ロシア ルーブル。 ロシア通貨を徹底調査!旅行前に知りたい7つのポイント!

ロシアルーブル/円(RUBJPY)|為替レート・チャート|みんかぶFX

ロシア ルーブル

3すくみでもじわじわ低下しているので、この先厳しい状況が続きそうです。 各通貨の比較 6月2週目からトルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランドの高金利通貨3兄弟は大きく下落していましたが、先週は週間でトルコリラと南アフリカランドはどうにか横ばいで終わりました。 メキシコペソは下落を継続して、底値から取り戻した分を大きく失っています。 インドルピーはこのところ不調だったのですが、対ユーロでの下落は止まっている感じです。 このまま反転となって欲しいです。 ポーランドズロチやチェココルナは少し下げましたが、膠着が続いています。 安定感はありますが、残念ながらスワップをほとんど得られません。 このところ各国利下げの中で比較的有利になっているのがハンガリーで、ちょっと注目しています。 保有中の通貨の年初からの値動きを示しています。 ここひと月くらいは大きく上下しながらレンジになっている感じです。 週間では0. 27ルーブルで週末を迎えました。 10,000通貨の1日あたりのスワップ額は一度大きく下がってからは回復するかと思ったのですが、一気にひと桁の8円になりました。 一時は100円以上ついていたのですが、当分そこまでの回復は望めなそうです。 00円 5. 43円 38. 14円 30. 85円 18. 57円 63. 1日平均は10,000通貨の1日あたりのスワップ額で、年率は証拠金50,000円をもとに計算しています。 以前はスイスフランと両建てにしていたので、週間成績の表にはその分の損失を残してあります。 他の通貨ペアとはだいぶ違う動きをするので、分散には向いているかと思います。 そこまで連動性が高いわけではないのですが、値幅が小さめな産油国の通貨のペアで、今のところは利益が出ています。 スワップはどちらの通貨ペアもプラスなうえ、まあまあ安定してそうです。 ただロシア利下げがあって少し日々のスワップに動きがあったので、今後注意が必要かと思います。 83円 30,000円 135円 22. 26円 27. 00円 30,000円 170円 21. 43円 26. 00円 30,000円 150円 21. 43円 26. 00円 30,000円 42円 21. 00円 25. 71円 小計 225,000円 1,307円 186. 71円 30. 71円 小計 225,000円 1,349円 192. 71円 31. 3% 450,000円 2,656円 379. 42円 30. 00円 小計 225,000円 1,548円 221. 14円 35. 00円 小計 225,000円 1,618円 231. 14円 37. 5% 450,000円 3,166円 452. 28円 36. 00円 小計 225,000円 1,722円 246. 00円 39. 14円 小計 225,000円 1,819円 259. 86円 42. 2% 合計 450,000円 3,541円 505. 86円 41. 29円 小計 225,000円 1,452円 207. 43円 33. 43円 小計 225,000円 1,556円 222. 28円 36. 1% 合計 450,000円 3,368円 481. 14円 39. 14円 小計 225,000円 1,809円 305. 53円 49. 29円 小計 225,000円 1,969円 328. 38円 53. 3% 合計 450,000円 3,778円 633. 91円 51. 1日平均のスワップ額は、1セットの1日平均のスワップ額です。 付与額を付与日数で割って算出しています。 付与日数が7日でない場合は日数を記入してます。 3すくみ A はほとんど為替の影響を受けず、前週比では評価益が390円プラスでした。 年30%ほどに収益率が下がってしまいましたが、リスクを考慮すればスワップでの運用としてはまあまあのリターンかと思います。

