情報源のみに頼って書かれています。 ( 2019年6月)• を満たしていないおそれがあります。 12カンパニー所属。 音楽レーベルCoskaleids-コスカレーズ-のオーガナイザーでもある。 愛鳥のきなこ オカメインコ が大好き。

次の

“歌うコスプレイヤー”倉坂くるるが、アニメ「まりあ†ほりっく」のオープニングテーマ「HANAJI」のカバーを6月22日(月)リリース!

倉坂 くるる

ジャケット写真は、コスプレイヤーである倉坂くるるらしいアニメのワンシーンをイメージした衣装を着用。 倉坂くるるらしい、明るく元気な歌声でカバーした。 倉坂くるるから「HANAJI」リリースに際し、メッセージが到着。 なんだこの面白い曲!と思って。 アニメの内容もさることながらこの曲のパンチ力がすごくて、わぁー!となったのを覚えています。 カラオケでも行くたびに歌っていた大好きな曲なので、カバーさせて頂けてとても嬉しいです。 倉坂は、「とらドラ!」の甘酸っぱくて時にほろ苦い青春を描いた作品と、「オレンジ」の歌詞がとてもリンクしていている!と語り、アニメの映像を思い出しながら歌ったという。 HANAJI Cover ------------------------------------------------------------------------------------------------- アーティスト:倉坂くるる タイトル:オレンジ Cover 発売日:2022年4月10日 月 形態:配信シングル ジャンル:J-POP 価格:250円 品番:SMDG-0715 レーベル:12Star 発売元:株式会社スターミュージック・エンタテインメント 収録曲: 01. オレンジ Cover ------------------------------------------------------------------------------------------------- 【倉坂くるる プロフィール】 2007年から趣味でコスプレを始め、2011年頃から積極的に活動開始。 コスプレ撮影会やイべントコンパニオンのみならず、番組MC、アーティストPV出演など多方面で活動中。 「歌うコスプレイヤー」として音楽活動も精力的に行う。 自主企画イベントや自主制作グッズなどコンテンツを生み出すことが得意。 上記以外にも、スポーツや読書 エッセイやSF 、可愛い服を着ることなど多趣味である。 メイクでの表情切り替えから表現できるキャラクターが多く、ロリ系からお姉さん系まで幅広くこなす。

次の