ドラフト あそぼ。 ドラフトでアソボ ドラフト2020指名&視察情報『ある程度正確かな』

ドラフトの指名に法則はあるか?2010パ・リーグ

ドラフト あそぼ

春先から頭一つ抜けた存在は、田中正義でした。 力のある剛速球主体に押し込める強さのある超目玉として君臨してきましたが、肩を怪我してしまい春からずっと投げれない状態となり、もう一人の目玉候補の生田目翼も同じく怪我をしてしまい、2人とも秋には投げたが、完全復活と映るか微妙なところで他の選手の可能性を春から模索することとなりました。 高校生は昨年「1年生清宮フィーバー」などで大いに盛り上がりましたが、今年は高校「BIG4」という言葉で盛り上がりました。 当初は、寺島・藤平・高橋昂の「BIG3」と夏の地方予選までは言われていて、夏の甲子園に入りリオオリンピックと並行した大会でしたがBIG3登場で盛り上がりました。 寺島VS藤平も実現しました。 ただし、主役は今井達也でした。 まさにキレッキレの速球で頂点まで上り詰め「BIG4」となりました。 アジア選手権でも活躍し優勝するなど高校生投手が4人入札されるかもしれない特に高校生投手豊作の年となりました。 他にも150キロを超える高校生投手が堀、古谷、山本、梅野、浜地、高田、高山などもいて、140キロ後半を記録する投手もゴロゴロいてほとんどの投手がプロ志望届を出しました。 大学生は、上記の2人に佐々木、柳、黒木、濱口、加藤、小野、中塚、吉川、京田などさらっと上位候補が出て、社会人は不作も、ダルビッシュが絶賛したあの山岡が解禁となり、とにかく投手が豊作の年でした。 まず、会議の入札が下位球団から発表されるのですが、田中正義の名前が6球団連続で出ず「あれ?」という感じ。 しかし、リーグ上位各3球団は田中が5球団、柳が1球団で競合抽選となった。 この時点でざわついたのが剛速球で一番成長曲線がよかった佐々木千隼が呼ばれなかったことです。 また、その佐々木が本命と見られていた阪神が佐々木でなく、1位候補に名前がなかった右打ちの大型内野手の大山を指名したので、ネット上でも阪神ファンの嘆きや悲鳴が凄いことになっていました。 「佐々木単独で獲れたやんけ〜」大山選手の大成をお祈りします。 田中は5球団競合の末ソフトバンク工藤監督が信じられないという表情で手を上げました。 田中は肩の状態はどうかと憶測が飛び交いましたが、創価大と太いパイプがあり回避するのでは?と言われた日本ハムも入札したので、情報戦で降りる球団を増やしたかったが作戦不発だったのかも。 ローテーション入りが一番期待できると柳に2球団重複しました。 中日森監督が、当日に今井から変更して即戦力投手をモノにしました。 今井でも西武と重複していましたね。 結果としてソフトバンク以外のAクラス5チームは外れ1位入札となりました。 下位球団は、中日以外は単独指名。 さきほどの阪神以外は、かなりの偶然ですが、うまく単独指名ができました。 オリックスは即戦力の山岡ですが、楽天(藤平)、ヤクルト(寺島)、西武(今井)は即戦力に近いとはいうものの高校生投手でした。 普通は下位球団が即戦力を狙いそうなイメージですが面白い傾向でした。 実は外れ1位が、2016年ドラフト会議のクライマックスでした。 何と全5球団が「佐々木千隼」を指名するという冗談みたいな展開になりました。 佐々木は確実に重複すると言われた右腕なので当然と言えば当然ですが、再度重複を各球団選びました。 勝者は、田中を唯一獲得を公言したロッテでした。 ロッテは何も痛手がないようなスタートができた形です^^ さすがに外れの外れ1位は重複なく1位指名が終了しました。 1位指名は投手が10球団、内野手2球団となりました。 日本ハムは日本代表でさらに評価を上げた堀を指名して、2位で狙っていた球団から「やられた!」と声は漏れないまでも思ったのではないでしょうか。 2位指名は、豊作を印象付ける投手10球団、内野手2球団と1位指名と同じ構成でした。 ちなみにそれでも3位指名も投手6名、4位指名も8名、5位指名も9名、6位指名は11名とどこまでも投手が豊作でした。 2位は高校生は2名と即戦力寄りでした。 どの球団も納得がいく指名ができたのではないでしょうか。 24番目に高校BIG4の高橋昂也が指名されました。 広島はどんな作戦?を用いたのか「神って」ましたね。 西武が指名した中塚は191cm105kgという素晴らしい体躯から157キロを投げ込む未完の大器が秋にある程度コントロールもついてきました。 1位の可能性もありましたが、球界最速を目指せそうなワクワクする投手です。 3位までに指名された野手は48名中14名しかいません。 これだけの投手候補を差し置いて指名されたこの14名はかなり優秀な選手かもしれませんね。 注目大です!.