次の

ロシアルーブル/円(RUBJPY)|為替レート・チャート|みんかぶFX

ロシア ルーブル

これは、世界経済の状況に影響されやすく、世界的で当時物価が下落しつつあった状況下で財政は悪化しつつあった。 さらに、原油価格の下落に伴い、輸出原油からもたらされる税収が減少したことが、ロシア政府の財政を極度に悪化させることになった。 経済状況の悪化を反映しても下落し、また、脱税が蔓延して政府の収入が減る一方で、賃金、年金、各種サービスへの支払い、などに充てる財源はなく、結局これらの支払いを一時停止したり、ルーブルではなく現物支給を行う等してしのいでいた。 経過 [ ] それまでも財政が逼迫していたところに、の余波を受けて世界の景気が後退し、主要輸出産品の価格が下がったことが経済の悪化に輪をかけた。 また、同じくアジア通貨危機を経て投資家の安全指向が高まり、金利は高いがリスクも高いロシア関連株よりも、安全な米国債等への資金の移動が起こったことも事態を悪化させた。 そして、ロシアが一時的な混乱からすぐに回復すると見たファンドの予想を裏切り、事態が悪化して行ったことから、多大な損失を被ったファンドが倒産の危機に陥り、これも金融危機を拡大した。 賃金支払いを受けられず困窮した炭鉱労働者は、夏にを封鎖し、ロシアの広大な領土は数週間にわたって二分されることとなった。 彼らは賃上げ要求に加えてらの辞任も要求した。 これをうけて、エリツィン大統領はに、とその閣僚を突然罷免し、政治危機が高まった。 エリツィン大統領は、それまであまり知られていなかった 35歳の技術官僚であるを首相代行に指名したが、その若さと乏しい実績から、は2度にわたり拒絶した。 エリツィンが議会解散をちらつかせつつ承認を求める対立状況が1ヶ月続いた後、にようやく議会はキリエンコを承認した。 キリエンコはルーブルの下落を防ぐべく強力な内閣を組織し、新興財閥(オリガルヒ)も為替レート維持の姿勢を見せるキリエンコを支持した。 しかし、を経験した投資家の指向は既に「質への逃避」を起こしており、また、の低迷からロシア財政改善の兆しも見えず、結局資本の流出は止められなかった。 この状況では、1998年中頃には、ルーブルを買い支える手持ちの外貨がなくなり、為替レートを維持する資金(主としてドル)をから借りるよりほかになくなることは明白であった。 この様なロシアの財政危機はにとっても不安の種となった。 長期的に資金を注入することは事態の解決にならないことは承知していたが、IMFの援助なしではもはやエリツィン政権がもたないものと思われた。 そのときすでにの主要なファンドの1つが余波を被って倒産していたこともあり、のであるは、ロシアの崩壊から世界金融市場へ波及し恐慌に陥ることを恐れ、結局、に226 億ドルの緊急支援を承認した。 この救済処置をもってしても事態は好転しなかった。 1 か月当たりの債務利払いが同じ月の歳入を上回ることが明らかになり、IMFの援助があったにもかかわらず資本流出は続いた。 数週間後には再びルーブルの下落が始まり、財政危機に陥った。 結局、ロシア政府は借金の悪循環に陥った。 負債の利子を返すために新たに借金をせざるを得ず、また、危機的状況にあるロシアに資金を貸し付けるにあたって貸し手は更に高い金利を要求するようになった。 に、キリエンコ政府とは対外債務を 90日間支払い停止すると発表せざるをえなくなった。 同時に債務を整理し、ルーブルを引き下げたが、ロシア国民がルーブルをに替えようとして、ルーブルはなおも下落を続けて暴落した。 ロシアが体制へ移行して間もなく、まだ経験の浅い銀行の大部分は、海外からUSドル建てで資金を調達しており、ルーブルの暴落と共に破綻した。 一方で、西側の債権者も大きな損失を被った。 この危機によりが発生し、資本は急速にロシアより流出した。 影響 [ ] この経済混乱は各方面へ波及したが、に影響を及ぼしたこと、とりわけ受賞者が設立に関与した LTCM が破綻に瀕して銀行からの特別融資を受け、市場から消えたことが取り上げられる。 アメリカ合衆国における 1,000億ドル規模の巨大ヘッジファンドであった LTCMは市場中立型ファンドと呼ばれ、市況が一時的に変動しても、いずれ(数時間〜数日の範囲で)元の水準に戻るという性質を利用する。 ロシア危機に際して、一時的にロシア関連の株が下落しても、いずれは元に戻るとしてを取った。 しかし、とロシア財政危機を経験した投資家は、一種の正常判断を失ったパニックにより安全な米等を指向して、ロシア市場に回帰することがなかった。 また、LTCM がポジションを取っていたの株等もリスクが大きいとして下落し、結果長期間にわたって損失が拡大し、結局破綻に追い込まれた。 また市場中立型ファンドは、個々の取引では利益が微々たるもので、それを補うためにを効かせ、また、大量の注文を行うことで利益を膨らませていた。 しかしそれが反対方向に動き、かつ通常よりも長期間にわたり大幅な変動を見せたことで、損失は広がった。 これらヘッジファンドは、世界各国の金融機関と多額(100兆円単位)の金融取引契約を結んでいたため、破綻に伴い世界経済にへもつながりかねない深刻な影響を与えた。 アメリカやなど、諸国においては短期金利の急速引下げ(日本ではにもつながった)と中央銀行などからの資金貸し出し(銀行への公的資金注入も含む)を行い、この危機を乗り切った。 回復 [ ] キリエンコの後任にロシア議会はを選び、プリマコフの下でロシアはこの危機から急速に回復することができた。 1998年の危機のあと、1999年から 2000年にかけて状況は急速に改善した。 その主な理由は、石油価格の回復である。 経済混乱のあおりを受けて 113USドル台まで下落していた原油価格は、1999年3月にロシア経済をプラスに持ち直し、2000年10月には高値32USドル台まで回復し、を筆頭とした旧国営エネルギー会社はロシアの財政収入を支えた。 ロシア犯罪組織と違法取引の疑惑があったは殺害された。 産業も構造を維持して自立的に回復していった。 特に平価切り下げにより輸入品価格が上昇したので、食品産業などの国内産業の雇用は回復した。 関連項目 [ ]•

