やる夫 は 量産 型 の よう です。 やる夫 ANK 【Fate / メガテン】やる夫は○○の地で生きる○○のようです 「型月的世紀末一般人マスターGO」

2020年6月10日 に公開された まとめ

やる夫 は 量産 型 の よう です

やる夫ですお。 王様やってますお。 趣味は内政。 特技も内政ですお。 やる夫の最大の楽しみですお。 悩みのタネなんかにゃならない。 仮想敵国は。 内政の問題になるようなことは無し。 全て充実。 充実させました。 やる夫自身のことなんですお。 でも悩みではないですお。 作者は。 2011年12月6日から2015年12月31日にかけて連載された。 コンテンツ [] 概要 前作「」の続編であり、同じ世界が舞台の作品。 ただし、惑星1つを「国」と呼び、宇宙空間でのやり取りを「国交」と表現するような、気が遠くなる程未来のお話。 1話目開始時以前の段階で、主人公やる夫は「後継者問題で御輿として引っ張り出され、数年の内乱を経て王としての片鱗を覚醒させ、敵を排除し国内を平定させた小国マンジューダの国王」という立ち位置になっている。 物語は、数年の国務を経験しちゃんと王様やってるやる夫が、お家芸「」を武器に自国よりも強大な大国(笑)共を蹂躙し、国土を広め「NAISEI」していくという流れ。 途中から、引きこもりの少年ドクオを焦点にあて、彼が(師匠に虐められながら)成り上がっていく話が開始され、そこからは、国王やる夫と引きこもりドクオの2大主人公の形式で物語が進展していく(むしろやる夫がオマケ)。 主な登場人物 やる夫サイド• - 主人公にして王様。 趣味は内政。 他人嫌いに関しては第六天ババコンガ級。 主に武力面で。 ドクオサイド• - もう1人の主人公。 引きこもりニート、のちのチート。 作中の癒し要員かつ達のおもちゃ。 - ドクオ専用の侍女型自動人形。 ある種の人間にとって理想的な世話係。 - ドクオと同じ引きこもりニート。 顔が怖い事を気にしている心優しい少女。 外部リンク• まとめ(): 関連項目• - の設定を追加した、内政王の続編的作品(ただしずっと未来)。

次の

量産型を目指すオタクです!!

やる夫 は 量産 型 の よう です

2019やる夫おすすめ 日給2ゴールドのやる夫 異世界転生もの、空気が好み。 ただ更新が。 やる夫は量産型のようです ロボットに死に戻りで良かったけど、最近主人公がどうも。 やる夫は封印されし魔王だったようです シリアスも緩い空気も良い。 キャラも良かった。 でも続きが。 やらない夫はエターを回避したいようです メタでカオス、でもそれが良い。 【R-18】真珠 中編、雰囲気が良い。 【R-18】やる夫は奇妙な乙女ゲーに転生するようです タイトルの通りでギャグやキャラが良かった。 狼の女王 スカイリム原作。 キャラも雰囲気も良い。 やる夫がKenshiになるようです Kenshi原作。 段々面白くなってるような。 【R-18】やる夫は怪異退治しながら女の子たちとエチエチするようです 真・女神転生、デビルサマナーシリーズ原作。 ダークで緩い感じが良い。 【R-18】やる夫は彼女とセクロスがしたい 中編でペルソナシリーズ原作。 悪くなかったけど物足りない。 ここから安価、あんこスレ。 長男秘剣録 成長していく様子が楽しい。 やる夫が原作キャラに憑依するようです 段々面白くなってきたけど、やり過ぎ感があったかな。 ディエゴ・ブランドーがグランドオーダーに挑むようです FGO原作。 主人公が良いキャラしていて面白い。 【R-18】やる夫がドラクエ風味の世界で生きるようです タイトルの通り。 キャラや雰囲気が好き。 スレ それと良かったものとかのSS 適当にまとめてるから見落としとかもあると思うしその内修正するかも。

次の

[B!] やる夫が人生でいいじゃないやる夫は量産型のようです

やる夫 は 量産 型 の よう です

白い機体とウナギ顔 、のダミープラグが特徴。 背には翼が格納されている。 武器として幅広の剣を持っているが、これは変形してロンギヌスの槍のレプリカになる。 S2機関を搭載しており動力は無尽蔵。 再起動や捕食、再生など、行動パターンがの暴走状態に似ている。 エヴァというよりもまるで使徒であるが、これは対使徒用兵器 というよりも、がサードインパクトを発生させるという目的のためである。 初登場は旧劇場版の25話。 NERVとゼーレが決裂した事でゼーレが出動させた。 9体で弐号機を包囲するも全機あっさり返り討ちにされてしまうが、9号機が投げた槍が弐号機に突き刺さり形勢が逆転、活動限界を迎え沈黙した弐号機に9体がかりで群がりグロ捕食した。 新劇場版にも5号機以降のエヴァンゲリオンが登場するが、設定的には別物となっている。 新劇場版の「仮設5号機」の搭乗者はで、外見はまるで異なるが、同様にロンギヌスの槍のレプリカを持つ事は共通している。 主な作品• - 量産型仮面ライダーとして、が変身する。 その顔つきはでウナギ呼ばわりされたりする。 弐号機のコンセプトは「対使徒用の量産を視野に入れた、いわば先行量産機」であるが、実際の量産機はまるで別物になっている。 関連項目• 外部リンク•

次の