次の

過去のドラフト

ドラフト あそぼ

グローバルナビ• ジャンルナビ• コンテンツエリア ここからこのページの本文です• メインコンテンツ• 過去のドラフト ドラフト会議• 過去のドラフト 第55回 (2019年) 第54回 (2018年) 第53回 (2017年) 第52回 (2016年) 第51回 (2015年) 第50回 (2014年) 第49回 (2013年) 第48回 (2012年) 第47回 (2011年) 第46回 (2010年) 第45回 (2009年) 第44回 (2008年) 第43回 (2007年) 第42回 (2006年) 第41回 (2005年) 第40回 (2004年) 第39回 (2003年) 第38回 (2002年) 第37回 (2001年) 第36回 (2000年) 第35回 (1999年) 第34回 (1998年) 第33回 (1997年) 第32回 (1996年) 第31回 (1995年) 第30回 (1994年) 第29回 (1993年) 第28回 (1992年) 第27回 (1991年) 第26回 (1990年) 第25回 (1989年) 第24回 (1988年) 第23回 (1987年) 第22回 (1986年) 第21回 (1985年) 第20回 (1984年) 第19回 (1983年) 第18回 (1982年) 第17回 (1981年) 第16回 (1980年) 第15回 (1979年) 第14回 (1978年) 第13回 (1977年) 第12回 (1976年) 第11回 (1975年) 第10回 (1974年) 第9回 (1973年) 第8回 (1972年) 第7回 (1971年) 第6回 (1970年) 第5回 (1969年) 第4回 (1968年) 第3回 (1967年) 第2回 (1966年) 第1回 (1965年)• 野球 西武森、ファンミーティングで松田宣浩に宣戦布告 []• プロ野球 [6月13日 22:27]• プロ野球 [6月13日 21:53]• プロ野球 [6月13日 21:44]• プロ野球 [6月13日 21:32]• プロ野球 [6月13日 21:22]• プロ野球 [6月13日 21:01]• プロ野球 [6月13日 21:01]• プロ野球 [6月13日 20:59]• プロ野球 [6月13日 20:58]• プロ野球 [6月13日 20:58]• プロ野球 西武森、ファンミーティングで松田宣浩に宣戦布告 []• プロ野球 [6月13日 22:27]• プロ野球 [6月13日 21:53]• プロ野球 [6月13日 21:44]• プロ野球 [6月13日 21:32]• プロ野球 [6月13日 21:22]• プロ野球 [6月13日 21:01]• プロ野球 [6月13日 21:01]• プロ野球 [6月13日 20:59]• プロ野球 [6月13日 20:58]• プロ野球 [6月13日 20:58]• 高校野球 プロ注目の大崎中央・氏家2回4K「冬の成果出た」 []• 高校野球 [6月13日 19:00]• 高校野球 [6月13日 13:13]• 高校野球 [6月13日 13:01]• 高校野球 [6月13日 7:01]• 高校野球 [6月12日 21:43]• 高校野球 [6月12日 21:34]• 高校野球 [6月12日 21:25]• 高校野球 [6月12日 20:32]• 高校野球 [6月12日 20:12]• 高校野球 [6月12日 19:25]• 大学・社会人 大和田啓亮、創部3年目チーム都市対抗&プロへ覚悟 []• アマ野球 [6月11日 19:10]• アマ野球 [6月10日 17:41]• アマ野球 [6月10日 12:04]• アマ野球 [6月9日 18:00]• アマ野球 [6月9日 14:15]• アマ野球 [6月9日 10:48]• アマ野球 [6月8日 20:16]• アマ野球 [6月8日 17:36]• アマ野球 [6月8日 17:23]• アマ野球 [6月8日 16:12]•