次の

ルーブル暴落ショック、「ロシア売り」止まず

ロシア ルーブル

しかしながら、先週はさすがに原油暴落の影響で大きく下落しました。 ところが、週末に向かって値を戻し、ほぼ週初と同じ水準で週を終えました。 各通貨でスワップの下落が顕著ですが、ルーブルのスワップはいち早く回復して、コロナショック前の額と同じくらいになっています。 上のチャートは保有中の高金利通貨の年初からの値動きを示しています。 下にに行くほど高金利通貨安になってイメージしやすいように、上下反転させています。 この週の動きは点線の右となりますが、ルーブルは原油と連動して大きく下落しましたが、週後半で下落分を取り戻しています。 他の高金利通貨が下落したままであるのと対照的で、産油国の通貨にもかかわらずかなり強いです。 上のチャートはルーブルとの通貨ペアの年初からの動きです。 こちらも上下反転させています。 各国で政策金利が引き下げられているので、ノルウェークローネやオーストラリアドル、ニュージーランドドルを売って両建てにしてもそれなりにスワップが稼げるようになっていると思います。 現在保有中の組み合わせはBの方ですが、Aとひとセットずつにして安定を図りたいです。 Aはチャートで見ると驚異的な安定感でかなりリスクを減らせそうです。 週間の実績を年換算すると約55%です。 スワップに目が眩みBを選んでしまったのでちょっと後悔気味です。 ほぼ下落分は戻しましたが、前の週と比較すると4万円ほどマイナスとなっています。 いまのところ強い感じなので、ロスカットで生じた確定損の分の上昇を期待してホールドです。 10,000通貨の1日あたりのスワップ額は前の週の93円から大幅に増加して、174円となっています。 平常時並みに回復しています。 為替がある程度戻れば、ノルウェークローネなどの売りを入れて収益を上げられるか検証したいと思います。 ロスカット以前はスイスフランとペアを組んでいたので、週間成績の表にはその分の損失を残してあります。 29円 127. 00円 67. 29円 111. 33円 102. 損失は引き継いで確定損として計上してます。 金利差からするとあり得ないことなので、いつまで続くかわかりません。 評価損益もプラスマイナスを行ったり来たりで、それなりに安定している感じです。 年換算の収益率55%はかなりいいとおもいます。 00円 差引 450,000円 3,779円 339. 71円 55. 17円 差引 450,000円 3,393円 339. 50円 55. 75円 差引 450,000円 2,703円 138. 87円 22. 86円 差引 450,000円 1,075円 15. 07円 2. 29円 差引 300,000円 1,185円 169. 29円 20. 1日平均のスワップ額は、1セットの1日平均のスワップ額です。

次の