次の

過去のドラフト

ドラフト あそぼ

春先から頭一つ抜けた存在は、田中正義でした。 力のある剛速球主体に押し込める強さのある超目玉として君臨してきましたが、肩を怪我してしまい春からずっと投げれない状態となり、もう一人の目玉候補の生田目翼も同じく怪我をしてしまい、2人とも秋には投げたが、完全復活と映るか微妙なところで他の選手の可能性を春から模索することとなりました。 高校生は昨年「1年生清宮フィーバー」などで大いに盛り上がりましたが、今年は高校「BIG4」という言葉で盛り上がりました。 当初は、寺島・藤平・高橋昂の「BIG3」と夏の地方予選までは言われていて、夏の甲子園に入りリオオリンピックと並行した大会でしたがBIG3登場で盛り上がりました。 寺島VS藤平も実現しました。 ただし、主役は今井達也でした。 まさにキレッキレの速球で頂点まで上り詰め「BIG4」となりました。 アジア選手権でも活躍し優勝するなど高校生投手が4人入札されるかもしれない特に高校生投手豊作の年となりました。 他にも150キロを超える高校生投手が堀、古谷、山本、梅野、浜地、高田、高山などもいて、140キロ後半を記録する投手もゴロゴロいてほとんどの投手がプロ志望届を出しました。 大学生は、上記の2人に佐々木、柳、黒木、濱口、加藤、小野、中塚、吉川、京田などさらっと上位候補が出て、社会人は不作も、ダルビッシュが絶賛したあの山岡が解禁となり、とにかく投手が豊作の年でした。 まず、会議の入札が下位球団から発表されるのですが、田中正義の名前が6球団連続で出ず「あれ?」という感じ。 しかし、リーグ上位各3球団は田中が5球団、柳が1球団で競合抽選となった。 この時点でざわついたのが剛速球で一番成長曲線がよかった佐々木千隼が呼ばれなかったことです。 また、その佐々木が本命と見られていた阪神が佐々木でなく、1位候補に名前がなかった右打ちの大型内野手の大山を指名したので、ネット上でも阪神ファンの嘆きや悲鳴が凄いことになっていました。 「佐々木単独で獲れたやんけ〜」大山選手の大成をお祈りします。 田中は5球団競合の末ソフトバンク工藤監督が信じられないという表情で手を上げました。 田中は肩の状態はどうかと憶測が飛び交いましたが、創価大と太いパイプがあり回避するのでは?と言われた日本ハムも入札したので、情報戦で降りる球団を増やしたかったが作戦不発だったのかも。 ローテーション入りが一番期待できると柳に2球団重複しました。 中日森監督が、当日に今井から変更して即戦力投手をモノにしました。 今井でも西武と重複していましたね。 結果としてソフトバンク以外のAクラス5チームは外れ1位入札となりました。 下位球団は、中日以外は単独指名。 さきほどの阪神以外は、かなりの偶然ですが、うまく単独指名ができました。 オリックスは即戦力の山岡ですが、楽天(藤平)、ヤクルト(寺島)、西武(今井)は即戦力に近いとはいうものの高校生投手でした。 普通は下位球団が即戦力を狙いそうなイメージですが面白い傾向でした。 実は外れ1位が、2016年ドラフト会議のクライマックスでした。 何と全5球団が「佐々木千隼」を指名するという冗談みたいな展開になりました。 佐々木は確実に重複すると言われた右腕なので当然と言えば当然ですが、再度重複を各球団選びました。 勝者は、田中を唯一獲得を公言したロッテでした。 ロッテは何も痛手がないようなスタートができた形です^^ さすがに外れの外れ1位は重複なく1位指名が終了しました。 1位指名は投手が10球団、内野手2球団となりました。 日本ハムは日本代表でさらに評価を上げた堀を指名して、2位で狙っていた球団から「やられた!」と声は漏れないまでも思ったのではないでしょうか。 2位指名は、豊作を印象付ける投手10球団、内野手2球団と1位指名と同じ構成でした。 ちなみにそれでも3位指名も投手6名、4位指名も8名、5位指名も9名、6位指名は11名とどこまでも投手が豊作でした。 2位は高校生は2名と即戦力寄りでした。 どの球団も納得がいく指名ができたのではないでしょうか。 24番目に高校BIG4の高橋昂也が指名されました。 広島はどんな作戦?を用いたのか「神って」ましたね。 西武が指名した中塚は191cm105kgという素晴らしい体躯から157キロを投げ込む未完の大器が秋にある程度コントロールもついてきました。 1位の可能性もありましたが、球界最速を目指せそうなワクワクする投手です。 3位までに指名された野手は48名中14名しかいません。 これだけの投手候補を差し置いて指名されたこの14名はかなり優秀な選手かもしれませんね。 注目大です!.

次の